« モーリス・アンドレが私の「移動祝祭日」なのです。 | トップページ | 「家庭訪問で自立支援=ニート対策を強化-再チャレンジ会議」←ニートなど、放っておけ。 »

2007.05.23

「<情報管理>年1回以上の個人面談を定期的に実施 防衛省」「ミサイル防衛情報も流出」←「面談」で情報漏洩を防げるの?

◆記事1:<情報管理>年1回以上の個人面談を定期的に実施 防衛省

防衛省は21日、同省全職員と全自衛隊員を対象にした情報管理に関する個人面談を、年1回以上定期的に実施することを決めた。

自衛隊の内部情報流出が相次いでいることを重視した対応。


今月1日の日米安全保障協議委員会(2プラス2)で合意した「軍事情報に関する一般保全協定」(GSOMIA)の締結に向け、


情報保全強化の姿勢を示す狙いがある。

今年に入り、ファイル交換ソフト「ウィニー」による陸上自衛隊の情報流出や、

海上自衛隊のイージス艦情報持ち出しが発覚した。衝撃を受けた久間章生防衛相が今月中旬、

省内に文書で異例の「定期面談作戦」を指示した。

相次ぐ情報漏えいを受け、米政府には日本政府に対する不信感が生まれており、

そうした空気によってGSOMIA締結合意が浮上した経緯がある。防衛省は定期面談で情報管理の徹底をはかりたい考えだ。

今年の面談は今月中に開始する。職員、隊員に直属の上司らが情報保全を確約させるほか、

他の同僚が不正を行っていないかの聞き取りも行う。

防衛省は昨年2月、海自情報がウィニーを介して流出した際も緊急面談を行ったが、

パソコンの取り扱いなどの簡単な質問だけだったうえ、後に虚偽回答も判明。

このため、面談を定期化するとともに、

久間防衛相が(1)申告をうのみにしない

(2)全人格を傾注して指導する――などを具体的に指示している。

ただ、省内には「虚偽申告の調査には限界がある」(幹部)など、

早くも実効性を疑問視する声も出ている。(5月22日3時4分配信 毎日新聞)


◆記事2:ミサイル防衛情報も流出 イージス漏えい事件

最高レベルの「特別防衛秘密」に該当するイージス艦情報が海上自衛隊内に流出、拡散した事件で、

米国が弾道ミサイル防衛(MD)用に開発した海上配備型迎撃ミサイル(SM3)などの最新の中枢情報も流出していたことが、

21日までの神奈川県警と海自警務隊の捜査で分かった。

米海軍はずさんな情報管理に強い衝撃を受け、海自に厳重抗議。

県警などは、一連の流出は海自のプログラム業務隊(現開発隊群)=神奈川県横須賀市=が作成した資料が持ち出され、

第1術科学校(広島県江田島市)を舞台に学生らに広がったと判断しており、立件に向けて徹底的な捜査を進める。

SM3は年内に海自イージス護衛艦への配備が始まるが、今後の捜査の進展によってはMD体制の構築に大きな影響が出る可能性が出てきた。

(2007年05月22日 2:06 【共同通信】)


