« 6月14日に可決した「健康保険法等の一部を改正する法律案」の内容は、あまりにも酷だ。 | トップページ | 「銀行強盗:警官が拳銃発砲、ナイフの男に当たる 横浜」 命を賭して任務を遂行している警察官もいる、という事実。 »

2006.08.10

「公約は守るべきもの 小泉首相 」←そうですか。それでは検証してみましょう。

◆記事1:公約は守るべきもの 小泉首相

【12:03】 小泉純一郎首相は9日午前、長崎市内で記者団に15日に靖国神社を参拝するとの自らの公約に関し「公約は生きているから、守るべきものだと思っている」と述べた。


◆記事2:衆議院会議録 第156回国会 予算委員会 第3号(2003-01-23)

菅(直)委員:いいですか。総理は、首相になる前後の中で、国民の皆さんに対して三つの公約をされております。

首相に就任したら、八月十五日に、いかなる批判があろうとも必ず参拝する。

二つ目には、財政健全化の第一歩として、国債発行を三十兆円以下に抑える。

三つ目には、ペイオフについて、予定どおりペイオフ解禁を実施します。この三つの約束を国民にされました。

総理、この三つの約束の中で、一つでも守れた約束がありますか。

小泉内閣総理大臣: 今の言うとおりならば、確かに、そのとおりにはやっていないということになれば約束は守られていない。(中略)

しかし、もっと大きなことを考えなきゃいけない、総理大臣として。その大きな問題を処理するためには、この程度の約束を守れなかったというのは大したことではない。(発言する者あり)


◆記事3:小泉内閣総理大臣記者会見[イラク人道復興支援特措法に基づく対応措置に関する基本計画について]平成15年12月9日より、記者団との質疑応答抜粋。

【質問】 今回、武器弾薬の輸送は行われるんでしょうか。

【小泉総理】 武器弾薬の輸送は行いません。

【質問】 行わない。

【小泉総理】 行いません。


◆記事4:武装米兵の輸送実施 C130、空幕長が認める(2004/04/8 共同通信)

【クウェート8日共同】航空自衛隊トップの津曲義光航空幕僚長が空自部隊派遣先のクウェートを訪問。

8日に記者会見してC130輸送機によるクウェート、イラク間の米兵や連合軍関係者の輸送を実施していたことを初めて明らかにした。

イラク復興支援特別措置法に基づく空輸が始まって約1カ月。空自は人道支援や連合軍の物資以外に、兵員輸送も手掛け、

コアリション(連合軍)の一員としての立場を築いたことになる。

津曲空幕長は過去の輸送任務について「米兵や(連合軍の)軍属を運んだことはある」と答え、さらに「武器、弾薬を単独で運んだことはない」と説明。

輸送した米兵が小銃など軽火器類を携行していたことも認めた。

これまでの輸送回数や状況については「20回弱の任務を実施したが、(地上からの)攻撃はなかった」と述べ、

武装勢力によるテロはなく安全だったことを強調。タリルやバスラの空港があるイラク南部は「比較的安全」との認識を示した。

(共同通信)[4月8日13時26分更新]


◆コメント:なるほどねえ。

「公約は守るべきもの」だそうだが、実際には、この有様である。よく言うよ、全く。

私は、小泉純一郎氏が在任中に行った数々のパフォーマンスや公約破りは、それ自体けしからんけれども、教育上、非常に良くなかったと思う。

何しろ、内閣総理大臣という国政の最高責任者が、「約束は守らなくても大したことはない」と公式に発言したのである。

なによりも良くないのは、人の質問に真面目に答えなくても良い。適当に話をすり替えて、その場ではへらへら笑って誤魔化せば何とかなる、という態度を率先垂範したことである。

