« Yahoo!ボランティアで「新潟中越沖地震」募金受付開始/「中越沖地震で10万ドル支援=米」←ナメんじゃねえよ。 | トップページ | 「同時通訳者の草分け、西山千さんの努力と自省」(週刊新潮 7月26日号 P125「墓碑銘」)←あの嫌味な「週刊新潮」が絶賛。/バッハ。 »

2007.07.19

「転居と選挙」。←初めて知ったのですが、転入届提出後三ヶ月は選挙人名簿に登録されないのですね。/音楽 バッハ。

◆引っ越して間もなく一ヶ月なのです。がそれ自体が本題ではありません。

私事に絡み、偶々選挙制度の問題点を知ったので、覚書として記す。

私は、先月(6月)22日に、東京都武蔵野市から杉並区という、隣接した区に転居した。

転居して四日後、区役所(の出張所のごとき施設)で家族全員の住民登録を完了した。

間もなく参院選なのに、通知が送られてこない、と思ったら、旧住所の武蔵野市役所から送られてきた。

何かの間違いではないかと思い、問い合わせたところ、他の市区町村へ引っ越したら、転入届を提出してから三ヶ月を経過しないと、

新住所(私の場合ならば杉並区)の選挙人名簿に登録されないのだそうだ。

では、どうするかというと、武蔵野市の元の住所の最寄りにある投票所へ行かなければならないという。

つまり、徒歩ならば、最寄りの駅まで歩き、電車に乗り、3駅目で降り、そこから投票所までまた10分歩かねばならぬ。

これぐらいならば出来るが、北海道から沖縄へ引っ越して3ヶ月経っていない人は、どうしろというのだ?

参院選投票の為に、飛行機に乗らなきゃいけないの?

無論そんなことはできないので、例えば札幌市から那覇市へ引っ越して間もない有権者は、選挙告示後、

札幌市に不在者投票の用紙を送ってくれ、という「不在者投票宣誓書」を送ると、不在者投票用紙を那覇市に送ってくれるそうだ。

勿論、旧住所の選挙区の候補者にしか投票出来ない。

これは、全国共通で、市区町村選挙人名簿の更新は年四回しか行わないためなのである。


◆メリットもあることはあるのですな。

私は、

「随分マヌケな仕組みだ。転入者・転出者の数なんて知れている。新住所に住民登録したら、選挙人名簿にすぐ加えれば済むことだ」

と思った。

ところが、この制度には、メリットもあったのである。

つまり、引っ越して間もない人間が投票できるとなると、麻原彰晃みたいなのが立候補したとき、信者が大量に選挙期間中だけ、

その選挙区に住民票を移して、投票し、当選させることが可能になってしまうのである。

なるほどね。じゃ、仕方ないか、と思った次第。

ただ、市区町村によっては、管理がいい加減なこともあり、ネットで調べたら、旧住所の市役所から選挙案内が送られてきたときに、

既に終わっていた、という体験談を書いている方がおられた。

今日の話は、多くの方は御存知かも知れないが、ひょっとして私と同じような状況で、

まだ、この制度についてご存じない方もおられるかも知れない、と思い、文字にした。


◆【音楽】バッハ:「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」ソナタ第1番ト短調 BWV1001より、プレスト

何だか最近、「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」にハマっております。

ソナタ1番の第4曲 プレスト、ですが、特別な理由はありません。かなり激しい音の動きなんですが、美しいと思うんです。







如何でしょう?

お薦めCDですが、もう少し考えてから書きます。必ず。数日中に。

それでは。



【読者の皆様にお願い】

この記事を読んで、お気に召した場合、エンピツの投票ボタンを押していただけると幸甚です。

画面右下にボタンがあります

|

« Yahoo!ボランティアで「新潟中越沖地震」募金受付開始/「中越沖地震で10万ドル支援=米」←ナメんじゃねえよ。 | トップページ | 「同時通訳者の草分け、西山千さんの努力と自省」(週刊新潮 7月26日号 P125「墓碑銘」)←あの嫌味な「週刊新潮」が絶賛。/バッハ。 »

