« 「このドミニカン派の坊さんは聖者だというけど、僕は少し怪しいと思う」(「モーツァルトの手紙」より) | トップページ | 株の売買なんて下世話なものに熱中しているぐらいなら、優れた芸術に接しなさい »

2006.01.29

「スパイウエア作成者逮捕」、「東大 、RNA論文『捏造同然』」、「輸入再開、首相が最終判断」 (追加)今夜「情熱大陸」(TBS系列)でベルリンフィル首席ヴィオラ、清水直子さん。

◆記事1:スパイウエア作成者逮捕 元IT社員 口座から預金詐取

 スパイウエアと呼ばれる不正ソフトを使った預金詐欺事件で、警視庁ハイテク犯罪対策総合センターは二十六日、

 不正アクセス禁止法違反と電子計算機使用詐欺の疑いで指名手配していた住所不定、元IT関連企業社員、竹川敦容疑者(31)を逮捕した。

 調べに対し「(スパイウエアは)自分が開発した」と供述している。スパイウエアの作成者が逮捕されたのは国内で初めて。

 調べによると、竹川容疑者は無職の平山喜一被告(34)=不正アクセス禁止法違反罪などで起訴=と共謀し、

 ジャパンネット銀行に口座を開設する川崎市の貴金属販売会社にスパイウエアを添付した電子メールを送信。

 同社に割り当てられたネットバンキング用のIDとパスワードを不正入手した上、

 昨年七月一日、同社の口座から二人が管理する第三者名義の口座に二十一万六千円を送金した疑い。

 竹川容疑者らは通販業者十社の口座から約千百万円を詐取したとみられ、

 同センターは余罪があるとみて追及している。(産経新聞) - 1月26日15時51分


◆記事2:RNA論文「捏造同然」 多比良教授と助手を処分へ

 

 東京大大学院工学系研究科の多比良和誠教授(53)=生命化学工学=の論文疑惑で、

 東大調査委員会(委員長・松本洋一郎同科教授)は27日「現段階で論文の実験結果の再現には至っていない」とする報告書を発表した。

 記者会見に同席した浜田純一副学長は「捏造(ねつぞう)同然とみえる」と述べ、

 多比良教授と主執筆者の川崎広明助手(37)の処分を懲戒免職も含めて検討していることを明らかにした。

 大学側は、小宮山宏総長の指示で責任の所在などを調べる委員会を設置。

 教授の研究室を事実上閉鎖し、学生をほかの研究室へ振り分け始めた。

 一方、多比良教授は同日「報告書には誤解がある。納得できない。

 自分から辞めるつもりはない」と述べた。(共同通信) - 1月27日13時47分更新


◆記事3:輸入再開、首相が最終判断へ=再発防止策など協議-米産牛肉問題

 

 米国産牛肉の一部にBSE(牛海綿状脳症)の危険部位が混入していたため、輸入が再禁止になった問題で、

 政府は輸入再開について「関係省庁で協議した上で、首相の指示を受けて判断する」(農水省)とし、

 小泉純一郎首相が最終的に決断する方針だ。政府は、再発防止策などに関する米側からの正式な報告を待って、

 再開に向けた手続きを開始したい考えで、輸入再開は早ければ春ごろになりそうだ。 (時事通信) - 1月28日15時0分更新


◆コメント1:スパイウェア(コンピューターウイルス)を作る奴が、一番悪いのだ。 

 

 当たり前ではないか、というなかれ。 

 私は、以前、コンピューターウィルスに慣れてはいけない。という記事を書いたことがある。



 世の人には、人を困らせる為に、世間が騒いだり混乱したりするのを見るのが楽しくて、

 わざわざ、コンピューターウイルスを作ってバラ撒いている陰湿な野郎がいるわけだ。

 ところが、世間はコンピューターウイルスを自然界のウィルスと混同しているかのように見える。

 ウィルスに感染するのは、ウィルスを作った奴がいるからだ。

 こいつがまず、一番悪いに決まっているではないか?

 
 しかし、昨今の世の中は、考え方がおかしい。

 コンピューターウイルスが存在するのが「当たり前」で、それに対策をしていなかった被害者が悪いのだ、という認識になっている。

 この考え方は正しくない。



 ウィルスを作る奴らがこの世にいなくなったら、感染することもなくなる。

 今までは、ウィルスの発生源を逆探知することが難しくて、逮捕できなかったのだろうが、

 今回「犯人」を捕まえたのはお手柄だ。

 世の中にこれだけ迷惑をかけている連中が、のさばっていて、良い訳が無い。


◆コメント2:韓国のES細胞をあざ笑っていた人は何かコメントすべきじゃないの?

 

 韓国でES細胞の研究を巡るねつ造が大騒ぎとなり、何かというと、韓国乃至、韓国人をバカにしたがる人は、「大喜び」していた。

 ところが、何と、東大でも全く同じことをやっていた。これは、恥ずかしい。

 私は、「ES細胞:黄教授疑惑「論文、全部ねつ造」ソウル大調査委」 耐震強度虚偽表示がまかり通っていた国も、相当恥ずかしいと思いますが。という記事を書いた。

 あまり、他国のことを言えた義理ではないのではないか、という趣旨である。

 東大のねつ造の所為で、一層、偉そうなことを言えなくなった。


◆コメント3:小泉に判断させたら、輸入再開というのに決まっているだろう。

 

