« 日本の「謝意」要請、混乱要因に=「国連外」活動評価に疑問の声も-安保理←自民党、あまりにも姑息、というか、分かっていない。 | トップページ | 「同じ曲を色々な楽器、演奏形態で聴いてみましょう」シリーズ。バッハが編曲・作曲した3曲で。 »

2007.09.22

毎日新聞「リタリン報道」の恣意性。リタリン乱用入院者、15例(06年)アルコール依存症は、入院外来合計1万7千人(02年)

◆記事:<リタリン>製造元、うつ病を適応症除外へ 乱用に歯止め(毎日新聞 - 09月21日 03:12)

依存性の高い向精神薬「リタリン」の乱用が広がっている問題で、製造・販売元の「ノバルティスファーマ」(東京都港区)が、

適応症から難治性・遷延性うつ病を削除する方向で検討していることが分かった。

リタリンは覚せい剤と似た効果があり乱用による依存者の急増が明らかになっている。

ノバルティス社は関係学会や厚生労働省の了解が得られ次第、同省薬事・食品衛生審議会に自主的に削除を申請する方針。

うつ病への処方の全面禁止は乱用への大きな歯止めとなりそうだ。

リタリンは中枢神経興奮剤「塩酸メチルフェニデート」の商品名。

1958年の販売開始以来、軽いうつ病に使われていたが、爽快(そうかい)感や多幸感が得られたり、

食欲抑制効果があるため、若者を中心に乱用が社会問題化。旧厚生省は98年、

通常の抗うつ薬では効果が不十分な難治性・遷延性うつ病に適応症を限定した。

しかし、インターネットの普及などで十分な診察もせずにリタリンを処方する医療機関の情報が簡単に手に入るようになったことを背景に、

その後も乱用者が急増。適応症のない患者が掛け持ち受診して大量に入手したり、違法に売買するケースが後を絶たなかった。

また、国立精神・神経センター(東京都小平市)の調査で、

リタリンを乱用して依存症などの副作用で入・通院したケースが06年度、精神科病床を持つ全国の医療施設で15例に上り、

2年前の約2倍になったことが明らかになっていた。

関係者によると、ノバルティス社は乱用に歯止めがかからない現状を重視。

検討した結果(1)現在の科学水準に照らし、うつ病に効果があるとの十分な根拠が得られていない

(2)他に効き目がある抗うつ薬が多数販売されている--として、

適応症からうつ病を除外しても問題はないと判断した。すでに厚労省や精神疾患関連の学会と協議に入っている。

うつ病が削除されれば、リタリンの適応症は「ナルコレプシー」(睡眠障害)だけとなる。

この病気の患者は国内で約20万人程度と推計され、診断も脳波などの厳格な検査が必要なため、

医療関係者は「うつ病を適応症から外せばリタリンの乱用は激減する」と期待している。【精神医療取材班】


◆コメント:リタリン使用者=薬物依存者のような記事はよろしくない。

毎日新聞は全国紙の中で唯一、何年も前からこの精神賦活剤、塩酸メチルフェニデート、商品名「リタリン」を

目の敵にしている。

読む度に感じるのだが、毎日の記事を読むと、リタリンを一度飲んだら最後、永遠に止められない依存に陥り、

廃人同様になってしまうかの如き恐怖感を与える(この記事だけでは分からないかもしれないが、過去からの毎日の

記事を読むと、とにかく「恐怖の薬」を強調するばかりである。)

