« 「<拉致問題>めぐみさん『94年に自殺』金英男さん会見」←本当のことを言うわけはないが・・。 | トップページ | 今日(日曜日)の「N響アワー」は岩城さんの追悼番組ですが、本を紹介します。 »

2006.07.01

国民は横田めぐみさん達を心配しているときに、米国大統領とはしゃいでいる内閣総理大臣。

◆記事:日米友好「くどいほど」演出

【ワシントン=貞広貴志】メーン料理は大統領の地元テキサス州産の神戸牛、ワインはカリフォルニア産の「ミツコ」、デザートは盆栽を模したチョコレート――。

29日夜、ホワイトハウスに小泉首相を迎えて行われた公式晩さん会は、日米友好を「くどいほど」(ホワイトハウス詰め米記者)打ち出す演出となった。

乾杯でブッシュ大統領が、「私たちの友情は日米の強い同盟関係から生まれた」と呼びかけると、首相は2001年6月の初会談でキャッチボールしたことに言及し、

「大統領と私は信頼のキャッチボールを続けてきた」と応じた。

ローラ大統領夫人は異例の事前説明会で、「日本のお客様の趣味に合う装飾と食事を選んだ」と語った。(読売新聞) - 6月30日12時5分更新


◆コメント:一般国民とは対照的に、小泉純一郎内閣総理大臣は拉致問題のことなどお忘れのようだ。

昨日、横田めぐみさんについて書いた。

拉致問題は読者諸氏の関心が高いのが、このテーマで書いたときのアクセス数の多さで分かる。

アクセス数という数字そのものに関心はないのだが、今日のアクセス解析を見て、いつも以上に皆さんが、横田めぐみさんら拉致被害者の事を心配していることが良く分かった

(有料アクセス解析なので、画面を見ただけでは分かりませんが、解析ツールをつけているのです)。

検索ワードで最も多かったのが、「横田めぐみ」であり、フレーズでは「横田めぐみさんは生きている」が、トップであった。

私は胸が熱くなった。

「横田めぐみさんは生きている」

という日本人の「祈り」に近い感情が、そこに表れている。

だが、冒頭の記事を読むとお分かりのとおり、日本国の内閣総理大臣は、アメリカでアホのブッシュにもてなされて、嬉しくてたまらないようだ。

なんという、情けなさ。


◆何度でも繰り返す。イラク戦争は米国の違法行為であり、それを支持した日本は間違っている。

何十回目でも、何百回目でも構わぬ。

国際法(具体的には国連憲章)上、原則的に武力行使、戦争を仕掛けることは違法行為である。

国連憲章 第1条〔目的〕

国際連合の目的は、次の通りである。

国際の平和及び安全を維持すること。そのために、平和に対する脅威の防止及び除去と侵略行為その他の平和の破壊の鎮圧とのため有効な集団的措置をとること並びに平和を破壊するに至る虞のある国際的の紛争又は事態の調整又は解決を平和的手段によって且つ正義及び国際法の原則に従って実現すること。

第2条〔原則〕

3 すべての加盟国は、その国際紛争を平和的手段によって国際の平和及び安全並びに正義を危うくしないように解決しなければならない。

4 すべての加盟国は、その国際関係において、武力よる威嚇又は武力の行使を、いかなる国の領土保全又は政治的独立に対するものも、また、国際連合の目的と両立しない他のいかなる方法によるものも慎まなければならない。


例外は、2つだけ

一つ目は 第7章「平和に対する脅威」41条、42条。国連安全保障理事会が平和に対する脅威に対抗するため、多国籍軍による武力行使で対抗せざるを得ないと決定したとき。

二つ目は、51条、「自衛権」。ある国が他国により、武力による侵略を受けた場合、国連が多国籍軍を送って助けに行くまでの間、自衛のために武力を行使するのはやむを得ない。

これだけが、例外なのだ。


◆大量破壊兵器があろうがなかろうが、イラク戦争を開始したアメリカの行為の違法性は阻却されない。

2003年3月20日、アメリカがイラク戦争を開始した理由は、

「イラクは大量破壊兵器を保有しており、それがテロリストの手に渡れば、明日にでもアメリカが攻撃されるかもしれない」

というものだった。

周知の通り、アメリカはイラク戦争を開始する前に、

「アメリカはイラクが大量破壊兵器を保有している証拠を握っている」と繰り返した。結局嘘だった。

だが、たとえ、イラクに大量破壊兵器があったとしても、それだけで米国がイラクに対して武力を行使することは許されない。

何故なら、国連憲章が例外的に武力行使を認める二つの場合のいずれにも該当しないからである。

日本の国会でもしきりに「イラク戦争の大義」はなどと下らない質疑応答を繰り返していた。

野党は「大量破壊兵器は無かったのに、小泉首相はイラク戦争が正しかったと思うのか?」という質問を重ねた。

それ自体バカである。大量破壊兵器の有無は関係ない。


◆違法行為、それも人殺しを「正しい」と公式に発言したのが日本の首相である。

日本政府は、国連憲章を無視し、何ら正当性の根拠とならないのに、米国が発したイラクの大量破壊兵器情報を全然検証しようともせず信じて(或いは信じたフリをして)

世界で最初に「イラク戦争を開始したアメリカの決断は正しい」と公式にアメリカの武力行使を支持した。



世の多くは、「アメリカに護ってもらわなければ日本はやっていけないから、アメリカを支持するしかない」という論調だった。

これは、間違っている。

有事の際にアメリカが全力を挙げて日本を守る、と本気で信じている人は相当おめでたいが、なにより、

「日本人が生き残る為には、無辜のイラク人が殺されても仕方がない」という思想はあまりにも卑劣である。

私は、アメリカの行為を日本の首相が支持したこと。

その首相を選挙で勝たせて、自分の信念は正しいと思わせてしまった有権者、いずれも正しくない、とずっと言い続けている。

くどいようだが、今一度繰り返す。

日本は、自分さえ生き残れればよい、という考えから、アメリカの人殺しを「正しい」といった。

これは、取り返しのつかない過ちである。

私のこの思想は絶対に変らない。

|

« 「<拉致問題>めぐみさん『94年に自殺』金英男さん会見」←本当のことを言うわけはないが・・。 | トップページ | 今日(日曜日)の「N響アワー」は岩城さんの追悼番組ですが、本を紹介します。 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/10741985

この記事へのトラックバック一覧です: 国民は横田めぐみさん達を心配しているときに、米国大統領とはしゃいでいる内閣総理大臣。:

« 「<拉致問題>めぐみさん『94年に自殺』金英男さん会見」←本当のことを言うわけはないが・・。 | トップページ | 今日(日曜日)の「N響アワー」は岩城さんの追悼番組ですが、本を紹介します。 »