« 「小泉改革」が成功して、景気が回復しているのではない(小泉政権経済政策検証第1弾) | トップページ | 「週刊文春」最新号「総力特集 紀子さま第三子ご出産」の劣悪さ。 »

2006.09.07

「紀子さま男子ご出産 皇位継承3位 」おめでたいのですけどね・・(その2)

◆記事:紀子さま男子ご出産 皇位継承3位

秋篠宮妃紀子さま(39)は6日午前8時27分、入院先の東京都港区の愛育病院で、帝王切開により第3子の男子を出産された。

身長は48・8センチ、体重は2558グラムで、母子とも健康。皇室での男子誕生は秋篠宮さま以来41年ぶり。

皇位継承順位は皇太子さま、秋篠宮さまに次ぐ第3位となる。天皇、皇后両陛下にとり皇太子家の長女愛子さま(4つ)に続く4人目の孫。

女性、女系天皇を認める皇室典範改正は、前の通常国会への提案が見送られた。男子出産で論議の棚上げも予想される。

小泉純一郎首相は記者団に「良かったね」と述べた。

天皇と皇族で構成される皇室は計23人となった。12日には「命名の儀」があり、秋篠宮さまが名前をつける。

帝王切開は皇族で初めて。秋篠宮さまは3階手術室の隣室で待機し、北海道訪問中の両陛下と、皇太子さまに電話で報告された。

両陛下は宮内庁を通じ「無事出産の知らせを受け安堵(あんど)しました」との感想を発表された。 [ 09月06日 13時51分 ] 共同通信


◆コメント:単純に「おめでたい」では済まない。

文仁親王妃紀子殿下の無事ご出産の報に接し、慶賀に堪えません

衷心よりお祝い申し上げると共に、親王殿下のお健やかなご成長と、紀子様のご快癒をお祈りいたします。



だが、正直に書くと、私は単純に「おめでたい」で済ませることが出来ない。

今日の見出しは、「おめでたいのですけどね」(その2)とした。

その1は、今年の2月7日、紀子様ご懐妊を宮内庁が発表したときに書いた、<秋篠宮妃紀子さま>第3子懐妊 今年秋ごろに出産の見込み←おめでたいんですけどね・・。

である。

そこで述べたことと、今の私の心境はほぼ同じである。


◆皇太子殿下ご夫妻のことも考えなさいよ。

結論を先に書くなら、そういうことだ。



浩宮様が2004年5月、「雅子さまの人格を否定するような動きがあった」という爆弾発言をなさったとき、

私は、「これは余程、殿下も妃殿下も精神的に追い詰められているな」と思った。

皇族があのような発言をなさるのは、並のことではない。

しかし、「人格の否定」の具体的内容が不明なので、何とも論評出来なかった。



私が、不敬ながらも「腹立たしく」思ったのは、この「事件」が収まったかと思われたのに、

秋篠宮文仁殿下が同年11月30日、誕生日記者会見の席上、半年前の「人格否定」発言に故意に言及し、

「少なからず驚き、(天皇)陛下も非常に驚かれたと聞いている。陛下と話をした上での話であるべきでなかったか。残念に思う」

と、衆目の中で兄上を批判なさったことである。

皇太子殿下とて、(言い過ぎたかな)と十分分かっておられるのに、あえて問題を蒸し返すこともないだろう、と思った。

弟なら、かばいなさいよ、といいたかった。


◆報道機関は公平な情報を提供せよ。

そして、紀子様がご懐妊と発表された今年の2月7日は、国会で皇室典範に関する議論が行われている真っ最中だった。

皇室報道は検証しようがないが、天皇皇后両陛下も心情的にはどちらかというと皇太子殿下よりも秋篠宮ご夫妻と親しくされているとか、

雅子さまが天皇陛下とのお食事を「ドタキャン」なさった、などの記事を読むと、何か恣意的なものを感じる。

これでは、まるで、宮中とマスコミが皇太子殿下ご夫妻を孤立させようとしているかの如く読めるではないか。


◆病気に関する情報は個人情報保護法の「センシティブ情報」だろう。

2003年5月23日成立、2005年4月1日に施行された個人情報保護法は、色々と問題があるが、とにかく正式な手続きを経て国会で成立した国法である。

この法律では個人に関する情報の中でも病気・病歴は(他にもあるが)「センシティブ情報」と呼ばれ