クラシック」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

Nべさん、こんにちは。レスをありがとうございます。

>言葉ですが、僕が感じるより周りが感じるストレスのほうが大きいんではないかな?と思ってます(笑)。

いやあ、それはないでしょう。結局、東京弁も大阪弁も、聴き手がどのように感ずるか、は、話す人によるわけでして(笑)、Nべさんのお人柄ならば、周りの方々にストレスを与えるということはあり得ないと思いますよ。

>本音を明かさない付き合い方、人注意するときにも皮肉ばかりだったり、そういったことのほうがストレスです。

これはねえ。千葉県に住んだことが無いので分からないのですが、関東一帯の「普遍的傾向」では無いように思うんです。

東京者は、逆にあまりにも、「ピシャリ」と結論を叩きつけるので、怖い、という方もいらっしゃいます。

私も、ブログでお分かりの通り、持って回ったような言い方は嫌いでして、その上に「バカ、アホ、マヌケ」を付け加えるので(笑)、「何と下品な」と眉をひそめる方もおられると思います。

千葉県の県民性なのか、その一地方に見られる性格的傾向なのか、或いは、職場特有のものか、判定しかねますが、イライラなさるのは大変、良く分かります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

不在者投票、意外に簡単で良かったですね。今回の不在者投票数は過去最高だとか。

投票率が高くなるほど、連立与党には不利だそうですね。投票率60パーセントを超えたら、自民惨敗、との予想もあります。

フタを開けてみなければ分かりませんが、今回ばかりは、選挙予想が当たることを祈ります。

投稿: JIRO | 2007.07.28 09:43

JIROさん、いつも心配していただき、ありがとうございます。
言葉ですが、僕が感じるより周りが感じるストレスのほうが大きいんではないかな?と思ってます(笑)。それよりも、考え方、というか、本音を明かさない付き合い方、人注意するときにも皮肉ばかりだったり、そういったことのほうがストレスです。こちらはハッキリ言ってもらいたいのに、なんでも皮肉交じりで言われると…。すごいイラッとしますね(苦笑)。
 
25日、無事不在者投票を済ませました。連絡したら意外に早く不在者投票用紙を送ってきまして、何の問題もなく投票できました。ただ、今まで千葉選挙区の候補者を調べてた時間がムダになっちゃいましたが(笑)。

投稿: Nべ | 2007.07.25 23:00

とり様、はじめまして。JIROです。

ようこそ、おいで下さいました。拙ブログ・日記を御愛読下さっているとのこと。

心より御礼申し上げます。

いやあ、偶然ですねえ。しかし、偶然って結構あるのです。

とり様のように、以前からエンピツで、拙文を御愛読頂いている読者の方が、つい最近わかったのですが、私と小学校が同窓で(その方は今は東京でお住まいではないのですが)、ひじょうに驚きました。

引っ越したとはいえ、ご承知のとおり、すぐ隣ですからね。自転車でも行けちゃいます(笑)。

武蔵野市は随分、アマオケ、吹奏楽団がありますね。市民文化会館にはシカゴ交響楽団が来たこともありますよね。

また、三鷹の市民文化会館(でしたっけ?)では、N響オーボエ奏者の茂木さんが、ずっと解説付きコンサートをやっています。

私が引っ越す前に住んでいたのは三鷹駅北口から徒歩数分のところだったのですが、あの駅ではヴァイオリンやチェロのケースを持った、明らかにプロと思しき人をよく見かけます。


>私はクラシック音楽には詳しくない(でも大好きです!クラシックのみならず雑音的音楽もですが・笑)のですが

エヘヘ。私だって、クラシック「だけ」を聴いている訳じゃないんですよ(笑)。恥ずかしいのでブログには、滅多に書きませんが、かつて、「セーラー服と機関銃」(来生たかおの「夢の途中」)について書きました。

また、映画「スウィングガールズ」について書いた稿には、“Sing,sing,sing”や、”In the Mood”を載せました。

iTunes Music Storeに「歌謡曲」というジャンルがありますが、あそこを見ると私が小学生のころ流行った歌などがあって、結構懐かしいです(笑)

