« 「がっかり、怒り覚えた」=落胆隠せぬ向井さん夫妻-最高裁決定受け・代理出産←欲の深い人ですなあ。 | トップページ | 日記を書き始めて、今日(15日)で満五年になります。ご愛読ありがとうございます。 »

2007.04.14

「国民投票、早くて4年後=有効投票の過半数で改憲」←「改憲の手続きを決めるだけ」といっていますけどね・・・・。

◆記事:国民投票、早くて4年後=有効投票の過半数で改憲

国民投票法案が今国会で成立しても、施行は「公布から3年後」と定められている。

さらに憲法改正案の審議や周知などに1年程度かかるため、国民投票の実施は2011年の秋以降となる。

国民投票法案のうち国会法にかかわる部分は先行して施行され、秋に予定される臨時国会から衆参両院に憲法審査会が常設される。

ただ、国民投票法施行までは改憲案の審議や提出は禁じられており、この間は改憲に関する調査を行う。

改憲原案は衆院なら100人以上、参院なら50人以上の賛成者を集めて国会提出する。

憲法審査会で過半数、本会議で3分の2以上の賛成が衆参両院で得られれば、国会が改憲を発議する。


◆コメント:確かに実際は無理だと思いますが、法案自体がけしからんのです。

国民投票法案、憲法改正の手続きを定める法案。

こんな大事な法案を強硬採決するということは、議会制民主主義ではないな。日本は。

安倍晋三内閣総理大臣の頭の中で「美しい」とはどういう概念なんでしょうね。


◆実際に改憲まで持って行けないと思いますよ。

これは私の予想でしかないけれど、政治評論家みたいな書き方をするならば、

国民投票法案を採決に持っていくだけで、国会は滅茶苦茶に揉めたのです。

時事通信の記事にあるとおり、投票は最も早くて四年後。

一番憲法を変えたがっているのは、御存知安倍晋三内閣総理大臣。

四年後、まだ、安倍さんが総理でしょうかね・・・。


それから、手続き。一体何回採決しないといけないのか。

時事通信のサイトに図が載っていましたので、そのサイトのキャッシュを、

いつものようにウェブ魚拓で保存しました。見て下さい。

http://megalodon.jp/?url=http://www.jiji.com/jc/c%3fg%3dpol_30%26k%3d2007041300614&date=20070413230741

衆参両院の憲法審査会、本会議、両院協議会。勿論いきなり採決なんかできないので、

長い質疑応答があるでしょう。与党がいつまでも絶対安定多数を維持できるかどうかも分かりません。

しかし、そういう「実現可能性」は別の話で、「国民投票法案」自体がペテンみたいな法律です。


◆国民投票法案の問題点。インチキですよ。こんなの。

国民投票法案は、与党は「手続きを決めるだけだから」といってますけどね。

内容に大きな問題があるのです。

同法案では国民投票は「関連する事項ごとの投票」となっている。
たとえば、「自衛権の行使に賛成か反対か?」と来るわけです。

そう訊かれても困るのです。

例えば、私は、常々書いているとおり、

「個別的自衛権の行使は国民の平和的生存権を守る為ならば許されるが、集団的自衛権は絶対に認められない」

と考えていますが、国民投票法案では、「関連した事項をまとめ」てしまうので、

私や、私と同じ考え方をする人は、思想を投票に反映させることが出来ないのです。

与党は、「条文ごとの投票では話が複雑になりすぎて国民がついてこれない」

と説明していますが、これじゃ、ペテンじゃないですか。
「はいはい。分かんない人はね。与党の言う通りに投票すれば、良いからね。」

ということです。国民が付いてこられない状態で憲法を改正するなんてとんでもない。


◆私も、憲法改「正」なら賛成ですよ。

私は憲法改正、即ち「正しく改める」のなら、賛成ですよ。

それはどういうことかというと、戦争放棄を更に厳しくするのです。

今の9条は、甘い。

これは、以前、書いたのですが、思想は同じなので、又載せます。

【JIROの憲法改正草案】(注:憲法9条に追加する)

第9条第3項 (集団的自衛権行使の禁止)

我が国が、他国から、武力による威嚇、また、武力の行使を受けていないとき、日本と軍事同盟関係又は緊密な関係にある他国が、第3国から武力攻撃を受けた際、

または、第3国と戦争状態に陥った際に、これを我が国への武力攻撃と同一視し、或いは我が国が戦争状態に陥ったと見なし、同盟国を支援することを「集団的自衛権」の行使と定義し、

我が国の「集団的自衛権」の行使は、永久にこれを認めない。

なお、「同盟国を支援すること」とは、直接的な武力行使のみならず、

戦争状態の同盟国に対する後方支援、同盟国が第3国を攻撃する際に有利となる軍事的その他の情報の提供をも含む。

第4項(核兵器の製造、保有等の禁止)

