« 「<教育基本法>単独可決に、首相の「意向」強く働く」←この国は独裁制でしたっけ?/音楽追加しました。 | トップページ | 「沖縄知事に与党推薦の仲井真氏」沖縄県民がこれほどバカだとは知らなかった。 »

2006.11.19

「『いじめはひきょうだ』 文科相がアピール文」←甘い。「いじめは犯罪だ」/音楽:ウェーバーの序曲追加しました。

いじめ自殺問題で、伊吹文明文部科学相は17日、子どもたちや保護者に向けて「文部科学大臣からのお願い」と題する2通のアピール文を発表した。

この問題に関する文科相のアピール文は、96年以来10年ぶりとなる。子どもたちには

「いじめられていることを話すゆうきをもとう。きっとみんなが助けてくれる」と呼びかけ、

保護者らには「毎日少しでも言葉をかけ、子どもとの対話をして下さい」と訴えている。

◇文部科学大臣からのお願い

未来のある君たちへ

弱いたちばの友だちや同級生をいじめるのは、はずかしいこと。

仲間といっしょに友だちをいじめるのは、ひきょうなこと。

君たちもいじめられるたちばになることもあるんだよ。

後になって、なぜあんなはずかしいことをしたのだろう、ばかだったなあと思うより、今、やっているいじめをすぐにやめよう。

いじめられて苦しんでいる君は、けっして一人ぼっちじゃないんだよ。

お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、きょうだい、学校の先生、学校や近所の友達、

だれにでもいいから、はずかしがらず、一人でくるしまず、いじめられていることを話すゆうきをもとう。

話せば楽になるからね。きっとみんなが助けてくれる。

平成十八(2006)年十一月十七日

文部科学大臣 伊吹文明


◆コメント:いじめ加害者のガキどもは想像以上の「悪人」だ。

新聞で、いじめで被害者を自殺に追い込んだあるグループ(中学一年、男子)と接触を試み、実際に会った記者が記事を書いていた。

どうも我々はいじめ加害者を少し甘く見ていたようだ。



いじめの首謀者とされる男子に、いじめについて質問するとシラを切るのだいう。

「俺たち、いじめてなんかいないよなあ。そうだろ?」

と周囲に同意を求める。周囲の取り巻き連中は、

「うん、いじめてないよ」と応ずる。

言うまでもなく、ここで本当のことを告げたら、自分がひどい目に遭わされるからである。

さらに、このいじめ首謀者は、自分たちはやっていないとシラを切るだけではなく、

「いじめていたのは、俺じゃなくて××だよ」と、第三者に罪をなすりつけようとした。

その記者(全国紙の記者である)は、「不良などという段階を通り越して、極めて狡猾で悪質な『悪人』という印象を受けた」そうだ。



一人の記者のレポートを普遍化し過ぎるのは良くないが、これだけ、いじめを苦にした自殺が相次ぐのを見ると、

被害者が弱すぎる、では、もはや済まされない。

九州の8人のグループは、同級生から、1年間にわたってカネを巻き上げていた。これは、れっきとした恐喝罪である。

最近の悪質ないじめは、「犯罪」と見なすべきである。

刑法の侮辱罪、名誉毀損罪はもとより、相手を殴れば暴行罪、怪我をさせれば傷害罪、

「死ねよ」と自殺を勧めれば自殺教唆の罪の構成要件に該当する。



ただ、犯罪とは、「構成要件に該当する、違法、有責な行為」である。

子どもが刑務所に行かないのは、3番目の要件、「有責性」に欠ける、つまり責任能力がない、と考えられているためである。



刑法ができたのは、明治である。そのころとて、多分悪質な子どもはいただろう。

だが、今ほど多くは無かっただろう。何しろ昔はオヤジや先生が怖かったのだ。平気でぶん殴った。

今は学校教育法11条で体罰が禁止され、親も甘い。



だからといって、被害者の親が加害者に報復するのを無制限に認めたら近代刑法の「自力救済の禁止」の意味がなくなる。



ならば、国が悪いガキどもに刑罰を与えるしかないだろう。

今は、14歳未満は何をしても児童相談所におくられるだけ。

14歳以上が凶悪な犯罪を犯すと、一旦家裁へ送られ、悪質だと判断されると検察へ送致され、