という訳ですので、今後とも、どうぞ気楽に駄文を眺めて頂ければ幸甚です。

ありがとうございました。失礼します。

投稿: JIRO | 2007.07.22 15:50

あつし様、いつもありがとうございます。

いや、驚きました。

>自民党公認で出馬したある人が、約3年前に海外勤務から帰国しているのに今年の4月までに転入届が未提出
>だったため選挙人名簿に名前が無く、期日前投票が出来なかったというニュースを見たからです。
>「選挙区内で投票するには、各選挙の公示(告示)の3か月以上前までに住民票の届け出が済んでいなければならない」とのこと。
>ということはこの候補者、帰国してからの約3年間どの選挙にも行っていないし、住民票がないので住民税も払っていない

こんなことって、あり得るのですね。

社会保険庁騒動と同様、役所の手続きの多くが国民側からの「申告制」であるが故の失態でしょうか。

税金は(高額所得者やその他の確定申告はありますが)、ごく普通の勤め人の場合、申告せずに源泉徴収で、非常に厳格に国がウォッチしていますが、

申告制は「管理している」と言えませんね。

国が国民を管理、監視し過ぎるのは良くありませんが、住民税を払っていないとなると、明らかに法の下の平等、納税義務に反するわけですし、そういう人物を候補者に立てるとは・・・自民党の管理能力が疑われます。

世界最大の原発、柏崎原発が実は断層の真上にあったとか、冷却水漏れが以前から起きていたのに、中央政府は把握していなかったとか、日本人のあの、正確な仕事はどこへいってしまったのでしょう? 嘆かわしいです。

投稿: JIRO | 2007.07.22 15:17

Nべさん、こんにちは。如何お過ごしですか?

関東での暮らしにはお慣れになりましたか?

大阪の方が、東京近辺に引っ越していらっしゃると、どうしても東京弁が気になると思うのです。

ひとによって感じ方は違うでしょうが、「大阪→東京」の転勤(転居)をなさった方が、しばしば、

「東京弁は怒っているように聞こえる」と仰います。だとするとこれはかなりのストレスではないか、と。それが心配です。

>選挙の棄権は死んでも避けたいので、なんとか間に合えば、とは思っております。

投票日までにまだ一週間ありますから、きっと大丈夫でしょう。

しかし、ネットで調べると、この決まりを知らなくて、投票出来なかったという経験をお持ちの方が多いようなので、

国は、もっと、「公選法第二十一条」を、広く有権者に知らしめるべきだ、と思いました。

投稿: JIRO | 2007.07.22 14:34

Kenさん、こんにちは。レス遅れて済みません。

>私は、実は、違和感があるのです。
>むしろパルティータ第3番のプレリュードくらい軽めに始めた方が、よく響きが出る気がして・・・
>でも、そういう演奏の録音は耳にしたことがありません。

ヴァイオリンの「無伴奏」は、本当に人それぞれ、思い入れがありますね。全部満足というのは、なかなかありませんね(永久に無いかも知れません)

シェリングを聴いても、ピンと来ないことがあります。シュロモ・ミンツなんてかつての「若手」、もっと若手のヒラリー・ハーン(全曲じゃないけど)を聴いても、今ひとつです。

私の場合、本文に載せた曲以外でも、Kenさんとは逆に「もっと重く弾けよ」と言いたくなることが多いです。難しいなー。


だから、私は実はまだハイフェッツの無伴奏を聴いたことがないのです。しかし、兎にも角にも、聴いてみないと分からないですね。

ここで載せたのは、かつて御紹介した、カナダのJames Ehnes(ジェイムズ・エイネス)で、今まで私が聴いた中では、かなり理想に近いです。

投稿: JIRO | 2007.07.22 13:27

ひろりんさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。


>転入届提出後三ヶ月は選挙人名簿に登録されないとは、初めて知りました。しかし、こ
>の制度にメリットがあったとは考えもつかなかったのでおもしろく拝見させていただき
>ました。しかし、これは日本のお役所が不正選挙を防ぐために作られた規則なのですか。

