« 「農相の母、泣き崩れる 」←私は他のどの記事よりも、この一行に打ちのめされた。 | トップページ | 5月30日はベニーグッドマン(ジャズ・クラリネット奏者)(1909~1986)の誕生日でした。 »

2007.05.31

「<党首討論>年金支給漏れ、社保庁改革法案で攻防戦」←安倍首相は自分の立場をわきまえていないことが良く分かった。

◆記事:<党首討論>年金支給漏れ、社保庁改革法案で攻防戦

安倍晋三首相(自民党総裁)と民主党の小沢一郎代表は30日、国会内で党首討論を行った。

首相は年金支給漏れの問題について「私は現在の政府の責任者。大きな責任を感じているのは当然だ」と述べ、

自らの責任を認めたうえで、与党が提出した年金時効停止特措法案などにより被害者救済を急ぐ考えを強調した。

小沢氏は社会保険庁改革関連法案と同特措法案の31日の衆院通過を目指す政府・与党の方針に「採決を急ぐ必要はない。

多少時間がかかっても議論が出尽くすまで審議をやるべきだ」と反対した。

首相は冒頭、松岡利勝農相の自殺について「痛恨の極みだ。任命権者として責任をかみしめている」と述べた。

松岡氏の不透明な光熱水費などの問題については「厳しい指摘は私も十分に承知している。

国民の(批判の)声に真摯(しんし)に応えたい」と述べ、今国会で政治資金規正法改正を目指す考えを改めて表明した。

小沢氏は松岡氏の自殺について「死を選ぶならば、国民に事実を明らかにする勇気を持っていただきたかった」と述べた。

小沢氏は討論のテーマを年金支給漏れ問題に絞り、社保庁改革法案を

「特殊法人になり、純粋公務員の身分ではなくなるが、実態はほとんど変わらない。

ちょっとした衣替え、化粧直しにすぎない」と酷評した。

これに対し、首相は「当初、不明なケースは2億件あった。照合しながら5000万件まで絞ることができた」と釈明し、

実態調査を行う方針を強調した。

具体的な救済策を巡り、小沢氏が「確実に保険料を払ったという申し立てを基本的に尊重すべきだ」と迫ったのに対し、

首相は「親方日の丸のように何年も前の領収書を持ってこいという姿勢は取らない。

第三者機関で判断してもらい給付する」とかわした。

一方で、首相は社保庁の実務のあり方について

「現場でどういう労働慣行が蔓延(まんえん)していたのかという問題がある。

かつての国鉄(現JR)労組の問題があり、私たちは改革してきた。(社保庁に対しても)待ったなしの改革を行わなければならない」と強調

。民主党支持の社保庁労組「自治労国費評議会」を強くけん制した。

5月30日21時28分配信 毎日新聞


◆コメント:首相は国政の最高責任者である。

憲法第65条により、行政権は内閣に属する。同時に、66条第1項は、

第六十六条  内閣は、法律の定めるところにより、その首長たる内閣総理大臣及びその他の国務大臣でこれを組織する。

読めば明らかで、首相は行政府たる内閣の「首長」である、と憲法が定めている。

だから、内閣総理大臣は国政の最高責任者である。


◆党首討論を聞くと、安倍首相は自分の立場を本当に分かっているか疑いたくなる。理由その1

冒頭の記事を読んだだけでは分からないが、党首討論の始めの方で、民主党の小沢代表が正しい意見を述べた。それは、

「先週、与党は社会保険庁改革法案を強行採決した。議会制民主主義であるから最終的には多数決原理を取ることに異存はない。

だが、今回の社会保険庁の問題は国民も大きな関心を寄せている。野党は、まだ審議するべきことがあると言ったのに、与党は強行採決した。

納得がいかない。法案は成立していない。もう一度審議に戻す気はないか」

と訊ねた。安倍首相は
「最終的な(採決するか否かの)判断は各委員会の委員長、運営委員がきめることだ」

と答えた。これは、おかしい。

