« 「<竹中総務相>参院議員辞職、政界から引退へ 首相に伝える」←卑怯と言う言葉を知っていますか、竹中さん。小泉経済政策検証総括 | トップページ | 「『誇れる国』へ国民を導こうとする、安倍晋三」 ワシントンポスト 19日(総裁選前日)付記事 »

2006.09.20

<終末期医療>指針原案まとめる 厚労省」←義務的支出の削減が目的なのですよ。

◆記事:<終末期医療>指針原案まとめる 厚労省

厚生労働省は15日、回復の見込みがない末期状態の患者に対する「終末期医療」の指針原案をまとめた。

延命治療の中止については、主治医の独断でなく、看護師らも含めた医療チームが患者と事前に十分話し合い、

合意内容を文書にまとめることを求めた。同省は有識者による検討会を近く設け、来春の指針完成を目指す。

原案は公開し、国民の意見を募って検討会の議論に反映させる。
原案では、「どのような場合であっても、『積極的安楽死』や自殺ほう助などは認められない」と明記した。

その上で、患者の意思を最大限尊重する形で最善の治療方針を決定するよう求めた。

患者の意思が確認できない場合は、家族の話から意思を推定するが、

推定ができない場合や家族の話がまとまらない場合は、医療チームが最善の治療方法を選択する。

患者や家族とチームの意見が異なったり、チーム内で意見が割れた場合は、専門家による委員会を設置して検討する。

今年3月に富山県の射水市民病院で末期患者の人工呼吸器取り外し問題が発覚したことを受け、川崎二郎厚労相が指針作成方針を示していた。

厚労省医政局総務課は「終末期医療については多様な意見がある。検討会と並行して、国民の率直な意見を聞いていきたい」と話している。

原案は厚労省のホームページ(http://www.mhlw.go.jp/public/bosyuu/iken/p0915-2.html)で読める。

意見募集は来年3月末まで。【永山悦子】(毎日新聞) - 9月15日22時47分更新


◆コメント:医療制度改革は10月から始まる。

終末期医療うんぬんは、後述する。それより、切迫した問題がある。

6月14日、国民がサッカーのワールドカップに気をとられている間に、「健康保険法等の一部を改正する法律案」が強行採決された。

これにより、10月から、


  1. 現役並の所得がある70歳以上の人の医療費窓口負担は、2割から3割に引き上げられる。「現役並」の基準は夫婦2人の世帯で年収520万円である。

  2. 入院患者については「療養病床」(慢性的な病気で長期間入院している人の病床)に入院している70歳以上の人の食費と居住費が、今年10月から全額自己負担になる。いきなり、月3万円の値上げで、9万円になる。2008年4月からは、全額負担の適用年齢が65歳から69歳の人に拡大され、この場合、月13万円の入院費になる。

  3. さらに来年4月からは、所得の多寡をとわず、70歳以上の全てのひとの窓口負担が1割から2割に引き上げられる。

  4. また、同じく来年4月からは、75歳以上の人は全て「高齢者医療制度」に加入させられ、平均年間6万円の医療費(病気じゃなくても)を年金から「天引き」される。

  5. 国民健康保険の加入者だと65歳から「年金天引き」が行われる。

  6. 入院や手術が必要となったときの「高額医療費」の患者負担が増額される。人工透析を受けている患者は一定以上の所得がある者の自己負担額が二倍になる。


◆終末期医療を見直すのも、国の歳出を減らすため。

これは、約一年前から厚労省が方針を打ち出している。

どういうことかというと、癌などのどうせ助からない末期患者の死亡前一ヶ月の「終末期医療費」は非常に高額で、一年で総額9000億円に達する。

そこで、役人は、

「どうせ助からない患者は、早く退院させて自宅で死なせればよいのだ」

と考えたのである。自宅で死ぬ患者が二倍になれば、将来的には、国が負担する終末期医療費を5000億円減らせるそうだ。

如何にも官僚的発想だ。

昨日書いたとおり、こうなったのは、「義務的支出」の削減により財政の健全化を実現しようとした結果である。


◆癌の末期を自宅でケアできるわけがない。

末期ガンの患者は疼痛に苦しむので、モルヒネなど麻薬系鎮痛剤を使う。

末期の患者の家族は、医療従事者ではないのに、この危険な薬物を扱うことになる。

病院でも厳重な管理下に置かれる薬物である。素人に打たせて良いのか?

