« 悪いニュースと良いニュース。共に大きく取り上げられていないものから。 | トップページ | 「『この時期にこそ議論を』=核武装重ねて言及 中川政調会長」←日本にも、IAEAの査察官が常駐しているのですが。 »

2006.11.01

「安倍首相『任期中に、憲法改正を目指す』「<核保有論議>中川氏の発言に安倍首相が理解」←基礎学力不足。

◆記事1:安倍首相「任期中に、憲法改正を目指す」  (読売新聞)

安倍首相は31日、首相官邸で米CNNテレビと英紙フィナンシャル・タイムズのインタビューに個別に応じた。

内閣広報室によると、首相はインタビューで、憲法改正について「自民党総裁任期は3年で2期までしか務められない。

自分の任期中に憲法改正を目指したい」と述べ、今後6年間に自らの手で憲法改正の実現を目指す考えを示した。

また、「時代にそぐわない条文として典型的なものは9条だ。日本を守る観点や、国際貢献を行う上で改正すべきだ」と述べ、9条改正の必要性を指摘した。

安倍首相は就任後、憲法改正について所信表明演説で「与野党で議論が深められ、方向性が出てくることを願う」と述べるなど、

踏み込んだ発言を控えていた。- 11月1日1時9分更新


◆記事2:<核保有論議>中川氏の発言に安倍首相が理解

安倍首相は31日、自民党の中川政調会長が「憲法の政府解釈では、必要最小限の軍備の中には核も入る」と語ったことに関し、

「法理論上の議論のことについて言及したんだろう。非核三原則を守っていくと述べたうえでの議論だろう」と述べ、理解を示した。

首相官邸で記者団の質問に答えた。(毎日新聞) - 10月31日14時53分更新


◆コメント:憲法というのは、権利宣言からきています。

新らしい内閣総理大臣は、今のところ、思想はともかく、仕事に対する姿勢は小泉純一郎よりだいぶましだ。

小泉純一郎だったら、履修不足問題なんて、「文科省に適切に処理するよう指示した」で知らん顔だろう。

しかし、安倍晋三氏は基礎学力に欠ける。



憲法の歴史的な源流、起源は、フランス革命後の人権宣言である。

それまでは、支配者=国王が絶対権力を持ち、世の中を支配していたが、

その仕組みを正反対にひっくり返したのが、フランス革命である。

以後、市民の権利(人権)が最も優先されるべき価値になった。

憲法は、日本国憲法も第3章、第10条から第40条は「国民の権利・義務」について書かれている。

義務は、子どもに義務教育を受けさせる義務、勤労の義務、納税の義務である

(敢えて嫌味をいうが、NEETはこれらのいずれも実行していないのである)。

大雑把に言えば、そのほかは全部、国民の権利をいろいろと具体的に挙げ、

「~これを保証する」、「~を侵してはならない」、「~を強制されることはない」と定め、

国家権力が、それを濫用し、国民の権利を奪うことができないように、制約を加えているのである。

これこそ、憲法の本質である。

だから、憲法の最後近くに「第十章 最高法規」ってのが、あるわけですよ。


◆公務員(国会議員も、従って総理大臣も公務員)の憲法遵守義務

特に、一番大事なのが、99条である。

第九十九条  天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

読めばわかるでしょう。公務員は憲法を護らなくてはいけない。

繰り返すが、国民が国家権力の暴走を牽制しているのが憲法である。



だから、制約を受けている国家権力の側から、「このストッパーを取り払おう」と言ってはいけないし、

それを国民はボケーッと見ていてはいけないのである。

「憲法を改正する」と豪語する安倍首相の発言は従って、それ自体既に違憲である。


◆自衛のためにどうして核兵器が必要なのか。

政府見解は正式に変更されてはいないから、日本国は個別的自衛権の行使のみが許され、

そのための「最低限の実力」(武力と言ってもいいけどさ、どうでもいいんだよ)が自衛隊である。

日本が侵略・攻撃を受けたときに、これを迎え撃つのに、何故、核兵器が必要なのか。

何故、自国の国土をわざわざ放射能にさらすのか。



抑止力?

あのねえ。

国力の無い北朝鮮が核を持つのとは、訳が違うのだ。

我が日本国は、世界第二位の経済大国である。

軍事支出(額)は世界4位(対GDP比率ではない。混同しないようにしてください)である。

こんな国が核兵器を保有したら、世界からどれほど危険視されるか。



特に安倍首相の好戦的な思想をアメリカは既に良く知っている。

核などもったら、つぶしに来るだろう。西洋人ってのは、コロっと態度を変えるのだ。

中川も安倍もそんなことが分からないほどバカなのか。


【読者の皆様に御願い】

恐縮ですが、駄文を読んでお気に召した場合、原サイト「エンピツ」の投票ボタンをクリックして頂けると、幸甚です。JIROの独断的日記の右下にボタンがあります。

|

« 悪いニュースと良いニュース。共に大きく取り上げられていないものから。 | トップページ | 「『この時期にこそ議論を』=核武装重ねて言及 中川政調会長」←日本にも、IAEAの査察官が常駐しているのですが。 »

ニュース」カテゴリの記事

安倍政権批判」カテゴリの記事

憲法改正」カテゴリの記事

戦争」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/12509725

この記事へのトラックバック一覧です: 「安倍首相『任期中に、憲法改正を目指す』「<核保有論議>中川氏の発言に安倍首相が理解」←基礎学力不足。:

» 教育基本法改正案について、内閣府が校長にやらせ賛成質問をするよう依頼〜内閣府の長たる安倍は辞任せよ! [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士]
なんと、内閣府が中学校校長に嘘をつくように指導した。それも教育基本法の改正問題でだ。嘘をつくよう促した内閣府の長は、「安倍内閣総理大臣」だ。直ちに辞任するべきではないか。美しい国は、教育の責任者に嘘をつくよう指導する国だったのだ…。 読売新聞(←クリック)によると、【今年9月2日に青森県八戸市で開かれた政府の「教育改革タウンミーティング」で、内閣府などが教育基本法改正案に賛成の立場で質問するよう参加者�... [続きを読む]

受信: 2006.11.02 04:16

« 悪いニュースと良いニュース。共に大きく取り上げられていないものから。 | トップページ | 「『この時期にこそ議論を』=核武装重ねて言及 中川政調会長」←日本にも、IAEAの査察官が常駐しているのですが。 »