特に厳重な管理をして、滅多なことで入手・公表してはいけないと定められている。

そして皇族が個人情報保護法の適用外であるとする文言は同法の中に書いてないし、他の法令で定められてもいない。



にも関わらず、雅子皇太子妃殿下に関しては病名・病状、治療経過を週刊誌などが微に入り細にわたって報道している。

尤も、雅子さまのケースでは、外見が普通であるから、それで公務を休まれているのは何故かという批判があり(大きなお世話だ)、

その誤解を解くために、ご本人の了解の下、宮内庁長官が「適応障害」と病名を告げた、という経緯はある。

そこまではやむを得なかったとしても、その後の週刊誌報道は大衆の下世話な好奇心を満たすためのもので、報道の必然性が認められない。


◆親王ご誕生はおめでたいけれども・・・

皇太子殿下が非常に例外的かつ衝撃的な「人格否定」発言をなさったのには、それなりの事情があったからだ。

折角好きな女性と結婚出来たのに、その女性(=妃殿下)は環境的要因で、つまり、結婚が原因で体調を崩されたという。

それだけでも辛い。
にも関わらず、追い打ちをかけるように、マスコミが書きたい放題。

弟宮や陛下までも「人格否定発言」は言い過ぎだと、公の席で批判する。

皇太子殿下は四面楚歌ではないか。



今日、その弟には男子が生まれた。世間はもっぱら「紀子様、万歳である。」

外務省での未来を敢えて諦め、皇室に入られた雅子さまは、下手をすると、何のための人生か、と思い詰めかねない。

皇太子殿下も苦しい(それでも、公務の際には、絶対にその気配すら感じさせないのはご立派である)。



本日ご誕生の親王殿下には全く何の「責任」は無いのはいうまでもなく、ご誕生はおめでたい。

しかし、はしゃぎすぎには気をつけたい。様々な感受性が考慮されるべきである。


【読者の皆様に御願い】
恐縮ですが、駄文を読んでお気に召した場合、原サイト「エンピツ」の投票ボタンをクリックして頂けると、幸甚です。JIROの独断的日記の右下にボタンがあります。

|

« 「小泉改革」が成功して、景気が回復しているのではない(小泉政権経済政策検証第1弾) | トップページ | 「週刊文春」最新号「総力特集 紀子さま第三子ご出産」の劣悪さ。 »

ニュース」カテゴリの記事

マスコミ批評」カテゴリの記事

皇室」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あすかさん、こんばんは。

ご意見拝読しました。

あなたは今初めてご覧になったのですから、今の感想を書かれるのは当たり前なのですけれども、

私にとっては、これは(あすかさんは「少し古い記事ですが」とお書きですが)5年前に書いた文章です。

この記事を書いたときの心境に戻れません。ですから、現在の私としては「そうですか。そういうご意見があることは、分かりました」としか書けません。但しコメント欄をご覧になるとおわかりの通り、私に同感と言う方もおられるのもまた事実であることは(既にご覧になったでしょうが)、付け加えます。

投稿: JIRO | 2011.09.10 23:16

少し古い記事ですが、興味深く拝読しました。
結論からして、貴方は少し感情的になりすぎだと感じました。

断っておきますが、私は皇太子殿下を始め皇室の皆さまを尊敬申し上げている者です。

皇太子殿下がやがて立派な天皇になられるのは国民皆が信じていることですし、当然雅子妃殿下が皇后として責任を果たされることも疑いの無いことです。
高潔なお二人が、悠仁さまの成長を喜びこそすれ、負の感情を持つはずがありません。

同情など失礼な話です。
高貴な方には一般には解らない世界があると思います。

現在、ご自分たちの使命を全うされる皇太子ご夫妻は、貴方が想像されるような小さな方達ではありません。

投稿: あすか | 2011.09.10 20:20

同感です さん、コメントをありがとうございます。

天皇家では長男とそれ以下では(他の方もお書きになっていますが)、全然育
てられ方が違いますね。今の皇太子殿下は早くから、将来、天皇陛下になられ
るというお立場から、特に厳しく教育されていらっしゃいます。

