« なぜ、これほど急いで教育基本法を変えなければならないのか、誰か説明できますか? | トップページ | 「『いじめはひきょうだ』 文科相がアピール文」←甘い。「いじめは犯罪だ」/音楽:ウェーバーの序曲追加しました。 »

2006.11.18

「<教育基本法>単独可決に、首相の「意向」強く働く」←この国は独裁制でしたっけ?/音楽追加しました。

◆記事:<教育基本法>単独可決に、首相の「意向」強く働く

教育基本法改正案の衆院審議で自民・公明両党が与党単独で沖縄知事選前の特別委員会採決に踏み切ったのは、安倍晋三首相の意向が強く働いた結果だった。

仮にこのまま採決を持ち越せば国会全般が野党ペースとなり法案の成立が危うくなりかねない、との危機感から、採決先送り方針を転換。

当面の混乱覚悟で正面突破に動いたとみられる。



「機は熟した。その方針でやってください」。

14日夜、特別委の与党筆頭理事を務める町村信孝・町村派会長が首相との電話で15日の委員会採決をもちかけると、首相は単独採決を強く支持したという。

採決をめぐる動きには、ニつの流れがあった。

沖縄知事選が大接戦との情勢から公明党と参院自民党は、強行採決で混乱した場合の悪影響を懸念。

与党は「16日に委員会採決を行う代わりに衆院本会議の採決は週明けの21日に先送りする」

との案を非公式に民主党に打診するなどして軟着陸を探るなどした。

民主党との妥協が不発に終わり、いったんは採決先送りに傾いた。



しかし、早期採決を探る動きも根強く続いていた。

14日、国会内で開かれた自民、公明の与党幹事長会談の席上「教育基本法案を15日委員会採決し、16日本会議採決する正当性」

と題する4枚つづりのペーパーがひそかに配られた。作成者は町村氏。

「会期があと1カ月の状況で何のめどもなく審議を続ければ、参院の質疑時間を制約する」と単独採決を強く促す内容だった。

明けて15日朝、国会近くのホテルで行われた与党幹事長、国対委員長、政調会長会談で、

自民党の中川秀直幹事長は「15日委員会採決、16日本会議採決」を出席者に強く要請した。

17日にアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議出席のためベトナムへ出発する首相から

「APECまでに何とかしてほしい」と繰り返し言われていたためだった。

公明党や参院自民党の幹部は15日になっても慎重な姿勢を崩さず、公明党の草川昭三参院会長が同日午前、

自民党の片山虎之助参院幹事長と会った際、片山氏は知事選後の採決日程を説明していたほどだった。

しかし、野党が採決を前に欠席戦術を取ったことから「仮に採決に踏み切っても議場混乱などでのイメージダウンは免れる」(自民党幹部)と判断。

中川氏ら与党首脳部は「15日採決」に最終的なゴーサインを出した。(毎日新聞) - 11月16日3時15分更新


◆強行採決は民主主義のルール違反である。

国会は国権の最高機関であり、国の唯一の立法機関である(日本国憲法第四十一条)

