« 赤坂議員宿舎建設費に334億円使い、自衛隊の派遣も延長を閣議決定し、生活保護予算を400億円削減することを決めた政府。 | トップページ | 安倍政権の方向性、「分からない」7割…有識者アンケート (読売新聞)」←あれほどはっきり言っているのに「分らない」? »

2007.01.08

大阪市消防音楽隊が経費削減の為、廃止されかけている。議員の政務調査費を減らしたらどうですか?/【変更】署名受付延長

◆記事1:大阪市消防音楽隊:来年度末で廃止へ 経費削減、38年の歴史に幕(毎日新聞 2006.02.03 大阪夕刊 )

大阪市消防局は、06年度末をめどに市消防音楽隊の廃止を決めた。

出初め式など各種イベントで市民に親しまれてきたが、経費削減のあおりを受け、発足以来38年で幕を下ろすことになった。

音楽隊は69年に発足し、現在は隊員32人で年間200回程度公演をこなしている。

当初は消防職員が本業の傍ら活動していたが、両立が困難になったため93年からは外郭団体「市消防振興協会」に運営を委託。

現在の隊員は協会の嘱託職員で演奏活動に専従している。

しかし、年間1億8000万円程度の経費が必要なため、市の危機的な財政状況を踏まえ廃止を決めた。

06年度中は公演の予定が入っているうえ、隊員の進路も未定のため活動を続ける。

また、カラーガード隊「ファイア・フェニックス」(隊員10人)も廃止する。

市消防局は「音楽を通じた啓発効果はあったと思うが、今後は費用対効果を考慮した新たな啓発事業を検討したい」としている。


◆記事2:大阪市消防音楽隊:惜しまれ最後の公演 存続へ300人が署名協力/大阪(2006.12.18 地方版/大阪)

大阪市の財政難から来年3月で廃止される市消防音楽隊が17日、同市住之江区のワールドトレードセンターで最後の自主公演を開いた。

会場では、同隊の存続を求める市民が署名を呼び掛け、300人を超える観客が協力した。



同隊は69年に発足。消防局のイベントなどで演奏を通じて防火を啓発してきたが、

市が今年2月、「どれだけ防火に役立っているかが分からない」と廃止を決めた。

隊内には「40年近く防火・防災を訴え続け、その答えが『費用対効果が低い』という評価なのか」と落胆が広がっている。

隊員23人はいずれも演奏専属の嘱託職員で、来春以降の生活のめども立たないという。
この日は約300席が開演とともに満席となり、吹き抜けの2、3階バルコニーにも大勢の立ち見客が出た。

クラシックやポップス、ディズニー音楽など11曲を披露。

熱心に聴き入っていた同市住吉区の主婦(50)は

「これだけ多くの人の心を動かし、若い人もお年寄りも一つになれる音楽こそ、今の大阪市に必要なのでは」

と惜しむ。署名運動の問い合わせは橋本博さん(06・6701・9780)。

(注:大文字は引用者による)


