« 「ジャーマン・ブラスのクリスマス」これは、楽しいよ。 | トップページ | <国際学力調査>「理科に関心」最下位←大人も同様では?「マウスの肌若返りに成功…米チーム」でブログ書いている人、少ないもんね »

2007.12.03

「リタリン登録制、やめて。服用患者が仮処分申し立て」←「反リタリンキャンペーン」の毎日は無視。/【追加】朝日は書いた。

◆記事1:リタリン登録制「やめて」、服用患者が仮処分申し立て(12月3日15時19分配信 読売新聞)

乱用が問題になっている向精神薬「リタリン」(塩酸メチルフェニデート)について、

製造販売元のノバルティスファーマ(東京都港区)が、医師や薬局を登録制にして流通を管理する方針を打ち出したことに対し、

リタリンを服用してきたうつ病患者ら5人が3日、同社を相手取り、登録制の差し止めを求める仮処分を東京地裁に申し立てた。

申立書などによると、5人は、うつ病などのためにリタリンの処方を受けていたが、この薬の乱用が社会問題化したことから、

厚生労働省は10月、効能からうつ病を削除し、適応症を睡眠障害のナルコレプシーに限定。

同省の指示に基づき、同社は来年1月までに同障害を適切に診断できる医師らを登録し、リタリンの流通管理を徹底することになった。


◆記事2:黙殺されたリタリン患者の会見(11月28日13時41分配信 オーマイニュース)

(ウェブキャッシュ:http://s03.megalodon.jp/2007-1203-2157-59/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071128-00000002-omn-soci)