経験のないひとには分からないだろうが、末期ガンの患者の苦しみ方は、正視に耐えぬ。

付き添っているこちらが気が狂いそうになるほどだ。そんな状態で、冷静に正確な量を素人が注射など出来るだろうか。

私には想像がつく。殆ど確実に、狼狽した家族が間違えて規定の十倍量を一気に投与し、患者が死に至る、という事態が生ずるであろう。



それに、これからの若い人は子どもも欲しくなければ結婚もしないそうだ。一生、独り暮らしの人が増えるだろう。

一人暮らしの患者は、常に付き添って面倒を見てくれる人がいない。

一日一回ぐらい、在宅看護チーム(要するに「往診」だろ?)に来られても、気休めである。

激痛に襲われたときに、上手いタイミングで、医者が来てくれる確率は低い。

しかし、痛みで七転八倒している患者が自家注射など出来るわけがない。

一人暮らしの人は、かなり高い確率で、自宅で苦痛にのたうち回り、汚物にまみれて、孤独な死を迎えることになろう。

これでは、絞首刑で一瞬で死なせて貰える死刑囚の方がむしろ恵まれているではないか。彼らは長い時間苦しまない。



昨日、私は、小泉政権は「弱者は勝手に死んでくれ」という政策をとった、と書いたが、

医療制度改革は正に文字通りの意味で、その路線である。

財政を健全化するためには、真面目に生きてきた人間にこのような最期を経験させるのもやむを得ないというのか。

私は、そういう世の中は間違っていると思う。

15日付毎日新聞によれば、同社の世論調査では、回答者の64%が小泉政権を「評価する」と答えたそうだ。

一体、何を評価するのか、皆目見当がつかない。多分、訊いても、答えられないのだろう。


【読者の皆様に御願い】
恐縮ですが、駄文を読んでお気に召した場合、原サイト「エンピツ」の投票ボタンをクリックして頂けると、幸甚です。JIROの独断的日記の右下にボタンがあります。

|

« 「<竹中総務相>参院議員辞職、政界から引退へ 首相に伝える」←卑怯と言う言葉を知っていますか、竹中さん。小泉経済政策検証総括 | トップページ | 「『誇れる国』へ国民を導こうとする、安倍晋三」 ワシントンポスト 19日(総裁選前日)付記事 »

ニュース」カテゴリの記事

医療」カテゴリの記事

構造改革」カテゴリの記事

社会福祉」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

名義貸しの記事読ませて頂きました.
今後の医療の方向ですが,もう近くに病院と言うことを諦めて貰わないとならないと思います.
癌の手術とか高度の医療は大規模病院に集約しないと無理だと思います.今までの中病院は診断センターとして機能して貰うしかありません.また北海道で眼科がない街が沢山あるというテレビ番組がありましたが,週一回とか言うような定期的な派遣でまかなうべきだと思います.都会でも診察日は予約して月一回程度です.それも大学病院や都道府県立の大病院からは兼業の禁止というようなことで実際には行えないようになっています.組織的にその様なことを許容するあるいは推進する制度が必要です.

投稿: Shuji Kamano | 2006.09.26 07:13

Shuji Kamanoさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。

「机上の空論」は役所の常ですが、厚生省も著しい。これは、厚生族の小泉純
一郎氏が昔からとにかく、医療費を減らしたくて仕方がない人であることと、
無縁ではないと思います。健康保険財政に余裕がある時期ですら、窓口本人負
担額を引き上げたこともあります。

机上の空論のひとつの典型として終末医療とは別ですが、2年半前に医師の名
義貸しが問題となり、世論はよく調べもしないで「医者が悪い」と批判しまし
た。Shuji Kamanoさんはご存知かと思いますが、これは、厚生省がが勝手に病
院の規模に応じて割り当てた「標準医師数」に起因するものである、という文
章を当時、認めましたので、駄文ではございますがよろしければ、ご高覧下さ
い。

「2004年01月24日(土)  「医療機関の立ち入り検査へ 名義貸し問題で厚労
省 」←問題の根源は厚労省が定める「標準医師数」という官僚的形式主義だ。」

http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/day?id=89954&pg=20040124

投稿: JIRO | 2006.09.24 14:06

厚生労働省の終末期医療に関するガイドラインは机上の空論です.却って手続きが面倒になって誰も何も言わずに終末期を引っ張ることになると思います.

投稿: Shuji Kamano | 2006.09.24 01:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/11966667

この記事へのトラックバック一覧です: <終末期医療>指針原案まとめる 厚労省」←義務的支出の削減が目的なのですよ。:

» 終末期医療に関するガイドライン [鉄道−廃線−踏切−海外旅行]
厚生労働省が終末期医療に関するガイドライン(たたき台)を公表し意見を求めています.このような基準を出されたらますます混乱しそうなので以下の様な私の意見を出そうと推敲中です. 患者の意思の確認ができない場合について ここに示された内容の通りにしようと思うと,会議ばかり開かなければならなくなり,非常に時間がかかることになる.まさに現場を知らない机上論と言うことになる.それを避けるために結局誰もが言い出さず,とことん人�... [続きを読む]

受信: 2006.09.24 01:43

« 「<竹中総務相>参院議員辞職、政界から引退へ 首相に伝える」←卑怯と言う言葉を知っていますか、竹中さん。小泉経済政策検証総括 | トップページ | 「『誇れる国』へ国民を導こうとする、安倍晋三」 ワシントンポスト 19日(総裁選前日)付記事 »