« 福田でも麻生でも良いから、自民党総裁=首相になったら、最初の仕事は衆議院の解散だ。 | トップページ | 「舛添厚労相、TBSに抗議 民主議員発言だけ放送は不公平」←すべきこと(社保庁の管理)をしなかった政権政党が偉そうに言うな。 »

2007.09.17

「美しい」音

◆かつて、毎コンの講評でホルンの千葉馨(かおる)氏が仰っていたこと。

今年の毎コンは、作曲、声楽、ピアノ、バイオリン、(←これは毎年あるのです)の他は、フルート、オーボエ、の各部門で競われます。ホルンはありません。

もう、随分前、10年以上も前になるでしょう。ホルン部門があった年、本選終了後、審査員の一人でN響の首席奏者を何十年もつとめあげた、

千葉馨さんという、私と同年配でN響を聴いた人なら知らない人はいないホルンの名手が、インタビューで、

「これからホルン奏者を目指す若い人たちにアドバイスはありますか」

と訊かれ、うーん、と一瞬考えた後、こう、おっしゃいました。
「そうですねえ・・・。まあ・・、寝ても覚めても、自分の出したい音が何なのか、美しい音は何なのかを探して、それに近づける努力をすることでしょうね」

当たり前のようでいて、あの千葉さんにして、きっといまだに、「寝ても覚めても」自分の求める音を探しているのだろうな、と思い大変感動しました。

(ご承知の通り、私は、こと音楽に関しては、感動の許容度が極めて低くなります・・・・・すぐに感動してしまうということです。念のため)。


◆音が綺麗でなくて良い楽器(歌)など、ありません。

音楽ですから、「音」が美しくなくてはいけません。

無論、特殊効果を狙って部分的にわざと「汚い」音をだすことはある。それは例外です。

最近私は、ジャーマン・ブラスで、ディキシーランドやラテンや、ラグタイムなどを載せていますが、あれをもう一度聴いて下さい。

スウィングしていても、汚い音は決して出していない。

ラテンでどんちゃん騒ぎをしているときでも、楽器からは常に美しい音が発せられています。

私は、クラシックしか音楽ではない、というほど狭量ではないけれど、

ギターの音をアンプで目一杯増幅して、鼓膜が裂けんばかりの音を出し、汚い声で歌う、と言うより怒鳴っている連中のパフォーマンス。

ああいうのは、音楽とは認めません。絶対に認めません。音が汚いからです。



お前のブログは時事問題を扱うものだろう。音がきれいとか、汚いとか言っている場合ではなかろう、と言われるかも知れませんが、

私にとって(青臭いことを言うようですが)音楽とは崇高なものなのです。おろそかに出来る問題ではないのです。


◆美しい音とは、こういうものです。

「美しい音」を言葉で説明する表現能力が私には無いので、私が「美しい」と感ずる音を聴いて下さい。

色々な楽器を集めてもいいのですが、とりあえずトランペットと、金管アンサンブルに絞りました。

チェコフィルの首席、ミロスラフ・ケイマルが吹く、「オン・ブラ・マイ・フ」です。





高音域でも音に緊張感がありません。鋭角的にならない。丸い、柔らかい音色のままです。



同じくケイマルが吹く、コレルリの原曲はバイオリンソナタですが、ソナタ第8番より「プレリュード」です。







トランペットの神様、モーリス・アンドレによる、テレマン、トランペット協奏曲より第一楽章です。







第四楽章です。







ずっと前に他界なさいましたが、音楽評論家の大木正興(まさおき)さんと言う方が、昔は一人で、NHKのクラシック番組の解説をしていました。

面白くもおかしくもない、真面目な先生なんですが、アンドレのことは珍しく絶賛していました。

「全く、このモーリス・アンドレという人。ラッパをくわえて産まれてきたのではないか、と思うほどであります。あの最後の高い音。あれだけでも大変なものだと思います。」

流石に長年、様々な音楽、演奏を聴いてきた方だけのことはあります。トランペットのソリストなんて、それまで日本に来たことがなかったのに、

大木さんは、アンドレの「美しい音」の素晴らしさを一編で見抜いたのですね。



最後に最近、私がハマりっぱなしのジャーマン・ブラスによる「G線上のアリア」をお聴き下さい。







ケイマルやアンドレと違って、最初の長い音に全くビブラートはかかっていませんが、これが管楽器の基本です。

長くて美しい音を出す訓練を全ての音域に亘って繰り返す。ロングトーンと言います。

どんな管楽器でもこれをやらないとダメなんです。メロディーなんか最初は吹かせて貰えません。

退屈ですよ。しかし、それに耐えられたものだけが上手くなる。

常に、美しい音を出すためには、大変な努力が必要です。


◆お薦めCD

