« 「舛添厚労相、TBSに抗議 民主議員発言だけ放送は不公平」←すべきこと(社保庁の管理)をしなかった政権政党が偉そうに言うな。 | トップページ | 日本の「謝意」要請、混乱要因に=「国連外」活動評価に疑問の声も-安保理←自民党、あまりにも姑息、というか、分かっていない。 »

2007.09.20

「行き過ぎた経済合理性は見直しも=福田元官房長官」←福田氏の政権構想の基本は、民主党と同じなんですけど・・・。

◆記事:行き過ぎた経済合理性は見直しも=福田元官房長官(9月19日19時25分配信 ロイター)

自民党総裁選に立候補した福田康夫元官房長官(71)と麻生太郎幹事長(66)は19日午後、

日本外国特派員協会で会見。福田氏はこれからの改革は「国民生活に直結する改革が求められている」とし、

国際的な経済合理主義の行き過ぎを見直す必要性を強調した。

自らが掲げる政策ビジョンを展開した両候補は、内政面で構造改革の重要性を指摘。

麻生氏も小泉構造改革によって規制改革が進み経済情勢が改善した成果を評価しながらも、

格差問題では一部修正の必要性を指摘。「地域活性化の手立てを考えなければならない」と語った。

内政について福田氏は「改革をさらに進めなければならない」としながらも、

人口減少・高齢化が進む社会構造の変化を受けて日本は大きな転換期にあると指摘。

「小泉改革もひとつの方向性を示したが、これからの改革は国民生活に直結する改革が求められている」と述べ、

具体策として環境問題などへの取り組みを挙げた。

そのうえで、政権構想の基本とする「自立と共生」の理念について

「これは日本のために必要というだけでなく、国際社会に通じる問題だ」とし、

資源・環境問題では、共生の考え方がなければ過当競争、資源の偏在・富の偏在につながると指摘した。

(以下、略。ウェブキャッシュ保存サービス「ウェブ魚拓」に全文保存してあります。↓)

http://megalodon.jp/?url=http://headlines.yahoo.co.jp/hl%3fa%3d20070919-00000613-reu-bus_all&date=20070920011012


◆資料:民主党ウェブサイトから、「政権政策の基本方針--政策マグナカルタ」より抜粋

はじめに


私たちは、「共生」を新しい国づくりの理念として、あらゆる面で筋の通った「公正な国・日本」をつくる。

そのために、国民一人一人が自立し、国家としても自立することを目指す。

わが国社会の活力を高め、成熟した経済・社会を維持していくために、自由で透明な開かれた経済・社会の実現を推進する。

政府は、市場に直接介入して統制することを最小限にとどめ、公正なルールの策定と運営に当たる。

同時に、自由な競争は、社会の安定を保障するセーフティネットの確立が大前提であると考え、

その整備を進めて格差をなくし、様々な人たちがともに生き、

すべての国民が安全・安心の生活を送ることのできる社会をつくることを、民主党政治の最重要課題とする。

(以下、略。続きはここで読めます


◆コメント:実は私も今日、初めて知ったのです。

党首や、党幹部クラスの政治家の記者会見は、大抵翌日の新聞に載るが、速記録ではなく、「要旨」となる。

何を要旨に含めるべきかを判断するのは、要約する人間(記者)の主観だから、発言者が強調したいことが、

切り捨てられる場合がある。だから私はテレビのニュースか、ネット上で見られる記者会見の映像と音声で、

発言者の真意を確かめることがある。先ほど、偶々、18日に行われた民主党・小沢代表の記者会見を見ていて、

思わず吹き出した。

「福田さんがいってること、どこかできいたことあるな、と思ったら、私が20年前から言っていることですね(笑)」

これは、皮肉りたくなるだろう。


◆福田さん、大丈夫?ボケてない?

自民党総裁選で、ほぼ、勝ちが決まったようにいわれている、福田康夫氏。

福田氏の政権構想の基本は「自立と共生」という理念だそうだ。

ところが、民主党の政策マグナカルタ」を読めば分かるとおり、これは

そっくりそのまま民主党の政策の基本方針の最初に出てくる言葉である。

福田氏はそれを知っていて、政治家ならではの鉄面皮で「いや、あれを最初に考えたのは私なんだ」

とでも言うつもりなのか。まさかね。

小沢氏が20年来言っている言葉なので、言葉自体は覚えているが、誰の言葉か忘れたのか。

或いは、もともとこれが小沢氏の言葉であることを知らないのか。

いずれにせよ、結構恥ずかしいのですが・・・。

麻生さん、また口を滑らせて

「福田さん、アルツハイマーじゃないの?」

などと言わないように気をつけた方がいいですね。

どうにも頼りない。困ったことだ。

【読者の皆様にお願い】

この記事を読んで、お気に召した場合、エンピツの投票ボタンを押していただけると幸甚です。

画面右下にボタンがあります

|

« 「舛添厚労相、TBSに抗議 民主議員発言だけ放送は不公平」←すべきこと(社保庁の管理)をしなかった政権政党が偉そうに言うな。 | トップページ | 日本の「謝意」要請、混乱要因に=「国連外」活動評価に疑問の声も-安保理←自民党、あまりにも姑息、というか、分かっていない。 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/16508063

この記事へのトラックバック一覧です: 「行き過ぎた経済合理性は見直しも=福田元官房長官」←福田氏の政権構想の基本は、民主党と同じなんですけど・・・。:

« 「舛添厚労相、TBSに抗議 民主議員発言だけ放送は不公平」←すべきこと(社保庁の管理)をしなかった政権政党が偉そうに言うな。 | トップページ | 日本の「謝意」要請、混乱要因に=「国連外」活動評価に疑問の声も-安保理←自民党、あまりにも姑息、というか、分かっていない。 »