難治性・遷延性うつ病や睡眠障害のナルコレプシー、ADHD(注意欠陥・多動性障害)の治療薬として用いられてきた向精神薬「リタリン」について、

ADHD(注意欠陥・多動性障害)の患者会と難治性うつ病の患者会の代表者が11月22日、厚生労働省を訪れ、

リタリン治療の継続や、同様の効能を持つ薬剤「コンサータ」の早期承認を要望した。

患者会は適応症から削除された難治性・遷延性うつ病の治療にリタリンが再び処方できるようにすることや

ADHD患者へのリタリン処方の承認などを求めた。要請後、厚労省の記者クラブで代表らは記者会見を行い、出席した記者からは多数、質問が発せられた。

しかし、今回の行動は時事通信が【「リタリンの使用継続を」=患者ら厚労省に要望】との見出しで、ベタ記事で報じたのみで、

他の全マスコミからは完全に無視された。署名活動に協力してきた患者の1人は憤る。

「リタリンの規制を求める家族会が厚労省に陳情した時は全マスコミが取り上げました。

中でも毎日新聞は大きく取り上げています。しかし、今回の要請後の記者会見には全マスコミが出席したのに、

まったく記事で取り上げない。リタリンを必要としている患者たちが初めて実名で顔を出して、声をあげたのですから、

ニュース性はあるはずでず。今回のメディアの黙殺はどれだけリタリンに関する報道が偏向しているかをよく物語っていますよ」

たしかに、メディアの大半はリタリンを扱う時、違法売買や依存症、乱用問題など負の要素ばかりに焦点をあて、

同薬を治療に必要とするADHD患者や難治性・遷延性うつ病患者の声を取り上げるところは一切なかった。

11月16日、リタリンの処方が問題視されていた東京クリニックに警視庁が家宅捜索した時にメディアで大々的に取り上げられたのと比べれば、雲泥の差だ。

大新聞の記者の1人が匿名を条件に実状を話す。

「リタリン=社会悪、一刻も早く抹殺されるべき忌むべき薬だと皆が一様に思い込んでいます。

リタリンを擁護するかのような記事を載せたら、世論の反発をかうと現場は恐れています。

厚労省と製薬会社による新たなリタリン規制策にどれだけ多くの問題点があろうとも、

それを批判することはできない。とにかく規制はイイコトだと思っています。

いわば、魔女狩りのような状況です。リタリンについて冷静に報道できるのは、オーマイニュースぐらいですよ(笑)」

リタリンに関して客観報道できるのは本誌だけとは何ともお寒い状況である。

そんな中、リタリンの製造販売元のノバルティスファーマは厳格なリタリンの流通管理策の実施を着々と進めている。

広報部に取材したところ、同社は12月にリタリンを処方できる医師・医院の基準を提示して、

全国の医師・医院に通知した後に、指定医に認定されることを希望する医院・医師からの申請を受け付け、

12月のわずか1カ月だけで同社が専門家を集めて設置した第三者委員会が申請のあった医師・医院の適格性を審査する。

12月中に基準の通知・申請の受け付け・申請医の審査という作業を一気に行い、1月1日には新たなリタリンの流通管理策を実施するというのだ。

「慎重」という言葉とは対極にある拙速かつ早急過ぎる対応といえるだろう。やっつけ仕事と批判されても仕方あるまい。

これまで製薬会社の暴走をとめられなかったうつ病患者だが、粗雑な規制策の実施を中止・撤回させるために、

ノバルティスファーマと厚生労働省を相手に首都圏に住む複数の患者が原告となって近日中に訴訟を起こす予定だ。

司法の場でリタリン規制の正当性が争われることになる。訴訟を受けても製薬会社は予定通り規制を実施するのか、

それとも、規制を延期・撤回するのか。


◆コメント:リタリン使用賛成・反対両方の(特に専門家の意見を報じた新聞が全くないというお粗末さ。

私が、リタリン問題を取りあげるのは、大新聞、大テレビ局、大通信社が「まともに」取りあげず、

精神科の患者は全てキチガイだと思っているようなバカな人たちには、真実が正しく伝わらないからである。

問題の本質は、

1.或る薬物を服用する患者の中に、それを乱用するものがいるからと言って、処方通りに服用している者に対してまで、

処方を禁ずることは、正しくない。それを徹底するならば、れっきとした向精神薬であるアルコールにも同じ論理を適用して、

禁酒法を制定するべきである。(リタリン乱用で入院した患者の数は、毎日新聞によれば、2006年に全国で15人。

一方アルコール依存の治療を受けている患者は、1万7千人。治療を受けていない者を含めると全国にアルコール依存症患者は、

少なくとも80万人もいる。(医療行政=厚労省の問題)。

2.毎日新聞を初めとする、大手メディアは、リタリン使用者の中で乱用して、錯乱状態に陥り(これとて、因果関係は証明できない)高いところから飛び降りた若者の話など、

極めて特殊なケースを過剰に、誇大に強調するばかりで、リタリンを使用してその主作用(中枢神経賦活作用)のメリットを

享受して、普通に生活出来ている患者や、「遷延性・難治性うつ病に、リタリンは有効だ」と考えている精神科医の声を最初から聞こうともせず、

報道の公平性を欠いている(報道の問題)。

に大別できる。

さらに、殆ど犯罪的とも言えるのは、先日「『リタリンの使用継続を』=患者ら厚労省に要望」←ひどい医療行政なのですよ。

(ココログではこちら)で書いたとおり、

大人の多動症(ADHD)、注意欠陥障害(ADD)の患者が、使用できる薬が無くなってしまったことだ。

どんな薬であっても、一部の不届き者のために、正常使用者がある日を境に、それまで長年服用していた薬が使えなくなるというのは、

あまりにも乱暴な医療行政である。

リタリン乱用によって入院に至った患者は1年でたったの15人である。例によって分母(総使用者数)を書かないマスコミの記事の書き方は、

明らかに恣意的だ(タミフルの異常行動に関する報道と同じだ)。


◆専門家のレファレンスブックをスキャンして載せる。

ずっと昔から、精神科医が使っている、こころの治療薬ハンドブック という本がある。2006年に最新の第4版が出たばかりだ。

リタリンのページをスキャンしたので、載せる。

ダウンロード t_img010.jpg (276.1K)