◆コメント:市民(納税者)が廃止するなと云っているのに、市が勝手に廃止するべきではない。

大阪市は、大阪府の府庁所在地であり、昼間人口は東京23区に次いで全国第2位。夜間人口は横浜に次いで全国第3位の大都市である。



何処の国でも「先進国」で「文化を理解」する大都市には、警察・消防が音楽隊を持ち、

頻繁に至るところで演奏活動をして、市民生活に心の潤いを与えている。



私は東京のほぼど真ん中に勤めている。

この辺りのサラリーマンやOLは日頃仕事が忙しく、道を行き交う人々は皆一様に表情が険しく、ギスギスした印象を受ける。

そんな街だが、日比谷公園という大きな公園の野外音楽堂では、春と秋のシーズンには、

警視庁音楽隊が毎週「水曜コンサート」を昼休みの時間帯に行う。

すると、あの仏頂面のサラリーマンやOLが喜んで聴いている。楽しみにしているのだ。

「警察」という国家権力から想起する「怖いイメージ」を音楽隊が払拭している。

都民は誰も、

「音楽を演奏しても犯罪が減るわけではない。警視庁音楽隊は経費の無駄だから解散させろ」

などと野暮なことは、云わない。



このような、即物的には「無駄」だが、漱石が「草枕」の冒頭に書いているとおり、
「とかくに棲みにくい人の世を少しでも棲みやすくする」

のが、絵であり、音楽であり、文学である。

この「無駄」の大切さが分らないのは無教養な野蛮人である。

大阪市消防音楽隊は38年の歴史を誇る、立派な演奏団体であり、

そこで演奏するのは音楽を専攻した、れっきとした「音楽家」なのである。

大阪市はこのような団体を持つことを誇りに思うべきである。

市消防局の役人は「費用対効果」などとアホなことをいう。

音楽を聴いて火事がなくなるなら、とっくの昔に日本から「火災」という事故は消滅しているはずだ。

「消防隊」や「警察」という一件堅い組織が、音楽隊を持つことにより、市民に潤いを与えている、その事実だけで充分貴重である。

記事2を読めば明らかなとおり、納税者たる市民が「消防隊を存続させろ」と云っているではないか。

「議員」という人々には、「芸術を解さない、無教養な野蛮人」が多いのであろうか。


◆「経費削減」なら、市議の政務調査費(年間一人720万円)を減らしてはどうでしょうか。

何年も前から、地方議会議員による「政務調査費」の流用が明らかとなり、問題になっている。

例えば東京では、目黒区議会議員が、私的流用を行っていた事が問題となった。

実際には目黒区だけではなく、全国至る所で「政務調査費の私的流用」が暴かれて問題になっている。



それは、市民オンブズマン 事務局日誌 : 政務調査費 疑惑は目黒区だけではない!を読むと明らかである。

全国至る所で、政務調査費が「スナックでの会合」の飲食費や、「市議のマイカーローン返済」に流用されていた、という類の事例が並んでいる。



何処の市も、議員に対して、ひとりあたり年間600万円とか700万円とか、

サラリーマンの年収に匹敵するカネを、「政務調査費」という訳の分らない名目で給料以外に与えている。

この「政務調査費」の財源は勿論、それぞれの地方自治体の住民が納める住民税である。

大阪市議の「政務調査費」は、なんと、年間720万円(一ヶ月60万円)である。ところが、

「しかしながら、都道府県・政令市レベルで見ると、領収書を添付するよう義務づけている都道府県・政令市は以下の10府県・7政令市にしか過ぎず、

公開されていないほうが大多数」(上記市民オンブズマンのサイトから抜粋)

である。


◆大阪市が領収書の添付を義務づけたのは、昨年4月。大阪市の情報公開度ランキングは全国ワースト2位

大阪市は、政務調査費の使用報告に領収書の添付を義務づけている7政令市の一つだが、

義務づけたのは、つい最近、昨年4月のことであり、しかも、領収書の提出が義務づけられているのは、「一件5万円以上の支出」に限られている。

これをやってしまうと、大きな金額でも細かく割いて支出したことにすれば、報告義務を免れる。如何にも見え透いている。

そして、昨年4月以前は、領収書の添付が義務づけられていなかったのだから

(こういう感覚、民間からすると信じられない。仕事で出張や接待をして、領収書を提出しなくて良いという会社があったら、知りたい。

もしも、そういう会社があったら極めていい加減な会社であるから、信用出来ない)、驚く。

市民オンブズマン 事務局日誌 : 政務調査費 疑惑は目黒区だけではない!の「政務調査費流用疑惑リスト」に大阪市議の話は載っていないけれども、

こういう記事がある。
◆情報公開度ランキング:大阪市、最下位逃れる 滋賀は大幅ダウン、22位→39位(毎日新聞 2006.03.25 大阪朝刊)

