« 特別国会で共謀罪成立期す 反対論依然根強く ←犯罪を計画(冗談でも)しただけで、逮捕されるのです。 | トップページ | <納税者情報盗難>47万人分保存のPC2台 東京国税局 責任者は財務相ですよね? »

2005.09.23

「後藤田正晴元官房長官死去」 一貫して論理的な主張を持っていた政治家だった。

◆記事:後藤田元副総理が死去、91歳=カミソリの異名、護憲派の論客

 

抜群の情報収集力と的確な判断力から「カミソリ」の異名で知られた後藤田正晴(ごとうだ・まさはる)元副総理が19日午後8時53分、肺炎のため都内の順天堂大病院で死去した。91歳だった。

 徳島県出身。密葬は親族のみで執り行われた。「お別れの会」を東京、徳島で行うが日取りなどは未定。喪主は妻松子(まつこ)さん。(時事通信) - 9月21日15時1分更新


◆コメント:つい最近まで、健在だったのに。残念。

 

 何故、残念かというと、正論を述べる人だったからだ。

 後藤田さんは東大法学部から「内務省」という警察・地方行政・選挙などを統括する戦前の役所に入った。

 内務省は1947年に廃止になったけれども、その後、警察庁長官まで上り詰めたエリート役人だ。

 新聞を読むと「カミソリ」の異名を持っていたと必ず書いてあるが、それは、今の誰かさんみたいに、自分に反対する人間をばっさり切り捨てるということではなくて、

 カミソリのように鋭い頭脳、明晰な判断力を持って、はっきりと「言うべき事」を言う人だった、という意味だ。
 
 後藤田さんが偉かったのは、私欲に固執しなかったことだろう。

 そりゃ、人間だから多少の権力欲などあったかも知れないし、

 政治家だから汚い手を使ったことも有るかも知れない(←本当は亡くなったばかりの故人にこういう事を言ってはいけません)が、

 総理に、という声もあったのに辞退した。晩年は「いつまでも現役にいるべきではない」と言って、まだ元気だったが引退した。

 そう言うところを私は「私欲がない」と言っているのである。

 そして、もう一つ、大事なこと。

 後藤田さんは、思想が一貫していた。

 私は覚えている。

 後藤田さんが、第一次中曽根内閣の官房長官の時に、ペルシャ湾に自衛隊の掃海艇(機雷を取り除く為の船舶)を出せというアメリカの強い要求があった。

 ところが、後藤田さんは、「絶対にいけない」とテコでも譲らなかった。「これを認めるなら自分は官房長官を辞める」といってまで、中曽根氏を説得し結局止めさせたのだ。

  それまで、私は、「後藤田さんて、何だかいろいろ権謀術数を駆使して権力をほしいままにしているのだろうな。頭いいからな」

 と、失礼ながら、色眼鏡で氏を見ていたのだが、この時は驚き、感心した。

 今、そんなことを総理大臣に言える人がいますか? 郵政反対派があっという間に賛成派になる世の中だ。



 後藤田さんは、自民党だけど、徹底的に護憲派。別に左とか右とか関係が無い。

 回想録を読むと、その主張の根拠は常に変らない。

 「自分自身が戦争に行っているから、その時の経験から分かるが、軍隊というのは、必ずエスカレートして、行き過ぎた行動を取るものだ」、ということと、 

日本はアメリカのいいなりになりすぎだ」、

 という2点に集約されるのだ。 この思想は不変だった。

 だから、小泉首相がイラクに自衛隊を派遣したことを終始批判していた。

「イラクへの自衛隊派遣は間違っている。小泉は戦争を知らない」って言っていましたよ。

 官房長官の時から、変っていない。一貫している。

 主張を変えないのは、それなりの思想があるからで、本来、そういう人でなければ、政治家になってもらっては困る。

 郵政民営化に反対していたのに、小泉首相から公認を外されたらあっさり寝返って、郵政民営化賛成に票を投ずる代議士なんて信用できない。

 ここで反論があるだろう。