内閣総理大臣は、行政府の長であると同時に国会議員であり、多数党の党首である。

従って、国権の最高機関、国会の本会議、及び全ての委員会の運営で、強行採決という非民主主義的な行為があった場合、

責任がある。安倍首相の答弁は「委員会のことなど知らないよ」と言わんばかりだ。

あなたがすべてに責任を負っているんだ。安倍さん。

なお、社会保険庁改革法案は、全然意味のない法律で、社会保険庁を特殊法人にするということだけである。

今のダメな社保庁の役立たずの木っ端役人を全員クビにして、新たに優秀な人材を雇うというのなら、まだ多少期待できるが、

今の「社会保険庁改革法案」は改革でも何でもない。


◆安倍首相が自分の立場を分かっていないのではないか、と疑う理由、その2

安倍首相のダメぶりを指摘する前に、はっきり記録しておきたいことがある。記事にもあるが、

今、社保庁に行くと、てめえらが記録を無くしたくせに、年金受給資格者が事務所を訪れると、

「30年間、年金掛け金を支払っている、というのなら、領収書をみせろ」

と信じがたいことを言うらしい。盗人猛々しいとはこのことだ。

私は自分の耳で聴いたが、皆さんも出来ることなら、

大臣の自殺、社保庁問題・・・荒れる永田町で安倍首相 vs. 小沢代表!「党首討論」全部

を聞いていただきたい。

安倍首相は、はっきり、

「今後は、『領収書を持ってこい』などということは(社保庁の職員に)言わせません」

と断言した。いいですね?皆さんも覚えておきましょうね?

さて、首相が自己の立場を分かっていないのではないか、と疑うに足る発言は、

「社会保険庁の(体質的な)問題もあるとおもいますよ」

というものだ。

そんなことは、安倍君に言われなくても分かっている。そして社会保険庁で起きた全ての問題の最終責任者は、

内閣総理大臣に帰する。何故なら、内閣総理大臣は行政府たる内閣の首長だからである。

社保庁の問題は安倍晋三氏が内閣総理大臣に任命される前から存在していたのだから、

自分の責任じゃない、と言いたげだ。

違う。

あのね、安倍さん。内閣総理大臣は、部下の起こした問題の発端がいつだったか、とは無関係に、

今現在、実際に問題が起きている以上、その全てについて責任を負うことぐらい分かっているでしょ?。

そんなことも分かっていない安倍氏は自衛隊の最高司令官であり、日本を戦争の出来る国にしようとしている。

そのほか、色々な問答を小沢代表と交わしているが、ネットテレビを見れば分かるが、安倍氏は、

聞かれたこと以外にもベラベラ喋る。それが如何にも「肚が据わっていない」ことを伺わせる。

改憲論者の方。やっぱり、止めた方が良いと思うよ。実際に戦争になったら、

多分、安倍晋三内閣総理大臣はパニック状態に陥り、まともに戦略を考え、決断できないだろう。

ま、百聞は一見にしかず、である。



【読者の皆様にお願い】

この記事を読んで、お気に召した場合、エンピツの投票ボタンを押していただけると幸甚です。

画面右下にボタンがあります。

|

« 「農相の母、泣き崩れる 」←私は他のどの記事よりも、この一行に打ちのめされた。 | トップページ | 5月30日はベニーグッドマン(ジャズ・クラリネット奏者)(1909~1986)の誕生日でした。 »

ニュース」カテゴリの記事

安倍政権批判」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あつし様、こんにちは。いつもコメントをありがとうございます。

>総理答弁「最終的な(採決するか否かの)判断は各委員会の委員長、運営委員がきめることだ」をそのまま社長に置き換えると、
>「やるかやらないかの最終判断は担当課長がするので、社長の私は判断しない」と言っているのと同じことですよね。

