« <米国産牛肉>27日に、輸入を半年ぶりに解禁←日米いずれも、政治家ってのはひどい奴らだ。 | トップページ | 「自民総裁選、安倍氏が大幅リード…読売調査」←競馬予想じゃないのだ。各候補者の政策・思想を正確に報道せよ。 »

2006.07.27

「上下意識薄い?上司に「ご苦労様」…文化庁国語調査」←日本語は大人になってからも勉強しないとダメですね。

◆記事:上下意識薄い?上司に「ご苦労様」…文化庁国語調査

仕事を終えた後、一緒に働いていた相手にかける言葉を尋ねたところ、マナー本などでは上司に使う言葉と教えている「お疲れさま(でした)」を、

部下にも使っている人が半数以上もいることが26日、文化庁の「国語に関する世論調査」で分かった。

部下には「ご苦労さま(でした)」とねぎらうのが一般的とされるが、調査では“ご苦労さま派”は36・1%にとどまった。

文化庁は調査結果を、敬語の使い方に関する指針づくりを進めている文化審議会国語分科会に提出し、来年2月までに、指針を完成させる方針だ。

調査は今年2~3月、全国の16歳以上の男女3652人を対象に実施した。(読売新聞) - 7月26日23時42分更新


◆コメント:上下意識の問題ではなく、「国語力」の問題だ。

本題に入る前に指摘すると、この読売新聞の見出し自体も変な日本語だ。
「上下意識薄い?」

と、新聞の見出しで訊かれても困る。

一時期若者の間で流行った、肯定文で、当然文末が終止形になるべきところでも語尾を上げて、「~?」という話し方の名残りかも知れぬ。

無論、新聞記事の語法は字数制限のため、多少不自然にならざるを得ないことがある事ぐらい承知しているが、

新聞記者はプロの物書きなのだから、考えて書いていただきたい。

この記事なら、せめて「上下意識の希薄化か。」ぐらい思いつかないかな・・・。本当は「上下意識」という日本語も、変だ。

「上下関係の意識」と書くほうが適切ではないかと、思われる。

本題に入る。

読売新聞は、「ご苦労様」と「お疲れ様」の使い分けが出来ないのは、「目上、目下」の意識が希薄だから、と理由付けしたいようである。

それもあろうが、私には、国語力の低さの問題ではないかと思われる。


◆とにかく、覚える。

日本語は大変難しいが、母国語にしろ、外国語にしろ、習得する過程ではとりあえず理屈抜きに覚える外、仕方のないことが多い。

一例を挙げる。

同じような動作でも将棋は「指す」のに対して囲碁は「打つ」ものである。

この違いが何故生じたかを考えるのは、国語学的には興味深いが、仮に日本語習得中の外国人が、こういうときにいちいち「何故?」を繰り返していたら、

殆ど永久に日本語の運用能力は身につかない。とにかく、理屈は後回しにして覚えてしまうしかない。



これは、日本人が知らない単語や言葉遣いを覚えようとするときも同じ事である。

敬語には、丁寧語、尊敬語、謙譲語があり、この使い訳は比較的理屈で考えることが可能な領域だが、

それでも、目上には「お疲れ様でした」と言い、目下には「ご苦労様」を使う、という類のことは、やはりそのまま覚えるしかない。

本屋へ行けば敬語の本などいくらでも売っている。インターネットでは多分メルマガにあるだろうと思って検索してみたら、

ビジネスマンのわかりやすい!基礎敬語講座というメールマガジンを発行している方がいた。

正確かつ詳細で分かりやすい。「ビジネスマン」に限らず参考になると思う。例えば、

目上や顧客に対して、「分かりました」というのは正しく無い。それは対等の関係において使う言葉である。正しくは「かしこまりました」を用いる。

というようなことが、毎回一つずつ説明してある。

バックナンバーが全て公開されている。有難いもので、これを簡単にダウンロードすることができる。一般のダウンローダーでも可能だが、面倒なので、一つフリーソフトウェアを御紹介する。

