« 情報流出:小泉首相、管理の不備批判「守秘義務が甘い!」←総理、気が付くまで1年半かかりましたか。 | トップページ | 「荒川静香、ビストロでSMAPと乾杯 」村主とか安藤もマスコミはあれほど利用していたくせに。 »

2006.03.13

<パラリンピック>苦難を乗り越え金メダル 小林深雪選手←障害者を特別扱いする必要は無いが、軽視するのは不公平だ。

◆記事1:<パラリンピック>苦難を乗り越え金メダル 小林深雪選手(毎日新聞) - 3月12日0時8分更新

【プラジェラート(イタリア)飯山太郎】当地で11日に行われたトリノ冬季パラリンピックのバイアスロン女子12.5キロの視覚障害で、小林深雪選手(32)が2大会ぶりの金メダルに輝いた。

ゴール地点では、負けを覚悟したライバルのフランス選手が、日の丸を掲げて待ち構えていた。ガイドの小林卓司さん(47)とともにゴールすると、

チームの荒井秀樹監督から「1番だよ、深雪」の声が飛ぶ。小林選手の目に涙があふれ「うそみたいな感じ。うれしい」と喜びの言葉がこぼれた。

この日獲得したメダルは「長野の金とは全く別物」という。98年長野大会で、日本人として冬季初の金メダルを獲得した有力選手。だが、その後は、厳しい経験をしてきた。

02年の前回大会では出場種目のうち6位が最高。経済的な問題もあって競技を続けるかどうか悩んだ。老人ホームのパート業務で収入を得ながら、

貯蓄を取り崩して遠征などを重ねていたが、それも底をついてきた。

そんな時期の04年11月に、日立システムアンドサービスが設立した障害者スキーの実業団チームに入社。マッサージの技術を生かして健康管理の仕事をしながら、

競技にも十分に集中できる環境を手に入れた。

だが、昨年8月に、視力のハンディが原因で転倒し、右足首を骨折した上、12針も縫う重傷を負った。

トリノを前に気持ちがくじけそうになる中「だめだったら支えてくれた方々に申し訳ない」というチームへの思いが復帰を強く後押しした。練習再開まで2カ月かかり、痛みは今も残る。

だが、コースに出ればリズムを崩すことはなかった。

病気で光を失い始めたのは小学2年生のころ。盲学校の恩師の勧めで競技に取り組み、苦難を乗り越えたベテランが、3度目の大舞台で返り咲いた。

「自分の力と支えてくれる皆さんの力が合わさって金メダルが取れた」との声が弾んだ。


◆記事2:37歳弘山、悲願の初優勝=残り約1キロで渋井を逆転-名古屋国際女子マラソン

12月のアジア大会(ドーハ)代表最終選考会を兼ねた名古屋国際女子マラソンは12日、名古屋市瑞穂陸上競技場を発着点とする42.195キロのコースで行われ、

マラソン挑戦10度目で37歳の弘山晴美(資生堂)が残り約1キロで渋井陽子(三井住友海上)を逆転し、2時間23分26秒で悲願のマラソン初優勝を果たした。

レースは前日本記録保持者の渋井が序盤から前に出た。渋井は約8キロで後方集団に吸収されたが、その後、再び前に出て独走。

だが、30キロ以降、ペースの落ちた渋井を弘山が追い上げ、終盤で抜き去った。渋井は2時間23分58秒で2位、3位は堀江知佳(アルゼ)。大南博美(トヨタ車体)は8位に終わった。

