« 「守屋氏『久間・額賀氏が同席』・山田洋行との宴席 」「全く記憶にない=宴会同席で財務相」←「記憶にない」とは懐かしい言葉だ。 | トップページ | 「温暖化対策、2050年までに300兆円必要・IPCCが試算」←カネで解決するのかね。 /ベートーベン1番終楽章 »

2007.11.17

「時効で失われた年金、8年間で2千億円超」←社保庁の使い込みで失われたのは5.6兆円。

◆記事1:時効で失われた年金、8年間で2千億円超 (11月16日22時38分配信 読売新聞)

社会保険庁は16日、2004~06年度の3年間で、年金の受給開始の請求が遅れたために、

5年間の時効によって受け取れなくなった年金が、5万8355人分計886億円に上るとする推計を明らかにした。

すでに判明している1999年~03年度の時効分の年金計1155億円と合わせ、

8年間で2000億円超の年金が時効で失われたことになる。

社保庁が16日の衆院厚生労働委員会で、自民党の冨岡勉氏の質問に答えた。

社保庁によると、04~06年度に、年金を新たに受け取った約482万人のうちの約1・2%で、

請求の遅れが原因で時効になった年金が見つかった。

06年度では、年金の受給を始めた165万411人中の20505人に時効分の年金があり、

1人当たり平均約162万円を失った計算だ。


◆コメント:それで、時効になった2千億円をまた社保庁の奴らが使い込むのかい?

社保庁の仕事(といえるだろうか?)の杜撰さは、今や日本中に知られている。

これは、ひとえに、民主党の長妻昭衆議院議員の地道な仕事のおかげである。

時効になった2千億円、と社保庁は平気でいうが、社保庁による、年金掛け金の流用額は

5兆6千億円である。

国民が預けた金を「兆」の単位で使い込みをしておきながら、国民には年金請求期間の「時効」を

設定するなど、盗人猛々しい。

そんな「時効制度」はさっさと撤廃しろ、といいたい。

何故なら、次のような恐ろしい記事を私は発見してしまったのである。

◆記事2:年金記録:訂正審査まだ2.3% 終了に10年かかる?(毎日新聞 2007年11月15日 2時30分)

支払った年金保険料の記録がなくなる「消えた年金記録」問題で、

総務省年金記録確認第三者委員会は6月に納付記録の訂正審査を始めたが、

これまでに寄せられた訂正申し立て約2万5000件以上のうち、わずか1.8%しか認められていないことが分かった。

訂正が認められなかったものを含めても2.3%しか審査できていない。

第三者委関係者から「単純計算すると、審査終了まで10年以上かかる」との声も出ている。

総務省は6月25日、省内に中央第三者委を発足させ、それまでに社保庁に寄せられた訂正相談などを審査。

全国50カ所の地方第三者委でも7月17日から訂正申し立てを受け付けている。

委員は弁護士、社会保険労務士、税理士ら。確定申告や家計簿、店の帳簿などの資料、

本人や家族、同僚らの証言から訂正の正否を審査する。「明らかに不合理でなく確からしい」

なら訂正を認めるのが基本方針で、認めれば社保庁に訂正をあっせんする。

第三者委が今月11日までに受け付けた申し立ては計2万5641件(中央318件、地方2万5323件)。

しかし、訂正が認められたのは470件(中央114件、地方356件)で、わずか1.8%。

認められず訂正不要と判断された129件(中央21件、地方108件)と合わせても、全体の2.3%しか処理できていない。

審査に時間を要するのは、直接証拠がなく、本人の記憶以外に資料が乏しかったり、

支払いを推定させる証拠を探すのに時間がかかるケースが多いことが主な原因とみられる。

第三者委は委員の増員など迅速に審査する方法を検討している。

記事1によれば、年金支給開始を請求する期間は5年だという。

記事2によれば、「消えた年金記録」の審査終了までに10年かかるという。

審査が終わったときには、時効成立で年金を受け取れない、などと言い出しても不思議ではないのが、この国の年金管理体制である。

私の記憶が間違っていなければ、安倍晋三は5千万件を一年で照合する、といっていたはずである。


◆ベートーベン交響曲全曲演奏(その3)交響曲第一番より第三楽章

さて、第3楽章です。古典派の交響曲の第3楽章は、三拍子のメヌエットと相場が決まってます。

初めて書いた交響曲ですが、やはり紛れもなくベートーベンの音がします。







明日の第4楽章(終楽章)も、面白いですよ。

それでは。

【読者の皆様にお願い】

この記事を読んで、お気に召した場合、エンピツの投票ボタンを押していただけると幸甚です。

画面右下にボタンがあります

|

« 「守屋氏『久間・額賀氏が同席』・山田洋行との宴席 」「全く記憶にない=宴会同席で財務相」←「記憶にない」とは懐かしい言葉だ。 | トップページ | 「温暖化対策、2050年までに300兆円必要・IPCCが試算」←カネで解決するのかね。 /ベートーベン1番終楽章 »

オーケストラ」カテゴリの記事

クラシック」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

社会福祉」カテゴリの記事

福田政権批判」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

「旬の話題ブログ」スタッフ 御中
当ブログの筆者、JIROです。
この度は、駄文を@niftyトップページでご紹介頂き、誠に光栄です。
ご丁寧にお知らせ頂き、ありがとうございました。
今後とも、時の話題に目を向け、再び、「旬の話題ブログ」で取りあげて頂けるような記事を書いて参りたいと存じます。

スタッフご一同様、ご多忙でしょうが、何卒ご自愛のほど。
今一度、お礼を申し上げます。失礼いたしました。

投稿: JIRO | 2007.11.18 11:10

@niftyトップページ「旬の話題ブログ」コーナーにて、
11/17に本ページの記事を紹介させて頂きました。
紹介記事については、「旬の話題ブログ」バックナンバーで
半年間、ご覧いただけます。
難しい内容をわかりやすく紹介くださりありがとうございます。
とても多くの気づきをいただきました。
ベートベンの曲も心が癒されました。
今後も旬な話題の記事を楽しみにしておりますので、
引き続き@niftyをご愛顧の程、よろしくお願い致します。
ありがとうございました。

        @nifty「旬の話題ブログ」スタッフ

投稿: 「旬の話題ブログ」スタッフ | 2007.11.18 10:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/17095495

この記事へのトラックバック一覧です: 「時効で失われた年金、8年間で2千億円超」←社保庁の使い込みで失われたのは5.6兆円。:

« 「守屋氏『久間・額賀氏が同席』・山田洋行との宴席 」「全く記憶にない=宴会同席で財務相」←「記憶にない」とは懐かしい言葉だ。 | トップページ | 「温暖化対策、2050年までに300兆円必要・IPCCが試算」←カネで解決するのかね。 /ベートーベン1番終楽章 »