◆コメント:防衛省には、「システム管理担当者」や「コンプライアンス(法令遵守)オフィサー」がいないのではないか。

どうも、世の中は事の重大性を良く分かっていないようだ。

日本は、四隻のイージス艦を保有している。一隻を建造するのに要する費用は1,300億円である。

無論、その費用は、私たちが納めた血税で賄われている。

イージス艦は世界でもアメリカ、日本ほか数カ国しか持っていない、世界最高峰の防空システムを持った船である。

レーダーがカバーする範囲は数百キロに及び、抜群の情報収集能力と、一度にミサイルが10発飛んできても

一度に対処できる(打ち落とせる)というすごい性能を持った艦である。だから、4隻で、日本中を監視出来るのである。

つまり、国の「個別的自衛権」の確保の為にも最も重要な、要(かなめ)である。


◆ご丁寧にも、「ミサイル防衛情報」も流出させてしまったのだそうだ。

イージス艦情報漏洩だけでも一大事だが、北朝鮮などが弾道ミサイルを日本を目標として撃ったときに、

これを迎撃するミサイルを作ろうというのが迎撃ミサイルだが、これはまだ開発中の「超極秘情報」のはずだ。

それがいとも簡単に流出してしまった。

イージス艦と迎撃ミサイルの情報がウィニーで流出した、ということは、日本の防衛システムの一番大事な事を

世界中に公開してしまったわけである。一般人が見てもなんのことかわからないだろうが、世界中の軍事・国防関係者は、

あまりのことにあきれかえっているのではないか。

あきれるだけならまだしも、イージス艦情報は、自衛官が「わいせつ写真」の交換をしているときに、それらと一緒に漏れたのである。

はっきり言って、日本は世界中の笑いものになっているに違いない。

「笑いもの」だけではすまない。

イージス艦情報、迎撃ミサイル情報ともに、最も知られてはならぬ北朝鮮や中国にも当然知られてしまった、と考えるべきだ。

極論すれば、現在の日本は殆ど丸腰(武器を持たないこと)でいるのと同じだ。


◆自衛官全員と1年に1回面談すると情報漏洩がなくなるのだそうだ。

この「定期面談作戦」を指示したのは久間防衛相らしい。

何が「作戦」だ。バカ。何をするかと思ったら、

職員、隊員に直属の上司らが情報保全を確約させるほか、他の同僚が不正を行っていないかの聞き取りも行う。

そこで、

「情報を洩らしていないか?」

「洩らしていません」

「洩らしては、いかんぞ?」

「ハイ。洩らしません」

と、1年に1回やると、情報漏洩がなくなるのだそうだ。有難き幸せである。


◆防衛省職員の約束など当てにならん。システムの問題はシステマティックに処理しろ。

今の防衛省がどんなに厳しく「情報管理」を命じても、今までの「実績」から判断すると、このままでは、

自衛官からの情報流出は続くだろう。

こういうことは、システム管理、コンプライアンス(法令遵守)の専門家が対処しないと、ダメだ。

つまり、システム的、物理的に情報漏洩させることが出来ない体制を作るのだ。

大手の民間企業は皆やっている。

ほんの一例を挙げるならば、登録されていない(多くは私物だろう)パソコンが自衛隊のLANに接続出来ないようにする。

役所が支給した(昨年、当時の「防衛庁」は、なんと、職員に私物PCを使用させないため、五万六千台のDellのパソコンを

購入して職員に貸与したはずだ。無論、「税金で」買ったのである)パソコンに、

あらゆる外部記憶装置の接続を排除するソフト(そういうものが現実に、とっくの昔から存在する)をインストールする。

アンチ・ウィルスソフトは当然として、定期的にウィニーがインストールされていないか点検する(たしか、これもソフトがあるはず)。

職員のインターネットへの接続を監視する。外部へのメールは全て検閲する。憲法は検閲を禁じているが、

国を守る使命を担う役所が、あまりにも杜撰な情報管理をしているのだから、例外的に許されるべきだ。

役所のパソコンから、掲示板、ブログ、など、書き込みのできるサイトへのアクセス制限を行う。


◆改憲し、集団的自衛権行使を可能にしてもアメリカから断られるだろうね。

前段で述べたことは、何処の会社でも(民間なら)「常識」だ。

安倍首相は、憲法を改正し、こんな初歩的な対策さえ講じられない自衛隊を「軍隊」(自衛軍)にして、

集団的自衛権行使を可能にし、アメリカが戦争をしたら、「何かお手伝いいたしましょうか」

とやりたくて仕方がないのだが、記事2に書いてあるとおり、先方は今回の情報流出にカンカンである。

「こんな国(日本)と下手に軍事情報を共有したら、いつ、世界中に筒抜けになるか分からん」

というわけだ。

集団的自衛権どころではない。

先に述べたとおり、イージス艦と迎撃ミサイル情報が洩れる、ということは、国民の生命を守る

「個別的自衛権」すら、実質的に行使不可能ではないか。

安倍晋三内閣総理大臣、久間防衛大臣。

あのね、面接している場合じゃないのです。システム管理の専門家を登用してください。

イージス艦4隻建造費、5,200億円もの血税をドブに捨てたも同然ですぞ。

そんな無駄金を使って、他方では社会保障費を切り詰め「障害者自立支援法」をつくり、このため、

障害者を抱える家庭が心中する悲惨な例があることを今週の「週刊現代」が報じている。

安倍さん。貴方の頭の中の「美しさ」とはどういう概念なのかね?



【読者の皆様にお願い】

この記事を読んで、お気に召した場合、エンピツの投票ボタンを押していただけると幸甚です。

画面右下にボタンがあります

|

« モーリス・アンドレが私の「移動祝祭日」なのです。 | トップページ | 「家庭訪問で自立支援=ニート対策を強化-再チャレンジ会議」←ニートなど、放っておけ。 »

ニュース」カテゴリの記事

安倍政権批判」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あつしさま、こんばんは。

ありがとうございます。

ご理解に感謝いたします。

今後ともコメント、お待ちしております。

よろしくお願い申し上げます。

投稿: JIRO | 2007.05.24 21:46

JIROさま おはようございます。コメントへのレス、ありがとうございます。

>先日のあつしさまのコメントとダブるところがあるのですが、これは(あつしさまがそういうおつもりで仰っているのではない
 ことは良く分かっておりますが)、決して「盗作」ではなく(笑)、ほんとうに完全に同意見なのです。