全くその通りですね。不二家の社長が株主総会で「蛾の幼虫がチョコレートに入っていたのは、工場長の責任です」と(笑)。

>こんな社長即刻 クビ です。

そうなんですよ。もう、直ちに解任されても不思議は無い。ところが日本人は面白いですね。総理大臣は辞めろと言わない。

首相が行政府の長で、全ての役所の仕事の責任を負っている、という国家の仕組みを理解していない人が多いのでしょうか。

国によっては「年金記録不突合五千万件」など、大暴動が起きてもおかしくないのですが、この国では決して起きないことを政治家が分かっているので、ナメられてますね。

乱暴は無論、いけませんけれども、ネットに接続できる国民の十分の一でも首相官邸なり電子政府の総合窓口を通じて抗議したら、国にとってもかなり脅威となるのではないかと思うのです。

投稿: JIRO | 2007.06.02 10:53

Kenさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。

>安倍さんは近衛文麿研究をじっくりなさったほうがいい。
>やることなすこと、似てませんか?

うわ、これは、鋭い!

おっしゃるとおりだ。よく考えないで開戦を決めて、嫌になったらすぐに放り出す。近衛文麿の場合一度じゃなかったですものね。

山本五十六は、対米開戦となった場合の「勝算」を訊かれ、

「それはやれといわれれば、一年か一年半ぐらいは存分に暴れてご覧にいれます」と近衛首相に云ってしまったのは良くないと、井上成美が怒っていたそうです。

(阿川弘之氏の三部作、「山本五十六」(上下)、「米内光政」、「井上成美」を全ての日本人に読んで欲しい、と思ってます)

いやー、しかし、近衛文麿は思いつかなかったな。

Kenさんはご承知でしょうが、秀磨氏は音楽家でいきなりベルリンへ行って「自作」をベルリン・フィルに弾かせちゃったという面白い人ですけどね(無茶苦茶ですな(笑))。

まあ、何しろ「藤原氏」ですからね。朝比奈隆さんが生前書いておられましたが、近衛秀磨氏が、何かの会話の折に「あの家は~」というのが、どうも何のことか分からなくて、しばらく聞いていて分かったのは、陛下(天皇家)のことだったそうです(笑)。

自分の家の方が古い。という、すごいプライドがあったそうです。それにしては文麿氏は政治家になるべきじゃなかったですね。

投稿: JIRO | 2007.06.02 10:22

JIROさま こんにちは

総理大臣というのは一国のリーダーですから、会社で言えば社長のようなものですか。
総理答弁「最終的な(採決するか否かの)判断は各委員会の委員長、運営委員がきめることだ」をそのまま社長に置き換えると、
「やるかやらないかの最終判断は担当課長がするので、社長の私は判断しない」と言っているのと同じことですよね。
これじゃ担当課長の方が社長より権限を持っていると思うのですが。
また「社会保険庁の(体質的な)問題もあるとおもいますよ」の「おもいますよ」は、「体質なので私に責任はない。だから私はなに
もしません。」と言っているようなもの。
つまり「社長の私、やるかやらないの最終判断は担当課長に任せ私は関知しません。また会社の組織の中で体質的な問題が
ある部署もあると思うのですが、体質なので私はなにもしません」と言っているようなものです。こんな社長即刻 クビ です。
大真面目にそんな発言をする日本の総理、あまり大丈夫じゃないような気がするのは私だけでしょうか。

投稿: あつし | 2007.06.01 14:16

地位・主義に拘泥している人ほど、「責任とは何か」なんて、考えも及ばないのではないですか?
かしこすぎちゃって。

安倍さんは近衛文麿研究をじっくりなさったほうがいい。
やることなすこと、似てませんか?
青い血が流れてるんでしょうかね。

投稿: ken | 2007.05.31 22:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/15263350

この記事へのトラックバック一覧です: 「<党首討論>年金支給漏れ、社保庁改革法案で攻防戦」←安倍首相は自分の立場をわきまえていないことが良く分かった。:

« 「農相の母、泣き崩れる 」←私は他のどの記事よりも、この一行に打ちのめされた。 | トップページ | 5月30日はベニーグッドマン(ジャズ・クラリネット奏者)(1909~1986)の誕生日でした。 »