« 「時効で失われた年金、8年間で2千億円超」←社保庁の使い込みで失われたのは5.6兆円。 | トップページ | バッハのオルガン曲を様々なアレンジで(不備ファイル差替済)/ベートーベン交響曲全曲演奏(その5)第二番 第一楽章 »

2007.11.18

「温暖化対策、2050年までに300兆円必要・IPCCが試算」←カネで解決するのかね。 /ベートーベン1番終楽章

◆記事:温暖化対策、2050年までに300兆円必要・IPCCが試算 (日経 11月17日(土) 20:33)


【バレンシア=下田敏】国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は17日、

バレンシアで開いた総会で第4次報告を採択した。地球温暖化の進行を抑えるには、

2050年までに全世界の国内総生産(GDP)の最大5.5%(約300兆円に相当)が必要になると試算。

「今後20―30年間の削減努力と投資が大きな影響を与える」と、国際社会の取り組みを訴えた。

今年前半に開いた三つのIPCC作業部会の評価報告を統合したもので、6年ぶりの研究成果となる。

国連の潘基文事務総長は同日の記者会見で「国際社会の協力による持続的な行動で破滅的なシナリオは回避できる」と強調した。

報告は早急な対策がなければ、地球の平均気温が今世紀末に最大で6.4度上昇するなど事態が深刻化すると警告。

気温の上昇幅を2―3度に抑えなければ世界的に損失が拡大すると指摘したうえで、

影響の抑制には50年までに二酸化炭素(CO2)など温暖化ガスの排出を半減させる必要があるとした。


◆何度も書いたとおり、国連環境計画(UNEP)は8年前から「温暖化の進行を防ぐのは、すでに手遅れ」といっているのですよ。

IPCCの発表は、一般紙では、もう少し危機感を煽るような見出しになっています。

(どの記事もすぐにリンク切れになるでしょうから、ウェブ・キャッシュ保存サービスで取得した、各ページのキャッシュのURLを添えておきます。)


読売新聞記事キャッシュ:http://s01.megalodon.jp/2007-1118-1234-10/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071117-00000012-yom-soci

毎日記事記事キャッシュ:http://s03.megalodon.jp/2007-1118-1224-19/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071117-00000107-mai-int

NHK記事キャッシュ:http://s02.megalodon.jp/2007-1118-1227-58/www3.nhk.or.jp/news/2007/11/18/k20071117000138.html


という具合。私に言わせれば、何故今まで報道しなかったのか?ということです。遅いのですよ。

拙ブログを御愛読下さっている皆さんはお分かりと思うけれども、IPCCの母体のひとつである、

国連環境計画(UNEP=United Nations Environment Programme)という組織ががあります。1973年3月に設置されました。

UNEPも国家間の利害の対立とは無縁ではないでしょうが、IPCCより純粋に学術的な調査を行っていると思います。
JIROの独断的日記で、過去随分取りあげましたが、UNEPは1999年、地球環境概況2000というレポートを発表しています。今から8年前ですね。

このレポートの、概況と提言には、次のように書かれています。


  • 地球規模の水循環は、今後数十年間に予想される需要を満たすことができそうもない。

  • 土地劣化が農業の生産性と可能性を押し下げている。これらの損失は、農地の拡大や生産性の向上によってもたらされた改善の多くをうち消している。

  • 熱帯林の破壊の速度が速く、取り返しのつかない損失を防ぐことができない。失われた森林を取り戻すには何世代も必要であり、森とともに失われた文化は決して回復できない。

  • 環境悪化が目に見えるようになるまでには時間がかかり、政策立案者の反応も遅いため、地球上の多くの種が、すでに失われたかあるいは絶滅の危機に瀕している。かつて地球上に見られた多様な生物種の全てを保存するには手遅れである。

  • 多くの海洋漁業では、過剰捕獲が続けられており、資源の回復は遅い。

  • 人間の活動により、世界のサンゴ礁の半数以上が危機に瀕している。そのうちのある程度は生き残るであろうが、多くは手遅れである。

  • 開発途上地域の多くの大都市において、大気汚染問題が深刻化し、多くの住民の健康を損ねている。

  • 温室効果ガスの排出量増加により、地球温暖化を防止するのはおそらく手遅れであり、更に、京都議定書において合意された多くの目標は達成されないかもしれない。

一番最後に一番恐ろしいことが書いてありますね。
地球温暖化を防止するのはおそらく手遅れ

さらに、地球環境概況2000の初めのほう、主要な環境の動向というページの右側、オレンジ色の部分、上から四番目に書かれている言葉。
もし、現在の消費傾向が続くならば、2025年には地球上の3人に2人が水問題に直面することになる。

