« 「モーツァルト初期のピアノ曲発見=6~10歳の作品か-オーストリア」←10歳だとしてもあなどれない。 | トップページ | 取り急ぎお知らせ。NHK「第九」オーボエ宮本文昭氏解説付き。NHK教育19時から »

2006.12.30

フセインの死刑執行、住民虐殺『人道に対する罪』」←フセインが死刑なら、ブッシュも死刑相応だね。

◆記事:フセインの死刑執行、住民虐殺「人道に対する罪」(12月30日14時46分配信 読売新聞)

【カイロ=長谷川由紀】イラク中部ドゥジャイルのイスラム教シーア派住民148人を殺害した「人道に対する罪」で死刑が確定していた同国元大統領サダム・フセイン(69)に対し、

絞首刑による死刑が30日午前6時(日本時間同日正午)ごろ執行された。同国国営テレビが伝えた。

約30年にわたり同国を強権支配、2003年のイラク戦争で政権の座を追われた独裁者は、自国民の手で裁かれ、「罪人」として刑死した。

マリキ政権は処刑で求心力回復を期待するが、旧政権残党などの報復攻撃が激化、治安がさらに悪化する懸念もある。

フセインは、軍などのクーデターでバース党政権が誕生した翌年の1969年、最高意思決定機関「革命指導評議会」副議長に就任して実権を掌握し、

79年に大統領に就任した。イラン・イラク戦争(80~88年)やクウェート侵攻(90年)を指揮。

国内では、政敵や反体制勢力を力で徹底排除・弾圧する恐怖政治を敷いた。

米軍主導のイラク戦争で03年4月に政権は崩壊、同年12月、出身地のティクリート郊外の潜伏先で米軍に拘束された。


◆コメント:5万人のイラク人と3000人の米兵を殺したブッシュは、何故死刑にならないのか。

2003年3月20日にアメリカがイラクに武力侵攻した。イラク戦争の始まりである。

ブッシュは「イラクは大量破壊兵器を保有しており、これがテロリストの手に渡れば、アメリカがいつテロリストに襲われるかも知れない」と云って、この戦争を正当化した。

しかし、大量破壊兵器は初めから無いことが分っていた。

それは、開戦から4か月も経たないうちにラムズフェルド元国防長官が証言しているのである。



だが、大量破壊兵器があろうがなかろうが、アメリカのイラクに対する武力攻撃は、国際法上の違法行為である。

その理由については、私がイラク戦争開戦前日に書いた記事を読んでいただきたい。

いつまで経ってもこれが分らないバカがいるが、「イラク戦争は正しいか否か」という議論自体が無意味である。

「賛成」とか「反対」とか「思う」という言葉を使うことがすでに間違っている。

イラク戦争が違法行為であることに関して議論の余地など無いのは、国連憲章を読めば明らかである。


◆フセインの処刑に関しては、イラクの国内法によるものだから、こちらが口を挟むことではない。

まあ、建前上はそう言うことです。

但し、アメリカがイラクに今回の判決と処刑を「命じた」ことは国際政治の記事を毎日読んでいるひとなら、殆ど考えるまでもなく明らかだ。

しかしながら、フセインを死刑にしたら、イラク国民は幸福になるのだろうか?という素朴な疑問を呈したくなる。

イラクのニュースを読むと、毎日誰かが死んでいる。

フセインがクルド人に化学兵器を使ったとか、そりゃ色々あるでしょうよ。

そうは云っても、フセイン独裁制の頃より、今の方が人が死んでいるのは客観的事実である。

このようにイラクがカオス(混沌)状態と化してしまったのは、ブッシュが、言いがかりを付けてイラクに攻め込んで、

「それなりに」無事を保っていたイラクを無茶苦茶にしてしまったからだ。


◆5万人以上のイラク人と3000人の米兵を殺したブッシュが偉そうにしている滑稽。

イラク戦争が始まってから、今日までの民間人(非戦闘員)の死者数を毎日更新しているIraq Body Count(イラク人の死者数)という

