« 受験シーズンですね。"Cry now.Play later."(今、泣いて、あとで弾け)と言ったバイオリン教師がいます。/アルビノーニ:トランペット協奏曲 | トップページ | トランペット協奏曲CDの金字塔 「トランペット協奏曲集」モーリスアンドレ、カラヤン指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 »

2007.02.11

「いじめ自殺 生徒の母が名前、写真公表」←被害者ではなく、加害者の名前と顔を公表しろ。

◆記事:いじめ自殺 生徒の母が名前、写真公表 都内のシンポで

いじめを苦に我が子が自殺した親らが集うシンポジウム「生まれてきてくれた命たちへ」が10日、東京都内で開かれた。

各遺族が体験談を語る中、昨年10月に起きた福岡県筑前町立三輪中のいじめ自殺事件の当事者、森美加さん(36)も登壇。

亡くなった長男啓祐(けいすけ)君(当時13歳、中2)の名前と写真を初めて公開し、

「息子が残したメッセージを多くの人に伝え、笑顔の絶えない社会をつくりたい」と涙ながらに語った。

いじめのない社会を目指すNPO法人「ジェントルハートプロジェクト」(川崎市)などが各遺族らに呼びかけて開いた。

森さんは、啓祐君も気に入っていたという小学校卒業アルバムの写真パネルを横に、「当初は息子の名前を明らかにすることはためらいがあった」と説明。

だが、中学進学を控えた二男(12)が「啓兄ちゃんは悪いことをしてない。

だから僕は胸を張って中学校に行くよ」と語るのを聞き、夫順二さん(40)と相談し公表を決めた。(後略)

(続きはhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070211-00000004-maip-sociで)


◆コメント:被害者の名前が公表されるなら、加害者の名前と顔を公表すべきだ。

記事に登場する女性はは読んで分かるとおり、「いじめ自殺」が急に騒がれ始めるきっかけとなった、

昨年10月11日に自殺した、福岡県筑前町立三輪中の生徒のお母さんである。

どうして、被害者の実名を、親が「勇気を振り絞って」公表しなければならず、一方、加害者の名前は公表されないのだ?

どう考えても、順番が逆だろう。


◆コメント:いじめは犯罪だ、という社会的認識を確立しないから、いつまでも(対応が)曖昧なのだ。

私は、いじめに関してはっきりとした意見を持っている。

それは、

「まず、いじめる奴が悪く、いじめた人間は罰せられるべきだ」

ということである。

新聞・雑誌・テレビが、特に昨年から「いじめ対策特集」「いじめを考える」の類を数え切れないほど組んでいるが、どれも甘い。

そもそも「いじめをなくそう」という表現が、認識の誤りを端的に示している。

「いじめ」は自然に起きるものではない。

過失でもない。「火の元に用心して火事を防ごう」とは訳が違う。


「いじめは」加害者が、「悪い」と知っていながら、なお、故意に能動的に実行する行為であり、

その行為は、暴行罪、傷害罪、名誉毀損罪、侮辱罪、窃盗罪、器物損壊罪など多くの犯罪の構成要件に該当する。

犯罪とは、「構成要件に該当する、違法、有責な、行為」である。」

現行法上、未成年者は責任能力が無いとみなされ(実際にはそんなことはないのは、経験則から明らかである)、

そのため、有責性がない(責任能力がない)と見なされるので、「犯罪」ではないのだ。

それに加えて少年法で特別に保護されている。だから、刑務所に行かないで済んでいるだけだ。

「悪いことを悪い」と認識して実行に移したものは、ガキであろうが刑罰を加えるべきである。

人ひとりを自殺にまで追い込んだということは、永遠に取り返しの付かない悪業である。

それだけのことをしてしまったのだから、加害者は一生その罪を背負うべきである。


◆コメント:いじめられる側が悪いという論理のあやまり。

多くの加害者や、親は

「被害者がウジウジ、めそめそしているから、イジメられる隙をあたえるのだ」

という。こういう言動を日本語で「盗人猛々しい(ぬすっと たけだけしい)」という

(意味の分からない人は辞書をひいてください)。

要するに、こいつは何か気にくわないとか、いじめたら面白そうだ、などの、

「情緒的動機」がイジメを開始するきっかけとなることが多いが、これは何の言い訳にもならない。



この世の中は、誰のために存在するのでもない。貴方のために、或いは私の為に存在するのでもない。

従って、世の中には自分にとってムシの好かない人間が「いるのが当たり前」なのだ。

貴方や私自身も誰かから、「顔を見るのも嫌な奴」と思われているかも知れぬ。

お互い様だ。そんなことを云っても仕方がない。

その感情を理性で制御して人間社会は成り立っている。

制御できるようになるのが大人になる、ということだ(その意味で最近は発育不全の「大人」が多いようだが)。


とにかく。

イジメをする奴は、この、誰もがしている我慢が出来ない人間だ。

理性より感情(というか殆ど本能)が勝った幼稚な生物なのだ。


◆コメント:「悪い奴を懲らしめる」ことも許されない。

ある人間が悪いことをしているのでこれを懲らしめるためにイジメた。という「イジメの正当化」もよく見かける。


社会科の教科書をもう一度読んで下さい。

近代社会の法治国家では、「自力救済」を禁じている。


何かをされても、正当防衛以外、自分で「仕返し」をしてはならぬ。

また犯罪行為を現行犯で逮捕することは刑事訴訟法上認められているが、これを如何に罰するかを決めるのは司法権の仕事だ。

個人(又はその集団)が私的制裁(リンチ)を加えることは、我が日本国の法律では許されていない。


「イジメ」において、被害者に何らかの原因があったとしても、

「イジメ」は、まず、加害者が悪い、というのは、以上の理由による。

【読者の皆様にお願い】

この記事を読んで、お気に召した場合、エンピツの投票ボタンを押していただけると幸甚です。

画面右下にボタンがあります

|

« 受験シーズンですね。"Cry now.Play later."(今、泣いて、あとで弾け)と言ったバイオリン教師がいます。/アルビノーニ:トランペット協奏曲 | トップページ | トランペット協奏曲CDの金字塔 「トランペット協奏曲集」モーリスアンドレ、カラヤン指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 »

ニュース」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/13867184

この記事へのトラックバック一覧です: 「いじめ自殺 生徒の母が名前、写真公表」←被害者ではなく、加害者の名前と顔を公表しろ。:

» 「いじめられる側にも原因がある」…この言葉がある限りいじめはなくなりません [skarloeyのお役立ちブログ(酒、旅、フェレット、医療など何でもアリ)]
テレビで学生生徒同士がいじめについて語るときに常套句として出てくる、「いじめられる側にも原因がある」という言葉。今回はこの言葉について考えます。自分も中学生ぐらいまでの間いじめられていましたが、やっぱりこの言葉を言われました。そのときは「うん、自分も悪...... [続きを読む]

受信: 2007.03.05 02:22

« 受験シーズンですね。"Cry now.Play later."(今、泣いて、あとで弾け)と言ったバイオリン教師がいます。/アルビノーニ:トランペット協奏曲 | トップページ | トランペット協奏曲CDの金字塔 「トランペット協奏曲集」モーリスアンドレ、カラヤン指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 »