私はこれを、ずっと繰り返しかいているのですけどね。大メディアは全然取りあげなかったですね。

或いは、国民がパニックを起こすと行けないから、敢えてニュースにするな、と日本国政府から命ぜられていたのでしょうか。


◆UNEP(国連環境計画)は今年のレポートで、より危機的な状況を伝えています。

UNEP(国連環境計画)は、つい先だって、地球環境概況2000の「続編」とでもいうべき、GEO-4を発表しました。

残念ながらまだ、邦訳は出ていませんが、要点は、ここに書いてあります。

冒頭だけ引用させてもらいます。

国連環境計画(UNEP)は、『地球環境概況(GEO-4)』を発表し、地球上の気候変動や生物種の絶滅、人口増加と食糧不足などの問題は未解決のままであり、人類の脅威であると警告を発した。

要するに、放っておくと、人類は滅亡するぞ、ということですね。

「滅亡」ではあまりに恫喝的なので、「人類の脅威」にしたのでしょうが、実態は同じ事です。


◆地球温暖化対策がビジネスになるのですが・・・・。

冒頭、引用した記事は日本経済新聞の記事ですが、さすが日経ですね(というか日本人ですね)。何でもおカネに換算する。

温暖化対策、2050年までに300兆円必要

人類が存続するために、2050年までに必要なお金がちょうどキリの良い300兆円であるとは、信じがたい。適当でしょう。

しかし、人類はやはりおろかというか、温暖化まで商売にしているのです。

京都議定書には、独特の「逃げ道」がありまして、これを京都メカニズムといいます。

中国なんか、CO2を出しまくっている途上国に、例えば日本が資金提供や技術指導をして、途上国が排出する温室効果ガスの量を減らしたら、

その削減量に応じて、途上国から、CO2排出権を獲得出来るのです。

そして、そういう指導をして排出権を獲得した日本企業(最初にやったのは日揮、丸紅、大旺建設ですが)は、その排出権を日本の電力会社や鉄鋼メーカーに売るのです。

前述のとおり、京都メカニズムで認められていることなのですが、こういう意識の持ち方では、あまり地球環境の改善は望めませんね。

地球温暖化の原因であろうとされている温室効果ガスの最たるものはCO2です。

これは、石油・石炭などの化石燃料を燃やして発電することによって大量に発生するわけです。

原子力発電は、この点良いのですが、安全性・信頼性が今ひとつです。

となると、我々が使うエネルギーを劇的に減らすしかないのですが、無理でしょ?

冬、暖房無しで過ごせますか?夏、エアコンをつけないでいられますか?テレビやパソコンや、携帯を使わないでいられますか?

或いは、CO2排出量を減らさなくても、大気中のCO2濃度を大幅に削減する画期的な方法が有るのでしょうか?

理科系の思考に弱い私には、分かりません。頭の良い方、何か方法があるなら、是非教えて下さい。皆さん知りたいと思います。

それができないということになれば、人類は滅亡への道をひた走ることになるのは、ほぼ明らかではないでしょうか?


◆ベートーベン交響曲全曲演奏(その4)交響曲第一番より第四楽章

交響曲第1番の終楽章です。この楽章は、アダージョではじまり、すぐアレグロになるのですが、

アダージョ、面白いのです。最初、フォルティッシモで、「ソ」の音がズシーン、と鳴ります。そのあと。

よく聴いてみて下さい。音が上に一つずつ伸びていく。リズムを省略して音だけ書くと、

ソ、ソラシ、ソラシド、ソラシドレ、ソラシドレミ、ソラシドレミファー・・・・。以下、アレグロとなるのです。

ベートーベンってのは、いろんな事思いつくんです。それから、私が大好きなのは、ティンパニの強打。

再生開始後、5分7秒と5分11秒。「ダ・ダ・ダ・ダ・ダーーーン」を2度演ります。気持ちよさそうですねー。

これ、叩いてみたいなあ(笑)。この楽章、私大好きなんですよ。皆さんにも気に入っていただけたら嬉しいです。







まだ、前の時代の人の様式を脱していないけど、堂々たる名曲だと思います。

それでは。

【読者の皆様にお願い】

この記事を読んで、お気に召した場合、エンピツの投票ボタンを押していただけると幸甚です。

画面右下にボタンがあります

|

« 「時効で失われた年金、8年間で2千億円超」←社保庁の使い込みで失われたのは5.6兆円。 | トップページ | バッハのオルガン曲を様々なアレンジで(不備ファイル差替済)/ベートーベン交響曲全曲演奏(その5)第二番 第一楽章 »

