« 「脱線事故 周りの言動で心に傷」←「アンダーグラウンド」(村上春樹)がとっくに指摘している。 | トップページ | 「竹島問題の基礎知識」 »

2006.04.26

「無思考」を「プラス思考」と称する欺瞞

◆読者の方からヒントを頂いたことを予めお断りしておきます。

私は、同じ文章をエンピツ、ココログ、エキサイトブログの3カ所に掲載している(エキサイトは最近更新をサボりがちです。済みません)。

本稿は、その3つのうちのいずれかの読者の方からヒントを頂いたものであることを予めお断りしておく。

ブログの本来のあり方からすれば、ここでその方の文章にリンクを貼るべきところであるが、

ブログには、変なエロサイトからスパムTBを送ってくる者がしばしばいるので、その読者(仮にAさんと呼ばせていただく。)に、つまらぬTBが流れてゆく恐れがある。

そういうご迷惑をおかけしたくないので、何処のどなたかは伏せさせていただく。非礼をお許し頂きたい


◆Aさんの主張。

Aさんのお仕事は、マスコミ関係若しくはそれに近いという事だが、私とご本人とは勿論全く面識が無い。

先日、上記3カ所のうちのどれかにコメントを頂いたので、Aさんのブログを読ませていただき、非常に共感を覚えたエントリーがあった。

それは、

「何でも、プラス思考をしていれば、世の中上手くいく(或いは世の中で上手く生きてゆける)という考え方が間違っている」

ということである。

Aさんはマスコミ関係の仕事をしておられるわけだから、当然、世の中の「問題点」を取り上げることが多い。

必然的に、今の日本が確実に悪い方へ向っていることを感じるという。



ところが世の人々は、とりあえず、毎日のメシには困らないし、特に都会に住んでいれば、なんだかんだと楽しいことがある。

しかし、楽しいことばかり考えていれば「何とかなるさ」というのは「ポジティブシンキング」(positive thinking)の勘違いではないか。

現存する世の中の問題がこのまま発展したら、如何なる深刻な事態に発展するかという「マイナス思考」も、必要だ。

以上が、私の主観に基づいて要約したAさんの思想である。


◆全く同感である。

私もそれを考えていた。後付けではない。

3月11日の記事(官公庁の情報流出に関する文章)で私は、
「リスク・コントロールは「マイナス思考」で無ければだめだ。」

と書いた。「リスクコントロール」は日本語で「危機管理」と云う。

危機管理はマイナス思考が出来ない人間には務まらない。



考え得る最悪の状況を想定し、それでも対処できるような体制を構築するのが、「官」でも「民」でも、危機管理責任者の仕事である。

リスク・マネージャーが脳天気な楽天主義者で「あれも大丈夫だろう。こんなことも滅多に起きないから、そこまで考えなくていいよ」という人物だったら、危なくて仕方がない。

私はそのようなに考えていたので、Aさんのご意見には非常に共感を覚えた。

そして、もう少し考えているうちにあることに気づいた。


◆「深刻な問題」「考えたくない現実」から目を背けることを「プラス思考」と云っているのではないか?

世の中には本当に、困難にぶつかっても、それを良い方向に解釈することが出来る人がいる。

話が大げさになるが、松下電器産業の創始者、故・松下幸之助氏へのインタビューなどを読むと、松下氏は本当に正真正銘のプラス思考だったことが分かる。

それは、脳天気なプラス思考ではなく、世の中の凡人ならば「辛い」とかんじることでも、氏はなにかしら、そこから「収穫」を得るのである。

詳しく書くと長くなるので省く。松下幸之助氏に関する逸話などいくらでも本がある。ネットでも調べられるから、一度、ご覧になることをお薦めする。

とにかく、松下氏は、「プラス思考の天才」である。



しかし、昨今の世間の「プラス思考」は質が異なる。

面倒くさいこと。気が滅入ること。放っておけば世の中が大変なことになるという事実から目を逸らしているだけだ。

厳しい云い方をすれば「現実からの逃避」である。

子供じゃないのだから、気が滅入るような問題にも敢えて目を向けるべきなに、「無思考」を「プラス思考」と勘違いしている。

「地球温暖化?大したこと無いだろ?」

「小泉首相がブッシュの傀儡政権だろうがなかろうが、毎日の暮しが楽しければ、それでいい。難しいことを考えても仕方がない」

「年金?まあ、何とかなるだろ?」

「国債発行残高が何百兆円とかいってるけどさ。別に俺たち関係ないじゃん?」

これでは、バカである。

今一度繰り返す。

「プラス思考」と「面倒くさい問題を考えないこと」を混同してはいけない。

|

« 「脱線事故 周りの言動で心に傷」←「アンダーグラウンド」(村上春樹)がとっくに指摘している。 | トップページ | 「竹島問題の基礎知識」 »

エッセイ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

ブログ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

凹みそうなことを「考えない」でも、凹まないで
済むでしょう?

失敗しても、「何も考えなければ」凹まない。

その「何も考えないこと」と
「プラス思考」を混同してはいけませんよ。
ということを、私は述べているのですよ。

投稿: JIRO | 2006.05.08 02:08

プラス思考は大事だと思います。プラス思考だったら失敗しても凹まずにすむし。

投稿: 服部芳尚 | 2006.05.08 01:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/9769195

この記事へのトラックバック一覧です: 「無思考」を「プラス思考」と称する欺瞞:

« 「脱線事故 周りの言動で心に傷」←「アンダーグラウンド」(村上春樹)がとっくに指摘している。 | トップページ | 「竹島問題の基礎知識」 »