「まぐまぐバックナンバー取得」というソフトである。リンクを貼るのは遠慮したいので、そのまま検索していただきたい。

すぐに見付かる。このソフトの使用方法は至って簡単で、「まぐまぐ」のマガジンIDを所定の位置に入力すると、

テキストファイルにして保存してくれる(又は、一通ずつ自分宛のメールにすることも出来るとのことだが、その機能は私は使ったことがない)。

但し、かなり大きめのテキストファイルになるから、メモ帳より機能が高いテキストエディタを使うことをお薦めする。

(余談であるが、私は昔から持っているQXを使っている)。


◆尊敬語と謙譲語

敬語の中でも尊敬と謙譲語の区別が出来ていないか、若しくは「知識がない」、場面を目撃することが最も多いように思う。

ほんの一例を挙げるならば、「ございます」は謙譲語だから、取引先に電話して

「山田部長でございますか?」は失礼である。

「山田部長でいらっしゃいますか?」が正しい。

もう一例だけ。

お客、又は目上が何を食べるか(飲むか)を訊ねるとき、

「何をいただきますか?」は同種の間違いである。

「頂く」は「食べる」「飲む」の謙譲語だから、相手に対して用いてはならない。

「何を召し上がりますか?」が正しい。



以前、フジテレビのクイズ番組で、フジテレビの(男も含む)アナウンサーに、「食べる」の謙譲語は何か、という問題を出したら、

誰も正しい答えを出せず、「召し上がる」と書いていたのには心底驚いた。

最もひどいのは、「謙譲語」という概念を知らない「アナウンサー」が、存在することである。

アナウンサーは、言うまでもなく、「日本語のプロ」であるべき職業だ。タレントではない。



昨日、TBSで故・逸見政孝氏の追悼番組を放送していた。逸見氏は、元来フジテレビアナウンサーだった。

逸見氏はものすごい努力家で、関西出身であるにもかかわらず、アナウンサーになるなら標準語を身につけるのは当たり前だとしても、

NHKの「アクセント辞典」を丸ごと一冊暗記した人である。

東京生まれ、東京育ちの人間よりも遙かに正確で美しい標準語を話していた。

経歴を聞かなければ、彼が関西出身であることは、東京生まれの人間ですら、誰も絶対に分からなかったと思われる。



逸見さんが生きていたら、今のフジテレビなど1人として「アナウンサーとして認めない」というに違いない。


◆敬語以外にも色々とある、間違えやすい日本語。

今ではかなり知られるようになったが、「とんでもない」を「とんでもございません」というのは、誤用である。

こういうことは辞書で覚えてゆくしかない。少しでも、不確かだと感じたら、その場で辞書を引く習慣が大切である。



広辞苑を引くと、語源的には確かに「とんでも+ない」なのだが、文法(語法)的には、

「とんでもな・い」となっていて(ハイフンは省略してある、ややこしくなるので。)、「とんでもな」までが語幹(活用しない部分)であることが分かる。

つまり「とんでもな」までは変化させてはいけないのである。

同様の文法を「汚い」に当てはめると良く分かる。「きたない」という形容詞も、「きたな・い」であり、

「きたな」までが語幹だから、「きたございません」とは言わない。同じ文法である。

従って「とんでもない」の謙譲表現は、「とんでもないことでございます」とするしか方法がない。

「敬語以外にも色々」と書いたのに、一つしか例を挙げられなかったが、キリがなく、今日は時間が無いので、ここまで。

また、いずれ書きたい。

|

« <米国産牛肉>27日に、輸入を半年ぶりに解禁←日米いずれも、政治家ってのはひどい奴らだ。 | トップページ | 「自民総裁選、安倍氏が大幅リード…読売調査」←競馬予想じゃないのだ。各候補者の政策・思想を正確に報道せよ。 »

ニュース」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

語学」カテゴリの記事

コメント

鈴実さん、こんにちは。
わざわざご丁寧なコメント有難うございます。
今後とも、駄文にお付き合い頂ければ幸いです。
よろしく御願い申し上げます。

投稿: JIRO | 2006.07.28 08:47

 う〜ん、「はじめまして」ではないんですよね。確かに、こちらのブログにコメントは書いたことはありませんが、私のブログでコメントをいただいたことがあります。
 コメント欄への書き込みに際しての挨拶に関しては、さっと書いてしまったので、抜いてしまいました。失礼いたしました。