我が国が、核兵器を製造・保有すること、核兵器又は、その部品、原料となる物資を製造し、他国に提供すること、

核兵器を保有する同盟国が核兵器を用いて第3国を攻撃する場合の拠点として、我が国領土内の施設利用を許可することは、永久にこれを認めない。

第5項(9条不可侵の原則)本条の各項の変更は、96条(憲法改正の手続き)にかかわらず、永久にこれを認めない。

人間の思考は硬直的でして、憲法9条を改正するといったら99%の人は「戦争放棄」「戦力の不保持」を止める、つまり危ない方向を想像しますが、

このように、逆の発想もあるわけです。


【読者の皆様にお願い】

この記事を読んで、お気に召した場合、エンピツの投票ボタンを押していただけると幸甚です。

画面右下にボタンがあります

|

« 「がっかり、怒り覚えた」=落胆隠せぬ向井さん夫妻-最高裁決定受け・代理出産←欲の深い人ですなあ。 | トップページ | 日記を書き始めて、今日(15日)で満五年になります。ご愛読ありがとうございます。 »

ニュース」カテゴリの記事

安倍政権批判」カテゴリの記事

憲法改正」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

kabumasaさん、コメントをありがとうございます。

全くおっしゃるとおりで、小泉が首相になったのが、100年目ですね。

ちょうど1年前の私のブログにも書いたのですが、
http://jiro-dokudan.cocolog-nifty.com/jiro/2006/04/post_e16e.html

小泉純一郎が書いた(というか、口述ですけど)「コイズム」という本があります。
http://qrl.jp/?255024

この本の中で、小泉純一郎ははっきりと、

>「僕の考え方はどうかというと、憲法のどこを読んでも集団的自衛権が認められるとは
>思えない。憲法の拡大解釈は非常に危険だ、というのが基本的なスタンスだ」


>「僕は自衛隊のPKO派遣のときも反対した。国際協力をダメといっているわけではない。
>むしろ積極的に行うべきだと思うけど、現行の憲法では、自衛隊の海外派遣はどう考え
>ても無理がある。」

と、述べています。

あきれてものが言えません。

投稿: JIRO | 2007.04.22 19:16

JIROさん、こんにちは。コメントなどどうも。
コイズミ・アベらの日本人としての矜持をまったく持っていない
心根の貧しさに哀しみを覚えるだけです。こんなクズらをいまだ
に喝采して支持する国民がいることもそうです。

日本国憲法押しつけ論を基盤とするアベの戦後レジーム観など
まったくの馬鹿の見本。戦後いかに多くの人々の戦争だけは
悪だという信念によって築かれた平和憲法体制がアベなどまったく
理解もできないのでしょう。私もブログで以前から何回も
日本国憲法は世界遺産級と書いているのですが、この憲法の理念ほど
素晴らしいものはありません。憲法はまさしく理想、理念を表明
するものです。それの実現に努力するものなのです。しかし、その
手の理念・理想(美しい国などという曖昧模糊とした恣意的に解釈
できる政治用語としてはもっとも相応しくない言葉を弄ぶアベに
理念などある訳もなし)ではなく、自分たちの都合のいい政治を
もたらす手段に憲法を利用しようとしているのがアベらの売国奴。

JIROさんの改正案は憲法の理想をさらに押し進めるもので、このよ
うな改正こそ改正なのですが、アベ等のやろうとしていることは
改正を通り越しての破壊です。東大生の家庭教師を長年付けても
東大はおろか早慶などにも行けずエスカレーターでしか大学へ行
く能力しかなかったアホのアベですから、日本国憲法をまともに
読んでいることもないでしょうし、世界の憲法の勉強などなおさら
したこともないでしょう。だいたいレジームなどという言葉も
アベ自体はまったく知らなかった言葉でしょう。こんな低劣なクズ
に日本人の英知が詰まった憲法を破壊されるのだけは願い下げです。
なのに、マスゴミの危機感のなさは最悪。そのマスゴミに導かれる
だけの国民があまりに多いのも哀しくなるだけなのですが。

投稿: kabumasa | 2007.04.14 15:14

>今の9条は、甘い。

ここまで言えるとは、拍手!
僕は「9条を世界遺産に」だけでも充分感激していた口なのですから。

もともと自分の内側にしかめが向かないたちなので、大切な法案のことなどに疎いのですが、べつのところでこの法案のことを知ったときには仰天しました。
みんながもっともっと意見を言う権利があるし、議会などというものを超えて、そうした意見のぶつかり合いの場を設ける義務が、立法者にも行政者にも求められて叱るべきかと思います。

投稿: ken | 2007.04.14 10:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/14671498

この記事へのトラックバック一覧です: 「国民投票、早くて4年後=有効投票の過半数で改憲」←「改憲の手続きを決めるだけ」といっていますけどね・・・・。:

» 国民投票法案が衆院を通過。アベの国民皆殺し政策が開始か。 郵政詐欺選挙で自民に絶対多数を与えた馬鹿国民だしどうでもなれ [株で儲けて温泉だ]
アホのアベが売国ジイイの念願だった憲法破壊しか目に入らない かのように日本の平和 [続きを読む]

受信: 2007.04.14 15:15

« 「がっかり、怒り覚えた」=落胆隠せぬ向井さん夫妻-最高裁決定受け・代理出産←欲の深い人ですなあ。 | トップページ | 日記を書き始めて、今日(15日)で満五年になります。ご愛読ありがとうございます。 »