精神科に今まで縁がなく、タダでさえ偏見を持っている読者は恐らく、

リタリンを処方されている患者は全て乱用者への道を辿る、人生の敗残者、恐ろしい狂人であるかの如き印象を受けるだろう。


◆リタリン(だけではないが)の処方を受け、無事にうつ病から回復した例をお見せしましょう。私です。

リタリンは確かに依存性が危ないとされているが、この薬を処方した医師が全ていい加減で、

飲んでいる患者は、薬物依存者だ、という印象を与える、ミス・リーディングな報道は正しくない。

それが、如何に誤った認識であるか。証拠をお見せしよう。私である。

私はリタリンを処方されている。一番多いときには一日3錠だったが、今は一日1錠である。もう七年にもなる。

私が、この日記で、「宇宙人からの電波を受信した」とか、「神の啓示を受けた」とか、

典型的「キチガイ」の文章を書いたことがあるかどうか。

エンピツ(2002年4月15日)から今まで、約1800本の記事の中からご指摘いただきたい。


◆何故、リタリンが必要なのか。

うつ病の薬物治療に関する基礎知識を少し。

普通のうつ病の治療薬、抗うつ薬は、主作用が現れるまでに、おおよそ2週間を要する。

正確に書くならば、「主作用が現れるか否かがわかるまでに」2週間、である。

薬と患者には相性がある。

Aという薬が、ある人には効果があっても、別の人にはまるで効かないというのは、珍しいことでも何でもない。

今、日本で使用が認められている抗うつ薬は何種類あるのだろう。

私のころ、16種類だったが、新しい薬が認可されているから、更に増えているはずだ。

如何にベテランの精神科医といえども、初めて診る患者に、どの薬が合うかは分からない。

トライ・アンド・エラー(試行錯誤)の連続である。


長くなるが、それが、リタリン処方の直接理由になることはない。

自分に合う抗うつ薬が見つかったとしても、うつ病の回復は薄皮を剥がすような、緩慢な過程である。

うつ病は、身体のエネルギーが極度に低下した状態であるから、

本当は、まず、休職をして服薬するのが、最も正しい治療法である。

ところが、あいにく、サラリーマンは簡単に休職などできない。

私の場合は、公立小中学校があまりに荒れているので、愚息を私立中学に入れようとした(幸い合格した)。

そのためには、進学塾に通わせなければならない。会社を休むわけにはいかぬ。

うつ病の典型的な症状の現れ方として「日内変動(にちないへんどう)」がある。とにかく朝が異常に辛い。

健康なときですら、朝は辛いが、うつ病患者にとって朝の辛さは、地獄のようである。

これは、三環系抗うつ薬、SSRI、SNRI(調べて下さい)では、絶対に解消出来ぬ。

この辛さを何とかしていただけないか、と主治医に尋ねたら、

「滅多に出す薬ではないのだが、貴方(JIRO)の辛さは様子を拝見していても良く分かる。それに貴方は服薬を自己管理できるから。」


と仰って、リタリンが処方された。七年間というのは本当は超例外である。

だが、ドクターの決断のおかげで最も辛い時期を乗り越えることができた。

また、私は薬への耐性が出来ないように、

「週末は飲まない」、「飲まなくても大丈夫そうなときは飲まない」、

ことを徹底した。それが主治医から信頼されたことも幸いした。

最もひどい抑うつ状態がおさまったとき、先生は、向精神薬は一編に減らすと断薬症状が出るから、徐々に減らしましょう、

といい、一日3錠→2錠→1錠と漸減させたのち、現在の処方を維持している。

私は、この薬のおかげで、何とか働き続けている。非常に親切な名医に診ていただけたことを感謝している。

自慢話をした訳ではない。今も、私と同じような患者が大勢いるはずだ、と云いたいのである。
そういう人は、「真面目に」リタリンを服用し、依存にも陥らない。

真面目なリタリン使用者が、この薬の乱用者がいたから、という理由で処方を打ち切られるのは理不尽だ。


◆ある薬の乱用者がいるからといって、真面目に服用している患者に処方されなくなるのはおかしい。

毎日があまりにもリタリンを「恐怖の薬」「悪魔の薬」のように書くから、

製薬会社(ノバルティスファーマ)が、リタリンの適応から、難治性・遷延性うつ病を外すことを決めたようだ。

厚労省は、製薬会社の申請があれば認めるのだろう。

しかしながら、この論理はおかしい。

ある薬を乱用する者がいるから、真面目にその薬を飲んでいた患者にも処方しない、

という理屈を普遍的に適用するならば、

酒を飲んでアルコール依存症になる人間がいるから、日本では、一切酒を作って売ってはならない。

という決定がなされるべきだ。

冒頭の記事によると、リタリンに関連して入院したのは2006年で15例だという。

日本にアル中がどれぐらいいるか、知っていますか?

データが2002年で少しふるいが、アルコール薬物問題全国市民協会(ASK)のサイトにある、

成人の飲酒実態と関連問題の予防に関する研究を読んで下さい。

一番下の項目は、次の通り。

一方、ICD-10の診断基準に基づくアルコール依存症の有病率は、

男性の1.9%、女性の0.1%、全体で0.9%と推定されました。

この割合から、「診断基準に基づくわが国のアルコール依存症者数」は、80万人とされました。

厚労省の患者調査によると、依存症患者は入院・外来合計で17,100人(02年10月現在)ですから、

治療を受けているのは47分の1人ということになります。

リタは昨年15例の入院患者が出た。乱用が深刻な社会問題だ、という。

じゃ、1年間で入院・外来合計だが、17,500人が治療を受ける原因となった

アルコール(アルコールは歴とした薬物である)は深刻じゃないの?