全国市民オンブズマン連絡会議(事務局・名古屋市)は24日、今年で10回目の都道府県・政令指定市の情報公開度ランキングを発表した。

政令指定都市で2年連続ワースト1だった大阪市は、ワースト2になった。

都道府県知事と部・局長交際費

▽都道府県議会の政務調査費

▽都道府県警の捜査報償費

▽都道府県公安委員会の議事録・配布資料--

などの8項目が審査対象で、交際費など2項目ではホームページでの情報公開度も初めて加味した。

公開度に応じて各項目にポイントを配分、100点満点で換算して比較した

「大阪市、最下位免れる」という。その前は2年連続、情報公開度全国最下位だったのである。

また、ちょうど一年前の読売新聞関西版には、議会の定数半減を 大平氏、市民と「外圧」:大阪市改革どこへYOMIURI ONLINE(読売新聞)という記事がある。

大平光代弁護士が市の法律顧問を引き受けようとしたが、議会の強い反発で辞退したことが明らかとなって、問題化したのである。

この記事を読むと、

大阪市は財政改革を行おうとしているが、議会だけは「唯一の聖域」とされていること。

大阪市議の「政務調査費」は1人あたり720万円で全国最高額であること。

そのことを是正しようとした大平弁護士が総スカンを食らったこと、

などが分る。



以下は、証拠・根拠の無い私個人の見解だが、この調子では、まだ明らかになっていないだけで、

全国殆ど全ての都道府県議会、市長村議会で、議員全員とは云わないが、

誰かが「政務調査費の私的流用」を行っているのではないか、と疑いたくなる。

そう思われても仕方がない。真面目にやっている議員は迷惑だろう。


◆こういう状況下で「経費削減」の大義名分で、38年もの歴史がある「演奏団体」を廃止するべきではない。

「芸術」の大切さをいくら云っても、分らない人には分らないから、そろばん勘定で書く。



今まで書いてきたが、大阪市議が「政務調査費を流用している」という記述は何処にもない。

しかしながら、大阪市議の定数は89人であり、ひとりひとりが年間720万円の政務調査費を支給されている。

ということは、全体で、

89×720万円=6億4080万円

となる。記事1によれば、

(大阪市消防団音楽隊は)年間1億8000万円程度の経費が必要なため、市の危機的な財政状況を踏まえ廃止を決めた。

という。そこで、やや乱暴だが、その費用を「政務調査費」から削るとどうなるか?