ここで挙げたのは、過去に取りあげたものばかりなのですが、うっかり聴きのがした、とか、忘れた、という方もおられるでしょうから、

もう一度紹介します。

ミロスラフ・ケイマルのトランペットは、GLORIA-トランペット名曲集

モーリス・アンドレは、このバックは何とカラヤン=ベルリンフィルなんです。

Amazonにはなくて、タワーレコードだとトランペット協奏曲集、輸入盤で良ければ、HMVにもあります



ジャーマン・ブラスは、CDならば、バッハ・イン・ブラス、DVDならば、ジャーマン・ブラス・ゴーズ・バッハとなります。

CDはスタジオ、DVDはライブですが、両方とも聴いた私は、その違いの無さに驚きました。

【読者の皆様にお願い】

この記事を読んで、お気に召した場合、エンピツの投票ボタンを押していただけると幸甚です。

画面右下にボタンがあります

|

« 福田でも麻生でも良いから、自民党総裁=首相になったら、最初の仕事は衆議院の解散だ。 | トップページ | 「舛添厚労相、TBSに抗議 民主議員発言だけ放送は不公平」←すべきこと(社保庁の管理)をしなかった政権政党が偉そうに言うな。 »

クラシック」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

pecoさん、コメントをありがとうございます。

これは、文中でご紹介したとおり、元・チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の首席トランペット奏者

ミロスラフ・ケイマルという人の「グロリア」というアルバムの一部です。

トランペットには、親戚というか、兄弟というか、

細かいことを言うと、別の楽器の系列に入るのですが、トランペット奏者ならば演奏できる

楽器がいくつかあります。

コルネット、フリューゲル・ホーン、ポスト・ホルン、コルノ・ダ・カッチャなど。

オンブラ・マイ・フは、リンクを貼らせて頂いている、プロのクラリネット奏者、

Nべさんによると、フリューゲルホーン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%AB%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%B3

によるものではないか、と。確かにトランペットだとここまで高音で柔らかい音は出ません。

>良いなぁ~と思っても
>どう表現して良いのか分からないから、
>この曲、良いですね、良い音ですねとしか

故・岩城宏之さんが、生前、なんども書いていましたが、素人はそれで良いのです。

なんだか理屈っぽく音色が綺麗だということを「分析的に論じ」なければならない理由など全く無い。

「綺麗だな」と思えればそれで良いのだと思います。

投稿: JIRO | 2010.02.27 19:27

JIROさん
どれもきれいな音ですよね。
管楽器の種類はもちろん、
この音は何の楽器でしょう?と聴かれても良く分かりません。
良いなぁ~と思っても
どう表現して良いのか分からないから、
この曲、良いですね、良い音ですねとしか
言えないです...
キーンとしない柔らかな音がとても好きです。

投稿: peco | 2010.02.24 01:09

Nべさん、わざわざ、ご丁寧に、ありがとうございます。

Nべさんは正直な方ですねえ。種明かしして下さらなくても、構わなかったのですが、お書きになるとは。

お会いしたことはありませんが、Nべさんの誠実なお人柄に感銘しました。

そうですよね。メーカーまで分かりませんよね。

そのことに気付かなかった、私の方がバカでした。却って申し訳ございませんでした。

投稿: JIRO | 2007.09.24 23:25

>Nべさんはプロでいらっしゃるから、こんな事を書いては失礼ですが、メーカーまで分かるとは(ヤマハの金管はウィーン・フィルをはじめ、ヨーロッパでかなり使われているような話は聞いたことがありますけど・・・他にもいくらでもメーカーがありますからね)流石ですねえ。


すいません、実は某雑誌(いつものパイパーズ)で、ケイマルがインタビューを受けていたのです。

ヤマハの宣伝のページです。B管はボビー・シューモデルを使っている、見たいな話でして…。チェコフィルにもヤマハは結構浸透しているようです。
フリューゲルのメーカーも、そこからの類推であります。
 
 
いくらなんでも、聴いただけでメーカーを当てることは不可能であります(苦笑)。セルマーのクラリネットの音は少し独特だから、分からないでもないですが…。
 
 
種明かしをしてしまえば、何でも無い話でした。申し訳ないです!