オーケストラ」カテゴリの記事

クラシック」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

地球温暖化」カテゴリの記事

環境問題」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

Kenさん、うれしいコメントをありがとうございます。

>実は、中学3年までには、ベートーヴェンのどのシンフォニーのどの辺りにはどんな楽器が
>出てくるかまですっかり覚えたくらいに、私はベートーヴェンの交響曲のマニアでした

何から聴き始めるかは確かに自由だし、何を聴くかも自由なんですよね。それは百も承知ですけど、やっぱり最初にベートーベンのシンフォニーを全部聴いているってのは、「クラシック聴き」の基本なんだよね。いや、聴くだけじゃなくて、朝比奈先生が言っていたように、棒振りも、オケマンも、これを全部覚えるのが基本じゃないかなあ。

「初演魔」の岩城さんだって、最後はやはりベートーベンに回帰しましたよね。「ベートーベンを振りながらなら死ねる」って。一日で全曲演るのは、いくら何でも無茶だろうと思ったけど、ほんの一部だけど、録音を聴いたら、無駄な力が抜けて、オーケストラが実にのびのびと鳴っていました。カラヤンに言われた「オーケストラを『ドライブ』するのではなく、『キャリー』するのだ」という境地に達したのだと思いました。

>とくに、第1からして既に、ベートーヴェンはハイドン的でもモーツァルト的でもない、
>すなわち正当な古典派的ではなかったことが、こんなにはっきり分かったのは、私にとっ
>て初めてのことでした。

そうなんですよね。「一番からベートーベン」なのですよね。

私は曲が進行するにつれて、ベートーベンの音楽に抱いた、炎のような情熱に胸を打たれます。
新日フィルも希代の名演だと思います。ベートーベンが上から振ったいるみたい。素晴らしい。本当に素晴らしい。

投稿: JIRO | 2007.11.18 22:08

実は、中学3年までには、ベートーヴェンのどのシンフォニーのどの辺りにはどんな楽器が出てくるかまですっかり覚えたくらいに、私はベートーヴェンの交響曲のマニアでした。曲当てクイズでは最初の一音がなっただけで当たるので、一緒に参加した子に「こうこたえな!」って教えてやって、景品を分け合ったのが楽しい思い出です。・・・いまじゃ随分忘れてます。。。
(T_T)

第1、堪能させて頂きました。
終楽章までどんな演奏なのかな、とワクワクしていましたが、今ではこれだけベートーヴェンの「ロマン派的側面」をきちんと浮き彫りにしてくれる演奏には、もう巡り会えないような気がします。
とくに、第1からして既に、ベートーヴェンはハイドン的でもモーツァルト的でもない、すなわち正当な古典派的ではなかったことが、こんなにはっきり分かったのは、私にとって初めてのことでした。
・・・貴重です!

あ、メインの話題の方へのコメントでなくて、ごめんなさい。

投稿: ken | 2007.11.18 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/17104318

この記事へのトラックバック一覧です: 「温暖化対策、2050年までに300兆円必要・IPCCが試算」←カネで解決するのかね。 /ベートーベン1番終楽章:

» FX申告漏れ224億円 [FX申告漏れ224億円]
FX申告漏れ224億円FXは、手軽に出来る取引として一般サラリーマンや主婦の間にも広まっている。小資本で多額の利益を狙える・・外国為替証拠金取引(FX)・・の個人投資家を、全国の国税局が調査した結果、総額224億円の申告漏れが見つかった。この事は、FXの取引を扱う店頭業者が投資家の取引内容を税務署へ報告する義務が無い事から、多くの申告漏れがあり、主婦等の投資家が脱税容疑で刑事告発された。投資家約千人を税務調査した、国税局によると、一人当たりの申告漏れは平均二千百七十六万で、五百三十三万の追徴金となり... [続きを読む]

受信: 2007.11.18 04:28

» ネット右翼曰く「1万3千人から2万人いれば日本政府の政策を変えることが出来る」らしい [アッテンボローの雑記帳]
 事の発端は11日に「捏造こめて-自民軍球団歌-」と言う替え歌を掲載したことに対 [続きを読む]

受信: 2007.11.19 00:15

« 「時効で失われた年金、8年間で2千億円超」←社保庁の使い込みで失われたのは5.6兆円。 | トップページ | バッハのオルガン曲を様々なアレンジで(不備ファイル差替済)/ベートーベン交響曲全曲演奏(その5)第二番 第一楽章 »