消防団音楽隊の年間コスト、1億8千万を大阪市の議員定足数、89で割ると、202万2471円。

一人当たり年間政務調査費、720万円から差し引いても、まだ、一人当たり年間518万円の政務調査費を受け取ることができる。

念のため記すが、各議員はこの他に、給料を貰っているのである。

一方、大阪市消防音楽隊を廃止すると、所属する音楽家は失業し、当然ながら、収入がなくなる。

38年にわたり市民を楽しませてきた、れっきとした専門訓練を受けた演奏家たちをこういう目に遭わせて良いのか。


◆署名をメールで受け付けている。

私のブログ、JIROの独断的日記ココログ版にしばしばコメントを書いてくださるNべさんは、

大阪市消防音楽隊の非常勤のクラリネット奏者で、つい最近、ラプソディー・イン・ブルーのソロを演奏なさった。

完全にプロとなるべく専門的な訓練を受けた、音楽家である。

Nべさんを通じて私は、大阪市消防団音楽隊廃止の話を知ったのだが、Nべさんから何か依頼を受けたのではない。

本稿は、私が自らの意思に基づき、勝手に書いていることをお断りしておく。



当然ながら、ここから先は、完全に個人の自由である。

以下の情報を信用するかしないか、署名するかしないかは、個人の自由意思で決定されるべきであることを強調する。

ここに、大阪市消防音楽隊の存続を求める署名活動と署名用紙配布のサイトがある。

このサイトの管理者はNべさんではない。

他の消防音楽隊の隊員でもない。

消防音楽隊の存続のために立ち上がった一般市民である。



本来署名用紙をプリントアウトして管理人の方に郵送するべきなのだが、時間がない。

1月10日必着なのである。ところが、サイトを見ると分るが、署名は代筆可能だというので、

メールで管理人さん宛に氏名・住所をおくれば、署名に加わったことになる。

くどいようだが、これは、完全に個人の自由な選択に委ねられる。

私はメールを送る。家内も連名である。

しかし、住所氏名は個人情報だから、私は、他人様に対して、署名を強要する権利など、持っていないことは云うまでもない。

確認の為書くが、これは、「募金」ではないので勘違いしないでいただきたい。「署名」を募集しているのである。

この話は、全国的には殆ど知られていないだろうと思い、また、署名受付締切までには、まだ二日時間があるので、記事にした。


【追加・訂正】早くもお一人、代筆依頼メール。/1月10日過ぎても署名(或いは代筆依頼メール)受付


ブログ、JIROの独断的日記ココログ版のこの記事へのコメント欄をご覧になると分るが、

以前から駄文にお付き合い下さっている、アッテンボローさんが、代筆依頼メールを早速送って下さった由。

大阪市消防音楽隊の方々になりかわり、御礼申し上げます。


【署名受付延長】

なお、本文中で紹介させていただいた、音楽隊のクラリネット奏者、Nべさんによると、

署名又は、署名代筆依頼メールは1月10日を過ぎても受け付けるとのことです。

ですから、慌てなくて大丈夫ですし、この記事を1月10日以降に読んだ方で趣旨にご賛同の方は、

(本文中で繰り返し書いたとおり完全に個人の自由な選択ですが)、大阪市消防音楽隊の存続を求める署名活動と署名用紙配布のサイトに、

メールを送って下さい。

私は、やはり、どう考えても、「市の危機的な財政状況を踏まえ」といいながら、市議会議員の政務調査費6億円超は全く削らず、

年間経費1億8千万のプロの演奏団体(しかも、38年の歴史を持つ由緒ある音楽隊)を、市民の反対があるのに、廃止するということは、

間違っていると思います。

政務調査費に手を付けないで「危機的な財政」とは何ですか。

このニュースは全国紙でも関西版にしか、載らなかったので、全国の殆どの人は知らないのです。

日本の吹奏楽人口は600万人です。彼らが知ったら、反対と言うに違いないと思います。

そう思ったので、記事を引き続き掲載します。

【読者の皆様にお願い】

この記事を読んで、お気に召した場合、エンピツの投票ボタンを押していただけると幸甚です。

画面右下にボタンがあります

|

« 赤坂議員宿舎建設費に334億円使い、自衛隊の派遣も延長を閣議決定し、生活保護予算を400億円削減することを決めた政府。 | トップページ | 安倍政権の方向性、「分からない」7割…有識者アンケート (読売新聞)」←あれほどはっきり言っているのに「分らない」? »

クラシック」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

芸術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

Nべさん、こんにちは。

消防音楽隊のことを今頃になってテレビが放送しているのですか?

関西テレビですか(笑)。

民放ってのは、クラシックとか吹奏楽とか誰も知らないのですよね。

動画はもしかするとどこかにアップされているかも知れませんので、

まずは、探してみます。ありがとうございます。

投稿: JIRO | 2007.01.27 03:50

こんばんは。ご無沙汰をいたしております。

実は本日、最近何かと話題の(苦笑)関西テレビの情報番組「スーパーアンカー」にて、消防音楽隊の特集が組まれました。


その折の記事をトラックバックしようとしているのですが、何故か上手くいかず…。
 
 
また、関西テレビのニュース一覧で、スポットニュースで取り上げられた動画も見れたのですが、そちらは期間限定だったようで…。

連絡が遅くなり、申し訳ありません。
どちらも、個人的に録画したものがありますので、もしご覧になりたいとおっしゃられるのであれば、お送りさせていただきます。

失礼します。

投稿: Nべ | 2007.01.27 00:05

JIROさん、何かしていないと気分が切り替わらない、というのも正直言って大きかったのですが、
1)大阪消防音楽隊の話はとても重要なので取り上げたい
2)自分自身、日々の目先に追われる生き方はしたくないので、いまの自分のありのままは記録しておき、かつは心が透き通りような思いがしたタイミングで音楽には戻って行きたい
という、大きいふたつの気持ちから、綴り続けています。
無理まではしていないつもりですが、気が張っているのか、長ーい記事になりがちで。
みそ汁を作る時入れる出汁がなかった話を綴ったら、お隣の方が読んでいらして、さっそく出汁を届けて下さいました (^^;

