« 「フィリップ・ジョーンズ・ブラス・アンサンブルの世界」 ラッパは、大きな音を出すだけではないのです。 | トップページ | 「北京の反日デモ、1万人に拡大…日本大使館に投石」 安保理決議を求めよ。 »

2005.04.09

「ローマ法王葬儀 要人200人、信者200万人」 先進国で、首相、元首級が出席していないのは日本だけ。

◆記事1:ローマ法王葬儀 要人200人、信者200万人

 

 【バチカン市=黒沢潤】二日に死去したローマ法王、ヨハネ・パウロ二世の葬儀が八日、バチカン市のサンピエトロ大聖堂前で厳粛な雰囲気の下、営まれた。四半世紀余にわたる在位期間中に、十億人を超す世界のカトリック教徒の頂点に立ち、冷戦終結にも影響を与えた故人に別れを告げるため、世界各国から指導者や国王ら約二百人が参列。さらに二百万人以上の一般信者がバチカン周囲で見守るという異例の大葬儀となった。

 米国からは、ブッシュ米大統領や、父親のブッシュ元大統領、クリントン前大統領、ライス国務長官らが出席。

フランスのシラク大統領、イランのハタミ大統領、日本の川口順子首相補佐官(前外相)らも参列した。葬儀は賛美歌が流れる中、約三時間にわたって行われた。法王の遺体が納められたひつぎは大聖堂の地下墓所に埋葬された。  (産経新聞) - 4月9日2時56分更新


◆記事2:煩わしい政治忘れて…=桜を見る会でリラックス-小泉首相

 

 小泉純一郎首相が主催する恒例の「桜を見る会」が9日午前、東京都新宿区の新宿御苑で、政財界やスポーツ、芸能各界などから約8700人を招いて開かれた。

 ここ数日の陽気で約1500本の桜はちょうど見ごろ。首相は「このような穏やかな気持ちで、これからの政界もいきたいが、ひと時煩わしい政治を忘れて皆さんと桜をめでたい」とあいさつ。花粉症のため時折ハンカチを取り出し、鼻を押さえるしぐさも目立ったが、写真撮影や握手に笑顔で応じるなど上機嫌だった。 (時事通信) - 4月9日13時1分更新


◆コメント:まずいよ。小泉さん。

 

 本当に、日本政府は外交センスが無い。

いくら、日本においてキリスト教の信者、さらにカトリック信者が国民全体から見れば少数派である、と言っても、ローマ法王は世界で最も影響力が強い人物であったし、無くなった後の世界中の反応を見れば、「ローマ法王逝去」が如何に重大な出来事であったか、分からなくてはいけない。

小泉首相はバカだから、面倒くさいことは、考えない。

だから、外務官僚は、小泉首相にローマ法王葬儀への出席を、何としても説得するべきであった。

日本は仏教国だから、というのは、言い訳にならない。他宗教国からも、続々と要人がバチカンへ赴いた。

アメリカはプロテスタントが多いのに、ブッシュ父子、ライス国務長官、前大統領クリントンまで出ている。

アラブ諸国(イスラム教)、キリスト教で長年カトリックと対立している東方正教会すら、元首級の人物が出席している。



 日本の文化に照らしても、「弔事は全てに優先するべきだ」という伝統的慣習があり、これは、世界の殆どの地域に共通している。

 欧米人からみると、日本という国はとてつもなく遠い(心理的な距離という意味である。これに対して、日本人から見たヨーロッパは、さほど遠くない)。

 それでも、昭和天皇崩御の際は、各国元首が来てくれた。

 大喪の礼が挙行された日は、あいにく雨で、もの凄く寒かったが、多くの国の元首、指導者は、「葬儀の最中、コートを着用するのは非礼にあたる」といい、屋外での儀式の最中、コートを脱いだまま、寒さにじっと耐えていた。これが、国際社会における国家の指導者の振る舞い方というものだ。


◆小泉首相の思考は子供並。

 

 小泉首相は、記事2にあるとおり、新宿御苑で芸能人などとちゃらちゃら、遊んでご機嫌だった。ローマ法王の葬儀に出なかったことに、彼なりの思慮があったとは思われない。

 今までの、小泉首相の刹那的・感覚的な行動様式から推察すれば、要するに、「外国の葬式に行くなんて、面倒だ。芸能人としゃべっていた方が楽しい」という、子供っぽい発想しか、無かったのだろう。

 これは、まずい。いかにも、まずい。

 ローマ法王の葬儀に、「首相補佐官」の川口前外相を送り込んだのは、如何にも「お義理で」、という印象は免れず、早くも批判的な声が上がっているという。

 葬儀に出ないだけではなく、それなのに、首相は、芸能人と花見というのが、実にまずい。

 世界が知ったら(日本がキリスト教国でないと知っていたとしても)、不謹慎に映るだろう。 せめて、今年は花見は取りやめにして、形だけでも「喪に服する」べきだった。


◆常任理事国になりたいときに、味方を減らす、バカ総理。

  

 常任理事国になることの是非は、ここでは、論じない。

 しかし、日本政府は、とにかく、今、国連の常任理事国になろうとしているわけでしょう?