つまり、誠実さの対極にある生き方で、適当にやっていりゃいいのだ。世の中努力じゃない。要領だ、

という不真面目な態度が成功することを子供たちは見てしまった。甚だ、よろしくない。


◆アメリカの「人殺し」を正しいと公言した内閣総理大臣。

また、書く。

イラク戦争はこの戦争自体違法である。大量破壊兵器があろうが無かろうが、

2003年3月20日、アメリカがイラクに対して武力行使を開始した瞬間、これは、違法行為として世界から糾弾されるべきだった。

実際戦争が始まる数ヶ月前から、世界中の街で市井(しせい)の一般の人々がベトナム戦争以来最大級の反戦デモを繰り返していたのに、

アホのブッシュはそれを無視して、言いがかりを付けてイラクを攻撃し、何万人もの罪のないイラク人を殺した。

小泉首相は、この行為を「正しい」と言った。何の正当性もない人殺しを「正しい」と公言したのである。


◆日本にはプライド(自尊心)が無いのか。

以前は、日本人の言葉のなかに「~するぐらいなら死んだ方がマシだ」という表現があった。

数学者の藤原正彦氏の「国家の品格」という本が非常に評判になった。

あの本の中で、藤原正彦氏は、意識的に「武士道」などという時代錯誤的な言葉を使っているのは、そういうことだ。

同書には書いてないが、侍にとって「卑怯者」と呼ばれるほどの恥は無かったのである。

その場合で「果たし合い」(決闘)を申し出なければならない(江戸時代には、殆ど、そうした事態は起らなかったらしいが、武士の原則論、ということだ)。



もう一つ、前近代の例を出す。

プライドが重んぜられたのは、武士だけではなかった。江戸時代の商人が借金をするときの証文(借用書)には、次のような意味の文言がある。

「万が一、この返済がまかりならないときは、満座にてお笑い下されたく候」

自分が期日に借金の返済が出来なかったときは、衆目の中で嘲笑ってください。ということだ。

商人と言えどもプライドが高かったわけである。

人前で嘲笑されるなどという「恥」をかくぐらいなら、「死んだ方がマシ」だったのである。

だからこそ、このような言葉を借用書に書いたわけである。「絶対に返します」という意思表示として有効だったのだ。



ところが、今の日本、日本人はどうだ。

日本人がアメリカの庇護を受けるためなら(有事の際本気で助けてくれると思っているところが相当おめでたい)、

彼らの暴挙、「人殺し」を見て見ぬふりをしても構わない。というのが、現実だ。

「武士道」から言えば、本来そんな卑劣なことをするぐらいなら「死んだ方がマシ」、というべきことなのだが、誰もそうは考えない。



また、「満座にてお笑い下されたく候」が現代に通用するかといえば、そんなことを金銭消費貸借証書に書いたら正気とは見なされないであろう。

「衆目の中で嘲笑される」ことで債務が消失するなら、いくらでも笑われてやる、という輩が続出するのではなかろうか。

やや乱暴な結論であることを承知の上で敢えて書くが、小泉純一郎氏が内閣総理大臣として支持されたことと、

日本人における「プライドの消失」とは、無関係ではない、と、思われる。

|

« 6月14日に可決した「健康保険法等の一部を改正する法律案」の内容は、あまりにも酷だ。 | トップページ | 「銀行強盗:警官が拳銃発砲、ナイフの男に当たる 横浜」 命を賭して任務を遂行している警察官もいる、という事実。 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

TACさん、コメントをありがとうございます。

要するにこの人は「ものを考える」のが大嫌いなんですね。それから、一種の人格障害ではないかと思います。
他人の不幸、苦痛を思いやる能力が無い。

都合が悪いことを、本人も気が付かないまま、無意識に抑圧するということは一般の人間にもよくあることで
すが、この人の場合、その「抑圧」すら起きていないのではないか。都合の悪いことは、脳のフィルターが選
別して、記憶に残らないような頭の構造をしているのではないかと思います。

最近では、人間がものを考えたり、言葉を話したりするときに脳のどの部分が活動しているかを観察出来る、
f/MRIという装置がありますけれども、出来ることなら脳科学者達に、小泉純一郎氏の脳の研究をっしてもら
いたい、と半ば本気で思っております。