何故、国会が国権の最高機関なのか。

国会議員は主権者たる国民により、正当な手続きにのっとった選挙を通じて選ばれた人々である。

従って、国会は間接的にではあるが、民意を代表している。



選ばれた人間が一番多い政党を与党といい、この中から内閣総理大臣をえらび、総理は国務大臣を任命して、行政府たる内閣を作る。

国会の信認を内閣存続の要件とする制度が議院内閣制である。

行政権は「内閣に属する」(憲法第六十五条)のであり、内閣総理大臣一人に属するのではない。


◆内閣の側から「国会での審議はこの辺にして、採決しましょう」ということ自体、あってはならないことだ。

国会は立法府で法律を作ることが仕事だが、法案は、議員立法といい国会議員が提出するものと、

内閣提出法案、つまり行政府が提案する法案(法律のアイディア)がある。



今回の教育基本法の改正案は、「内閣提出法案」だ。

国民の代表(国会議員)で構成される国会は、行政府が持ち出してきた法律案が、国民のためになるかどうか。

また、国家権力の暴走につながる内容はないか、などを法案に賛成の議員と反対の議員 がよく話し合わなけばならない。



多数党である与党は、その気になれば多数決原理で法律案を成立させることができるが、

野党の指摘が正しければ、法律案を修正することに同意するべきである。

野党だけではなく、与党の中にも反対の者がいたら、反対だと言っても構わない。

ただし、行政府たる内閣は、口出しをするべきではなく、国会の議論が結論を出すまで、待つべきであり、介入してはいけない。

これが、本来の民主主義の手続きである。


◆強行採決とは、国権の最高機関である国会を無視しているのだ。

与党が、ある法案について、主に野党からの質問に答え、よく話し合った上で、決を採る。

このような手続きを経ることにより様々な民意を間接的に法案に反映させることができる。



ところが、強行採決とは、与党が、話し合いをしないで、採決を強引に行い、法律案を成立させてしまうことである。

特に今回は、その強行採決を指示したのが内閣総理大臣だったというのだから、あきれる。



つまり「行政府」の代表である安倍晋三内閣総理大臣は、教育基本法の改正について、

国権の最高機関である国会での話し合いがまだ終わっていなかったのに、

これを無視して「決めてしまえ」と指示したというのだから、民主主義の基本原理を逸脱しているのである。

これは、民主主義ではなく、独裁政治に近い。

安倍晋三内閣総理大臣のいうところの「美しい国」とは、こういうことだったのか


◆音楽:トランペットとオルガン

週末ですし、爽やかなのを一曲。ここで言うところのオルガンとは、勿論パイプオルガンです。

トランペットとオルガンは良く合います。合うとは、響きの相性がよい、というようなことです。

まあ、聴いていただいた方が早いですね。18世紀のイギリスのオルガン奏者兼作曲家のスタンレーという人が書いた、

「トランペット・テューン」という曲です。元来オルガン独奏曲だと思いますが、これもいいですよ。


【読者の皆様にお願い】

この記事を読んで、お気に召した場合、エンピツの投票ボタンを押していただけると幸甚です。

画面右下にボタンがあります

|

« なぜ、これほど急いで教育基本法を変えなければならないのか、誰か説明できますか? | トップページ | 「『いじめはひきょうだ』 文科相がアピール文」←甘い。「いじめは犯罪だ」/音楽:ウェーバーの序曲追加しました。 »

ニュース」カテゴリの記事

安倍政権批判」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

アマルティア・センはこう述べています。
「何を信じどう生きるかについて、充分に学んだうえで選択させる教育の機会は激減しています」「一枚岩のようなアイデンティティをつちかう運動に誰もが夢中になっている」

国が、そして学校が子どもに『狭量さえお押しつけ』る教育をしようとしているようで、そのことが心配です。多様な主義主張や思想があることを、教えることがまず大事だと思っています。子どもたちが、そこから自分の思想や考え方を築いていくことができるような国であってほしいです。決して国がこうだと押さえつけるようなかたちではなく。
http://blog.livedoor.jp/tarotohachinosu/

投稿: かお | 2006.11.20 10:49

JIROさん、ありがとうございました!

そうか、あとは「呼びかけ」をしなければいけないわけですね。
少し考えて、やってみます。

それにしても・・・とても早起きでいらっしゃるんですね!
それとも徹夜?

投稿: ken | 2006.11.19 09:26

kenさん、ようこそおいで下さいました。

貴ブログに二重にコメントを投稿してしまいまして、申し訳ありません。
お手数をおかけして恐縮なのですが、一方を削除していただけますか?

「ジャンル」というのは、用語が適切じゃなかったですね。
要するにブログの管理画面で、「ブログ」→「設定」のタブをクリックしますと、

左から、「基本設定」「バックナンバー設定」、そして「カテゴリー設定」があります。
ここでは、ご承知の通り、既存のカテゴリーのみならず、リストのの空欄にすきな

項目(Ex.のだめカンタービレ)を入力して、変更を保存すれば、少なくとも自分のサイトでは、
簡単に「のだめカンタービレ」のカテゴリーができます。

そして、一定数の人が同じことをすると、ココログナビとかココフラッシュに登場する、いわば、
「ココログ公認カテゴリー」になります。その「定足数」が何人かは、申し訳ないのですが忘れてしまいました。

ココログヘルプデスクに質問メッセージを送ると、多分すぐに返事のメールが来ると思います。
あとは、サイト上で、kenさんから、「のだめカンタービレ」をココログカテゴリーにしよう、と読者の方に呼びかけたら、

きっとすぐに賛同者が集まると思うのです。
下手な説明ですが、大体お分かり頂けたでしょうか?

何かありましたら、また、お訊き下さい。

トランペット、いいでしょう?

