« ソプラノの森麻季さんは世界最高水準の音楽家です。 | トップページ | 「カール・ベーム&ウィーン・フィル(1977年日本公演)」(DVD)30年ぶりですね。ベーム先生。お久しぶりです。 »

2006.10.28

<履修不足>「所管をしている教育委員会そのものに責任があるんじゃないか」(伊吹文部科学相)←責任者は貴方でしょ?

◆記事:<履修不足>350回の補習も 不安渦巻く生徒たち

受験を控えた高校3年生を巻き込んで、全国に広がった高校の履修単位不足問題。

伊吹文明文部科学相は27日、「(単位不足の高校生に)特別な配慮は難しい」と補習授業を厳格に実施することを求めたが、

岩手県には50分授業を350回も受けなければならない生徒たちがいる。「そんなに受けられるのか」「受験に影響する」。

生徒たちには不安が渦巻く。一方、北九州市の高校では補習授業が始まった。



同日午前、伊吹文科相は「卒業証書を出すまでの間に学習指導要領に決めた通りの授業は受けていただく。

特別な配慮は難しい。みんなが決めたルールを守るところから社会の秩序は成り立っている」と述べた。さらに責任の所在について

「所管をしている教育委員会そのものに責任があるんじゃないか」と言及した。

こうした文科相の発言を受け、各学校は来年3月までに厳格に補習授業を実施する必要に迫られている。

しかし、盛岡市の私立盛岡中央高では、普通科特進コースの3年生51人の履修不足は10単位に上る。

履修が必要なのは世界史B、家庭基礎、情報A、芸術の4科目。50分の補習を計350回受けなければ卒業できない。

(以下略。)


◆コメント:教育行政における構造上の致命的欠陥

伊吹文部科学大臣の言うことは理屈は尤もだが、現場のみに責任を負わせようとする姿勢、

「現実的妥当性」(実際問題として、これから受験生が350時間、受験に関係のない授業を受けること)には疑問が残る(日本史や世界史を全然やらないのは問題だけどね・・・)。