 それに対して、理不尽な抗議を中国と韓国が行っているわけです。実にけしからんけれども。

 そういうときは、少しでも、国際社会で味方を増やすのが、外交の常道でしょう。

 この、肝心なときに、くどいようだが、「日本の総理大臣はローマ法王の葬儀に欠席して、芸能人の花見をして遊んでいた」ことが、国際社会でバレてご覧なさい。大顰蹙だ


◆外交センス皆無

 

 せめて、姿勢が首尾一貫しているなら、まだ、説得力がある。

「日本の首相は滅多なことでは海外は行かない」ということに世界が納得しているのならね(現実的にはむりだろうが)。

 ところが、小泉純一郎内閣総理大臣という人物は、

 日本人を大勢拉致して、覚醒剤を密輸してくる犯罪国家、北朝鮮には、自分からホイホイ出かける。

 アメリカの大統領に呼ばれれば、大あわてで、飛んでゆく。

 それなのに、 ローマ法王の葬儀に欠席。

 どうしようもないね。小泉首相も、説得できなかった、側近や外務官僚も。 外交センス、ゼロ。

小泉純一郎という人物の頭は郵便局のことを考えるのが、能力の限界なのだろう。

|

« 「フィリップ・ジョーンズ・ブラス・アンサンブルの世界」 ラッパは、大きな音を出すだけではないのです。 | トップページ | 「北京の反日デモ、1万人に拡大…日本大使館に投石」 安保理決議を求めよ。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

昭和天皇の御大葬の際、ヴァチカンから参列したのは閣僚でない枢機卿でした。日本は相手に習い、過去の慣例に従うべきです。つまり、川口首相補佐官が適任でしょう。

仮に小泉総理が参列したとして、ヴァチカンからどのような待遇を受けたでしょうか?日本にはカトリック教徒は1%もいません。いわば異教徒。経済大国ではあるがカトリック大国ではないので、敬虔な韓国やブラジルよりも日本が上の序列になるという保証はありえません。あなたは末席に座らされることを少しでも予想しましたか? もし格下げを食らったら、「小泉は日本のプレゼンスを下げた」という批判を国内で食らうでしょう。また、靖国に関して政教分離を唱える人が少なからずいるのが日本の現状です。ローマに参列すること自体、批判を生みやすい側面も考えてあなたはその判断を下しているのでしょうか。
彼はそんな注意深い行動で任期を延ばしてきました。それともあなたなら何も考えずに飛び込みますか?

最近「小泉首相は外交オンチ」という風潮がありますが、「自分のほうが上手」という奢った前提から始まっていませんか?政治オンチのジャーナリズムが、「自分は正しい」という前提から始まって政府たたきに奔走する。あなたはジャーナリズムを批判しながら、自分もその姿になってしまっている、というわけです。おもしろいです。

あなたもプロとして働いているなら素人の思い付きの浅はかさを身にしみて感じてきたはずだと思ったんですが、見込み違いでしたか。政治はあなたの思いつきでうまくいくほど甘くありません。

投稿: puyopuyo | 2005.04.19 06:11

ローマ法王は同時にバチカン市国の元首でもあり、バチカン市国と日本とは1942年から国交があります。東京にはローマ法王庁の東京事務所(大使館に相当)があるのです。

また、日本には51万人のカトリック信者がいます。たしかに、一般庶民のキリスト教への関心は低いけれども、政治家や外交官はその影響力を知っていなければならない。

国際政治に参加している国として、ローマ法王の葬儀に出席するのが、外交上の常識でしょう。本文で書いたとおり、他宗教の国からも元首級の人物が、葬儀に参列しました。日本がキリスト教国ではないからと言って、死者を弔って、怒りを買うわけがありません。