 一貫していると言えば小泉首相も「郵政民営化が一番大事だ」と言い続けている点において、一貫しているではないか、と。

 確かに。

 しかし、間違った方向に一貫していても仕方がない。

 小泉首相の主張には論理性がない。何故郵政民営化が一番大事なことなのか。ついに、最後まで論理的な説明がなかった。

 「これが行政改革の始まりなんです」

 何故?郵政を変えても、国の政治が全て良くなるわけがない、ということぐらい中学生でもわかるであろう。



 後藤田さんが亡くなって、氏の発言を改めて読み返してみた。

 そこには、やはり論理性・合理性がある。同じ「一貫性」の持ち主でもここが大きな違いだ。

 何しろつい先日まで、健在だったのだから、8月8日に郵政民営化法案が参議院で否決されて、小泉首相が衆議院を解散したときも、見ていたのである。

 そして、こういう言葉を残している。

 

「代議制民主主義だよ、日本は。立法府で通らなかった法律案を、(衆院解散によって)実質的に国民投票に掛けるのと同じような手続きになりつつあるのは、代議制の上からみて、行きすぎではないか。憲法改正のように、国民投票の手続きが憲法で決まっているならよいのだけどね」(8月21日の民放テレビで)

 91歳である。本来、もうどうでも良い、と知らんふりをしていてもいいのに、最後まで「論理」を貫かれた。これは、立派だ。

 小泉総理は後藤田さんのこの最後の言葉をもう一度よく読んで頂きたい。

 後藤田正晴氏のご冥福を祈る。

|

« 特別国会で共謀罪成立期す 反対論依然根強く ←犯罪を計画(冗談でも)しただけで、逮捕されるのです。 | トップページ | <納税者情報盗難>47万人分保存のPC2台 東京国税局 責任者は財務相ですよね? »

コメント

Mappleさん、こんばんは。JIROです。

>後藤田氏のような方が現在いらしたら、何をどう発信されただろうと、私も残念な思いでありました。

同感です。後藤田が、もし今もご健在ならば、安倍首相に苦言を呈したことであろうと思います。
あのような方がおられなくなり、政治家が私利私欲に公然と走ることに歯止めがかからないのは、

嘆かわしい限りです。

>「理屈では反論できず、数の結果だけを見て、何が正しいかを判断する人が多いのです。」

これは、2005年9月の所謂「郵政民営化選挙」のときの経験を綴ったものですが、
私個人が嫌がらせを受けたことも悔しいのですが、このような心理的傾向が殆ど不変であることが

問題です。
今ですと、安倍首相が新しい、自分の思うままに動く人物を日銀総裁に就かせ、
量的金融緩和策が発表され、株が高騰した、となると、福島第一原発の使用済み核燃料プールの

ことなど、あたかも存在しないような気分になってしまうのが日本人で、
同時並行的に様々な物事を考えられないのは、本当に困ります。

弊ブログを引用して下さりありがとうございます。
TBは何故か上手く行かないことがありまして、私も失敗することがあります。
もうしわけありませんが、どうもココログでは、たまに起きる現象であるような気がします。

お気がむいたときに、また、拙文を眺めて頂ければ幸甚です。

投稿: JIRO | 2013.04.06 04:18

後藤田氏のような方が現在いらしたら、何をどう発信されただろうと、私も残念な思いでありました。
そういう中で巡り会ったのがこのブログです。早速引用させていただきました。
また2012.12.17の投稿「カテゴリー「2012年衆議院選挙」の記事の中で、
「理屈では反論できず、数の結果だけを見て、何が正しいかを判断する人が多いのです。」
残念だけれど、事実ですね。
また勉強させていただきたいと思っております。
トラックバックを試みてみましたが、失敗しました。
引用させていただけてありがとうございます。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