これを読むと、この稿の筆者、山梨大学精神神経医学講座(執筆当時)の竹内というドクターが、

リタリンを特別視していないことが分かる。特に右側のページ、「ワンポイント・アドバイス」に注目されたい。

精神科の臨床医が

「リタリンは特殊な病態の薬であると印象が強く、また依存性・耐性の問題が強調されるが、(中略)思ったより副作用や依存の少ない薬剤である」

と述べており、更に、服用中止に際しても、

「期待して効果が安定したところで、2~4週間をかけて、徐々に処方量を減らしていくのが望ましい」

と書いている。

先週も書いたが、厚労省は、このような「減薬期間」を全く設けず、

10月26日を以て、ナルコレプシーの患者以外に処方してはいけない、という通達を発した。

リタリンのうつ適応除外は、単なる感情論ではなく、私の如き素人が調べでも、医学的見地から、

大きな問題があるので、今日訴訟を提起したのはうつ病患者だけだが、ADD、ADHDの患者も、

厚労省の決定に関して、司法に法的措置を求めるべきであろう。


◆【追加】朝日新聞が書きましたね。

朝日新聞が患者が提訴したことを記事にしています。朝日も毎日ほどではないが、反リタリンの立場だったけど、

毎日の様に、患者が訴訟を起こしたことすら無視するよりは良いでしょう。

記事キャッシュURL=http://s03.megalodon.jp/2007-1204-1943-37/www.asahi.com/national/update/1204/TKY200712030357.html

◆記事:リタリン処方厳格化 患者、差し止め申し立て(2007年12月04日06時22分)

記事キャッシュURL=http://s03.megalodon.jp/2007-1204-1943-37/www.asahi.com/national/update/1204/TKY200712030357.html

薬物依存が問題となっている向精神薬「リタリン」をめぐり、難治性うつ病などの患者ら5人が3日、

製造販売元の「ノバルティスファーマ」(東京都港区)が厚生労働省の指示に従って流通を厳格化しないよう求める趣旨の仮処分を東京地裁に申し立てた。

同省が10月、リタリンの効能からうつ病を削除し、適応症を睡眠障害「ナルコレプシー」に限定したことから、患者らは「完全に服用できなくなる」と主張している。

同社は、厚労省の対応を受けて社内に第三者委員会を設置し、処方できる医療機関などを登録制にするための基準づくりを進めている。

患者側は「猶予期間をおかず、長く用いてきた薬剤を抜き打ち的に断薬させることは、健康で文化的な生活を送る権利を侵害している」と訴えている。

記事の最後のセンテンスが伝える患者側の主張は、お分かりの通り、私の意見と同じです。

【読者の皆様にお願い】

この記事を読んで、お気に召した場合、エンピツの投票ボタンを押していただけると幸甚です。

画面右下にボタンがあります

|

« 「ジャーマン・ブラスのクリスマス」これは、楽しいよ。 | トップページ | <国際学力調査>「理科に関心」最下位←大人も同様では?「マウスの肌若返りに成功…米チーム」でブログ書いている人、少ないもんね »

ニュース」カテゴリの記事

医療」カテゴリの記事

マスコミ批評」カテゴリの記事

メンタルヘルス」カテゴリの記事

コメント

ぷうすけさん、こんばんは。

リンクの件、わざわざご丁寧に、恐れ入ります。

>それにしても JIRO さんの記事は幅がひろいですね。

ありがとうございます。しかしどれも付け焼き刃で、

お恥ずかしい限りです。

投稿: JIRO | 2010.08.10 21:30

JIRO さん。
ほかの記事には目を通していましたが
コメントのレスには気づきませんでした。

>固定リンク歓迎です。

今日、気づきました。
ありがとうございます。


それにしても JIRO さんの記事は幅がひろいですね。

投稿: ぷうすけ | 2010.08.09 00:57

ぷうすけさん、はじめまして。コメントをありがとうございます。

貴ブログ拝読しました。全く同感です。

厚労省というのはどうして、分かっているのにこういうことをするのか、

全く、患者のことを考えないような冷酷な人間をわざと採用するのか、不可思議と言いたいです。

お書きの通り、リタリンは厳密に「ナルコレプシーのみ、適応」になってしまい、

コンサータは、同じメチルフェニデートなのに、小児のADD,ADHDのみ適応ということは

大人のADD,ADHD患者が使える薬が無くなってしまう。

それを知っていて、こういう決定を下した。

「ある病気(ADD,ADHD)の患者が使える薬をなくす」というのは、公務員は個々人が責任を問われませんが、

傷害の「未必の故意」があると思います。

固定リンク歓迎です。どうぞよろしく御願いいたします。

重ね重ね、レスが遅くなったことをお詫びします。

投稿: JIRO | 2009.04.09 18:44

始めまして。
今更の感もあるのですが
http://blog.livedoor.jp/pusuke323/archives/51528232.html
に当記事の「固定リンク」を貼らせて頂きたいと願っております。