ローマ法王は1981年に来日した際、広島の原爆犠牲者に祈りを捧げています。

これは、世界に報道されました。
これだけでも、日本はローマ法王のお世話になっているのです。

投稿: JIRO | 2005.04.14 17:29

はじめまして。トラックバックさせていただきました。

今回の小泉首相の下した判断,私は「当然」という認識です。というよりも,日本という国そのものがローマ法王に対する認識がほとんどなく,その中で葬儀に赴くというのも,やはり賛同しかねます。そもそも,ほとんど縁がなかったような人に哀悼の意なんてろくに述べることができなかったでしょうし,そんなことをすれば世界から猛烈な非難というか,キリスト教信者を冒涜していることにもなりかねなかったでしょうから,その意味では「正しい」ということができます(要は,誰が首相やっていても同じ結果にしかならなかったという認識です)。

もっとも,日本にしては珍しく独自の政治判断を下したとも考えられなくもないですが,それをやるタイミングを誤ったというか,ローマ法王に対する知識がなさ過ぎるというか,頓珍漢なことをしたなとは思います。どうせなら,「誰も行かない」というのもアリだったのではなんて思っています。

投稿: 真流 | 2005.04.14 11:50

マサボンさん、TBありがとうございました。
仰るとおり、首相もしくは首相経験者、外相クラスがバチカンには駆けつけるべきでした。
通常国会中ではありますが、昨年秋の臨時国会の会期中に総理はASEAN首脳会議に出席したり、その前はブラジルに、特に必然性もなく出かけています(その後、米国でブッシュに会うのが真の目的だったのですが)。今回のような重大事に全く無関心なのは、理解に苦しみます。国会議員が誰一人、出席を要請しなかったというのは、初めて知りました。
小泉首相には、せめて、ローマ法王庁の東京事務所には、出向いて欲しいと思っています。

投稿: JIRO | 2005.04.10 01:39

 こんばんは、TBさせて頂きました。
首相のお粗末ぶりは言わずもがな、国会で相対しているにも関わらず国会議員与野党問わず誰一人参列を要請しなかったという事実(というより、首相が要請を断ったという報道がないということ)も見逃せません。政と官は腐ってる!

投稿: マサボン | 2005.04.10 01:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/3628885

この記事へのトラックバック一覧です: 「ローマ法王葬儀 要人200人、信者200万人」 先進国で、首相、元首級が出席していないのは日本だけ。:

» 法王葬儀に「代理人」を送り込む長,「外交」を持ち出す長 [最高10点,穴だらけ]
ローマ法王ヨハネ・パウロ2世が今月2日の午後9時37分(日本時間・3日午前4時37分)に死去されたのは,記憶に新しいかと思います。 8日には,ローマ法王の葬儀がバチカンで盛大に行われました。同時に諸外国の要人が一堂に会した場でもあり,イギリスからは結婚式を延期されたチャールズ皇太子にブレア首相,フランスからはシラク大統領など主要8カ国(イギリス,フランス,ドイツ,イタリア,ロシア,日本,カナダ,アメリカ)の多くは今の宰相を登場させ,アメリカからは... [続きを読む]

受信: 2005.04.09 23:09

» ローマ法王葬儀とアジア [バリカタBlog]
 ローマ法王の死去が世界の大きな話題となっている。  ローマ法王ヨハネ・パウロ2 [続きを読む]

受信: 2005.04.10 01:15

» 何も知らない元外相 [最強コンビ!!]
川口補佐官、法王葬儀人選への批判に反論(Nikkei Net) この記事は今日の日経新聞夕刊では「私じゃ不満!?」という言葉と共に紹介されていましたが、 (当然本人が発した言葉ではないと思われる)このように逆切れされた際の正しい対応は 「はい、ダメです」が正解です。 まず、外務省の職員には「弔問外交」という分野があることすら知らない人がいるようです。 昨日も言ったように、こういうときには、一国のトップが... [続きを読む]

受信: 2005.04.10 02:32

» 異教徒は異教徒として誠実でありたい [玄倉川の岸辺]
ローマ教皇の葬儀に日本が川口首相補佐官(元外相)を出席させたことに対し、多くの批判が寄せられているようだ。 いわく「諸外国の元首が行っているのに川口さんでは格下で恥ずかしい」「弔問外交のチャンスを逃すのはバカげている」「世界の常識から外れている」 ……何が問題なのか私には全然分からない。 この件で批判している人たちが下らない見栄や希望的観測に囚われているように思えてならないのだ。 * 格下で恥ずかしい�... [続きを読む]

受信: 2005.04.24 08:00

« 「フィリップ・ジョーンズ・ブラス・アンサンブルの世界」 ラッパは、大きな音を出すだけではないのです。 | トップページ | 「北京の反日デモ、1万人に拡大…日本大使館に投石」 安保理決議を求めよ。 »