« 10月27日はパガニーニ(1782~1840)の誕生日です。 | トップページ | 「JIROの独断的日記」1800号です。楽しい曲、懐かしい曲、芸術的な曲(とCD)をご紹介します。 »

2007.10.28

「青空文庫、6500作品入りDVD-ROMを図書館に寄贈」←青空文庫は無料(タダ)が当たり前、と思うべきではない。

◆記事:青空文庫、6500作品入りDVD-ROMを図書館に寄贈(10月27日1時7分配信 ITmediaニュース)

(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071027-00000007-zdn_n-sci)

青空文庫は、名作小説など6500作品を収録したDVD-ROM「青空文庫 全」を、全国約8000の図書館に10月末から寄贈する。

青空文庫で10月1日までに公開した、著作権保護期間が切れた作品を収録した。

収録したのは、夏目漱石、芥川竜之介、太宰治など作家・翻訳家407人分の作品。

公共図書館や大学付属図書館などには10月末に、高校図書館には11月20日ごろに届ける。

付属の冊子ではDVD-ROMの使い方のほか、青空文庫の成り立ちを解説。

著作権保護期間延長に反対する青空文庫の考えも盛り込む。


◆コメント:人は最初は他人の善意に感謝するが、直ぐに狎(な)れ、「当たり前」と思うようになる。

インターネットに接続できる環境にいて、青空文庫を知らない人は、まずいないだろうから説明を省く。

沿革とか、文字を入力している人々(青空文庫では「工作員」という)について詳しく知りたい方は、青空文庫早わかり

をご覧になることをお薦めする。

「青空文庫早わかり」の本文冒頭は次の一文で始まっている。

青空文庫は、利用に対価を求めない、インターネット電子図書館です。

この世知辛い世の中で「青空文庫」ほど寛大なプロジェクトを日本においては、他に知らない。

利用に対価を求めない。というのは、資本主義の原則に反した、無償の行為だ。
どうぞすきなだけ、引用して下さい。どの作品のどのページにも自由にリンクを貼って下さい。

ファイルのコピーも構いません(著作権法に抵触しない限り)。印刷してテキストに使って下さい。

ということなのだ。繰り返すが、他にこんなプロジェクトがあるだろうか。


一つ一つの文学作品は、ボランティアの工作員が、一文字ずつパソコンに入力しているのである。

これがどれだけ大変か。


試しに漱石の「坊っちゃん」の第一章を、

テキストエディタでもワープロソフトでも良いから、実際に入力してみると良い。

第一章とは「親譲りの無鉄砲で小供の時から損ばかりしている。」に始まり、四国の中学に赴任する為、

汽車に乗るところ。本件の本題から逸れるが好きな場面なので引用する。

・・・停車場へ着いて、プラットフォームの上へ出た時、車に乗り込んだおれの顔をじっと見て、

「もうお別れになるかも知れません。随分ご機嫌よう」と小さな声で云った。目に涙が一杯たまっている。

おれは泣かなかった。しかし、もう少しで泣くところであった。汽車がよっぽど動き出してから、

もう、大丈夫だろうと思って、窓から首を出して、振り向いたら、やっぱり立っていた。何だか大変小さく見えた。

で終わる(この部分だけを抜粋すると一回も名前が出ない事に気が付いた。「随分ごきげんよう。」と云ったのは言うまでもなく、清である)。

この最後だけでもわずか188文字だが、漢字の用法、送り仮名、句読点などを正確に入力するには、

随分気を遣う。冒頭も、「親譲りの無鉄砲で小供の時から・・・」で「小供」となっている。普通に変換したら当然「子供」になる。



私は工作員ではないが、このようにすこし想像すれば、青空文庫の作品収録数、6500の凄さが分かろう。

(尤も、作品の中には、詩一編だけ、というのもあり、それは2行で1作品にカウントされる。が、それはやはり例外である。


◆人間というのはあきれるほど図々しい生き物だ。

「青空文庫は、利用に対価を求めない、インターネット電子図書館です。」と宣言するだけあって

青空文庫自体が何も問題視していないのだから、大きなお世話なのだが敢えて記す。

世の中には、青空文庫から文庫本(紙の文庫本)を作り1冊100円で売っている会社がある。

ニンテンドーDS用に作ったDS文学全集も元本は青空文庫だ。

お風呂で読める本も、大きな活字の文庫も青空文庫を使った商品である。

商品を作ること自体いいですよ。青空文庫は自由に使って下さいと云っているのだから。

但し、これらの商品のどれも手にしたことがないから、分からないけれども、この作品のテキストは青空文庫から収録した。

感謝する、という記述はあって然るべきだ。世の中ケチでセコい奴が多いから、

「青空文庫が、『対価を求めない』と明言しているのだから、礼を云う必要はない」

という意見が多いのだろうか。そういうところで育ちが分かるってもんだ。

私がこれらの製品を作って売る会社の経営者だったら、
本製品のテキストはインターネット図書館「青空文庫」を全面的に利用させていただきました。

青空文庫を創りあげた関係諸氏に、厚く御礼申し上げます。

という意味の(もう少し文章を練るけれども)文言を表示させ、任天堂なんか散々儲けているのだから、

DS文学全集の売り上げから、なにがしか青空文庫に御礼をするように、命ずるであろう。



なお、今回青空文庫が図書館に配布するものとは異なるが、インターネット図書館 青空文庫というDVD付の本がある。

5,000を超える数の文学作品がDVDに収められている。

【読者の皆様にお願い】

この記事を読んで、お気に召した場合、エンピツの投票ボタンを押していただけると幸甚です。

画面右下にボタンがあります

|

« 10月27日はパガニーニ(1782~1840)の誕生日です。 | トップページ | 「JIROの独断的日記」1800号です。楽しい曲、懐かしい曲、芸術的な曲(とCD)をご紹介します。 »

