« 「杉田かおる結婚」、鮎川君とは同じ高校のブラスバンド仲間なのです(本当です)。 | トップページ | 総合学習を見直しへ ゆとり教育の柱、文科省が検討←週6日に戻さないと、取り返しがつかないと思います。 »

2005.01.17

「デフレ続いている。日銀は一層の努力を」(竹中平蔵氏)←竹中さん、「デフレの元凶も不良債権」といっていたじゃないですか。

記事1:消費者心理21カ月ぶり悪化 12月、判断を下方修正

 

内閣府が17日発表した昨年12月の消費動向調査によると、消費者心理を示す消費者態度指数(一般世帯、季節調整値)は昨年9月から0・2ポイント低下の45・6となり、7・四半期(21カ月)ぶりに悪化した。内閣府は、基調判断を「ほぼ横ばい」へと下方修正した。下方修正は2003年3月以来。

 季節調整前の原数値は、昨年11月比4・0ポイント低下の44・0と、3カ月ぶりに悪化した。

 指数は「今後半年間の暮らし向き」など4つの指標で構成。うち「暮らし向き」と「耐久消費財の買い時判断」の2つが昨年9月から低下した。昨年半ばからの景気減速を反映した形で、内閣府は「消費者マインドも楽観的と言えない」と分析している。(共同通信) - 1月17日16時56分更新


◆記事2:デフレ解消に向け、政府・日銀は引き続き努力が必要=竹中担当相

 

[東京 17日 ロイター] 竹中経済財政・郵政民営化担当相は、閣議後の記者会見で、デフレは続いているとし、「デフレ解消に向け、政府・日銀は引き続き努力をしていかなければならない」と述べた。

日銀は、昨年1月20日に当座預金残高目標を30―35兆円に引き上げて以降、1年間、金融政策を据え置いている。この点について、竹中担当相は、「日銀が独立して決めることであり、中身について私から申し上げることはない」とした。

 19日には、郵政民営化に関する政府・与党協議会が予定されており、政府と与党の協議が本格化する。同担当相は、「19日になるかどうか分からないが、自民党の申し入れと我々の基本方針の考え方について、私達なりに整理をして示す」と述べた。(ロイター) - 1月17日11時10分更新


◆記事3:金融庁ホームページ :竹中金融・経済財政担当大臣記者会見録(平成14年11月5日(火) 9:10~9:20  於)院内)より、抜粋。

問)(記者) 白書についてなのですけれども、デフレについて実体経済の重しとなっているという部分について重点的に分析されていますが、現在のデフレの状況はやはり深刻なのかということについてのご見解と、あと不良債権処理についても、今年、特に白書で強調されていると思いますけれども、その点についてコメントをいただけますでしょうか。

答) (竹中)今のデフレ、不良債権の問題は、昨年の「経済財政白書」から一貫して問題意識として掲げて、かなりしっかりとした分析をしてきているつもりであります。

デフレについては、特に実体経済ですね。実質成長率で見ると、決してその「改革と展望」の想定を下回っているわけではないと認識されるんですが、名目値についてはそれより少し厳しくなっている。その意味で、このデフレ対応については、より重要な位置づけがやはり与えられなければいけないという認識のもとで多面的な分析をしたつもりです。

 このデフレの要因はたくさんありますけれども、そのうちの1つの重要な要因が、やはり不良債権によって金融仲介機能が低下しているということにあって、まさにデフレと不良債権問題の悪循環が存在しているのではないか、これをいかに絶つかということが大変強い政策上の問題意識として出てきていると、そのように理解していただきたいと思います。


◆コメント:竹中大臣は、不良債権が減れば、デフレからも脱却出来ると考えていた。

 

竹中大臣が、採用した金融再生プログラムに関しては、1月12日に触れたばかりだ。要するに、不良債権が無くなれば、デフレが解消して、景気は改善するというのが、「竹中理論」だったはずである。

現実には、大手都銀は、その不良債権比率を、予定よりも半年早く、目標のレベルまで減らすことに成功した。しかし、銀行貸出は少しも増えず、デフレは止まらない。

今日もまた、物価指数ではないが、消費者態度指数という統計が発表され、消費者が積極的におカネを使おうという気持ちになっていないことが、明らかとなった。消費が増えなければ、物の値段は上がらない。(記事1)

竹中大臣もいまだにデフレが続いていることは、記事2で明らかなとおり、認めているのであるが、いつの間にか、責任を日銀に押しつけている。今や自分は金融相ではない。竹中氏は郵政民営化担当大臣である。

あれほど、「不良債権を減らせ」の一点張りだった、小泉・竹中ペアは不良債権の「ふ」の字もいわなくなってしまった。

21日から通常国会が召集される。小泉首相は多分、「不良債権を減らす、という公約は守った」と得意げに云うだろう。しかし、景気を改善させる、という究極の目的が実現されていないのでは、何の意味もないことは、いうまでもない。

|

« 「杉田かおる結婚」、鮎川君とは同じ高校のブラスバンド仲間なのです(本当です)。 | トップページ | 総合学習を見直しへ ゆとり教育の柱、文科省が検討←週6日に戻さないと、取り返しがつかないと思います。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/2607748

この記事へのトラックバック一覧です: 「デフレ続いている。日銀は一層の努力を」(竹中平蔵氏)←竹中さん、「デフレの元凶も不良債権」といっていたじゃないですか。:

« 「杉田かおる結婚」、鮎川君とは同じ高校のブラスバンド仲間なのです(本当です)。 | トップページ | 総合学習を見直しへ ゆとり教育の柱、文科省が検討←週6日に戻さないと、取り返しがつかないと思います。 »