記事の内容をご覧になったうえでご判断ください。

投稿: ぷうすけ | 2009.04.03 16:40

ルナさん、こんばんは。ベタナミン、処方されたのですね。良かったですね。

>今回の自殺者のなかに、リタリン服用者が何人いたのか知りたいですね。

これは、絶対に統計を取らないか、明らかにしないでしょうね。例え、リタリンを切られて自殺した人がいたとしても、

「やっぱり、リタ中で、断薬症状に耐えられなかったのだ」と厚労省は言うでしょう。

甥御さんにもベタナミンを薦めてみては如何でしょう。ドーパミンが枯渇しているかどうかなんてことは、自分じゃわかりません。

もし、そう思うなら、ドーパミンの前駆体(原料)であるアミノ酸のチロシンを1日500mgから1000mgぐらい摂取してみてはどうでしょうか。

投稿: JIRO | 2008.06.24 00:44

JIROさん、ベタナミンだしてもらえました。
ちょっとは楽になりました。ありがとうございます。今回の自殺者のなかに、リタリン服用者が何人いたのか知りたいですね。わたしの、甥も鬱で今年から急激に悪化して『今年に入ってからぼくの脳のドーパミンは枯渇している、僕は今年中までには、死ぬとおもっておいてくれ。」といってるらしいです。かわいそうでなりません。多くのうつのかたも、、、、です。

投稿: ルナ | 2008.06.21 07:40

ルナさん、今日、昨年の自殺者数が10年連続3万人を超えた、というニュースが流れました。先進国でこれほど自殺が多いのは日本だけです。リタリン処方を断たれた人もいるでしょうね。

ところで、他の医者にベタナミンを頼んでみましたか?あれは、今でも歴とした「遷延性・難治性うつ病適応」の薬です。リタリンと同等の効果は望めませんが、無いよりマシでしょう。

投稿: JIRO | 2008.06.20 19:52

JIROさん、自殺者が増えていますね。健康関連では、案の定鬱が一番増えています。亡くなった方がかわいそうでなりません。リタリンがなくなり、わたしも、鬱が、悪化しました、、、と言うか、、、未遂に終わりました。リタリンの断薬症状に苦しみ続けて自殺に至った方も多いとおもいます。助けて上げられなかってくやしいです、悲しいです。みじめです。

投稿: ルナ | 2008.06.20 10:25

ルナさん、

そうですね。一人の医師に無理に義理立てすることは無いと思います。厚労省の言うとおり10月26日でリタの処方を打ち切った精神科医には、

「それでは、普段、薬を急に止めてはいけない」と言っていた、あの言葉は何だったのか?と尋ねたいです。要するに保身の為に患者の苦痛を見て見ぬふりをしたのですから、主治医に見捨てられたと感じた患者も多いです。

実際には、昨年10月26日では取り締まりはそれほど厳重ではなかったので、「にわかナルコレプシー」にして、少なくともあと一ヶ月分を処方し、「その間になんとか減薬→断薬に持っていって下さい」と言えたのです(実際、そうした医師もいます)。

ですから、セカンドオピニオンでも、サードでも、フォースでも訊いてみればいいと思います。

投稿: JIRO | 2008.06.05 01:37

JIROさん、ありがとうございます。セカンドにいってみます。ノバに8回、朝日、毎日、厚生省に各一回抗議の電話をしましたが、むだだったようです。人間の汚さをみた今回の出来事でした。

投稿: ルナ | 2008.06.03 12:11

ルナさん、ベタナミンはリタリンよりも依存性が弱いです。リタリンほどの覚醒感は得られないかも知れませんが、「同じようなもの」という医師は、それを知らないと思います。
とにかく、今のままでは仕事にならないということを繰り返し医師に訴えることが肝要です。
「このままでは死ぬしかない。」と言えば医師も考えが変わるかもしれません。