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

書評」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

そうです。青空文庫のサイト
http://www.aozora.gr.jp/guide/nyuumon.html#katsudou

に書かれています。

投稿: JIRO | 2008.07.05 03:02

入力作業は本をスキャナで取り込んで、
OCRソフトでテキストに変換しているのでは
ないのですね。

投稿: ひまじん | 2008.07.05 02:54

あつし様、コメントをありがとうございます。

>青空文庫は利用に対価を求めていませんが、やはり「営利を目的として商用利用する」場合は、その利用に対して対価を
>支払うべきというのが私の感想です。ファイルの複製や再配布も認められていますが、これはあくまでも多くの人に作品
>を広げるためであって、金儲けのために「タダで」複製や再配布をしてもいいとは思えないのです。

これが、全く同感なのです。

>ですから商用利用する場合はそれ相応の対価を支払うなり、対価を支払う代わりに企業から青空工作員を参加させるなどして、
>文庫の活動に協力するのが利用する側の義務ではないでしょうか。

全くそのとおりですね。いもはんださんが教えて下さったのですが、任天堂は青空文庫の入力作業に協力しているようですが、
「労働の提供をもって対価とする」だけでよいのか。という気がします。

青空文庫のトップページ
http://www.aozora.gr.jp/#main

には、確かに多謝に混じってバナーも出していますが・・・。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

いもはんだ様、コメントをありがとうございます。

私の思考から欠落していた部分を、大変見事に(失礼な言い方かも知れませんが)補完して下さり、ありがとうございます。

OSSという概念は全く私の頭では浮かばなかったのです。確かに任天堂は、「工作員」として入力作業をしていますね。

また、任天堂のサイトに、

青空文庫 富田倫生氏インタビュー
http://www.nintendo.co.jp/nom/0710/p2/index.html

が、載っていて、富田氏は別に不満そうではなさそうです。バナーも貼っていますね。

ただ、DS文学全集というソフトの売れ行きにもよりますが、任天堂がやたらと熱心になってしまい、長年コツコツと工作員を務めてきた方々を差し置いて、

「あの作品も入れよう、この作品も入れよう」と言うことにならないかな、というのが、取り越し苦労でしょうが少し心配です。

投稿: JIRO | 2007.10.30 23:50

私もそう思います。
ただし、商用利用はもっと積極的に展開した方が良いと考えます。
青空文庫は、基本的にOSS(Open Source Society)と同じ考え方なのだと思います。OSSの成果物で自由にビジネスをしても構いませんよ、ただし開発に加わってください。
OSSはビジネス展開があるからこそ大いに発展しました。それと同じ事が、青空文庫でも起きればよいと思います。

他3社は知りませんが、任天堂は青空文庫に貢献していますね。DS文庫100作品中6作品は任天堂で入力して青空文庫で公開する、としています。
青空文庫の工作員任天堂 (site:www.aozora.gr.jpでGoogle検索)を検索してみたところ、実際にはもう少し入力しているようです。バナーを見る限りでは、スポンサーでもあるようですし。

投稿: いもはんだ | 2007.10.30 12:31

こんにちは。青空文庫、よく利用させていただいてます。
青空文庫は利用に対価を求めていませんが、やはり「営利を目的として商用利用する」場合は、その利用に対して対価を
支払うべきというのが私の感想です。ファイルの複製や再配布も認められていますが、これはあくまでも多くの人に作品
を広げるためであって、金儲けのために「タダで」複製や再配布をしてもいいとは思えないのです。

青空文庫早わかりの中に
「多くの人に、快適に作品を味わい、自由にファイルを使ってもらうことは、この場を整えている私たちの願いです。」

とあるように、青空工作員の方々は多くの人に「快適」にファイルを使ってもらうことを希望されています。ですから商用
利用する場合はそれ相応の対価を支払うなり、対価を支払う代わりに企業から青空工作員を参加させるなどして、
文庫の活動に協力するのが利用する側の義務ではないでしょうか。

投稿: あつし | 2007.10.29 11:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/16902256

この記事へのトラックバック一覧です: 「青空文庫、6500作品入りDVD-ROMを図書館に寄贈」←青空文庫は無料(タダ)が当たり前、と思うべきではない。:

« 10月27日はパガニーニ(1782~1840)の誕生日です。 | トップページ | 「JIROの独断的日記」1800号です。楽しい曲、懐かしい曲、芸術的な曲(とCD)をご紹介します。 »