投稿: JIRO | 2006.08.14 02:39

さざ波様、こんばんは。返事が遅くなりまして、失礼いたしました。

広島の式典における小泉演説を私も見ましたが、ひどかったですね。「面倒くさいなあ」という表情がありあ
りと見えましたし、スピーチも、原稿の棒読みでしかありません。今までさんざん、「今の憲法は時代遅れ」
「自衛隊は軍隊」と無茶なことをいっていながら、「恒久平和の実現」とは、開いた口が塞がらないのですが、
マスコミの追及は無きに等しい。国民も何も考えずに聴いている。ダメですね。滅びますね。日本は。

投稿: JIRO | 2006.08.14 02:29

これ程ワガママ(自分の都合だけで「公約」を破ったり守ったり…ですし)でウソツキな首相も珍しいと思いますが、それをまったく追求できない野党やマスコミも情けない。不幸な事です。

誇りの欠落はアメリカに対するゴマすりに現れていますが、それで受けたストレスを発散するのにアジア諸国を軽視したり差別したり……。きちんとした自立心と自覚を持っていれば、アメリカに国民の安全を犠牲にしてまで媚を売らないだろうし、アジア諸国を蔑視せずにきちんと尊敬・尊重できるでしょう。特にトップに立っているものたちの意識や根性を疑います。こんな売国政策を、よく右翼の皆さんが放置していますよね。国のため…愛国心って何ですか? 教育の場よりも先に一人ひとりの政治家や官僚にきちんと教育する必要がありそうです。特に、ポチ総理には…。

投稿: TAC | 2006.08.10 23:03

JIROさんの仰る「日本人におけるプライドの消失」は、確かにその傾向が伺えます。豊かさの上でモノを考えなくなった人たち、その支持率での小泉内閣と見えます。小泉首相は、先日の広島原爆忌でも、確か誓っていました。「私は本日の式典に臨み、犠牲者の御霊と広島市民の皆様の前で、今後とも憲法の平和条項を順守し、非核三原則を堅持し、核兵器の廃絶と恒久平和の実現に向けて、国際社会の先頭に立ち続けることを改めてお誓い申し上げます。」そうあって欲しいと思うけど、正気だったんでしょうか。

投稿: さざ波 | 2006.08.10 17:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/11364520

この記事へのトラックバック一覧です: 「公約は守るべきもの 小泉首相 」←そうですか。それでは検証してみましょう。:

» 素朴な疑問・その2 [FKS-173cmの言いたい放題?]
 とりあえず、小泉首相が靖国神社に参拝するのが来週の15日でほぼ固そうなことについて。 (以下、引用)  小泉首相 「8・15参拝」の意向を強く示唆…長崎市で  小泉純一郎首相は9日午前、終戦記念日(8月15日)に靖国神社を参拝するとの01年時の公約について「生きている」との認識を重ねて示すとともに、「守るべきだと思っている」と述べ、8月15日の参拝に踏み切る意向を強く示唆した。長崎市内で平和祈念... [続きを読む]

受信: 2006.08.10 21:28

» 15日靖国参拝なら強硬対応 韓国政府、抗議声明へ [浮 世]
15日靖国参拝なら強硬対応 韓国政府、抗議声明へ 韓国の聯合ニュースは13日、政府当局者の話として、小泉純一郎首相が15日に靖国神社を参拝した場合、韓国政府は抗議声明を発表するなど強硬な対応を取ることを決めたと報じた。        同当局者は「小泉首...... [続きを読む]

受信: 2006.08.13 18:49

» 靖国雑感 [逍遥録 -衒学城奇譚-]
広島と長崎に原子爆弾が落とされた日がすぎ、60何回目かの終戦の、いや敗戦の日です。 とは云うものの、世間で今取りざたされている戦争や靖国の問題には、さほど興味はない。 最近、何かと話題にのぼる靖国ですが、首相が15日に参拝するコトなんざ、どーでもいい。 もう... [続きを読む]

受信: 2006.08.15 03:10

« 6月14日に可決した「健康保険法等の一部を改正する法律案」の内容は、あまりにも酷だ。 | トップページ | 「銀行強盗:警官が拳銃発砲、ナイフの男に当たる 横浜」 命を賭して任務を遂行している警察官もいる、という事実。 »