投稿: JIRO | 2008.06.01 10:52

JIROさん、れすありがとうございます。

ベタナミンは『同じようなものだから、、、やめとこう』と主治医にいわれました。かわりのアモキサンやトフラニールは眠くてもうろうとして仕事になりません。バレエ教室をしていますが大半は生徒に任せざるをえません。リタリンで何とか踊っていましたが、もう踊れません。精神の死です。

投稿: ルナ | 2008.06.01 08:16

ルナさん、はじめまして。

私もリタリンを打ち切られて、とても困っているんです。向精神薬は止めるとしても漸減(ぜんげん)するのが常識なのに、厚労省は昨年10月26日以降、1錠たりともうつ病患者に処方してはならん、という通達を出し、精神科臨床医達も、何ら抵抗せずにそれに従ったので、呆れています。

ただ、それで死ぬのは如何にももったいない。あなたの言葉を借りれば、厚労省の思うつぼ、ではありませんか。

ベタナミンという中枢神経賦活剤はリタリンほど効かないけれども、リタリンよりいい、という人もいます。そしてこれは難治性・遷延性うつ病が適応のままです。主治医に出してくれるように頼んでみる価値はあると思いますよ。

投稿: JIRO | 2008.05.31 23:28

リタリンがなくなって、3ヶ月、、、、ほぼ寝たきりである。

今度の厚生省の法律が変わって リタリンをのんでる人は苦しんでください。苦しみに負けた人は自殺してください。・・・・・簡単にいうと、そう解釈できる。そろそろ私も死んでもいい時期がきている。

投稿: ルナ | 2008.05.31 17:29

リメンバーさん。

リタリンがダメでもベタナミンという薬があります。先生に打診してみましょう。いや、打診というよりも、起きていられない、ということを強調して訴えましょう。それから、ここに書いたのと同じでいいですから、
ますぞえ要一公式サイト
http://www.masuzoe.gr.jp/contact.html
に送りましょう。何もしないであきらめてはいけません。こっちだって死にたいぐらいなんです。

投稿: JIRO | 2008.05.25 22:47

私は難知性の鬱でリタリンでなんとか、無理やり生きてきました。しかし今回のノバと厚生省の安易なやり方のおかげで、寝たきりになりました。医師がトフラニールやアモキサンを最大量処方したからです。その副作用のせいで、眠気が強く、ほぼ座ってるのがやっとです。30分ほど無理して座ってるのですがすぐ倒れこんでしまいます。このような眠気はナルコレプシーいじょうではないでしょうか。生きているのか、寝ているのか死んでいるのか自分でも分かりません。もう社会復帰はむりですし、精神科にいれられて、廃人のように人生をおわるのでしょう、、、

投稿: リメンバー | 2008.05.25 20:59

相良さん、こんばんは。コメントをありがとうございます。。

こういう方はとても多いと思います。リタリンが処方されなくなって半年以上経つのですから、血中濃度はゼロになっています。

従って、今でもリタリンを必要とするのは身体的依存ではない。精神的依存も3ヶ月もあればなくなります。従って、本当にリタリンを必要としている遷延性・難治性うつが存在する、ということだと思います。

私はつい先日、何年もリタリンを「悪魔の薬」のようにかき立てた毎日新聞社会部に4度目の抗議メールを送りました。

http://jiro-dokudan.cocolog-nifty.com/jiro/2008/05/post_4cad.html

舛添厚労相にもノバルティスにも、抗議メールを送り続けています。本当は集団訴訟を起こすべきですが、そのような気力が無いでしょうから、気力があれば、毎日新聞、製薬会社、舛添要一事務所に(厚労省へ送っても読まずに削除するからダメです)抗議し続けるしかありません。

また、リタリンよりは効果が弱いけれども中枢神経賦活剤、ベタナミンは、現在何の制限もありません。うつ適応のままです。色々な掲示板では、肝臓に非常に悪いと書かれていますが、薬剤師に訊いたところ、全て薬は肝臓で代謝されるから、肝臓に負担をかけるのはベタナミンだけではない。そしてベタナミンの毒性が特に強い訳ではないとの返事でした。