それでは、また。失礼致します。

投稿: JIRO | 2006.11.19 04:01

TACさん、ご無沙汰しました。お元気ですか?コメントをありがとうございます。

>審議をしないなら、国会は不要であり、存在そのものが税金の無駄遣いですね。つまり、
>安倍政権は「話せば分かる」ではなく「問答無用」…つまりテロリストの論理を使って
>いることをその行動で示したわけです。

仰るとおり。そうですね。テロリストと全く変らない論理ですね。
安倍晋三は今のところ、物理的暴力はさすがに用いていませんが、

彼が尊敬する祖父、岸信介は60年安保の審議をやはり途中で止めて、

野党の抵抗を封じるために、なんと警官隊と暴力団員を動員し、
強行採決の連続で法案を可決した、ということを、

立花隆が「メディア ソシオ-ポリティクス」の最新号に書いています。
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/061117_kyoikuho/

安倍晋三の「民主主義の破壊者」の遺伝子は祖父譲りのようですから、今後、一層増長する
可能性があります。沖縄の知事選が今日行われますが、言うまでもなく、沖縄は反戦の意識が
多分全国一、強いところですから、自民党にお灸を据えてやってほしいものです。


歴史から学ばないというのも、TACさんご指摘の通りです。
わずか、60年前。戦争を体験した人がまだ大勢生きているというのに、その体験を聴こうともしない。

首相を始めとする、好戦的な人たちは明らかに歴史と憲法の「履修不足」ですね。
学校へ行って、単位を取り直してこい。と言いたいところです。

また、ご教示をよろしく御願い致します。

投稿: JIRO | 2006.11.19 03:44

こちらへお入れするにはズレたコメントですが・・・
ご提案のコメント、本当にありがとうございました。
気持ちは・・・そちらに綴りました(いちばん最後の記事に頂いたコメント)。かつ、本記事の「トランペット・・・」を拝聴して、晴れやかになりました。そのことも御礼申し上げます。

ところで、私はココログは「フリー」を利用しているのですが、技術的なことに弱いので、「ジャンル」の作り方が分かりません。フリーでは出来ないのでしょうか? または、カテゴリで「のだめ」というのを作っていたのですが、それの名前を『のだめカンタービレ』に変更してみました。これで何とかなるんでしょうか?
愚かしい質問ですが・・・ご教示下さい。

投稿: ken | 2006.11.19 01:39

審議をしないなら、国会は不要であり、存在そのものが税金の無駄遣いですね。つまり、安倍政権は「話せば分かる」ではなく「問答無用」…つまりテロリストの論理を使っていることをその行動で示したわけです。

「テロとの戦い」のために自らテロリストになる。しかも、2.26事件の下士官たちの意識の中には東北地方の貧困問題もあったのに対し、安倍政権には、社会的弱者に対する意識がどの程度存在するのか…。

歴史に学ばない…というのはこういう人たちのことですね。彼らにこそ「愛国心」教育が必要だと思います。ついでに日本国憲法の内容、特に公務員の憲法尊重の義務…の徹底的な研修もね。

投稿: TAC | 2006.11.19 01:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/12727262

この記事へのトラックバック一覧です: 「<教育基本法>単独可決に、首相の「意向」強く働く」←この国は独裁制でしたっけ?/音楽追加しました。:

» 教育基本法が改悪されたら次はこうしてくる〜パート1 [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士]
 教育基本法の「改正」を実現したら、次は、まず、学習指導要領に手を付け生徒諸君の根性を叩き直す。引き続いて、学校教育法、教職員免許法を修正し、学習成果を評価する仕組みを作って学校にも格差を設け、日の丸に反対するような教員の免許は剥奪する…。文部科学省が教育基本法「改正」を見据えた長期計画(悪だくみ)を立てていることが一部で(←クリック)報道された。このたび、その資料を入手したので、2回に分けてその資料を紹介する。全体は、News ... [続きを読む]

受信: 2006.11.18 10:39

» 久々のデモ行進 [アッテンボローの雑記帳]
 昨日大阪の扇町公園で開かれた「三悪法を廃案へ! 11.22大阪緊急行動」に参加 [続きを読む]

受信: 2006.11.23 21:05

« なぜ、これほど急いで教育基本法を変えなければならないのか、誰か説明できますか? | トップページ | 「『いじめはひきょうだ』 文科相がアピール文」←甘い。「いじめは犯罪だ」/音楽:ウェーバーの序曲追加しました。 »