本文では書きませんでしたが、私も同じ事を考えました。

公職選挙法は昭和二十五年に施行されましたが、この「三ヶ月ルール」(←私が仮に付けた名称です)は、公職選挙法第二十一条第一項に定められています↓。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25HO100.html#1000000000000000000000000000000000000000000000002100000000000000000000000000000

後から付け加えられた条文ならば、第二十条ノ二とか、第二十条ノ三、などになるはずです。

昭和二十五年の時点で(オウム真理教などは、当然誰も想像だにしなかったでしょうが)不正行為を想定していたかどうか、何とも言えませんね。結果的にそういう効果をもたらした、という偶然かも知れない。

詳しく調べれば分かるでしょうが、済みません。私、ただいま、ちょっとそこまでは調べられないのです。

国籍の件は、外国に永住なさることを決意した方や、どうしようか迷っている方でないと、その苦悩は分からないでしょうね。
調べたら、世界には二重国籍を認めてる国が六十カ国以上もあることを知りました。これは、ひろりんさんのコメントのおかげです。ありがとうございます。

重国籍には、個人と、国家の両側からそれぞれメリット、デメリットを主張出来るのでしょうが、それはもう少し勉強してから書きたいと思います。済みません。

「絶対売ってはいけない農地」のお話も興味深いです。これ自体がただちに国民に危害を与えるものではなににせよ、国家というのは、何でもするのですよね。

学生時代に、かつて政府関係機関に務めた経験がある国際政治学の教授が、

「国家というものは、バケモノです」

と、おっしゃっていたことを思い出します。

投稿: JIRO | 2007.07.22 13:13

 JIROさん初めまして。エンピツ時代から長らく読ませていただいていて、実は過去に2回ぐらいTBを送らせていただいたこともあるのですが、コメントを残させていただくのは初めてなので、改めてごあいさついたします。

 と、少し長い前置きのわりに本題とあまり関係がないのですが^^;、この記事でJIROさんが少し前まで住んでいらしゃったところが武蔵野市だと知り、同市出身の私は勝手ながらも親近感を感じてとても嬉しくなってしまい、そのことをどうしてもコメントに残させていただきたかったのです(笑)。
 JIROさんのご出身は杉並区のようですし、私も武蔵野市のみで育ってきたわけではないのですが、大好きな同市に自分が愛読しているブログを書かれている方も住んでいたというのは、知るにとても嬉しい事実でした♪。

 私はクラシック音楽には詳しくない(でも大好きです!クラシックのみならず雑音的音楽もですが・笑)のですが、同市内の音楽サークルのいくつかを覗かせてもらったことがあり、参加者には市内在住の方も多いですし、元々文化路線を目指している自治体ではありますが、本格的な音楽愛好者が集いやすい街なのかなぁという印象を持っています。

 せっかく知ったところでもう移り変わってしまったあとなのが残念に思うところですが、私もJIROさんのブログを読んでクラシック音楽情報を楽しませていただいている者の一人なので、これからも同じように更新を楽しみにしていますね!

 それでは失礼しましたm(_ _)m。

投稿: とり | 2007.07.21 21:37

こんにちは 私もこのことはつい最近知りました。
というのは自民党公認で出馬したある人が、約3年前に海外勤務から帰国しているのに今年の4月までに転入届が未提出
だったため選挙人名簿に名前が無く、期日前投票が出来なかったというニュースを見たからです。
「選挙区内で投票するには、各選挙の公示(告示)の3か月以上前までに住民票の届け出が済んでいなければならない」とのこと。
ということはこの候補者、帰国してからの約3年間どの選挙にも行っていないし、住民票がないので住民税も払っていない
ことになる。そんな者が国政選挙に立候補し投票してくださいと言えるのか? という内容の記事が載っていました。
安倍総理もそうですが、自民党にも「よく調べろよ。ホコリが出てこない奴かどうかを。(JIROさまの日記 から引用)」
と言ってやりたいです。