タイトルそのままのサイトがある。英語だが、英語など読めなくても分る。「ENTER SITE」というボタンをクリックしてください。

トップページに死体の写真など載っていない。大丈夫。今見たら、

MIN 52060 MAX 57628

となっている。正確な死者数は分らないのだ。

いろいろな組織が調べた中で最も少ない数字と最も多い数字を併記しているのでこのような表示の仕方になる。

いずれにせよ、5万人以上の無辜のイラク人が亡くなったことは、明らかと考えて良かろう。



また、死んでいるのは、イラク人ばかりではない。

勿論アメリカの兵隊とて、行きたくない戦争に行かされて命を落としている。
◆記事:イラク:爆弾テロで27人死亡--バグダッド(毎日新聞 2006.12.29)

【カイロ支局】バグダッドで28日、計5件の爆弾テロが続発し、市民ら計27人が死亡した。

またイラク駐留米軍は同日、バグダッド南部の路上に仕掛けられた爆弾で27日に米兵3人が死亡したと発表した。

AP通信は、これにより03年3月のイラク戦争開戦後の米兵死者数は「少なくとも2986人」になったと報じた。

ブッシュの判断の誤りによって、5万人のイラク人と3千人の米兵が死んだ。

ブッシュが殺したも同然である。

その張本人は、いまだにホワイトハウスで、「世界の君主」のごとく偉そうにしている。

これを滑稽と云わずして何と云おう。



フセインに対する死刑判決は前述の通り、形式上はイラク内部の問題であり、外国がとやかく言うことではない。

フセインはイラクの法律の基づいて死刑になったのである。



ブッシュをイラクの法律に基づいて死刑にすることは勿論出来ない。

だが、それは、形式論であり、「人道上の罪」を倫理的に(常識的に)考えたとき、

フセインが死刑に処せられるのなら、ブッシュは「市中引き回しの上、磔(はりつけ)、獄門」ぐらいにしないと不公平だ、

と考えるのは私だけであろうか?



なお、我が日本国は、恥ずかしい歴史を作ってしまった。

イラク戦争が始まったとき、小泉元首相が世界で最初にアメリカの武力行使を支持する、とのメッセージを発したのである。

そして、その小泉を2005年9月11日の衆議院選挙で大勝させてしまったのが、日本の有権者である。

【読者の皆様にお願い】

この記事を読んで、お気に召した場合、エンピツの投票ボタンを押していただけると幸甚です。

画面右下にボタンがあります

|

« 「モーツァルト初期のピアノ曲発見=6~10歳の作品か-オーストリア」←10歳だとしてもあなどれない。 | トップページ | 取り急ぎお知らせ。NHK「第九」オーボエ宮本文昭氏解説付き。NHK教育19時から »

ニュース」カテゴリの記事

戦争」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

さざ波さま、過分のお言葉(最後のところ)恐縮です。

アメリカが何故、傲慢かというと、ずっと戦争をしてきて、勝ち続けているからでしょ
う。常に喧嘩に勝ってきた。

厳密に言うと、ベトナムなど泥沼化して、勝ったとは言えませんが、歴史を通してみる
ととにかく他国に戦争を仕掛けて、勝って、云うことを聞かせてきた。誰も俺たちに逆
らえまい、という気持ちでいる。世界中をアメリカにしようとしていますね。

国連総会で、できることなら、アメリカと常任理事国のうち中国とソ連を除く全ての国
がアメリカに対して経済制裁を発動するという動議を起こすことは、現実的に考えて無
理でしょうし、常任理事国のアメリカが拒否権を発動したらおしまいですが、

それぐらいのことをやって、アメリカに「お前ら、これだけ世界中から恨まれているの
だぞ」ということを認識させたら、さすがに青くなるのではないでしょうか。

イランが核兵器を開発しようとしていることにより、経済制裁を受けるならば、世界最
大の大量破壊兵器保有国であるアメリカは国連原子力機関(IAEA)の査察を受ける
べきです。

