« 3月13日はメンデルスゾーンの「ヴァイオリン協奏曲」が初演された日。第一楽章全部聴いて下さい。 | トップページ | 「堀江被告人に実刑」というが、検察にとって、本当はホリエモンなんか「雑魚(ザコ)」なんですね。「悪い奴ほどよく眠る。」 »

2007.03.16

「東証、不正企業に過怠金方針…上場維持と廃止の中間」・・・罰金払えば粉飾OKですか?

◆記事:東証、不正企業に過怠金方針…上場維持と廃止の中間

東京証券取引所は15日、有価証券報告書の虚偽記載など、不正が発覚した上場企業に対して、

上場廃止と上場維持の中間の処分として過怠金制度の創設を検討する方針を明らかにした。

外部の意見を聴取した上で、月内にも結論を出す。早ければ2008年中にも導入される見通しだ。


東証の西室泰三社長が同日、自民党の金融調査会などで「東証として、過怠金制度の創設を検討する」と述べた。

上場維持が決まった日興コーディアルグループは、東証から実効性のあるペナルティーを受けず、制度の不備が指摘されていた。

このため、東証は上場廃止にならないケースについても機動的に過怠金を科し、投資家保護と市場の秩序維持を図りたい考えだ。

3月16日3時6分配信 読売新聞


◆コメント:甘い。

株式市場に株式を上場している会社が、有価証券報告書に虚偽の表示をしていた。故意に、である。



例えば 、東証一部上場企業が一流会社と見なされるのは、

財務状況(ストック)、収益の推移(フロー)など、厳しい上場基準を満たし、

まず、絶対に潰れない。すくなくともインチキをして赤字決算を黒字だと報告

(内閣総理大臣に対して報告するのである)するなどということは、気でも狂わない限りやらない、

と考えられていたからである。



今回は、粉飾決算をしていた日興コーディアルを上場廃止にしなかっただけでも問題なのに、

新しく「罰金制度」を儲けるという。

そんなものは、要らない。駐車違反ではないのだ。

これでは、まるで「『過怠金』という罰金を払えば、粉飾・虚偽表示も可」と国家が不正を認めているようだ。



マーケットというのは、ルールを守らないとダメなのだ。

経営者だけじゃなくて、従業員や投資家までひどい目に遭う。



アメリカで、ワールドコムという通信会社があった。

株価がどんどんあがり、最高経営責任者(CEO=Chief Executive Officer)のエバーズというオッサンは自社株を保有して巨万の富を得た。

しかし、2000年前後から、通信産業にかげりが見え始め、ワールドコムの収益は悪化した。

決算が悪いと株は売られる。エバーズのオッサンはあせった。

そして、最悪の手段、つまり粉飾決算により、ワールドコムの儲けを実際より多く公表した。




時間の問題で全てがバレた。ワールドコムは破綻した。

米国の司法当局は63歳のエバーズに「禁錮25年」の実刑を言い渡した(日本の証取法の最高刑は5年)。

ウソの帳簿を付けたがために、エバーズのオッサンは、余生を惨めにも刑務所で過ごすことになったのである。



日本では、罰金で済むそうだ。

罰金で不正を抑止しようとするなら、金額を莫大なものにしないと意味がない。

たとえば、前会計年度の経常利益100%とか。ヘタしたら、潰れるというぐらいの額でなければ、効果がない。



15日、参議院に参考人招致された東証の西室社長は、

「(日興の上場維持を決めたのは)厳しい判断だった」といいながら、

弁護士など法律の専門家の意見は全く聞かず、自分で決めたことを強調していた。

何の自慢にもならない。だからああいうアホな結論になる。



安倍首相は日興は既に終わった話と見なしている様子で、ニコニコしたという。こいつもバカに相違ない。

16日には、同じく粉飾決算のホリエモンに判決が下る。期待しないで見ていよう。

【読者の皆様にお願い】

この記事を読んで、お気に召した場合、エンピツの投票ボタンを押していただけると幸甚です。

画面右下にボタンがあります

|

« 3月13日はメンデルスゾーンの「ヴァイオリン協奏曲」が初演された日。第一楽章全部聴いて下さい。 | トップページ | 「堀江被告人に実刑」というが、検察にとって、本当はホリエモンなんか「雑魚(ザコ)」なんですね。「悪い奴ほどよく眠る。」 »