投稿: あつし | 2007.07.20 17:38

選挙の話、僕も該当してますね(笑)。

なんでか箕面市の選管から封書が来たかと思えば、中身そんなので、なんだかわからないまま(読みこむ暇もなく)、手続きだけしました。

選挙の棄権は死んでも避けたいので、なんとか間に合えば、とは思っております。

投稿: Nべ | 2007.07.20 01:09

あ、国籍法の件ですが、日本の国籍法は建前は二重国籍を認めていないのに、国策で南米へ移住した人の子孫には現状でも南米と日本の二重国籍を認めています。ご存知でしょうか?
矛盾です。
相手国の国籍法を優先して受ける方法とか、ないんですかね?
自国中心の法律運用は、これからの国際社会では問題が多いのではないかなあ。

投稿: ken | 2007.07.19 22:27

選挙関係は、私が引っ越した時も同じ目に遭いましたっけ。

バッハ。
無伴奏で、コードを付けないで演奏される代表的なものは、この他にパルティータ第2番の最初の曲(じつは愛奏曲です)、パルティータ第3番のプレリュードと最後のジーグ、ですね。ソナタのドゥーブルもほとんどそうでしたね。
ソナタ第1番のこの曲、だいたい、JIROさんの引用なさった奏法ですね。
このソナタ(恥ずかしながらフーガは全く弾けません)、冒頭から厳粛ですから、こう弾きたくなるんですよね。
私は、実は、違和感があるのです。
むしろパルティータ第3番のプレリュードくらい軽めに始めた方が、よく響きが出る気がして・・・
でも、そういう演奏の録音は耳にしたことがありません。

おすすめ、とは言えませんが、唯一驚嘆したのはハイフェッツの演奏でした。
もちろんハイフェッツ流の奏法ですから、バッハファンには「あれ?」と思われてしまうような弾き方なのですけれど、技術、(彼なりの)音楽の作り方としては完璧です。・・・これ以上の「無伴奏」には、残念ながら出会えない上に、自分も弾けないので、悲しいなあ。。。

投稿: ken | 2007.07.19 22:21

転入届提出後三ヶ月は選挙人名簿に登録されないとは、初めて知りました。しかし、この制度にメリットがあったとは考えもつかなかったのでおもしろく拝見させていただきました。しかし、これは日本のお役所が不正選挙を防ぐために作られた規則なのですか。

実は私、一度も投票をしたことがないのです。日本で投票したことがなかったのは、22歳で移民したため、それまで投票権があっても、学生の分際で政治のことなど全く分からないのに投票して何の意味があるかというのが理由でした。

ところが、今、移民先の国で働いて、税金を納め、政治のことも分かっているのに、日本政府が2重国籍を認めないので、こちらの国の国籍がないため投票権がないのです。投票権を得るためには日本国籍を捨てるしかない。22歳まで日本で育つと根本的には絶対に日本人です。それに国籍を捨てれば日本に一時帰国するときに、外国人として入国することになります。結構これは悲しいです。

JIROさんの記事からかなり脱線してしまいました。失礼いたしました。

PS 余談ですが、日本の法律には許せないと思っても実はその裏に大変な意味を含んだものがあるようです。うちの父が田舎に農地を持っているのですが、絶対に売ってはいけない土地として指定されています。つまり農業を営まない場合は荒地になるのです。そんな馬鹿な…近くには団地があり、売れば団地が広がって、かなりのお金になるのに…と思っていたのですが、実は将来日本が食料を自国で調達しなければならない時のために取っておいてある土地だということです。

投稿: ひろりん | 2007.07.19 10:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/15806766

この記事へのトラックバック一覧です: 「転居と選挙」。←初めて知ったのですが、転入届提出後三ヶ月は選挙人名簿に登録されないのですね。/音楽 バッハ。:

« Yahoo!ボランティアで「新潟中越沖地震」募金受付開始/「中越沖地震で10万ドル支援=米」←ナメんじゃねえよ。 | トップページ | 「同時通訳者の草分け、西山千さんの努力と自省」(週刊新潮 7月26日号 P125「墓碑銘」)←あの嫌味な「週刊新潮」が絶賛。/バッハ。 »