それでもせいぜい少年院だし、裁判にかけられても、大人なら死刑の場合は無期懲役になる。全体に罪が軽い。


◆14歳未満でも少年院又は刑務所へおくり、成人と同じ量刑を科すべし。

前段で書いたとおり、この頃のガキの悪い奴は、中学生で、最早犯罪者の素質を十分に持っている。

そして、たとえ、女性をレイプして殺しても死刑にならない、という計算で、本当にそう言うことをする奴がいる。



いじめとて、昔のように、「子供の喧嘩に親が出て行くなんて・・」というレベルを遙かに超えている。

今の国会では少年法改正の審議が始まったが、これは14歳未満でも少年院に入れることができるようにすること、等を盛り込んでいる。

私の感覚では、まだ、甘い。

さらに、少年にも大人と同等の刑罰を与えるべきだ。それぐらいで丁度いい。



悪いけれども、文科相の「いじめはひきょうだ」という言葉そのものは正しいが、

今の悪いガキに、このような「メッセージ」しかも、大臣からの「お願い」など、殆ど効果は期待できない。

法律を改正した上で、「いじめは犯罪だ。死刑も覚悟しろ」ぐらいのことを言わなければ。

残念ながら、現実にそういう世の中なのである。


◆音楽:ウェーバーの序曲を2曲。今日が誕生日なのです。

今日は、ウェーバー (Carl Maria von Weber 1786‐1826)の誕生日なのです。

モーツァルトより30年後に生まれています。ドイツの作曲家です。短命ですね。丁度40歳になるかならないか、で亡くなっていますが、
「舞踏への勧誘」という曲、原曲はピアノですが、あれを書いた人です。この曲はオーケストラでも演奏されますが、

あれは、ベルリオーズが管弦楽用に編曲したものです。

私は、生まれて初めて買ったクラシックのレコードが、N響名誉指揮者で私の年代の方にはおなじみの

オットマール・スウィトナー指揮、シュターツカペレ・ベルリンによる「ウェーバー序曲集」でした。

長いこと廃盤になっていましたが、今調べたら、12月に復刻版がでるようです。

お薦めです。

今日のは、別の名指揮者によるものです。

ウェーバーの歌劇は10ぐらいしかありませんが、歌劇そのものはともかく、序曲が大変に素晴らしい。

普通、「ウェーバーの序曲」というと、「魔弾の射手」か「オベロン」が有名です。

今日御紹介するのは、あまりコンサートで演らないのですが、私は大変好きです。
「アブハッサン」序曲です。多分、ウェーバーの序曲で演奏時間が一番短いのですが、打楽器など入って賑やかです。

賑やかですが、品があります。





もう一つは「精霊の王者」序曲です。

途中のティンパニ・ソロがカッコイイです。

でも弦楽器は常に、細かい音の動きで、しかもアウフタクトで、弾くのも合わせるのも難しそうです。

弦とユニゾン(同じ音を複数の人が演奏する)で吹かされるファゴットも難しそうです。

アブハッサンとは雰囲気が全く違って神秘的な感じがします。

しかし、曲の終わり方が、毅然としていて、私は子どもの頃から大変好きなのです。

(勿論、どう感じるかは、聴く方次第です。)


【読者の皆様にお願い】

この記事を読んで、お気に召した場合、エンピツの投票ボタンを押していただけると幸甚です。

画面右下にボタンがあります

|

« 「<教育基本法>単独可決に、首相の「意向」強く働く」←この国は独裁制でしたっけ?/音楽追加しました。 | トップページ | 「沖縄知事に与党推薦の仲井真氏」沖縄県民がこれほどバカだとは知らなかった。 »

ニュース」カテゴリの記事

安倍政権批判」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/12740880

この記事へのトラックバック一覧です: 「『いじめはひきょうだ』 文科相がアピール文」←甘い。「いじめは犯罪だ」/音楽:ウェーバーの序曲追加しました。:

« 「<教育基本法>単独可決に、首相の「意向」強く働く」←この国は独裁制でしたっけ?/音楽追加しました。 | トップページ | 「沖縄知事に与党推薦の仲井真氏」沖縄県民がこれほどバカだとは知らなかった。 »