 今更いうまでもなく、小泉首相はブッシュの忠犬ハチ公である。

 昨年11月、日米首脳会談の後に、米国産牛肉の輸入再開が決まったのである。

 今回、小泉に最終判断を任せたら、「早く再開しろ」と云うに決まっている。アホか。



 また、法的にも、首相に最終判断を任せるのは間違っている。

 日本国憲法 第65条 行政権は内閣に属する。

 「内閣に属する」のであり、内閣総理大臣に属するのではない。

 内閣は連帯して責任を負う。

 これに対し、アメリカでは、行政権は大統領に属する。

 小泉は自分を大統領と勘違いしているフシがある。

 厚労相、外相、農水相は、早期再開は止めるように首相を説得すべきなのだが、怖くて誰も云えないらしい。

 日本は、今や独裁国家なのだ。


◆【追加】今夜TBS系列「情熱大陸」でベルリンフィル・首席ヴィオラ奏者清水直子さんのドキュメンタリーをやるそうです。


 

 先ほどテレビの番組表を見ていて気が付いた。

 過去、この日記では何度も、ベルリン・フィルのコンサートマスターの一人が安永徹さんと言う日本人であること。

 それがどれほど、すごいことなのかを書いた。

 それは、欧州の管弦楽団で活躍する日本人音楽家は、どんな政治家・外交官よりも、日本に貢献している(シュミット元ドイツ首相)

 ものは試しで、ベルリン・フィルを聴いてみませんか?NHKBS2で大晦日まで深夜に放送。などをお読み頂けると有難い。

 安永さんは既に22年もコンサートマスターを務めていて、これほどすごいことはない。

 その上、ベルリンフィルには、その後2人も、日本人奏者が見事オーディションに通って、入団している。

 一人は、第一バイオリンの町田琴和(まちだことわ)さん、

 もう一人は、何と首席ヴィオラ奏者の清水直子さんである。

 清水さんが首席ヴィオラ奏者として入団したのは2001年。5年目である。

 ベルリン・フィルなどというものは、入団できるだけでも、ものすごいことであるが、首席奏者はどの楽器でも、

 他の奏者とは異なる、レベルの高いオーディションを受ける。

 その上、2年間の試用期間を経て、初めて正式なメンバーになることができる。

 並大抵のことではない。

 その、清水直子さんのことを、東京での放送時間しか分からないが、TBS系列の「情熱大陸」が取り上げた。

 ベルリンフィルジルベスター・コンサートの様子なども交えて、と番組のサイトに書いてある。

 まだ放送されていないから、どの程度の出来の番組か分からないが、

 是非、ご覧になってみては如何であろうか。

|

« 「このドミニカン派の坊さんは聖者だというけど、僕は少し怪しいと思う」(「モーツァルトの手紙」より) | トップページ | 株の売買なんて下世話なものに熱中しているぐらいなら、優れた芸術に接しなさい »

BSE」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

いつも、楽しみに読ませていただいております。

さて、論文捏造の件に関して、同じく生命科学に身を置く者としてひとつ。
黄教授と多比良教授の件は、同一に比較するべきではありません。
と申しますのも、捏造した事そのものが問題の本質ではないからです。
サイエンティストとしてこういうことを言うのは大変心苦しいのですが、サイエンスに捏造は付き物なのです。
ちょっと前の事ですが、あのベル研でも起きました。
何しろ、この世界はデータが全てなのです。
名誉もカネも、データ次第。そして、そのデータはいつでも編集可能な状態で手元にあるわけなのですから。

重要なのは、そうした、起こり得る捏造に対して、学界が正常に自浄作用を発揮できるか、なのです。
幸いにして、韓国の若手研究者達も、日本の分子生物学会も、その自浄作用をきちんと発揮し、問題の摘発に至りました。
この事自体は、黄教授の捏造発覚当初、韓国の研究者の方も仰っていましたが、まことに喜ぶべき事かと思います。

むしろ、私がびっくりしたのは、そうした自浄作用に対する、韓国国民の反応です。
どういう訳か、自浄作用の方に向けて非難の声が上がったのです。
もちろん、街頭インタビューを見ても、大半の韓国国民は、「黄教授に裏切られた」と、正常な反応を示してはいるのですが、一方で(黄教授を盲目的に支援するための)キャンドル集会を開いた人達も少なからず居るのです。
捏造が動かぬものとして科学的に示され、本人もそれを認めているにも拘らずに。

この事は、黄教授にたいする韓国国民の過度な期待があったことを考慮しても、少々理解しがたいものがありました。
この事は、恐らく、JIROさんもご指摘の、「インチキに寛容」な国民性に寄るところが大きいのかもしれませんが、しかし、それにしても勇気を持って不正を指摘した韓国の若手研究者が非難を浴びるとは、やはり、不気味さを払う事はできませんでした。

韓国の科学界が今回の件で萎縮したり、自浄作用を発揮するに躊躇いが生じたりしない事を、私は祈らずに居れません。

投稿: いもはんだ | 2006.01.29 19:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/8390381

この記事へのトラックバック一覧です: 「スパイウエア作成者逮捕」、「東大 、RNA論文『捏造同然』」、「輸入再開、首相が最終判断」 (追加)今夜「情熱大陸」(TBS系列)でベルリンフィル首席ヴィオラ、清水直子さん。:

» 武部と言う、この最悪の放言ブタ、どうにかならないのか。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
2001年12月4日(国内3頭目のBSE感染牛発見後、国会内で民主党議員に)「ま [続きを読む]

受信: 2006.01.29 10:42

» 武部と言う、この最悪の放言ブタ、どうにかならないのか。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
2001年12月4日(国内3頭目のBSE感染牛発見後、国会内で民主党議員に)「ま [続きを読む]

受信: 2006.01.29 10:50

« 「このドミニカン派の坊さんは聖者だというけど、僕は少し怪しいと思う」(「モーツァルトの手紙」より) | トップページ | 株の売買なんて下世話なものに熱中しているぐらいなら、優れた芸術に接しなさい »