投稿: 鈴実 | 2006.07.28 04:24

鈴美さん、はじめまして。
ご指摘ありがとうございました。
「ございます」は「ある」の丁寧語ですね。
うっかりいたしました。

ところで、話の本題から外れるのですが、
これも言葉遣いにおける心得のひとつだとおもうので、書かせていただきます。
こういうところ(ブログのコメント欄やBBS)に書き込むとき、初めに一言挨拶が有った方がいいとおもいます。
いきなり本題から書かれると、やや唐突な感じがします。
ですから、私は、初めてのかたでも、既に存じ上げている方でも、最初に、
「○○さん、こんにちは」さらに100%ではありませんが、
「コメントをありがとうございます」と書くように心がけております。
説教じみて、お気に障ったら、ご容赦下さい。

投稿: JIRO | 2006.07.28 02:10

 私も敬語の使い方にはあやふやなところがあるのですが、気になったので調べてみたところ、「ございます」は謙譲語ではなく、丁寧語です。ただ、目上の人に対して「ございます」を使うのは失礼に当たることには変わりありませんが(「山田部長ですか?」と聞いているのと大差ない)。

投稿: 鈴実 | 2006.07.28 01:47

マイマイさん、こんばんは。コメント有難うございます。

マイマイさんは、素晴らしく正しい日本語をお書きになっていらっしゃるじゃないですか。

私は、流石はプロの方だな(お世辞じゃないです。本当です)と思って、ブログ拝読していますよ。

私などとは、次元が違うと思います。それは絶対にそうです。何しろ文章を書いて生計を立てておられるというだけで、

ただごとではありません。マイマイさんのような「読ませる文章」は私はかけません。

そりゃ、何歳になっても、何処の国の人間でも母国語の文法、語法の間違い、知らない単語はありますよ。

それから、「厳しい上司」という方、「アラ探し」の好きな人でしょ?

「アラ探し」の好きな上司、どこにもいます。その人の過去の文章だって、よく調べれば、絶対に間違いがあるはずです。

マイマイさんは、私が申し上げるのは僭越ですが、もっと自信をお持ちになるべきだと思います。これはもう、間違いないです。

嫌味な上司の悪口は仲の良いお友達にぶちまけてウサを晴らしましょう!私で良けりゃ聴きますけど。女性同士の方が効果的みたい・・。

投稿: JIRO | 2006.07.27 22:49

JIROさま
まもなく32歳になろうという私ですが、
未だに日本語を間違えて覚えていることがあります。
日本語に厳しい上司に指摘されて
恥ずかしい思いをしたことも多々あります。。。
仕事柄、きちんとした言葉を使わなければと
気をつけて、辞書も毎日のように使いますが
使い慣れた言葉ほど、勘違いして覚えていることが
多いんですよね。
このニュースを見て、本当に年を重ねるごとに
努力しなければいけないなぁと反省してしまいました。
だって、自国の言葉もまともに喋れない中年女なんて、
最悪ですもんね(笑)

投稿: マイマイ | 2006.07.27 16:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/11114016

この記事へのトラックバック一覧です: 「上下意識薄い?上司に「ご苦労様」…文化庁国語調査」←日本語は大人になってからも勉強しないとダメですね。 :

» 東急コミュニティー、敬語の誤用 [東急不動産東急リバブル不買宣言]
☆政治経済法律電網討論 http://www.geocities.jp/shouhishahogo/ 買ってはいけない東急リバブル・東急不動産 東急不動産・東急リバブル不買運動 ☆★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆ 東急コミュニティーの二枚舌 東急コミュニティー... [続きを読む]

受信: 2006.07.27 11:43

» 文字を扱うためには [InDesign居残り補習室]
「日本語のプロ」を名乗るにはいささか勉強不足だが。 この仕事に携わる以上、正しい日本語を知っておくことは必要であろう。 ○ 怒り心頭に発する × 怒り心頭に達する ずっと、「達する」だと思っていた。 恥ず... [続きを読む]

受信: 2006.07.27 12:55

« <米国産牛肉>27日に、輸入を半年ぶりに解禁←日米いずれも、政治家ってのはひどい奴らだ。 | トップページ | 「自民総裁選、安倍氏が大幅リード…読売調査」←競馬予想じゃないのだ。各候補者の政策・思想を正確に報道せよ。 »