公の場で国民に親しみを感じさせるお人柄ですが、私の身内の者が、皇太子殿
下と全く同じ時期に、学習院大学オーケストラの、しかも殿下と同じヴィオラ
セクションで弾いていたので、よく話しを聴きました。

テレビを通して受ける印象はあれは本当だそうです。常に穏やかで周囲に気配
りをなさる方だということです。

本当は、私事(雅子さまに対する風当たりなど、です。単なる私事ではないの
が皇族の辛いところです)での苦悩は大変なもので、不敬ながら、よく、皇太
子殿下ご自身がうつ病にならないものだ、と皮肉でも何でもなく、思います。

それが、「将来天皇陛下になられる方」として受けてこられた教育で培った精
神力なのだろうと思います。

秋篠宮さまはご次男ですから、皇太子殿下とは比べものにならないほど、自由
な生活が許され、学生時代から免許をとってご自分でクルマで外出なさいます。


浩宮さま(私はどうしてもこの呼び方に親しみを覚えますので、敢えて使いま
す)は、万が一将来天皇になる方が事故など起こしたら大変ですから、那須の
ご用邸の敷地内などは別として、公道を走ることは一生出来ません。

弟宮は、兄上のこうしたご苦労と、生まれながらに背負った責任の重大さと、
自由の制約。さらに、ご自分と結婚したことにより、雅子さまが体調を崩され
てしまったと、恐らく感じておられる、その苦しみをよく考えていただきたい
と思います。

投稿: JIRO | 2006.09.24 13:22

きくさん、コメントをありがとうございました。

このエントリーに対しては、きくさんと同じように、「同感である」という趣
旨のコメントを何件も頂いておりまして、マスコミの論調よりも冷静だな、と
思いました。もっとも、同じ週刊誌で週刊文春のライバル、「週刊新潮」は
(この雑誌が全面的に信頼できる、とはもうしませんが)、最新号で、美智子
皇后陛下は、やはり、ご長男である浩宮様に後を継がせたい、というお考えだ
と報じております。

男系・女系は、私もあまり拘泥する必要はないとおもうのです。女系とは「母
方が天皇家」であることですから、いずれにせよ天皇家の血筋であることに変
わりはなく、男系、つまり、父方から天皇家の血を引き継がなければならない、
とする主張に必然性が認められません。それでも、やたらムキになっている人、
いますね(笑)。今後ともよろしくお付き合いいただけると、幸甚です。

投稿: JIRO | 2006.09.24 12:58

私も同感です。
一般の人にはやはり皇太子殿下の大変まじめで一生懸命に物事に取り組まれる姿勢に共感を持たれる方も多いと思います。
皇太子妃殿下もいつもご自分のお言葉でお話になり、自然な笑顔を見せてくださるところに、国民は親近感を覚えます。
秋篠宮殿下は自分はお好きでタイに研究という名目で毎年のようにおいでになられておきながら、「公務は与えられるものだと思っております」とよくご発言になれたものだと思います。自由な環境におかれているご自分のお立場と皇太子殿下・妃殿下のお立場の違いを認識されていないのか、認識されることがおできにならないのではないでしょうか。
最近のマスコミはなぜこうも秋篠宮殿下を持ち上げるのか理解に苦しみます。

皇太子殿下・妃殿下のお人柄から、お子様にぜひ皇位を継いでいただきたいと思っている国民は多いと思いますし、私もその一人ですし、女系天皇には賛成です。
ただ、敬宮さまに両殿下が皇位を継がせたいとはお考えになってはいらっしゃらないのではないかと思います。なぜならご結婚相手を見つけるということが皇太子殿下のときとは比べものにならないくらい困難が伴うと予想されるからです。ご両親というお立場からは、やはり敬宮さまには幸せな結婚をしてほしいと心から思われるのではないでしょうか。
そのような意味からは今回のご出産により敬宮さまが将来天皇となられるという可能性がかなり低くなり両殿下のご負担は軽くなったのではないかと思います。

