« 住民税が上がったと騒いでいるが、自民党は2005年衆院選で「2007年に増税する」と公約に掲げていたのです。 | トップページ | 「年金関連2法案、与党賛成多数で可決」←今国会での強行採決既に16回。「美しい」民主主義ですなあ。 »

2007.06.28

「米下院外交委「慰安婦」決議を採択…日本政府に謝罪要求」←「2回の原爆投下に謝罪要求」と言わないとダメです。

◆記事1:米下院外交委「慰安婦」決議を採択…日本政府に謝罪要求

【ワシントン=五十嵐文】米下院外交委員会は26日午後(日本時間27日未明)、

旧日本軍のいわゆる従軍慰安婦問題で日本に公式な謝罪を求める決議案の修正案を賛成39、反対2の賛成多数で採択した。

ナンシー・ペロシ下院議長(民主党)は決議案採択後、「本会議で採択し、強いメッセージを発したい」とする声明を発表した。

決議案が7月中にも本会議で採択されるのは確実な情勢となった。

決議案の修正案は民主党のトム・ラントス外交委員長と、共和党のイリアナ・ロスレーティネン筆頭理事が提出した。

安倍首相が4月の訪米時に元慰安婦へのおわびを表明したことなどを踏まえ、

原案が要求した「日本国首相の公式の声明としての謝罪」を、「首相が公式な声明として謝罪すれば、

これまでの声明の誠意に関し繰り返される疑問を晴らすのに役立つだろう」とやや表現を弱め、

日米同盟の重要性を指摘する文章も新たに追加した。 (6月27日11時13分配信 読売新聞)


◆記事2:平沼元経産相ら、米慰安婦決議を声明で批判=加藤元幹事長は悪影響を懸念

米下院外交委員会で従軍慰安婦問題に関する対日謝罪要求決議案が可決されたことを受け、

平沼赳夫元経済産業相(無所属)は27日、衆院議員会館で記者会見し、

「事実に基づかない決議は、日米両国に重大な亀裂を生じさせる。憂慮をもって受け止める」とする声明文を発表した。

会見には自民党の島村宜伸元農水相、民主党の松原仁衆院議員らも同席した。

平沼、島村両氏らは、従軍慰安婦の強制性を否定する米ワシントン・ポスト紙への全面広告の賛同者として名前を連ねていた。

一方、自民党の加藤紘一元幹事長は取材に対し「心配だ。意見広告を出したから、米国は激しい反応を示した」と指摘するとともに、

「安倍政権の歴史認識だと反米になってしまう。日米関係に深刻な影響を及ぼすかもしれないことに気付いていない」

と述べ、今後の日米関係に懸念を示した。(6月27日19時1分配信 時事通信)


◆コメント:当のアメリカ人政治家も如何に「大きなお世話」か分かっているのです。

そもそも、普通の、個人の感覚では、怒る以前に「?」という感覚になりますね。

どうして「従軍慰安婦問題」に関して「アメリカ」の下院外交委員会がしゃしゃり出るのか?

関係ないだろ?大きなお世話だ、と。そのとおりなのです。

アメリカ人の政治家も分かっているのです。如何に勝手なことを言っているかは。

(分かっていないバカもいるでしょうけど。バカはどこの国にもいますから。)