投稿: Nべ | 2007.09.24 23:15

さざ波様、いつもコメントをありがとうございます。

レスが遅くなり、失礼いたしました。

>ご紹介の美しい音色、朝食の時、次々とクリックして、夫と共に楽しみました。

大変光栄です。先生にもよろしくお伝えください。

>処で、千葉馨さんを、高校生が04年10月4日電話インタビューした記事が有ります。

これは、よく御存知で、というと失礼なんですが、オーケストラのホルン奏者の名前まで御存知という方はあまりいないのです。ピアノ、ヴァイオリンのソリスト、オペラ歌手、指揮者の名前は知っていても・・・。

大変に貴重なサイトを教えて頂き、感謝の言葉もありません。千葉馨先生は、このようにアマチュア(つまり、お客さん側の人間)にはとても寛容で、テレビ(主にNHK)にも何度もお出になりましたが、いつもニコニコしていらっしゃいます(今日の料理で見事な包丁さばきをお見せになったこともあります)が、お弟子さんには大変厳しい。意地悪じゃなくて、キビシイというお話です。怒鳴らないけど、弟子の演奏に不満、問題があると、しばらく黙っているらしいのです(これ、怖いですよね)。勿論滅多なことでは弟子になれません。

その千葉馨さんは、本当にカラヤンから、ベルリン・フィルに来ないか、と誘われたそうです。伝言した故・岩城宏之さんが本(棒振りのカフェテラス)で書いていますから本当です。しかし、うっかり異質な演奏スタイルの人間が入ると、ベルリン・フィルの他のプレーヤーから演奏上の「イジメ」に遭い、追い出されてしまいます。過去に、そういう例が遭ったのを知っていた千葉さんは、「ベルリンには、美味い刺身や焼き魚がねえだろうからな、ま、止めとくよ。そう伝えてくれ」と岩城さんに云ったのだそうです。

カラヤンに一目惚れされるほどの千葉さんが、いまだにデニス・ブレインを「神様」と呼んでいます。神様の神様ですから、ブレインが如何に不世出の大天才だったか、分かろうというものです。デニスブレインに関しては、「奇跡のホルン」という本があります。↓

http://qrl.jp/?274418

ただ、世のホルン吹きが皆買ってしまい、今は品切れなのか、絶版なのか、少々庶民には高い値段となっておりますが、内容は一般の方でも面白いと思うのです。

>JIROさんのお蔭で、音楽音痴の私が、色々なことで楽しませて戴いています。
>車のCDは、JIROさんお薦めのものばかり。理論が判らなくても、いい音楽が、
>徐々に体に染み込み、何かいい人になって来てるような気がします。

最高のお褒めの言葉で忝なく存じます。

本日(09月23日(日)の最新記事もご覧の通り音楽関係ですので、お気が向いたときに眺めていただければ幸甚でございます。

長くなりましたが、それでは、失礼申し上げます。
________________________________________

Nべさん コメントをありがとうございます。レスが遅れてすみません。

>オンブラ・マイ・フはフリューゲルホルンでの演奏でしょうね。たぶんヤマハです。

あ、納得。トランペットじゃいくらなんでも、あそこまで柔らかい音は出ないし、コルネットの音でもない。恥ずかしながら私は、フリューゲルホルンって、吹いたことも、触ったことも、生で聴いたこともないのです(^^ゞ。Nべさんはプロでいらっしゃるから、こんな事を書いては失礼ですが、メーカーまで分かるとは(ヤマハの金管はウィーン・フィルをはじめ、ヨーロッパでかなり使われているような話は聞いたことがありますけど・・・他にもいくらでもメーカーがありますからね)流石ですねえ。


