« 「盗聴問題TBS社長『ばっかじゃないか』」←安倍首相と同類だね。バカは社長だ。 | トップページ | 静かな音楽に慰められたい。と思いました。 »

2007.06.09

「年金記録漏れ、社保庁長官ら街頭でおわびチラシ」←バカ。そんなヒマがあったら調べろ。

◆記事1:年金記録漏れ、社保庁長官ら街頭でおわびチラシ

年金記録漏れ問題が大きな混乱を巻き起こす中、社会保険庁は8日朝、

村瀬清司長官はじめ幹部を総動員し、全国各地の主な駅前で、謝罪の言葉と年金相談の連絡先を書いたチラシを配った。

参加したのは、本庁、社会保険事務局、社会保険事務所の職員の2割に当たる約3700人の幹部らで、チラシは約22万枚を用意した。

午前8時から30分間、JR東京駅の丸の内北口前に立った村瀬長官も「社会保険庁です」と頭を下げ、

職員一丸となって信頼回復に努める姿勢をアピール。

出勤前の会社員らに「皆様の大切な年金に関してご不安を与え、心よりおわび申し上げます」

と書かれたチラシを手渡した。中には、村瀬長官の姿に驚いた様子で見入っている人もいた。

(2007年6月8日12時59分 読売新聞)


◆記事2:社保庁労組、残業へ 年金相談、休日も返上

年金記録のずさん管理の問題で、社会保険庁の職員でつくる「全国社会保険職員労働組合」

(約1万1000人、旧自治労国費評議会)は、

相談業務に対応するための残業や休日出勤を積極的に受け入れる方針を明らかにした。

労組が長時間労働を容認するのは異例だが、労働条件の改善を優先したことが、

「宙に浮いた年金」につながったとの批判を受け止め、信頼回復を優先する。

(朝日新聞 2007年06月08日08時01分)



◆コメント1:チラシ配っているヒマがあったら、消えた年金を何とかしろ。バカ。

ちょうど1週間前に、「年金記録問題 首相『1年で5千万件照合』」←365日、1日13万7千件照合するのですね?

を書いた。

ビラを配っているヒマがあったら、社保庁長官自ら「宙に浮いた年金」を調べろ。

第一、そんなビラをまともに読む奴がいると思っているのか。

22万枚も刷りやがって、また、カネを無駄に捨てた。馬鹿者め。

事態はマスコミ報道により、まともな日本人の大人なら誰でも知っている。

ビラに書いてあるのは、反省もしていないのに反省したフリをした文章だろう。


◆コメント2:この一週間、私が愕然とした、新たに判明した事実

◆その1「社会保険庁では45分PCに向かって仕事を作業をしたら、15分休む」取り決めが役所と役人の労組の間で為されていた。

夕刊フジが詳しい。記事が消えては困るので、ウェブキャッシュ保存サービス「ウェブ魚拓」に保管した。

http://megalodon.jp/?url=http://www.zakzak.co.jp/top/2007_06/t2007060418.html&date=20070609021543

45分作業したら15分休み?

小学生か?小学生だって、45分授業で休憩時間は10分だぞ。チンタラ仕事しているからダラケるんだよ。木っ端役人ども。



◆その2「コンピューターへの年金記録の入力作業は、主婦など素人のアルバイトに任せていた」

これは、読売の連載記事だが、良くすっぱ抜いた。これも、記事のキャッシュを保存しておく。

http://megalodon.jp/?url=http://www.yomiuri.co.jp/iryou/feature/20070605ik0c.htm&date=20070609023059

年金データの大量の記録漏れは人的要因だった。

手書きの年金台帳で管理していたデータをコンピューターに移行する際に、大量の入力漏れ、入力ミスがあった。

単なるミスだけではない。作業のいい加減さがすさまじい。

例えば苗字が「古谷(フルヤ)」という人物を入力する際、漢字だけ見ると、「フルヤ」か「フルタニ」か分からぬ。

当然、本人に確認するべきところ、時間がかかって面倒なので、

パートのオバサンたちは、適当に「フルタニ」とインプットしてしまうことがザラなのだそうだ。

これでは、フルヤさんが、役所に来て照会しても、コンピューターには「フルタニ」で登録されているので、

窓口の社保庁の木っ端役人は、「記録がありませんねえ」となるわけだ。

日本に、これほどいい加減な仕事(とは言えない)で平然としている組織が存在するのだ。


◆コメント3:残業して休日返上なんて当たり前なんだよ。ボケ。

記事2を読んで下さい。社保庁の役人どもは、残業することに不満があるような口ぶりだ。

ただねえ。こういう役所は17時を過ぎたら、残業って言うんだよな?

あのね。民間ではね。19時、20時なんていうのは、「残業」とは言わないの。

高度成長期を支えてきた先人達、その後の我々も日付が変わるまで、メシも食わずに働いたんだ。

真面目に働いて、年金掛け金(サラリーマンは厚生年金だが)を納めたのだ。

国民年金対象者だって同じようなものだろうよ。その尊い労働で稼いで納めた金を、

ずさんな管理で行方不明にしてしまったのだよ。社会保険庁職員たちよ。


◆コメント4:処分。「社保庁職員、退職金、年金なし。歴代厚労相、社保庁長官、総理大臣は退職金、年金を返せ。

当たり前でしょう?