カナダの民間団体で、本気でそれを提唱している組織があります。「アメリカの核を査
察する計画」です。

主張は極めて冷静で、論理的です。

インターネットで世界中に呼びかけています。私も「査察団」に登録していますので、
いざとなったら行かなくてはなりません(笑)。

投稿: JIRO | 2006.12.31 22:29

Reneさん、これを読む頃は、おはようございますですよね。

>フセインを作りだしたのは、アメリカですよね。
>イランをけん制するために武器を与え、訓練し、徹底的に援助をした。アフガンのアル
>カイダを産んだのと同様な方法です。そして、フセインが力をつけて敵対し、不要になっ
>た途端、国を破壊し、さっさと死刑にする。
>これって、人間のすることですか。

まったくもって、おっしゃるとおり。

そちらではうっかり、キリスト教原理主義の悪口なんか云ったら命が危ないでしょうが、
日本では全く問題無いので、これから書くことによって私が暗殺(というか、抹殺)さ
れることは、ありませんのでごご心配なく。


こういう、「人間のすることとは思えないこと」をしてしまうのは何故か?
ネオコンやキリスト教原理主義者は、はっきり云って、

「白人のキリスト教徒以外は、人間ではない」

と考えている事に起因すると思います。


黒人に関しては、ネオコンやキリスト教原理主義者に限りません。
欧米人全体がそう思っている。

「法の精神」で高邁な理想を説いたモンテスキューが、なんと「黒人が人間であるとは
考えられない」と、「法の精神」の中で述べている。

アメリカでもジェファーソンの人権宣言には

「全ての人間は・・・」

と、基本的人権に言及していながら、そのあとも、リンカーンが奴隷解放を断行するま
で、100年も奴隷貿易を続けていたのは、論理的に考えて、アメリカ人が黒人を人間
と見なしていなかったことの証左です。

我々、日本人は、最近、かげりが見え始めましたが、ものすごく優秀で、世界第二位の
経済大国を作ってしまったことは厳然たる事実ですから、アメリカの右翼も、日本人が
人間でないとはさすがに言えない。

但し、アメリカ映画の中での日本人の扱い方をみれば、黄色人種に対する差別意識は明
らか。

中東諸国も farではないけど middle EASTで、忌まわしい異教徒。イスラム教徒であり、
かつ白人ではありません。

「適当に使い捨てにし」ても、人間ではないので、何ともないのでしょう。

とは、いうものの、ネオコンも結局はユダヤ教徒、ヨーロッパのロスチャイルドとアメ
リカのロックフェラー一族の繰り人形なのでしょう。

私にもどうしたらいいか分らない。しかし、アメリカはイラク反戦デモをホワイトハウス
の前でおこなう人々がいるだけ、健全です。

日本人は、日本はアメリカの「イラク大量破壊兵器情報」を検証もせず、欺されたとい
うのに、誰も文句一つ言わない。日本政府に対して「アメリカに抗議しろ」と誰も言わない。

そもそも、こういう面倒くさいことは考えない。

この国は滅びると思います。

投稿: JIRO | 2006.12.31 22:11

Reneさんに同感です。アメリカは、国土で戦火を浴びてないので、危機感が薄いのでしょうか。ベトナム戦争の頃、米国にいましたが、楽しみは山ほど有り、人々は戦を感じさせない暮らしをしていました。戦時中の日本とは大違いです。

しかし、今の日本も危険です。与党の方向を変える為に、私達は、何をしたらいいのでしょう。今、私に出来ることは、独断的ブログの読者を増やすことです。そうすれば、世の中は変わって来ると思うのです。でも、毎日、これだけ確かな記事を更新なさるのは、幾ら秀才でいらしても疲れます。それに、JIROさんは楽隠居では有りません。お仕事も家庭も有って、更新時刻が深夜や明け方という時もあります。力尽きて倒れられては困ります。執筆意欲を支えるのは、読まれた人の無言の手応え、つまり、人気投票数の増加でしょう。でも、投票数は、思いの外、伸びません。

読者の皆さま、JIROさんへの栄養補給剤として、えんぴつ欄・最下段の投票ボタンを押して上げて下さい。読者が増えれば、その人の言動が、また周囲への力になり、絶対、世の中は変わって来ます。それに、思い掛けない楽しい話も多く、私は、来る度に心が安らぐのです。ホントに稀少価値のブログです。