投稿: 同感です | 2006.09.22 00:08

私の周辺でも、秋篠宮殿下の皇太子殿下に対する否定的発言を許せないとする声を聞きます。しかも、雅子妃殿下に男子が誕生しないことを理由に十数年ぶりに男子を懐妊されるとはその意図は見え見えと思われてもしかたありませんね。私の周りの女性達からは、何故この現代に女性天皇と女系天皇を否定しなければならないのか理解に苦しむという意見が聞かれます。伝統を打ち破ることは確かに難しいとは思いますが、あの明治天皇でさえ、必要に応じて西洋化をとり入れたではありませんか?女性から女性差別の声があっても当然と思います。男系論者の頑固さには困ったものですね。

投稿: きく | 2006.09.20 14:39

TOMODAさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。

おっしゃるとおりで、このエントリーに対してコメントを書いてくださった方々
のご意見を拝読し、皇太子殿下ご夫妻を気遣っておられる方が、私が予想して
いた以上に多いので、安心しています。

一般の方々がblogを通じて表明する物の見方の方が、マスメディアよりも遙か
に公平で、合理的ですね。

陛下が公の場で皇太子殿下をご批判になさったのは、誠に残念です。

皇太子殿下の「人格否定」発言のあと、陛下は相当ご不満だったようですが、
あの普段は温厚な皇太子殿下があえて、極めて衝撃的な表現を用いられた、その
心中をお察し頂きたかったと思う次第です。

投稿: JIRO | 2006.09.18 01:49

大丈夫。世の中【天知る、地知る、我知る、人知る】ですからね。
皇太子様御一家が公明正大で御立派な方々ということは、国民の衆知の事実なのです。
だから、先日、御一家での相撲観戦の際、観客がスタンディングオーベーションまでして、感激しお迎えしたのでしょうね。
悪事を凝らして、利を得ようとする者達には、間違いなく天誅が下ることでしょう。
秋篠さん達は己の分をわきまえることもせず、己が天下の様に振舞う事、腹に据えかねます。
天皇皇后も嘆かわしい事に、御目に曇りが出ておられますね。

投稿: TOMODA | 2006.09.12 18:22

寒北斗さん、こんにちは。
コメントをありがとうございます。
予想通り、週刊誌が「間接的雅子さまバッシング」とでもいいましょうか。
紀子さまを異様に持ち上げる記事を載せていたので、最新のエントリーで取り上げました。

よろしければ、ご一読下さい。

投稿: JIRO | 2006.09.08 07:56

お邪魔します。
「皇太子殿下ご夫妻のことも考えなさいよ」-まったく同感です。皇太子殿下ご夫妻にはご同情申し上げます。特に雅子さま。

そしてあの弟君の根性の悪さ。内輪のことは内輪に留めておけばいいものを、わざわざ外に向かって兄貴の悪口。兄弟は他人の始まりを地でいってますね。かばいあってこそ兄弟なのに。

投稿: 寒北斗 | 2006.09.08 02:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/11792519

この記事へのトラックバック一覧です: 「紀子さま男子ご出産 皇位継承3位 」おめでたいのですけどね・・(その2):

» 紀子さまご出産 おめでとうございます。 [フミヤン日記]
紀子さまご出産 おめでとうございます。朝、紀子さまがために、愛育病院へ入院されたとTVでニュースを聞いた後、会社に出かけました。会社に着くと、男児ご出産のニュース、同僚から聞きました。ホント, 驚きました。 [続きを読む]

受信: 2006.09.19 12:21

» 紀子様が男子をご出産、その時テレビ東京のインタビューには・・・ [テレビ東京伝説]
9月6日午前8時27分、秋篠宮紀子様が帝王切開で親王様をご出産された。まずはおめでとう御座います。各局、特番を組みご出産を祝う中、テレビ東京のインタビューに出てきたのは・・・... [続きを読む]

受信: 2006.09.22 20:01

« 「小泉改革」が成功して、景気が回復しているのではない(小泉政権経済政策検証第1弾) | トップページ | 「週刊文春」最新号「総力特集 紀子さま第三子ご出産」の劣悪さ。 »