しかし、それでも、とにかくパワー全開で自分の都合の良いことだけ主張するのが、欧米人の社会なのです。

本当はアメリカの白人は「従軍慰安婦問題」なんて何の関心もないはずで、この決議はアメリカの日系以外のアジア系市民の

ご機嫌取り。票稼ぎです。洋の東西を問わず、政治家は「票」を取るためには何でもするのです。


◆ガイジンを相手にするときには、黙ったら先方の主張を無条件で受け入れたことになってしまうのです。

記事2で、自民党の加藤紘一氏が、

「心配だ。意見広告を出したから、米国は激しい反応を示した」

と言ってます。

この人、きっと、気が弱いのですな。

だから、かつて自民党内でクーデターに失敗して泣きべそをかいたりしたのでしょう。

心配だ、なんて云っていたらダメ。

こういう時には、平沼元経産相のように、堂々と反論しないとダメです。それが反発を招いたらもっと反論する。

しないから、白人のアメ公にナメられるのですよ。なめられっぱなしじゃないですか。


◆広島の非戦闘員11万人を一瞬で蒸発させた非人道的行為に誠実な謝罪を求める、と言えばいいのです。

アメリカの政治家が、本当は「大きなお世話」とわかっているだろうといっても、国家として見た場合は身勝手すぎる。

ずーっと人殺しを続けている国が他国に謝罪を求めるとは。

広島・長崎を持ち出したのは、アメリカが戦時中の問題に謝罪を求めるからです。

同じ戦争の末期に、アメリカは日本に二回も原爆を投下しました。従来、日本がポツダム宣言を受諾しなかったからだ、

というのが歴史の定説でした。

ところが、実は、トルーマン大統領は、日本がポツダム宣言を受諾しようが、しまいが、原爆投下を決めていたことが分かりました。

それは、暗闘―スターリン、トルーマンと日本降伏という本に詳しく書かれています。

私は、この本について昨年8月に、『暗闘 スターリン、トルーマンと日本降伏』(中央公論新社刊)←ポツダム宣言対日「通告」前に原爆投下は決定されていた

という記事を書いたのでお読み下さい(ココログでは、こちらです)。

「従軍慰安婦」で米国が日本に謝罪を求めるならば、日本はアメリカの非人道的な行為に対する謝罪を要求する、

と公式に告げたら、すごい騒ぎになるでしょうが、米国は激怒(するふりを)しながらも、ギョッとするでしょう。


◆イラクでの「大量破壊兵器でっちあげ」に謝罪を要求する、と言ってもいいでしょう。

「非人道性」に着目するならば、アメリカほど第二次大戦後も世界中で人殺しをしている国はないのですから、

材料はいくらでもありますが、近いところではイラク戦争です。

過去に何度書いたか分からないので、ここでは省きますが、仮に本当にイラクが大量破壊兵器を持っていたとしても、

国際法上、アメリカが国連決議もないのに、イラクに対して武力攻撃を行ったことは違法であるうえに、

全然罪のない、無辜のイラク人を3万人以上も殺したことは、戦争と言うよりもテロです。

これに関して世界中に迷惑をかけた(各国が軍隊を派遣して死者が出ている)のですから、

当然謝罪するべきで、これは言いがかりではなく、筋が通っています。

それぐらい言わないと、同盟関係なんてそんなもの、もともとアメリカは日本が思うほど重視していないのですから

(日本の国連安全保障理事会常任理事国入りを、アメリカは中国と結託して妨害したのですよ?)、

なめられるばかりです。

この国の首相はそんなアメリカのために、日本の集団的自衛権の行使を可能にするとか、憲法を改正するとか言っています。

アホです。



【読者の皆様にお願い】

この記事を読んで、お気に召した場合、エンピツの投票ボタンを押していただけると幸甚です。

画面右下にボタンがあります

|

« 住民税が上がったと騒いでいるが、自民党は2005年衆院選で「2007年に増税する」と公約に掲げていたのです。 | トップページ | 「年金関連2法案、与党賛成多数で可決」←今国会での強行採決既に16回。「美しい」民主主義ですなあ。 »

ニュース」カテゴリの記事

安倍政権批判」カテゴリの記事

戦争」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

selaさん、こんばんは。コメントをありがとうございます。

>そうか票集めか…と思いつつ、せめて政治家さん達にはそう気づいてほしいと思います。

ええと・・・。「政治家」とは、アメリカの下院ということですか?

決議をしたアメリカの政治家は当然自覚していると思います。
汚いと知りつつ、平気な顔をして汚いことをするのが、政治家というものです。

勘違いしてたらごめんなさい。「気付いて欲しい」のは、日本の政治家?

(内容の筋的には賛成なんですけど、どうしてあなた方がいうのか?と思いました)

そうですね。

「どうして、お前ら(アメリカ人)が云うんだよ?」という憤りは、
殆どの日本人(ある程度の知能と知識のある)が感じたことでしょう。

投稿: JIRO | 2007.07.02 21:59

ひろりん様、こんばんは。コメントをありがとうございます。

ひろりんさまと同じく、私も最初、何かの聞き間違いではないか、と思いました(私はテレビのニュースを画面を見ないで、聞き流しているときに知ったのです)。

>(ちなみに私は一応女性ですので、従軍慰安婦の件に関してはどうしても女性の肩を持
>つ傾向にあるのですが、全く根拠のないことや、金目当ての行為に対しては冷静に判断
>をしたいと思っております。)

