« 「<赤坂議員宿舎>3分の1以上も空室 格安批判で敬遠」←国会議員の給料132万円。プラス毎月「文書通信交通費」100万円。 | トップページ | 「ハイドンはあらゆる作曲家の中で、最も難しい」(故・岩城宏之氏)←今日(3月31日)がハイドンの誕生日。 »

2007.03.31

「護衛艦「しらね」2等海曹、イージス艦情報持ち出す」←この自衛官は中国か北朝鮮のスパイか?

◆記事:護衛艦「しらね」2等海曹、イージス艦情報持ち出す

海上自衛隊第1護衛隊群(神奈川県横須賀市)の護衛艦「しらね」乗組員の2等海曹(33)が護衛艦情報などを持ち出した事件で、

情報の中にイージス艦に関する記録が含まれていたことが30日、わかった。

性能などにかかわる内容とみられる。日米相互防衛援助協定に基づいて米国から供与された武器の性能などは、

防衛省が指定する秘密情報の中でも、最も秘匿性の高い「特別防衛秘密」に該当する。

外部に漏えいすれば、同協定に伴う秘密保護法に抵触する可能性もあり、捜査当局で慎重に情報の分析を進めている。

捜査当局などによると、今年1月、神奈川県警が2等海曹の中国人の妻に対する入管難民法違反容疑(不法残留)で、

横須賀市内の自宅を捜索した際、護衛艦のレーダーのデータなどが入ったフロッピーディスクのほか、容量の大きいハードディスクが押収された。

(3月30日15時42分配信 読売新聞)


◆コメント:自衛隊の情報管理能力は民間企業より低い。

自衛隊=防衛省は、国家の防衛を任務とする役所であり、その情報は国家機密の最たるものだから、絶対に洩れてはならない。

ところが、実際は、今までに一体何度洩れたことか。どうしてこんな役所を庁から省へ「格上げ」したのか。


今までは、ウィニーを通じて誤って、情報が外部に流れてしまったのだが(それでもとんでもない話だ)、

今回、更に言語道断なのは、国防の最高機密を、「故意に」持ち出した自衛官がいる、ということである。

防衛省、自衛隊には情報管理責任者、システム管理の専門家、コンプライアンス(法令遵守)オフィサーがいないのか?

ただごとではない。誰がどのように責任を取るのだ。



記事には書いていないが、2等海曹(33)は持ち出した情報を一体何に使ったのか。


◆要するに自衛隊にスパイがいるということですね?

いきなり突拍子もないことを書くけれども、新聞記事を読んでも、肝心なことが書いていないので、余計に怪しい。

分からないときは、最悪の事態を想定するのが危機管理の常識である。

そして、私がスパイだと思ったのは、過去に次のような事件が現実にあったからだ。

◆記事:海自:1曹が情報持ち出し、上海へ無断渡航8回--上対馬警備所

海上自衛隊上対馬警備所(長崎県対馬市)の1等海曹(45)が無届けで海外渡航を繰り返し、

佐世保地方総監部から停職10日の懲戒処分を受けていたことが分かった。

訪問先は中国・上海で、04年5月に自殺に追い込まれた在上海日本総領事館員が交際していた

中国人女性と知り合ったカラオケ店で別の女性から接客を受けるなどしていた。

防衛庁海上幕僚監部によると、1曹は上対馬警備所の警備員だった05年1月~今年3月、計8回にわたり上海に渡航した。

いずれも無届けだったため、佐世保地方総監部は先月、職務上の注意義務違反に当たるとして処分・公表したが、

問題のカラオケ店を訪れていた事実は伏せていた。

また、1曹は今年2月、警備所のパソコンにあった他国の艦船や潜水艦の写真データを

コンパクトディスク(CD)に焼き付け敷地内の自宅官舎に持ち帰った。

自衛隊法で持ち出しを禁じた「機密」「極秘」「秘」のいずれにも当たらないが内規に抵触する「識別参考資料」だったため6月13日に口頭注意した。

国家公務員法上の懲戒処分ではないため公表しなかったという。

1曹は内部調査に「女性から情報を求められたことはない。データ持ち帰りは勉強のため」と説明。

海自は漏えいはなかったと判断。佐世保地方総監部は

「1曹は船舶監視が任務で秘密情報に触れられる立場にはない。

コピーした資料も世界の軍艦の写真などが大半で市販のガイドブックにも載っているような内容だった」

と説明している。(毎日新聞 2006.08.02)