はい! JIROさまが「盗作」するような人でないことぐらい、充分承知していますよ。全然気にしていませんから。(笑)
むしろ同意見の方がおられることで自分一人の思いこみでないことが分かり、心強く思っている次第です。

投稿: あつし | 2007.05.24 08:14

あつしさま、こんばんは。連続コメント大歓迎です。ありがとうございます。

先日、国民投票法案成立後のコメントと同様、今日の記事は、先日のあつしさまのコメントとダブるところがあるのですが、これは(あつしさまがそういうおつもりで仰っているのではないことは良く分かっておりますが)、決して「盗作」ではなく(笑)、ほんとうに完全に同意見なのです。

あつしさまが仰るとおり、情報はアクセス出来る人間の数が多いほど、漏れます。

言ってはわるいけれども、イージス艦情報をウィニーで世界中にばらまいてしまったのは、防衛省高官ではなく、「兵隊」です。

国家の最高機密を、一兵卒が簡単に入手できる(元は江田島らしいですが)ようでは軍隊になどなれません。

戦争などに加わらなくてもよいですが、あつしさまが仰るように、近くの国の「首領様」は、取り巻き連中と一緒に情報と写真を見て、

腹を抱えて日本をバカにしているだろうと思うと悔しく、また、危なくて仕方がない。専守防衛すら出来ないのでは、国民の平和的生存権を脅かすことになります。

これも、あつしさまと同感ですが、最終的には、自衛隊法により自衛隊の最高指揮権を持つ内閣総理大臣の責任問題です。

内閣総辞職を求めて暴動が起きてもおかしくないような(読者の皆さんへ:暴動を起こしてはいけません)ことだと思います。

これで「参院選で自民圧勝」なら、私はこのブログを書き続ける気力が無くなりそうです(止めると決めた訳じゃありませんが)。

投稿: JIRO | 2007.05.23 22:24

JIROさま こんにちは 連続のコメントで失礼します。
自衛隊の情報漏洩、イージス艦だけでも大変なことなのにミサイル防衛情報までも流出とは、かの国の指導者は腹を抱えて笑って
いるでしょうね。なんのリスクも冒さずにアメリカにも影響する軍事の「超極秘情報」が、労せずして手にはいるのですから。
極秘情報を扱うシステムはインターネット等からは隔離して独立させ、システムにアクセスできる人間は家族構成や思想、
信条も含めて徹底的に調査し、ごく限られた者だけにすべきだと思います。極秘情報に触れることの出来る人間は、少ないほど
良いのですから。この問題は自らを最高指揮官と豪語している総理大臣の責任問題でもあると思います。

>改憲し、集団的自衛権行使を可能にしてもアメリカから断られるだろうね。
はい、私も全く同感です。以前にもコメントさせていただいたのですが、軍の命である軍事情報の徹底した管理も出来ず、
「定期面談作戦」などとバカな考えしか浮かばない軍隊と共同作戦などしたら、自軍の全滅を意味しますからね。

投稿: あつし | 2007.05.23 17:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/15172719

この記事へのトラックバック一覧です: 「<情報管理>年1回以上の個人面談を定期的に実施 防衛省」「ミサイル防衛情報も流出」←「面談」で情報漏洩を防げるの?:

» ◆愛媛県愛南町情報漏えい 。 山口市と対馬市も。住基ネットで矢祭の新町長も接続拒否。市民団体の声明 [てらまち・ねっと]
 国防関係の国機関や、地方公共団体・役所や警察での情報の漏えいがはなはだしい。  先日起きた、再委託業者の個人パソコンからの流出、という。  個人の問題ではなく、構造的な問題があるはず。  自治体合併や住基ネット接続を拒否してきた福島県の矢祭町長。後任の新町長も、国や県の働きかけに応じず、住基ネットの接続を拒否。  どっちが住民を守ることか・・。      住基ネットに関する私たちのの運動  ところで、あちこちで情報が漏れていることを集めたデータのページがあった。  こういうページを運営するの... [続きを読む]

受信: 2007.05.23 15:21

» 大阪市健康保険組合解散 [医療制度改革批判と社会保障と憲法]
大阪市健康保険組合解散5月23日の日本経済新聞朝刊第一面に、地方公務員健保の本人負担 12組合「5割未満」 公費での優遇 今年度も継続 という見出しで、地方公務員の健康保険組合の本人負担割合が、5割に達していない12組合をあげ、その負担割合が示されていました。その優遇批判の根拠は、地方公務員等共済組合法で、労使折半とされているにもかかわらず、50%を超える公費での優遇が残っているとしています。名指しされている公務員健保は、健康保険組合であり、1962年(昭和37年... [続きを読む]

受信: 2007.05.24 02:50

« モーリス・アンドレが私の「移動祝祭日」なのです。 | トップページ | 「家庭訪問で自立支援=ニート対策を強化-再チャレンジ会議」←ニートなど、放っておけ。 »