ニュース」カテゴリの記事

マスコミ批評」カテゴリの記事

安倍政権批判」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あつしさん、こんばんは。いつもコメントをありがとうございます。

返事が遅くなって失礼しました。

ライブドアが上場廃止で、日興が上場維持はどう考えても、「法の下の平等」に反しますね。

あつしさんが「合点がいかない」とおっしゃるのも当然です。

しかし、この国に限らず、やはりこういうことはあるんですよねぇ・・。

奇しくも(くしくも)、先週の金曜日に「日刊ゲンダイ」に載った記事が、

やっぱりあった!?日興 上場維持政界工作 (ゲンダイネット)
http://news.www.infoseek.co.jp/gendainet/society/story/19gendainet02031079/

で読めます。

普通、ニュース検索というと、Yahoo!ニュースをつかいますが、

あそこは、朝日、共同通信、日経の記事がカバーできていません。

インフォシークニュースは、共同通信、本来金融のプロ用のニュース配信会社、ブルームバーグ、

そして、夕刊フジ、日刊ゲンダイの記事(他にもありますが)の記事を読めるのが、便利です。

夕刊フジとか日刊ゲンダイなど、信頼性が薄い感じがします(実際、いい加減な記事の事もあります)が、

全国紙の記者が書きたくても書けなかった記事を洩らしたりしていることがありますので、

あながちバカには出来ません。

なお、日経のその日の記事は NIKKEI NET で検索してもダメでして、

メタニュース検索エンジン、

CEEK.JP NEWS - 最新ニュースヘッドライン
http://news.ceek.jp/

が便利です。

余計なことまで書きましたが、ご参考になれば、と思いまして。

投稿: JIRO | 2007.03.20 19:54

JIROさま こんにちは

この日興コーディアルグループの上場継続は、株式市場素人の私でさえおかしいと思います。
あのホリエモンのライブドアでさえ粉飾決算で上場廃止になったのに、もっと規模の大きい事を
しでかした日興が上場廃止にならないのは、どう考えても合点がいきません。
これでは日本の株式市場にはルールなんてないも同然ですし、こんな危なっかしい市場では
投資家も安心できませんから、資金を引き揚げられかねないと思うのですが。
特に外国の投資家は、こういう事はシビアに見ているのではないでしょうか。

また市場への影響から言えば日興の方が格段に大きいのに、捜査の規模やマスコミの報道も
ホリエモンの時とはえらい違いで、静かですよね。何か裏があるのかな?

あっ、それとホリエモン、2年6ヶ月の実刑判決がくだりましたね。

投稿: あつし | 2007.03.16 17:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/14277890

この記事へのトラックバック一覧です: 「東証、不正企業に過怠金方針…上場維持と廃止の中間」・・・罰金払えば粉飾OKですか?:

» 不正企業・・・それほど多いんですね。 [ニュースな出来事]
有価証券報告書の偽造記載等、不正が発覚した上場企業に対して、 過怠金制度の創設を検討することが、東京証券取引所が 明らかにしました。 これは、上場廃止と上場維持の中間の処分としてのことなのだそうです。 今回、日興コーディアルの件のように、上場廃止が免れて 何のペナルティーもないのはおかしいとの声から、考えられた策 なのだとか。 すぐに廃止するのも、投資家に迷惑をかけるし、かといって、 何もしないと�... [続きを読む]

受信: 2007.03.17 22:49

« 3月13日はメンデルスゾーンの「ヴァイオリン協奏曲」が初演された日。第一楽章全部聴いて下さい。 | トップページ | 「堀江被告人に実刑」というが、検察にとって、本当はホリエモンなんか「雑魚(ザコ)」なんですね。「悪い奴ほどよく眠る。」 »