各学校にも、勿論問題がある。しかし、根本的な問題は、教育行政の構造上の欠陥である。

(全国的に、本来受けさせる授業を履修科目をあえて履修させていないということは、カリキュラム自体に無理があるのだろうが、本稿では、その点に関しては保留する)。



現在の日本の教育行政では、大雑把に言うと、文科省は教育内容と教科書を決めるだけである。

そして、都道府県の教育委員会が教員人事を決める。

さらにその下に市町村(及び東京都は23区)の教育委員会があり、学校の設置管理を行っている。



常識的には国の教育行政の大元は文科省にある筈だが、実際には文科省は都道府県の教育委員会に「指導・助言」を行うことしかできない。

すなわち、個別の学校で如何なる深刻な問題が起きていても、文科省が直接的に関与することができないのである。


◆教育委員会は元教師だから、問題を見て見ぬふり。

今回表沙汰になった「履修不足問題」はずっと前から恒常的に行われたことが容易に想像され、

各都道府県、市町村の教育委員会が、それを知らなかったわけがない。

ところが、教育委員会は、元教師が中心になって構成されている為、現場(学校)を監督する立場にあるにも関わらず、

現場を「かばう」のである。今回の「履修不足問題」に限らず、いろいろな問題、不祥事が隠蔽されるのは、このためだ。イジメを親が教育委員会に訴えても相手にされない。

本件に関しては親は多分知っていてもいなくても文句を言わなかっただろうが、

世界史や日本史を全然知らない学生が増えるのは国家的な問題である

(歴史を知らないから、平気で日本を戦争ができる国にしよう、などという戯言(たわごと)を吐くのである)。

このような、「構造上の欠陥」があるとしても、

国が「知らない。所管している教育委員会の責任だ」と逃げて良い訳がない。


◆「国→学校」が可能な制度にせよ。

前の小泉内閣は、「小さな政府」ということをしきりに言っていた。一見、良さそうなイメージを想起するが、こう言うときに問題となる。

国が個別の問題に過剰に関与すべきではないとしても、今回のように全国的に問題が広がっている場合は、国の出番だ。



この問題を学校、教育委員会などに任せておいたら、まず、学校と教育委員会の間、

そして教育委員会内部での責任のなすりつけ合いで時間が浪費されることは、殆ど目に見えている。

安倍首相は、特段の配慮をするように指示したとかなんとか、さきほどニュースで言っていた。

今すぐには無理としても、前述したような多重構造を、場合によっては無視して、国が、現場を指導できるべく、制度を改変するべきだ。



当面は、今の教育行政の構造がどうであれ、国の教育行政の究極的な責任は文科省にある。

文科省を統括するのは文部科学大臣であり、文部科学大臣は言うまでもなく行政府たる内閣の一員である。

つまり、最終的には、本件は行政府たる内閣、特にこれを代表する内閣総理大臣の責任である。

真面目に対処していただきたい。


【読者の皆様に御願い】

恐縮ですが、駄文を読んでお気に召した場合、原サイト「エンピツ」の投票ボタンをクリックして頂けると、幸甚です。JIROの独断的日記の右下にボタンがあります。

|

« ソプラノの森麻季さんは世界最高水準の音楽家です。 | トップページ | 「カール・ベーム&ウィーン・フィル(1977年日本公演)」(DVD)30年ぶりですね。ベーム先生。お久しぶりです。 »

ニュース」カテゴリの記事

安倍政権批判」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

初めまして、ループと申します。時期的には、小泉前首相が全世界に向け、謝罪したのに関わらず中韓が何故反対するのかを知りたくて、色々ネットを徘徊していましたら、貴サイトにたどり着きそれ以来、貴サイトを拝見させて頂いています。

今回、初めてコメントを書かせていただきました。と言うのは、教育委員会と日本教職委員組合の関係をよくご存じでない、と思ったからです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%95%99%E8%81%B7%E5%93%A1%E7%B5%84%E5%90%88

日本教職員組合(各都道府県教職員組合)は、教師で正職員(非常勤職員は含まれない)が任意で、加盟出来る団体です。教頭までは日教組(もしくはその都市の教育組合)で、校長は教育委員会の管轄下にある。教育委員会と日教組との関係は都市によって様々で、校長は日教組を抜けて教育委員会側の立場に立つ為、教育委員会と日教組の関係が悪い地域なら校長とそれ以外の人達との間に壁が出来ています。

特に私が住んでいる北海道は、教育委員会と北海道教職員組合と札幌市教育組合(札教組が教頭職に着いてる人間の北海道全域への出し渋りなどで北教組と札教組は対立とまではいかないまでも壁がある。)が対立する構図が出来ています。
その間に入る団体があるのですが、これ以上は書くと脱線しすぎるので割愛させていただきます。

長々書きましたが、国→学校の制度には賛成ですが、問題の所在は教育委員会だけではなく日教組にもあると言う事を知っておいて貰いたかっただけです。

マスコミも何故、生徒の自殺やら教師の自殺やらの問題で日教組を責めなかったのか不思議でしょうがないと感じています。

投稿: ループ | 2006.10.29 11:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/12459350

この記事へのトラックバック一覧です: <履修不足>「所管をしている教育委員会そのものに責任があるんじゃないか」(伊吹文部科学相)←責任者は貴方でしょ?:

» 高校の必修科目履修漏れ問題の核心 [バツイチ父さんの子育て日記]
私は高校の頃、社会は地理、日本史、政経、倫社の4科目履修した。理科は化学、地学の [続きを読む]

受信: 2006.10.28 18:05

» 予備校化する学校 [バツイチ父さんの子育て日記]
高校の必修科目履修漏れ問題であぶり出されたように、今や多くの進学校は大学受験のた [続きを読む]

受信: 2006.10.28 22:48

» 履修不足?2006年の運勢だね [占い師不要のラクラク占い術]
丙(ひのえ)で、太陽が真上にきたような運気だから、すべてがあからさまになるとういうか、影もなくなるというか、隠し事はばれるし、良くも悪くもはっきりしてくるんです。 [続きを読む]

受信: 2006.10.29 11:39

« ソプラノの森麻季さんは世界最高水準の音楽家です。 | トップページ | 「カール・ベーム&ウィーン・フィル(1977年日本公演)」(DVD)30年ぶりですね。ベーム先生。お久しぶりです。 »