投稿: さざ波 | 2006.12.31 12:52

こんにちは、JIROさん

きのうは午後4時から刑の執行された5時(イラク時間朝6時)を隔てて、夜遅くまでテレビを食い入るように見てしまいました。CNN, FOX, CBS, かなりの緊張感に包まれました。

執行後、ヨーロッパからはすぐにフセインの死刑の「野蛮」さをメディアに流していましたね。

JIROさんのおっしゃることに同感します。

フセインを作りだしたのは、アメリカですよね。
イランをけん制するために武器を与え、訓練し、徹底的に援助をした。アフガンのアルカイダを産んだのと同様な方法です。そして、フセインが力をつけて敵対し、不要になった途端、国を破壊し、さっさと死刑にする。

これって、人間のすることですか。

第二次大戦後、日本の民主主義を成功させたと鼻高々のアメリカ。ブッシュ大統領は、他国でも同様なことができるつもりでいる。日本をも世界をも侮辱した、何という傲慢さでしょうか。中東諸国を崩壊させ多くの無用な死者をつくったブッシュの罪は重いはずなのに、断罪もされず、のうのうと大統領でいるなんて狂気の沙汰です。。。!

いつの日か現在の混沌を公平に判断され、ブッシュ大統領の行為はアメリカの歴史の汚点、中東世界の悲劇のひとつとして記録されることを願わずにはいられません。

次の大統領選までまだ2年もあります。
この2年に、あといったい何人の人が命を落とさねばならないのでしょうか。今、この瞬間もイラクでは人が死んでいるのだと思うと、身を切られるような痛さ、歯がゆさです。

わたしたち一般市民に、今、何が出来るのでしょう。
どうしたらいいのでしょう。。。

投稿: Rene | 2006.12.31 10:47

はじめまして。コメントとTB、ありがとうございます。

>イラクの国情が、フセインのような独裁者な指導者を生んだのであって、それは今のイラクの現状を見れば分かるのである。

同感です。学生の頃、国際法の教授が

「如何なる国の国家体制も、歴史的、民族的必然性により現状があるのだから、他国がその体制を変えようとするべきではない」


とおっしゃいました。二十数年後の今、その言葉が如何に正しかったか痛感しています。

アメリカ中枢部のネオコンは「アメリカ式民主主義」を世界中に広めれば、世界は平和になる」という救いが
たい傲慢な単細胞的思想の元に行動し、ことごとく失敗しているのに、まだ、分らない。

仰るとおり、イラク戦争後、イスラム文化圏は異教徒(キリスト教徒)に対して恨み骨髄と思われますので、
ますます紛争は増えるでしょう。

貴ブログでお書きのように、ブッシュに手を貸した日本が恨まれるとしたら、小泉の所為です。安倍もイラク
戦争を支持したことは正しかったと言った時点で、私の中では失格です。

こちらからも、TBさせていただきます。

投稿: JIRO | 2006.12.30 23:11

イラクの国情が、フセインのような独裁者な指導者を生んだのであって、それは今のイラクの現状を見れば分かるのである。フセインは確かに暴政を行ったが、イスラム神には、背いていないのであり、忠実な信仰者であったわけで、排除されてはいなかった。その点キリスト教徒との違いがみられ、むしろフセインの死刑によって、イスラム教圏の反発が強まる可能性があると、思われる。おっしゃる、ブログの内容理解できます。トラバさせてもらいます。

投稿: | 2006.12.30 22:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/13265784

この記事へのトラックバック一覧です: フセインの死刑執行、住民虐殺『人道に対する罪』」←フセインが死刑なら、ブッシュも死刑相応だね。:

» フセイン元イラク大統領が死刑執行される。ならばブッシュもコイズミも死刑だ [株で儲けて温泉だ]
イラクの独裁者から転落、犯罪者として裁判にかけられ先日死刑判決が 確定したフセイ [続きを読む]

受信: 2006.12.30 20:52

« 「モーツァルト初期のピアノ曲発見=6~10歳の作品か-オーストリア」←10歳だとしてもあなどれない。 | トップページ | 取り急ぎお知らせ。NHK「第九」オーボエ宮本文昭氏解説付き。NHK教育19時から »