投稿: Mapple | 2013.04.05 06:18

ネット理想編著人さん、ご丁寧なコメントを有難うございます。

レスが遅れまして、申し訳ありません。

コメントを拝読して思い出したのが、倫理学者、和辻哲郎氏が著された「鎖国 日本の悲劇」(岩波文庫)の序文に記された言葉です。

「合理的な思索を蔑視して偏狭な狂信に動いた人々が、日本民族を現在の悲境に導き入れた。(中略)推理力によって確実に認識せられ得ることに対してさえも、やって見なくては解らないと感ずるのがこの民族の癖である。それが浅ましい狂信のはびこる温床であった。またそこから千種万様の欠点が導き出されて来たのである。」

ネット理想編著人さんのご意見と同様、(和辻先生は特に「日本人の性癖として」と書かれていますが)、やってみないと分からないと考え、痛い目に遭って初めて自らの過ちを悟る人間の欠点をと和辻先生が半世紀以上も前に指摘されています。

僅か60年の間に、同じ国で、同じ事が起りつつあるとは、信じたくありませんが、現実なのですね。

後藤田正晴氏のご逝去が惜しまれてなりません。

投稿: JIRO | 2005.09.25 14:32

後藤田さんのような議員は今は求められていないと思っているのが国民の大半でしょうが、いつの時代でも後藤田先生ような人は求められ、また求めなければなりません。とはいえこれからもう少し続く暗黒の時期を過ぎれば、多くの国民もそのことに気づくでしょう。今はその前段階といったところでしょうか?ブッシュが支持され、そして今、危機を迎えているように。暗黒の時期は長くは続きませんが、しかしその暗黒の時期の代償を必ず国民は払わされます。感情でわからないと認識できないのが人間ですから仕方がないのですが。そしてそうしないと進歩しないそれが人間です。

投稿: ネット理想編著人 | 2005.09.23 21:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「後藤田正晴元官房長官死去」 一貫して論理的な主張を持っていた政治家だった。:

» カミソリ後藤田逝く [社長の本音日記]
総選挙で歴史的大勝を果たした小泉自民党ですが、全員留任した第3次小泉内閣がスタートしました。相変わらずテレビは刺客や棚ぼた当選の議員を面白おかしく取り上げていますが、彼らが立派な代議士となって活躍してくれることを心底祈っています。(やっぱりと思わせないで....... [続きを読む]

受信: 2005.09.23 09:35

» 後藤田正晴氏のこと。……カミソリと言うけれど、おちゃめな印象だった。 [週刊!Tomorrow's Way]
昨日、国会の召集、第3次コイズミ内閣発足の日に、 「政界のご意見番」と例えられた後藤田正晴氏が逝去した。 後藤田氏のことを、何か、多く知るわけでもないのだけれど、 ほんの少しだけ、書き留めておきたくなった。                     ※※ 後藤田氏は、いくつかの著作をのこし、また、けっこうな数の 関連書籍もあるはずだが、それを私は読んだことがない。 私の学生時代は、ちょうどロッキード事件の起きたあとで、 田中金脈問題が追求されているさなかでもあった。 田中... [続きを読む]

受信: 2005.09.23 09:54

» 「私を監視してください!」 [東京おっとこまえ日記]
後藤田正晴氏が死去 副総理や官房長官を歴任 (朝日新聞) - goo ニュース 初当選の時、国民に向かって「これから私を監視してください!」と 叫んだ後藤田氏。 徹底した№2体質の政治家でした。 国民の目を逃れるような政治家ではダメ。 「聞く耳」を持たない政治家はダメ。 国民は政治から「目」をそらせちゃダメ。 今回の選挙で初当選した方々に、彼のこの言葉を贈ります。 後藤田氏と私は同郷。 昨日、実家の妹に「後藤田さん、死んでしもたな〜」と電話�... [続きを読む]