大変に冷静でご立派だと思います(言うまでもない事ながら、皮肉でも何でもありません。本心です)。

>Jiroさんの「ガイジンを相手にするときには、黙ったら先方の主張を無条件で受け入れ
>たことになる」というご意見、そう言えば…と思い当たるふしがあります。(私、海外
>生活18年、外人の中で仕事をしております。)

18年間さぞや、色々ご苦労がおありだったとお察ししますが、それだけにひろりん様のご意見のreliabilityは、大変大きいですね。

私はイギリスに駐在しているときに、会社の英国人が、仕事で、明らかに本人の不注意、怠慢などにより問題が起きたときですら、絶対に何か言い訳をするので、驚きました。

はじめのうちは、腹が立つだけでしたが、何か文化的背景があるのかも知れないと思い、英国人の中でも頭が良くて、客観的に日本人と英国人の違いを観察出来るような人物に、「どうして、言い訳するのだ?」と訊いてみたところ、

「どの場合でも、本人は、実は自分が悪いと知っている。しかし、それでも出来る限り自己主張をして自己防衛することが、欧米社会では社会的に許容されているのだ」

という答えでした。つまり、何も言わないと、全責任を負うことになるのだという訳です。

今年は、明治維新(1867年)から140年です。外国を訪れ、又は済んだことがある日本人は、大変な数になると思います。

しかし、それでも、いまだに「ガイジンを相手にするときのノウハウ」が一向に身についていないのが、大変不思議です。

>トルーマンのことは知りませんでした。勉強になりました。

私も、月刊「文藝春秋」の巻頭エッセイで阿川弘之氏が「暗闘」を取り上げていたので、知ることが出来ましたが、それまでは全く知りませんでした。

>以前に書きましたとリンクを貼っていただけるのは大変助かります。

そうですか。そうおっしゃって頂けて、嬉しく思います。書いた本人も忘れている記事が結構ありますが、最近ココログにも自分のブログ内を検索出来るサービスが出来たので(画面左側、下方に検索欄があります)、大分便利になりました。

今後とも、お気が向きましたら、駄文にお付き合い頂ければ幸甚と存じます。

失礼いたしました。

投稿: JIRO | 2007.07.02 21:50

そうか票集めか…と思いつつ、せめて政治家さん達にはそう気づいてほしいと思います。
補償を求める、てのと同レベルのほってけという話題ですよね。
(内容の筋的には賛成なんですけど、どうしてあなた方がいうのか?と思いました)

投稿: sela | 2007.06.28 17:33

JIRO様、

本日の記事、拝見いたしました。私が思っていたのも全く同意見で、「アメリカさん、何か関係ありますか?」ということです。昨日、新聞を見て、自分の読み間違いかと思ったぐらいおかしなニュースでした。(ちなみに私は一応女性ですので、従軍慰安婦の件に関してはどうしても女性の肩を持つ傾向にあるのですが、全く根拠のないことや、金目当ての行為に対しては冷静に判断をしたいと思っております。)

Jiroさんの「ガイジンを相手にするときには、黙ったら先方の主張を無条件で受け入れたことになる」というご意見、そう言えば…と思い当たるふしがあります。(私、海外生活18年、外人の中で仕事をしております。)元々口では負けないほうなので、今まで考えたこともありませんでしたが、確かに西洋人(ロシア人などは分からない)は、最後の言葉を取りたがります。特に政治家の方々はそのことを考慮して、少し強めに発言されないと間違ってとられるかもしれませんね。

トルーマンのことは知りませんでした。勉強になりました。やはりどの国もかなり暗い過去があるんですね。しかし、Jiroさんのブログはかなり長い間読んでいるつもりだったのですが、まだ読んでないもの、読み落としたもの、内容を忘れたものも多々あり、以前に書きましたとリンクを貼っていただけるのは大変助かります。

投稿: ひろりん | 2007.06.28 08:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/15580792

この記事へのトラックバック一覧です: 「米下院外交委「慰安婦」決議を採択…日本政府に謝罪要求」←「2回の原爆投下に謝罪要求」と言わないとダメです。:

« 住民税が上がったと騒いでいるが、自民党は2005年衆院選で「2007年に増税する」と公約に掲げていたのです。 | トップページ | 「年金関連2法案、与党賛成多数で可決」←今国会での強行採決既に16回。「美しい」民主主義ですなあ。 »