他人様に年金掛け金を納めさせておいて、行方不明にした奴らに、退職金や年金を受け取る権利など、無い。

老後はホームレスにでもなって下さい。

まてよ。その前に、そろそろボーナスの季節だな。

まさか!

まさか。社保庁長官、職員、厚労相、内閣総理大臣、ボーナス受け取るつもりじゃないだろうな。

全部、返上するのですよね?当然ですね。あまり国民をナメるなよ。



【読者の皆様にお願い】

この記事を読んで、お気に召した場合、エンピツの投票ボタンを押していただけると幸甚です。

画面右下にボタンがあります

|

« 「盗聴問題TBS社長『ばっかじゃないか』」←安倍首相と同類だね。バカは社長だ。 | トップページ | 静かな音楽に慰められたい。と思いました。 »

ニュース」カテゴリの記事

安倍政権批判」カテゴリの記事

社会福祉」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あつしさま、こんばんは。コメントをありがとうございます。

13日の新聞各紙は、

>11日午前8時半からの24時間で46万9448件にのぼり、うち相談員が応答できたのは1万6979件だったと発表した。応答率はわずか3・6%

5000万件の「宙に浮いたデータ」があるというのに、「年金ほっとダイアル」に割り当てた人員は、当初わずか180人でした。

どういう感覚なのでしょう。社会保険庁の職員は常勤・非常勤合わせて約2万2千人。常勤だけでも1万数千人いる(地方事務所も含む)わけです。

大部分の人間は普段は45分ダラダラ作業をしては15分休んでいるのですから、普通業務なんか殆ど要らないので、

年金問い合わせに1万5千人ぐらい割り当てるべきではないでしょうか、といいたところですが、若造は何を訊かれても分からないでしょうからね。

もう、ダメですね。この国は。

投稿: JIRO | 2007.06.14 00:26

野分権六さま、こんばんは。コメントをありがとうございます。また、レスが遅くなりまして、大変失礼致しました。

野分さんがおっしゃるように、ものすごいどんぶり勘定の実情が段々と明らかになってきて、これは、国家犯罪ですが、これほどひどいのを目の当たりにして、暴動が起きない国は日本ぐらいでしょうね。

>今の制度のままだと、これからどんどん税金を投入しなくてはならなくなるでしょう。

おっしゃるとおりですね。私はもし、年金受給資格者が国を相手取って損害賠償請求訴訟を起こしたら、どうなるのか、考えました。深く考える迄もないのですが、

国民が国家に得べかりし年金を支払えを損害賠償請求したとして、裁判でその訴えが認められたとしても、国が損害賠償をするとなれば、その原資はやはり国民の税金なのですから、結局、私たちの負担になるわけですから、全然救済にならない。

野分さんのおっしゃるとおりです。司馬遼太郎さんは晩年、毎日、

「日本は、滅びる」

と、譫言のように言っていたとみどり未亡人がおっしゃっていましたが、どうやらその通りになりそうです。

投稿: JIRO | 2007.06.14 00:06

JIROさまこんにちは。 さすがに怒り心頭に発してますね。

>相談業務に対応するための残業や休日出勤を積極的に受け入れる方針を明らかにした。

我々民間ではこのような場合、休日出勤や残業を受け入れるではなく、して当たり前なのです。が、社保庁の皆さんはそう
ではないらしい。以前三菱自動車がリコール隠しをして会社の存続の危機に遭遇したのですが、そのときは何の責任もない
社員も含めて全員が不眠不休で信頼回復に努めたはずです。残業を受け入れるというような呑気なことをしていたら、会社
は倒産してしまうという危機感を持っていたからでしょう。その点からも今の社保庁、責任感とか危機感が全く無い。
で、社保庁の皆さん、残業を受け入れるようですが何時まで残業するのでしょうかね。17時定時としてまさか2時間とか3時
間の残業で、「残業して取り組んでいます」と言うのではないでしょうね。しかも休日出勤手当とか残業手当を支給して。
冗談じゃない。自分たちの怠慢で招いたのだから手当なんかもってのほかで、サービス残業が当たり前。また相談窓口など
は土日に開くのは至極当然だと思うのですが。

投稿: あつし | 2007.06.10 10:39

現行の公的年金制度は、賦課方式とか相互扶助方式とかいって、納めた保険料は「どんぶり勘定」に入れられてしまうのです。保険料を納めても所定の要件をみたさないと年金はもらえません。早死にしたらそれでお終い。この制度は長生きした者が勝ち。早くもらい始めた者が勝ち。ねずみ講みたいなものです。
そして役人たちの食い物になっているのです。
今の制度のままだと、これからどんどん税金を投入しなくてはならなくなるでしょう。

投稿: 野分権六 | 2007.06.09 14:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/15364504

この記事へのトラックバック一覧です: 「年金記録漏れ、社保庁長官ら街頭でおわびチラシ」←バカ。そんなヒマがあったら調べろ。:

« 「盗聴問題TBS社長『ばっかじゃないか』」←安倍首相と同類だね。バカは社長だ。 | トップページ | 静かな音楽に慰められたい。と思いました。 »