受信: 2005.09.23 13:16

» 大義の前に清濁併せ呑む。快刀乱麻のカミソリ・後藤田正晴のキレ味に合掌……!! [東京無重力アワー'05]
☆清々しきは政界のかすみ草の死。 下戸だったという故人に、 あえて缶ビールで弔意を。 カミソリ後藤田氏逝く ひっそり密葬(スポニチ)  世の中、キレイごとばかりでは済まされない。ゼニをくれない親分からは子分が離れてゆく。給料を上げてくれない社長など死んでしまえ。地獄の沙汰もカネ次第。仮に高邁なビジョンがあったとしても、それだけではついてゆけない。ヤクザも政治家もサラリーマンも、まあみんな事情はいっしょだと思う。カネとポストと力はいわば三位一体であり、錬金術を持たない政治家は地位を... [続きを読む]

受信: 2005.09.23 18:58

» ▼後藤田さんご逝去。心よりご冥福をお祈り申し上げます。 [宵越しのネタは持たねぇ]
19日、後藤田さんがお亡くなりになった。 大好きな政治家だった。すごく残念。 でも最近、見る度にさらに小さくなってくなぁと思っていたから、なんとなくこの日が来ることは わかっていたけど。 http://tomorrows.exblog.jp/tb/2261872 以前、麻布某所のエレベ...... [続きを読む]

受信: 2005.09.24 01:58

» ▼後藤田さんご逝去。心よりご冥福をお祈り申し上げます。 [宵越しのネタは持たねぇ]
19日、後藤田さんがお亡くなりになった。 大好きな政治家だった。すごく残念。 でも最近、見る度にさらに小さくなってくなぁと思っていたから、なんとなくこの日が来ることは わかっていたけど。 http://tomorrows.exblog.jp/tb/2261872 以前、麻布某所のエレベ...... [続きを読む]

受信: 2005.09.24 01:59

» 後藤田正晴氏逝去に思う [ぬるま湯主義]
 後藤田正晴氏が亡くなった。「カミソリ」を始めとするいくつかのあだ名で呼ばれてい [続きを読む]

受信: 2005.09.24 15:48

» 無くした舵 [   ニ ュ ー ヨ ー ク ・ ブ ロ ウ                       -NYでもタコ焼きを焼く英国人へ-]
最近訃報続きで、どうも滅入る。 後藤田正晴氏が91歳で亡くなった。 沢山の惜しまれる方が居る中、 私の中で、この方だけは別格の存在だった。 政治部記者の友人が「肺炎で」とメールで知らせてくれ、 氏の訃報に接した時、正直、日本は終わったと思った。 そして昔取材し... [続きを読む]

受信: 2005.09.24 20:48

» 後藤田正晴氏急逝。残念だ、もう少しで彼も憲法がわかっただろうに [松尾光太郎 de 海馬之玄関BLOG]
後藤田正晴氏が亡くなられた。大変残念なことだ。とうとう、憲法と国際法が理解できないまま逝ってしまわれたのだろうから。 このような<font color=blue><ふざけたコメント></font>は日本では(否、中国や韓国という「大義名分重視の自己中の「中」の中華の国」を除けば、アメリカでも欧州でも)あまり上品なものとはされないだろう。実際、昔、後に某東京大学の学長まで勤められた熊本県ご出身のある刑法・刑事訴訟法の大家が、当時、新進気鋭だった東京大学の刑事法の教授が..... [続きを読む]

受信: 2005.09.26 11:15

» 惜しい人の死 [NOPOBLOG]
後藤田正晴さん死去:「カミソリ後藤田」最期まで 平和、護憲を説き続け(毎日新聞 2005年9月21日) 訃報:後藤田正晴さん91歳=元官房長官、副総理・法相 (毎日新聞 2005年9月21日) 2005年10月19日、平和主義の政治家である後藤田正晴氏が亡くなられました...... [続きを読む]

受信: 2005.10.13 23:42

« 特別国会で共謀罪成立期す 反対論依然根強く ←犯罪を計画(冗談でも)しただけで、逮捕されるのです。 | トップページ | <納税者情報盗難>47万人分保存のPC2台 東京国税局 責任者は財務相ですよね? »