これを読んで「スパイではない」と云う人は相当おめでたい。

この1等海曹はまんまと中国の色仕掛けに引っかかって、自衛隊の情報を持ち出したのである。

自衛隊は「大した情報ではない」と云っているが、そりゃ、言い繕っているだけでしょう。

市販のガイドブックに載っているような情報なら、中国だってこのような手段は使わなくても入手出来る。



それは、さておき、繰り返すが、今回、持ち出された情報がどうなったのか。

最後まで書いていないところを見ると、中国か北朝鮮か知らないが、

先に書いたとおり、外国に洩れたという最悪の事態を想定せざるを得ない。


◆日本はイージス艦を4隻もっているが、一隻建造するために1,300億円を費やしている。

イージス艦とは、世界でもアメリカ、日本ほか数カ国しか持っていない、世界最高峰の防空システムを持った船である。

レーダーがカバーする範囲は数百キロに及び、抜群の情報収集能力と、一度にミサイルが10発飛んできても

一度に対処できる(打ち落とせる)というすごい性能を持った艦である。

だから、4隻で、日本中を監視出来るのである。



その最も大事な国防の要、一隻建造するだけで1,300億円かかるフネの情報が外国に洩れてしまったとしたら、

内閣総辞職に相当するとんでもない不祥事だ。最低でも防衛大臣は辞任するべきだ。

我々の納めた税金、5,200億円をドブに捨てたようなものだからである。

全国紙は、政府機関紙か?なぜ、事の重大さをもっと強調しないのか?

本件は、内閣総理大臣が直接国民に説明しなければならないほどの重大事なのである。

【読者の皆様にお願い】

この記事を読んで、お気に召した場合、エンピツの投票ボタンを押していただけると幸甚です。

画面右下にボタンがあります

|

« 「<赤坂議員宿舎>3分の1以上も空室 格安批判で敬遠」←国会議員の給料132万円。プラス毎月「文書通信交通費」100万円。 | トップページ | 「ハイドンはあらゆる作曲家の中で、最も難しい」(故・岩城宏之氏)←今日(3月31日)がハイドンの誕生日。 »

ニュース」カテゴリの記事

マスコミ批評」カテゴリの記事

安倍政権批判」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんばんは いつもつたないコメントですみません。JIROさんの時事問題に対する提言に対して共感すること
が多く、ついしゃしゃり出てきます。決して荒らしなんかではないことをご理解下さい。

今日のこのイージス艦情報の漏洩事件に対しても、こんな重大な事件に関してマスコミが大きく取り上げないの
が不思議でなりません。政府との間に何かあると疑ってしまいます。
以前、私物のパソコンから暗号情報も含む重要な機密情報が漏れた事件があり、その情報漏洩対策の一環として
DELL社に5万6000台以上のパソコンを発注とありましたが、結局この投資も情報漏洩に関しては何の役に
も立ってはいなかったということで、数十億円の投資が無駄になりました。これがわたくしの会社であれば
とっくに社長交代です。
あと思ったのですが、盗み出したのが二等海曹だと言うことです。このイージス艦の情報などは最高軍事機密に
属すると思うのですが、たとえイージス情報の担当者でも二等海曹という下士官がチェック無しにアクセスでき
たことです。これだけの軍事機密であれば、アクセスするには何らかのチェック機能が働くと思うのですが、下
士官の立場でチェック無しに持ち出せたのですから、機密情報も機密じゃないですよね。
国を守るには軍事機密の管理が最重要になると思うのですが、その機密情報の管理もまともにできない防衛省に、
省としての権限を持たすべきではないと思います。国が危機に瀕します。アメリカ軍もこんな情報管理のずさん
な軍隊と軍事行動を共にするのはイヤでしょうね。自分たちが危機に陥りますから。(あ、わたくし集団的自衛
権と個別的自衛権の違いは、JIROさんの解説で理解しているつもりなので誤解なきよう)
あともう一つ気がかりなのは、現役の自衛官がスパイ行為を働いたことです。日本はスパイ天国と言われても仕方ないでしょう。
軍事機密やら、民間の技術(最近、デンソーの技術漏洩事件がありました)がいとも簡単に盗まれるのですから。
何というか情けなくなります。

投稿: あつし | 2007.03.31 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/14464669

この記事へのトラックバック一覧です: 「護衛艦「しらね」2等海曹、イージス艦情報持ち出す」←この自衛官は中国か北朝鮮のスパイか?:

« 「<赤坂議員宿舎>3分の1以上も空室 格安批判で敬遠」←国会議員の給料132万円。プラス毎月「文書通信交通費」100万円。 | トップページ | 「ハイドンはあらゆる作曲家の中で、最も難しい」(故・岩城宏之氏)←今日(3月31日)がハイドンの誕生日。 »