人とは対話をし続けるべきなんでしょうね〜。

ハラハラさせてしまって済みません。
かつ、本当にありがとうございます。

投稿: ken | 2007.01.13 23:40

Kenさん、こんにちは。

さぞや、心身共に消耗されておられると思います。

こんな時に、ご無理をなさらなくても、と、本来ならば申し上げるところですが、

音楽隊存続の為の署名は、音楽をなにより愛しておられるKenさんにとって、

むしろ何もなさらない方がお辛いのですね。

有難く、ご好意を、音楽隊の方々もお受けになると思います。
_____________________________

モーツァルトの17歳のミサですか。

モーツァルトは、最初から完成した天才なので、作風に変化が無いように言われがちですが、

やはり、違うのですよね。

器楽では、ヴァイオリン協奏曲の3番、4番、5番を聴いていると、

晩年のピアノコンチェルトとはやはり、違っていて、何というか、

モーツァルトの「青春の生命の輝き」がほとばしっているように思います。

____________________________

ミサ曲、ブログにお書きになるのは楽しみですが、

決してご無理をなさいませんように。お願いしますよ。

投稿: JIRO | 2007.01.13 23:10

さざ波さま、こんばんは。いつもありがとうございます。

さざ波様が大阪にお住まいになったことがおありとは、存じませんでした。

署名へのご協力、誠に有難く、御礼申し上げます。

>大阪で働き、大阪で住んでいたこともあり、他人事とは思えません。消防音楽隊は、市
>民にとってホントに身近な存在なのです。チケットも買えない子供の頃、この演奏を聴
>くのが楽しみでした。世の中にこんなに心躍らされるモノが有るのかと、目も耳も心も
>全開で聴いていました。