治療を受けていない人も含めると全国に80万人の依存症患者がいる、アルコール。

どうして、放置しておくのだろうか。

あの、人の人格(精神医学における「人格」ではない。)を短時間に劇的に変える、

強烈な向精神薬、アルコール。厚労省のお役人さんは、酔っぱらいを見たことがないの?

酒を飲んで暴れて人を殴ったり、刃物で刺して殺したり、酔っぱらい運転で子供をはねた奴は

いうまでもなく、大勢いる。

リタリンを飲んでそういう重大犯罪を起こした者がどれ程いるのか、教えていただきたい。

私は、「リタリンをどんどん処方するべきだ」と云っているのではない。

出来れば、飲まないに越したことはないけれども、自分の経験から、

どうしてもああいう薬が必要な状況に置かれている人がいる、ということが分かるのである。

何でもかんでも規制すればいいというものではない。極端から極端に走るな、といっているのだ。

東京の町医者が、リタリンの処方箋を乱発していた、という話からわずか数日。

要するに、ノバルティスファーマと厚労省の免責(責任を予め免れること)だろう。

前段で書いたように、向精神薬の投与を中止するときは、いきなりゼロにするのではなくて、

漸減するのが常識であるが、この調子だと、「お上のお触れ」がでた途端に、全国の医師が

リタリンを処方しなくなる。私を含む、「真面目に」この薬を使っていた患者は離脱症状に苦しむ可能性がある。

厚労省には医師国家試験に合格した、つまり医師免許を持つ役人、医系技官がいるのだから、

そんなことは分かっているはず。今回、非常にめずらしいことに、適応症を減らしますと言い出したのは、

製薬会社の側だけれども、急に、処方を外された真面目な患者がどうなるか、お役人さんも

よく考えることですね。


【読者の皆様にお願い】

この記事を読んで、お気に召した場合、エンピツの投票ボタンを押していただけると幸甚です。

画面右下にボタンがあります

|

« 日本の「謝意」要請、混乱要因に=「国連外」活動評価に疑問の声も-安保理←自民党、あまりにも姑息、というか、分かっていない。 | トップページ | 「同じ曲を色々な楽器、演奏形態で聴いてみましょう」シリーズ。バッハが編曲・作曲した3曲で。 »

ニュース」カテゴリの記事

マスコミ批評」カテゴリの記事

メンタルヘルス」カテゴリの記事

医療」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

chibitaさん、レス遅れて済みませんでした。

記事をご覧頂いた上、過分なお言葉恐縮です。

私はうつですが、1日1錠真面目に飲んでいたリタリンを10月26日で切られたときに、あまりにひどいと思いました。その思いは今も変わりません。

音楽もお好きとのこと。たまに音楽についても書いておりますので、是非、また、お立ち寄り下さい。

投稿: JIRO | 2008.02.20 00:08

リタリン(コンサータ)について
早速のご投稿ありがとうございました。関連記事を拝読しました。弱者の患者側の視点から意見を出して頂き、御礼を申しあげます。しかし、最初からこの悲鳴が挙がることは百も承知の上で、役人は、18歳未満の患者にしか処方しない事に決めたのではないかと疑いたくなります。JIROさんのようにcommonn sense を持った日本人がまだ存在していることを知り、少し救われたような気がします。新聞を読むより、ココログ版の方が分り易いし、常識的な考え方なので、読みながら(そうだ、そうだ)と共感しています。私は美しい物、自然、音楽、絵画が好きです。JIROさんの音楽についての知識は大したもんですね。曲の聴き比べetct楽しませて頂いてます。ありがとう。今後も書き続けて下さい。楽しみにしています。

投稿: chibita | 2008.02.17 22:32

chibitaさん、こんにちは。

ご指摘の件、私も承知しておりまして、これはひどい、ということで何度か記事にしました。

例えば、
http://jiro-dokudan.cocolog-nifty.com/jiro/2007/12/1026_f352.html
をお読み頂ければ幸甚です。