>良い音。たぶん皆で顔突き合わせて考えると、一生かかってしまうか、3分で終わってしまうかの極端な話題だと思います。

「良い音」「美しい音」で話すと一生かかるけど、「好きな音」だったら、議論しても仕方がないから3分で終わるでしょうね。 例えば、私はウィンナー・オーボエの音、美しいとは思いますが、余り好きではないです。1977年に来日したときに、FM生中継で聴いたのですが、音色にもの凄い違和感がありました(当時、子供でしたから、「ウィンナー・オーボエ」(ホルンも)の存在を知らなかったのです。

今は大分慣れましたが、どうも今ひとつ気になります。

「美しい音」であるかどうかは主観的な判断ですが、客観的に「どう聴いても汚いとは言えない音」と「どう聴いても美しいとは言えない音」がありますね。当たり前か。失礼しました。

投稿: JIRO | 2007.09.23 12:45

粗忽者で、肝腎のものを貼り忘れていました。
千葉さんのインタビュー記事は、これ↓です。
http://www.geocities.co.jp/MusicHall/1921/kaoru_chiba.html

投稿: さざ波 | 2007.09.20 19:01

ご紹介の美しい音色、朝食の時、次々とクリックして、夫と共に楽しみました。
食卓の端っこに私のPCが有るという万能テーブル、だらしない我が家です。

処で、千葉馨さんを、高校生が04年10月4日電話インタビューした記事が有ります。
兵庫県立明石南高等学校の放送部が、2004年兵庫県高校総合文化祭で制作した、
「蘇る神の音色」という放送ドキュメント部門エントリー作品です。

これを読むと、千葉さんの穏やかなお人柄が判り、惹き込まれました。
《師匠・デニス・ブレイン》との経緯を、高校生に淡々と話していらして、
その人をJIROさんが取り上げていらっしゃることで、益々、嬉しくなりました。

JIROさんのお蔭で、音楽音痴の私が、色々なことで楽しませて戴いています。
車のCDは、JIROさんお薦めのものばかり。理論が判らなくても、いい音楽が、
徐々に体に染み込み、何かいい人になって来てるような気がします。

投稿: さざ波 | 2007.09.20 18:56

ケイマル、いいですね。消防音楽隊の後輩が大好きだったのを思い出します。オンブラ・マイ・フはフリューゲルホルンでの演奏でしょうね。たぶんヤマハです。そして今年引退だとか。残念です。
 
 
 
良い音。たぶん皆で顔突き合わせて考えると、一生かかってしまうか、3分で終わってしまうかの極端な話題だと思います。

でも、どんな音の持ち主でも、究極的にはKenさんのおっしゃる、「管が鳴る」が理想なはず。

いや、そうであって欲しい…。

投稿: Nべ | 2007.09.18 01:26

Kenさん、感激して頂けて光栄です。

この録音が発売されたのは、私が高校生のときですね。ちょうど30年前です。

私も初めてテレマンを聴いた時、あまりの美しさに、動けなくなり、ハラハラと涙がこぼれたのを覚えています。

それから30年間聴き続けているけど、聴く度に感激します。 聴き手を30年間感動させ続ける、アンドレの表現力、
圧倒的な「音の美しさ」は大変なものですね。


>ジャーマンブラスなんか、明記されてなかったら、最初に音が鳴ったとき、「え? 何の楽器の音? オルガン? 違う!」
>・・・だいたいこんなプロセスじゃないんですか?

そうだね。確かに。オルガンに聞こえても不思議じゃない。

>「管が鳴る」のであって、楽器が吹かれているのではない。

あれかあ。「楽器がなるのを邪魔しない・・・・」これが、どうも最高の境地のようですね。

投稿: JIRO | 2007.09.18 00:07

テレマン、聞いてて泣いちゃいました!
まいったなあ。

ジャーマンブラスなんか、明記されてなかったら、最初に音が鳴ったとき、「え? 何の楽器の音? オルガン? 違う!」
・・・だいたいこんなプロセスじゃないんですか?

「管が鳴る」のであって、楽器が吹かれているのではない。

投稿: ken | 2007.09.17 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/16480607

この記事へのトラックバック一覧です: 「美しい」音:

« 福田でも麻生でも良いから、自民党総裁=首相になったら、最初の仕事は衆議院の解散だ。 | トップページ | 「舛添厚労相、TBSに抗議 民主議員発言だけ放送は不公平」←すべきこと(社保庁の管理)をしなかった政権政党が偉そうに言うな。 »