このお言葉、大阪市議会議員や大阪市長に読ませてやりたいですね。
彼らは、多分、こういう体験がないので音楽隊を「費用」という観点でのみ、評価するのでしょう。

そして、まさにおっしゃるとおりで、演奏会のチケットも買えない子どもや大人でも、プロの演奏家によって
演奏される音楽を楽しむことが出来る、ということは、

世の人々が考える以上に大切なことだと思います。

音楽を聴くのに際し、常にベルリン・フィルやウィーン・フィルである必要は全く、ありません。

私がロンドンにいた頃の事ですが、ある夏の金曜日の午後に、バッキンガム宮殿近くの公園で、
近衛兵音楽隊のコンサートが行われていました。

特にその日に行われたのではなく、毎週の恒例行事です。

この演奏を人々が、爽やかなそよ風の中、思い思いの格好で、気楽に音楽を楽しみ、
音楽隊は、一曲、演奏が終わる度に、やんやの喝采を浴びていました。

何という美しい、光景だろうと思いました。

英国の全てが日本より優れているわけでは、勿論ありませんが、

こういうことが「当たり前のこと」として、続いているのは、

流石、「老舗」の国だな、と羨ましく思いました。

投稿: JIRO | 2007.01.13 22:56

あつし様、こんにちは。本年もよろしく御願い申し上げます。

最初のコメントを頂いた際に、新年のご挨拶もせず、

次のブログの本文に、いきなりあつしさんのコメントを紹介させていただき、

本来、大変失礼なことを致しました。申し訳ありません。

ご理解と署名へのご協力に感謝致します。


「政務調査費」の稿では、あつしさんの的確なご指摘のとおりで、こんな事が全国で行われているのに、

抗議もせずに住民税を納め続ける納税者にも問題があるように思いますが、

まずは、血税を私費に流用する議員が悪いのであって、これは、もっと追及するべきですね。

「さくらちゃん」は無事に手術が成功して本当に良かったと思います。

仰るとおり、国内法が改正されてドナーの年齢制限が撤廃されれば、海外へ行く必要はなくなります。

移植が可能になるのを待つ、ということは、誰かが脳死状態になることを待っているわけで、

そこが何とも、レシピエントや家族の辛いところだと思いますが、これは移植の宿命です。

募金活動をするほどの資金を集め、外国のドナーから臓器提供を受けるよりは良いと思います。

投稿: JIRO | 2007.01.13 22:34

JIROさん
先般はいろいろとお支えいただき、心から感謝しております。

遅ればせですが、私の家族の署名代筆をお願いするメールを送りました。
署名で何とかなるものならいいのですが、署名は結局無視されるのが常ではないか、との不安もあります。
それでも、人の心を金を理由に踏みにじる行為は絶対にあってはならない。

追伸)
諸事落ち着きません。だからこそ、モーツァルト関係をぼちぼち再開し、メモをとり始めました。携帯オーディオも今度の騒ぎで行方不明なので、電車でひたすらスコアを読んでいます。不思議なことに、響きがよく聞こえてくるように感じています。今読んでいるのは17歳のときのミサ曲です。音は確認していませんが、楽譜から伝わってくる音色は、バロック時代の宗教曲の格式まで備えた、素晴らしい作品です。近々ブログにつづりますね。

投稿: ken | 2007.01.11 15:08

JIROさま こんばんは。

大阪で働き、大阪で住んでいたこともあり、他人事とは思えません。消防音楽隊は、市民にとってホントに身近な存在なのです。チケットも買えない子供の頃、この演奏を聴くのが楽しみでした。世の中にこんなに心躍らされるモノが有るのかと、目も耳も心も全開で聴いていました。大阪市は、何を考えているのでしょう。

署名用紙の欄が出なかったので、出して貰うよう頼みました。署名して貰うには、一人でも多くの人達に、今の事態を正しく認識してもらう必要があります。その点、JIROさんの記事は、絶大な説得力が有ります。大阪の友人達に、「独断的」を読んで且つ広めてくれるようメールしました。署名配布サイトにも、関係者に広めて下さるようメールでお願いしました。

廃止など「 んな、アホな!」と絶句です。
存続が決まり、野外音楽堂でも作ってくれるといいのですが・・・

投稿: さざ波 | 2007.01.09 19:42

JIRO様 遅ればせながら、今年もよろしくお願いします。

大阪市消防音楽隊の存続署名、代理署名のメールを送らせていただきました。
ただ私、大阪市在住じゃないので、署名する権利がないかも知れませんが、
存続を願う心意気だけでもお伝えしたくて、代理署名のメールをした次第です。

「費用対効果」を理由に音楽隊を無くすのであれば、それよりも真っ先に「市議の政務調査費」を
無くすべきだと思います。「市議の政務調査費」ほど「費用対効果」の上がらないものはないでしょう。
我々民間の感覚から言えば、仕事で使った費用は使った実費だけを支給する。その使った額を証明するのは領収証。
そんなの当たり前のことだと思うのですが、議員さんたちは違うみたいですね。

投稿: あつし@終業 | 2007.01.09 17:13

あ~ぐーさん、こんばんは。

どうも、ぼんやりしていてすみません。もっと早く書けば良かったんですが・・。

喜んで頂けて幸いです。どうぞ、いつでもお越し下さい。

>518万円なんて、私達の年収の2倍ですよー!