(時事通信) - 3月12日17時30分更新


◆コメント:二つのニュースは同列に扱うべきである。

私の結論は、タイトルに記した一文が全てだ。

「障害者を特別扱いする必要は無いが、軽視するのは不公平だ。」

「バイアスロン女子12.5キロの視覚障害で、小林深雪選手(32)が2大会ぶりの金メダルに輝いた。」

視覚障害者のバイアスロンでは伴奏者がいるわけだが、視覚に障害が無くとも、普通の人間はスキーを履いて、いきなり12.5Kmを走ることなどできない。

これは、彼女が、視覚障害を持たない「普通の人々」よりも、高い身体能力を有することを意味している。それだけでも尊敬に値する。

云うまでもなく、パラリンピックの記録を単純に普通のオリンピックの同種目と比べるのは、意味を為さない。そもそもハンディを背負っているのだから。

しかし、小林深雪選手が世界一になるまでには(彼女は2回目だ)、想像を絶する努力が有ったことは、考えるまでもなく明らかだ。

その努力を可能ならしめた精神力は、本日の名古屋国際女子マラソンで、37歳にして、漸く初めて優勝した弘山晴美選手のそれと同等に称讃されるべきである。

弘山晴美選手と、小林深雪選手の偉大さは、同一である。


◆いたわることと、憐れむことを混同してはいけない。

単純バカが誤解をすると困るので、申し添える。

いたわることと、憐れむことは別の精神作用である。

障害者を特別扱いする必要はない、とは、「憐れみ」の気持ちで見たり接したりするべきではない、という意味である。

障害者を無闇に可哀想だ、という人がいたら、それは、ほぼ間違い無く優越感に浸っているのであり、それは障害者に対する「侮辱」である。



但し、実際に身体に障害があり、車椅子での移動を余儀なくされる人や視覚障害者は、客観的に見て、健常者よりも運動能力(移動能力)がおとるわけであるから、

例えば電車の乗降に際して他人の助けを借りるのはやむを得ない。これは弱者をいたわることで、憐れみではない。


◆これこそ、「惻隠の情」だ

以前紹介した、藤原正彦氏の「国家の品格」が売れているので、最近、私のサイトにも「惻隠の情」で検索して来る方が多いが、

上述した例は、正に、「惻隠の情」である。



私は、ひどい光景を目撃したことがある。JR東日本、中央線の某駅でのことだ。

車椅子に乗った障害者が駅員の助けを借りてエスカレーターに乗っていた。その間、一般乗客は階段を使うことになる。それぐらいはやむを得ないと思う。

ところが、ひどい奴がいた。余程急いでいたのか、事情は知らないが、その男は障害者に向って叫んだ。

「こんなところをウロチョロするんじゃねえよ。邪魔なんだよ!」

家にこもっていろ、という意味である。ひどいことを云う。こういうのは、一種の人格障害者ではないかと思う。「いたわる」という感情が無い。



好きで障害者になった人はいない。誰もが明日、交通事故に遭い、脊椎損傷により、同じ立場になるかも知れない。

このような想像力を働かせれば、エスカレーターをたまたま、一度使えなかったぐらいの不便は、甘受すべきであることが分かる。

一昨日の日記と同じ締めくくりになるが、いたわる心、「惻隠の情」もやはりその源は、「もし、自分が相手だったら」と考える能力、つまり、想像力である。

|

« 情報流出:小泉首相、管理の不備批判「守秘義務が甘い!」←総理、気が付くまで1年半かかりましたか。 | トップページ | 「荒川静香、ビストロでSMAPと乾杯 」村主とか安藤もマスコミはあれほど利用していたくせに。 »

オリンピック」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

マスコミ批評」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

kabumasaさん、こんばんは。

株式市場は、何だか膠着状態ですね。
出来高が、今年に入ってから大発会を除いて最低とのことで、マーケットが薄い分、
乱高下しそうですね。

先週、日銀が量的緩和を終わりにしましたが、その後、きのう初めて日銀当座残高が30兆円を
割り込んだ、と新聞が騒ぎ立ていますが、もともと6兆円あれば足りるのですから、大した話では
ないのに、マスコミが不安心理をかき立てるものだから、あっという間に長期金利が1.7%台に
乗ってしまいました。ポジションは小さくしておいた方がよさそうですね。

>その障害者に怒鳴った男程度の感性の奴って
>いくらでもいますよね。私も以前手術したとき一時
>足が不自由になったので杖を使ったことがあるのですが、
>ドアのところでちょっと手間取っていたら、「グズグズするな
>よ、ちぇっ」と言いながら、少し離れた別のドアへ行ったクソが
>いました。

いますいます。この手合い。
そのくせ、ラッシュアワーに、自分が下車するときは、ぐいぐいと人を
押しのけて、いくのですよね。

ひとこと「失礼します」といえば良いのですが、そういう言葉は出ないで、
人を傷つける言葉だけは、簡単に口にする。

>小泉首相というのも一種このクズ人間たちに近い感性の人間だと、
>彼の数多い人間性皆無の発言から判断している私です。

これも、同感です。自分さえよければ他人などどうでも良い、
という人が日本国の宰相で、こういう人を支持する国民がいること自体
悪夢のようです。

小泉首相は身ごもっていた妻を追い出し、その後生まれた我が子(息子)が
20年後、会いに来ても会わずに追い返しました。

また、自殺遺児の代表の高校生が、「もう少し助けて欲しい」と、官邸に
陳情に訪れたときの、小泉氏の能面のような冷徹な表情は不気味ですらありました。
何しろ、相手の顔すら見ないのですから。

財政改革するにしても、まず、障害者への公的負担を減らすなど、
弱者から虐めるのですから、殆どサディストに近いと思います。

投稿: JIRO | 2006.03.16 00:10

こんにちは。
今日もいつも通りの株式売買です。
パラリンピックは常人でもできない凄い
競技をしますよね。でもちょっと観てみたくても
NHKでさえまるで放送しませんよね。もう少し
配慮すれば良いのにね。

その障害者に怒鳴った男程度の感性の奴って
いくらでもいますよね。私も以前手術したとき一時
足が不自由になったので杖を使ったことがあるのですが、
ドアのところでちょっと手間取っていたら、「グズグズするな
よ、ちぇっ」と言いながら、少し離れた別のドアへ行ったクソが
いました。普通の感性の持ち主なら、杖と荷物を持ちドアを
開けるのを手間取っているのを見れば、ドアをかわりに開けて
「どうぞ」とでも言うところでしょう。こういうクズ人間こそ
憐れみの眼で見るしかないのでしょうね。小泉首相という
のも一種このクズ人間たちに近い感性の人間だと、彼の
数多い人間性皆無の発言から判断している私です。

投稿: kabumasa | 2006.03.13 13:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/9065716

この記事へのトラックバック一覧です: <パラリンピック>苦難を乗り越え金メダル 小林深雪選手←障害者を特別扱いする必要は無いが、軽視するのは不公平だ。:

» No.273:執念 [!? びっくり&はてな]
 おはようございます。こんなニュースを見つけました。 ? 読売新聞社は12日、主要100社を対象に実施した2007年春の新卒採用計画に関するアンケート調査結果をまとめた。 06年春より採用を「増やす」と答えた企業は45社で、昨年3月の前回調査(48社)より... [続きを読む]

受信: 2006.03.13 08:51

« 情報流出:小泉首相、管理の不備批判「守秘義務が甘い!」←総理、気が付くまで1年半かかりましたか。 | トップページ | 「荒川静香、ビストロでSMAPと乾杯 」村主とか安藤もマスコミはあれほど利用していたくせに。 »