« 「『5千万件精査』未着手の社保庁に勧告=監視委の意見具申受け-菅総務相」←しかも、5千万件は「ごく一部」なのです。 | トップページ | 「安倍首相、8月後半にも内閣改造へ」←首相が現状を全然分かっていないのに、人を替えても無駄。 »

2007.07.30

「安倍首相、続投の意向表明…記者団の質問に『はい』」←民意を無視する気だな?

◆記事:安倍首相、続投の意向表明…記者団の質問に「はい」(7月29日21時58分配信 読売新聞)

安倍首相(自民党総裁)は29日夜、今回の参院選の結果に関連し、

首相公邸で記者団の「引き続き政権を担当する考えか」との質問に対し、「はい」と述べ、

引き続き政権を担当する意向を表明した。


◆コメント:いくらでも与党を茶化すことはできるが、野党が参議院で過半数を取った意義が大きい。

最初に四方山話を少し。

今回は21回目の参議院選挙だそうだ。(戦後の憲法の下で第一回参議院選挙が行われたのが、1947年4月20日だという。60年目なんですな)。


さて、選挙の結果(全て明らかになっていないが、まあ、わかりますよね)を見た所感を述べる。

前評判通りとはいえ、殆ど「感動的な」という形容詞を用いたくなるほどの、自民党の負けっぷりである。

開票前からどのメディアも「与党過半数割れ確実」と報道した。そのとおりだった。

岡山選挙区では、自民党参議院幹事長が落選。

自民はまた、長年にわたって議席を確保していた四国の全ての県で負けた。

こういう事を書き出すと枚挙に暇がないので、この辺にしておく。

私は、先日書いたとおり、「自公過半数割れ」が大切なのだと思っていたので、

今日は、ようやく少し安心した。


◆民主党は「勝って兜の緒を締めよ」だが、小沢代表は上手い。

何だか、明日の新聞の社説に出てきそうな常套語句を用いてしまった。

(この言葉は、日露戦争の日本海海戦においてロシアのバルチック艦隊を日本海軍の連合艦隊が破った後、

連合艦隊司令長官だった東郷平八郎が述べた言葉としてあまりにも有名。)

民主党が大勝したのは、自民党が勝手にドジばかり踏んでくれたから、という皮肉な言い方も出来る。

「他に入れるところがない」という見方も出来る。

実際、政策の細かいことを見てゆくと、疑問が残る点も多い。だから、しっかりして貰わないと困る。

だが、自民がダメだというだけでは、ここまで勝てない。

功労者の一人は、小沢代表だ。

小沢代表の選挙運動を見ていると、流石、角栄の直弟子だ、と思った。

選挙区、特に、自民が持っている一人区に、こまめに足を運び、山の奥の村まで分け入って、お百姓さん一人一人に、

笑顔で握手する。視線が同じ高さであることが、「権威」を感じさせず、「好感」を生む。

安倍首相もやっていたが、足りない。大抵クルマの上から絶叫していたでしょ?

小沢氏も大都市の駅前などでは車上演説をやっていたけど。安部さんの方がはるかに「上から」が多かった。

すると、いくら美辞麗句を並べても有権者は「見下されている」感覚になるのである。

このあたり、安倍首相は分かっていない。


◆民主党大躍進の陰の功労者は衆議院の長妻昭議員だろう。

この件については、最近、「<年金問題>保険料約6兆9千億円を年金給付以外に流用」←社会保険庁職員は万死に値する。

に書いたので(ココログはこちら)お読み頂きたい。

世間が「消えた年金」を知ることになったのも、社保庁が年金掛け金を勝手に流用してしたことが明らかになったのも、

長妻議員が、何年も調べ、政府に質問主意書を提出し、白状させたおかげである。

その意味では、年金で自民に愛想を尽かした人が民主に入れたのは、正しい。

但し、これは、詳しく調べていないので、私の印象の域を出ないが、

民主党は社保庁問題、年金問題を長妻議員にばかり頼りすぎている様に見える。

小沢代表が、「社保庁の問題を暴いたのは、ウチの長妻議員です」というのを聴いたことがない。

彼はもっと評価されるべきだ。


◆安倍首相は、主権者たる国民の意思表示を無視して「改革を進める」のか。

安倍首相は辞めないのだそうだ。

彼は民放テレビのインタビューで、次のような発言をしている。

「新しい国づくりをスタートしたばかり。これからも総理として責任を果たしていく」

あのー。安倍晋三内閣総理大臣。

選挙は主権者たる国民の唯一の政治行動、意思表示の機会なのです。

その「選挙」で貴方の改革路線、「新しい国づくり」(いつの間にか「美しい国」じゃなくなってるね)に、国民は否定的な審判を下したのです。

にも関わらず、辞めないで「新しい国づくり」を目指すということは、主権者の意思表示を無視する、ということですね?