そうなのですか?ひどすぎる・・・・。
他は、どうなんでしょう?警察(都道府県によって違うんでしょうけど・・)や

陸海空自衛隊の各音楽隊も、同じ程度なのでしょうか。

東京都もこれは、オケですがご存知の通り、石原慎太郎のバカが都響のメンバーに「能力給」を導入しましたが、

都の人事部だか、人事課だかの、音楽に素人の役人が音楽家の「能力」を査定できるはずもありませんし、

音符の数で給料に差を付けたら、常に第一バイオリンが一番高くて、パーカッションのティンパニ以外の人が一番低くて、

しかも、ものすごい差になるでしょう。

話が逸れましたが、

>この部分を引用させて頂いてもいいでしょうか。あまり議員に火をつけるななどと言われそうですが(-_-;)

どうぞ。こんなものでよければ、お使い下さい。

なお、今のところ、この記事のことをお伝えした、音楽隊の方は、Nべさん、あ~ぐーさん、サッチモさんですが、

他の方もご覧頂ければ幸いです。

それから、Nべさんがコメントに書いておられますが、10日以降も署名を受け付けるとのことです。

投稿: JIRO | 2007.01.09 03:11

早速記事にして下さって本当にありがとうございます!!
この部分、素晴らしく説得力がある気がします ↓
「消防音楽隊の年間コスト、1億8千万を大阪市の議員定足数、89で割ると、202万2471円。
1人当たり年間政務調査費、720万円から差し引いても、まだ、1人当たり年間518万円の政務調査費を受け取ることができる。」
素晴らしい!そうですよそうですよー!
518万円なんて、私達の年収の2倍ですよー!

すみません、ついこのコメント欄で大暴れしてしまいそうです。
この部分を引用させて頂いてもいいでしょうか。あまり議員に火をつけるななどと言われそうですが(-_-;)

署名を送って下さった皆様、ご協力本当にありがとうございます。
あと少しの期間ですが、私達も頑張ります。

投稿: あ~ぐー | 2007.01.09 02:14

Nべさん、こんばんは。
何故もっと早く記事にしなかったのか、
自分の頭のアホさ加減にあきれてます。

お礼などとんでもないです。
署名が集まるといいのですが。

あ、それから、バボラークのホルンによる、無伴奏チェロ組曲を早速聴きました。

確かにおっしゃるとおり。信じがたい。
何という完璧なコントロール。安定したトーン。
テクニックの誇示にならない音楽性。

ベルリンフィル首席ホルン奏者ってのは、ああいう人がなるんですねえ・・。

投稿: JIRO | 2007.01.09 02:13

アッテンボローさん、
お久しぶりです!
早速のご協力に(私が書くのも何ですが)、
心より御礼申し上げます。

投稿: JIRO | 2007.01.09 02:07

JIRO様

ありがとうございます。こんなに詳しく記事にしていただけるとは…。
 
感謝の言葉もありません。
 
 
 
また、締め切りなんですが、締切日が過ぎても受け付けるという話を聞いております。

どうぞ締め切りを気にせず、お願いします(笑)。

投稿: Nべ | 2007.01.09 00:33

 ご無沙汰しています。早速代理署名のメールを送らせていただきました。

投稿: アッテンボロー | 2007.01.08 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/13386629

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪市消防音楽隊が経費削減の為、廃止されかけている。議員の政務調査費を減らしたらどうですか?/【変更】署名受付延長:

» 武藤亜澄さん(20)バラバラ殺人事件  〜報道の嘘 [武藤亜澄さん(20)バラバラ殺人事件  〜報道の嘘]
武藤亜澄さん(20)バラバラ殺人事件  〜報道の嘘 [続きを読む]

受信: 2007.01.08 13:38

» 撤去相次ぐ郵貯ATM [アッテンボローの雑記帳]
 TBSの動画ニュースで郵貯ATMが地方で相次いで撤去されていることが報じられて [続きを読む]

受信: 2007.01.08 23:25

« 赤坂議員宿舎建設費に334億円使い、自衛隊の派遣も延長を閣議決定し、生活保護予算を400億円削減することを決めた政府。 | トップページ | 安倍政権の方向性、「分からない」7割…有識者アンケート (読売新聞)」←あれほどはっきり言っているのに「分らない」? »