投稿: JIRO | 2008.02.17 19:14

リタリンが中止された後、コンサータやアトモキセチンという薬に代わりましたが、それは18歳までに制限されてしまいました。しかし、現実18歳以上の大人でも(ADHD=多動性発達害)の諸症状が引き続きある人は、急に処方を打ち切られ、「もう、お前は死ね」と言われたも同然です。厚生労働省に問いあわせたら、その答えは「18歳以上でも、医師が患者にコンサータが必要と診断した場合は処方してもかまいません。医師が首を切られることはありません。ただし、健康保険の対象外となるので薬代は全額払ってもらうことになります」というものでした。コンサータの製薬会社(ヤンセン ファーマ)にも電話で「仕事にも就けず死にたいくらいの毎日です。だから大人にも処方してほしいです」と伝えました。
発達障害は、先天性の脳の気質的障害なので、大人になっても完治することはありません。英、米と豪州ではきちんと障害者として認められているにもかかわらず、日本では認められていません。
先進国のわりに、日本はとても遅れています。障害者はこの薬を服用し、かろうじて社会に適合し、生きようともがいているのに、(障害で仕事が長続き出来ない人々が大勢います)。そのため収入が無いのに治療費を全額負担せよでは、治療も受けられません。ともかく、少なくとも専門医に発達障害と診断された患者には、1日も早く年齢制限をはずしてほしいです。

投稿: chibita | 2008.02.17 16:52

Kenさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。

製薬会社自身がリタリンの適応症から「うつ」を外したのは、タミフルと同じような物で、偏った報道(リタリンは毎日新聞だけなのですが)の影響かと。リタリンを飲んでいた若者が自殺したという事件があったのですが、因果関係が科学的に立証されていないのに、あたかも、既に立証済のような書き方をする。

製薬会社は、裁判になったら適わん、ということです。いまから「可及的速やかに措置を講じました」というポーズを見せたいのでしょう。

タミフル副作用報道の時にも書きましたがあれは年間300万人が服用して、「異常行動」を起こしたのは6年間で約140例。単純平均すれば、年間23人。異常行動がでる確率は15万分の1なのに、タミフルを飲むと、皆が高いところから飛び降りたくなるのか?という錯覚を与えるような報道でした。

リタリンは、2006年、乱用が原因で15人が入院した。これだけでは、何も分かりません。日本中で年間何人がリタリンを服用しているのか。依存に陥らないで常用している人はどれぐらいいるのか。

また、新聞は知っているくせに、書きませんが、リタリンは多動症、注意欠陥障害の児童の治療に処方されています(アメリカでは、リタリンは専らこの使い方です。)適用になっていなくても使われています。それは、書かない。多動症児童がこれで、症状が改善しているという事実、「メリット」は書かず、デメリットや極端な例を誇大に報ずるのは、正しいジャーナリズムではありません。

パキシル、そういえば(私は処方されたことがありませんが)、止めるのに皆苦労してますよね。でも、アル中ってのは、根本的には直りませんが、向精神薬など止めようと思えば仰るように遙かに簡単に止められます。記者も勉強不足。ダメな新聞です。

投稿: JIRO | 2007.09.23 13:17

私自身は処方を受けたことは無いのですが、リタリン報道は「おかしい」し、製薬会社自身がリタリンの適応症から「うつ」をハズしたこと自体がおかしいですね。
「うつ」をわざわざ外さなくても、依存性が高い「抗うつ剤」は、決して少なくない。私はお医者が「依存度の少ないものを」という配慮から「パキシル」と「ソラナックス」を処方し、今はパキシルの方は不要になったのですが、これがやめるのに苦労する薬で、やめかたに無理をして失敗し、「うつ」をぶり返させてしまったことがあります。・・・でも、パキシルがなかったら、まずは「元気が出ること」が考えられなかった。かつ、最終的にはきれいさっぱりやめることが出来た。・・・アルコールやめるより、はるかに簡単ですよ!

報道以前に、「適応症から<うつ>をハズした」背景が、非常に気になっています。なにか、ヘン。

投稿: ken | 2007.09.22 08:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/16528895

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日新聞「リタリン報道」の恣意性。リタリン乱用入院者、15例(06年)アルコール依存症は、入院外来合計1万7千人(02年):

» うつ病治療薬リタリン 乱用防止で効能取り下げへ [うつ病って聞いてどう?5年はかかるとは、言われてるけど大丈夫ですよ!]
うつ病治療薬リタリン 乱用防止で効能取り下げへ [続きを読む]

受信: 2007.09.22 08:29

« 日本の「謝意」要請、混乱要因に=「国連外」活動評価に疑問の声も-安保理←自民党、あまりにも姑息、というか、分かっていない。 | トップページ | 「同じ曲を色々な楽器、演奏形態で聴いてみましょう」シリーズ。バッハが編曲・作曲した3曲で。 »