ご説明頂きたい。

【読者の皆様にお願い】

この記事を読んで、お気に召した場合、エンピツの投票ボタンを押していただけると幸甚です。

画面右下にボタンがあります

|

« 「『5千万件精査』未着手の社保庁に勧告=監視委の意見具申受け-菅総務相」←しかも、5千万件は「ごく一部」なのです。 | トップページ | 「安倍首相、8月後半にも内閣改造へ」←首相が現状を全然分かっていないのに、人を替えても無駄。 »

ニュース」カテゴリの記事

安倍政権批判」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

Kenさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。

>次の大きな選挙でも国会の勢力が大きく変わらないと、所詮は「当事者」たちは分からないんじゃないかなあ。
>誰も、「国民の」ための議員をやっているわけじゃないもの。

いや、安倍晋三以外は分かっていると思いますよ。現在の自民党が置かれた状況のヤバさが。

但し、どう「ヤバい」かと云うと、仰るとおり、国民のことなど彼らは知ったことじゃないわけでして、このまま安倍が居座ると、現職の与党衆議院議員は次の選挙で落ちる可能性が極めて高くなることが、「ヤバい」わけですね。

民主党が手放しで良いというわけではありませんが、野党が参院過半数を獲得したことにより、法案の強硬採決という非民主的な行為が抑えられるのは、良いことだと思います。

投稿: JIRO | 2007.08.04 13:41

あつし様、いつもコメントをありがとうございます。

仰るとおり、誰も、かつての自民党なら完全に「若造」の安倍首相を辞めさせることが出来ない。

私は立花隆氏が、立花隆の「メディア ソシオ-ポリティクス」
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/

の最新号で書いている通り、小泉純一郎が、あまりにも「自民党をぶっこわし」過ぎたためではないかと思います。

派閥政治にはもちろんデメリットもありましたが、互いに牽制することにより、特定の人物の暴走を防ぐ、というメリットもあった。

ところが、小泉が、旧田中派を含め、徹底的に派閥を破壊したことにより、総理が絶対君主のようになってしまったのですね。

2005年の衆議院選挙で、郵政民営化に反対した自民党衆議院議員を除名し、こららの候補を落選させるための刺客を放つ、など、全体主義以外の何物でもなかったわけですが、そんなことも分からずに与党を支持した有権者にも責任はある、と思います。

投稿: JIRO | 2007.08.04 13:30

TACさま、こんにちは。コメントをありがとうございます。

安倍首相は、云うことがコロコロ変わる人なので、「絶対辞めない」といいながら、週末までに、「やっぱり、辞める」と翻意するかも知れない、と若干期待していたのですが、ものの見事に期待を裏切られました。

この人が首相で衆院選になったら、与党惨敗必至ですから、なんとしても、引きずり下ろそうという動きが起こると思うのですが、安倍首相が辞任(内閣総辞職)しても、すでに強行採決で成立してしまった、教基法や、国民投票法案は残る訳ですから、全くとんでもないことをしてくれました。

2005年9月11日の衆院選で与党に投票した人たちは、どう思っているのか、知りたいものです。

投稿: JIRO | 2007.08.04 13:20

次の大きな選挙でも国会の勢力が大きく変わらないと、所詮は「当事者」たちは分からないんじゃないかなあ。
誰も、「国民の」ための議員をやっているわけじゃないもの。
そこは、当選した人たちにもしっかり自覚・自制を望みたいし、そうならないと今回の結果も所詮は「スポット」的な出来事にすぎない。

だから、安倍さんに用心すればいい、ということで終わらせてはいけないんでしょうね。選挙される人も、選挙する人も、「私は何をどのように目指すのか・・・それは社会を本当に益するものか否か・・・それは国外の人をも含めて、地球人のバランスを保つ上で望ましいことなのか否か・・・あ、大風呂敷過ぎか!・・・長期戦で考えていかなければならない気がしますけれど、如何なものでしょうか?

投稿: ken | 2007.07.30 20:52

安倍総理の居直り、全くあきれてモノが言えませんね。自民党の大敗を受けて中川幹事長が辞表を提出し、青木参院議員
会長も退任する意向とのこと。部下に責任を取らせてハラを切らせ、自分は生き延びようとするは責任を持つ者として
もっとも恥ずべき姿ですよね。卑怯者といっても良いくらいで、一番嫌われる人物像です。
そんな人物に国民は「ノー」を突きつけたわけです。さっさと辞めないとますます自民党に逆風が吹き、今後想定されいる
衆議院選挙でも逆風が吹き荒れることが分からないのですかね。
で、安倍総理は総理であると共に自民党総裁でもあるわけです。総裁であるなら責任は免れないと思うのですが、自民党
もこんな人物を辞めさせるとが出来ないとは情けないですね。誰も首相にモノが言えない。自民党は郵政民営化の時に
言論弾圧を徹底しましたが、これが自浄能力を無くした原因の一つでは無いでしょうか。

投稿: あつし | 2007.07.30 10:54

「美しい日本」の伝統からすれば、切腹モノですね。この結果を見ても居直ろうというのですから、言行不一致の厚顔無恥、ついでに国民の声を聞く耳を持っていないということがはっきりするコメントでした。私も早速blogで書きましたが、JIROさんも同じでしたね。速報を横目で見ながらこのコメントを書いてますが、四国や東北での敗北は、地方切捨ての政策が人々にもばれてしまった結果でしょう。でも、まだ安倍が退陣してませんし、政策を転換すると入ってませんから、一層監視を強めなければ。

投稿: TAC | 2007.07.30 00:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/15943250

この記事へのトラックバック一覧です: 「安倍首相、続投の意向表明…記者団の質問に『はい』」←民意を無視する気だな?:

« 「『5千万件精査』未着手の社保庁に勧告=監視委の意見具申受け-菅総務相」←しかも、5千万件は「ごく一部」なのです。 | トップページ | 「安倍首相、8月後半にも内閣改造へ」←首相が現状を全然分かっていないのに、人を替えても無駄。 »