私もベタナミン25mg錠を1日3錠処方されて、それとカフェイン錠剤の市販薬(薬屋で売っている薬)、エスタロンモカ(1箱24錠、370円ぐらい)を一度に3錠ほど飲み続けて、凌いでいます。

元の主治医の先生にベタナミンを処方して貰えないか相談してみてはどうでしょう。

但し、私は医者ではないので、私がベタナミンを飲んでも肝臓に影響がないから他の方も同様、とは断言できませんので、3ヶ月に1度ぐらい採血して貰って、肝機能に異常が無いか確かめて貰うと良いと思います。

急いで書いたので、説明不足で恐縮ですが、このような抗議方法、それから薬の選択肢もあり得るという、ご参考になれば幸いです。

投稿: JIRO | 2008.05.15 23:20

全く 同感です。私は3年リタリンを処方され何とか社会生活をおくってきました。鬱の切捨てで、仕事を失いました。夫の収入があるので私はまだ恵まれています。
友人は17年間リタリンを処方されていたのですから、突然の断薬に苦しんだあげく、寝込んでいます。離婚したばかりで喪失感のあるなか、仕事も出来ず生活保護を受けています。クリニックへ通院することさえままならない状態です。毎日「死にたい、孤独だ』とメールがあります。私にはメールを返すことしかすべがありません。死にたい気持ちはよくわかるので、楽に死ねたらいいね。と心の中では思いながら、『何とか生きて!!」と返信してしまいます。
多くの鬱病患者が代替薬をもとめて苦しんでいると思います。
製薬会社の社長様、どうか私たちを見捨てないでください。生命を全うさせてください。

この文章が、製薬会社の社長様、厚生省、毎日新聞の記者の方の目に付くことを願います。

投稿: 相良知美 | 2008.05.15 21:07

mogurinさん、こんばんは。レスが遅れて大変失礼しました。

>ボクはADDと鬱症状を持っています。
>リタリンを飲まないと、体が動かないのです。

そういう方は大変多いと思います。それを知っているくせに、厚労省は10月26日を境に、真面目にリタリンを飲んでいる方々から
薬を取りあげたのですから、日本政府には国民に対する傷害の「未必の故意」があるといって構わないと思うのです。

裁判の行方、あまり良い予感はしませんが、担当裁判官が私のブログを読んでくれることを祈ります。

>脳の機能障害と、心の病を切り離して考えてしまいます。
>そこに誤解の発端があるような気がします。

同感です。ギリシャ哲学以来の「心身二元論」ですね。

仰るように、うつ病とは脳内神経伝達物質のバランスが崩れた状態です。

膵臓からインスリンが出なくなれば糖尿病になります。似たようなことが、腹部で起きるか頭部で起きるかの違いです。

心の病は身体の病です。それぐらいのことは、一般人もいい加減理解すべきです。ネットで調べれば簡単に分かることですよね。

投稿: JIRO | 2007.12.07 23:22

ボクも、病院で処方されたリタリンを飲んでいます。1日2錠,20mg
処方量を守っていれば何の問題もありません。
ボクはADDと鬱症状を持っています。
リタリンを飲まないと、体が動かないのです。
外出するときに困ります。
冬季はとくに冬鬱になりますので、部屋に籠もり気味になります。
自宅で仕事の出来るSOHOですので、ひとと会わなくても暮らしていけます。
酷いときは、食料を食い尽くすまで、何週間も外出しない。
外に出る、パワーがないのです。

リタリンに関する報道は非常に一方的で、公平さを欠いた報道に思えます。
日本社会は、未だに心の病に対して、偏見をもっています。

心の病は脳の問題である。脳の問題は、脳の神経伝達物質の問題であり、
それは薬を投与することで改善される。脳科学の分野は現在、そういった前提で研究を進めています。
そのように他の臓器と同じレベルで考えるべきなのに、
脳の機能障害と、心の病を切り離して考えてしまいます。

そこに誤解の発端があるような気がします。

投稿: mogurin | 2007.12.04 02:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「リタリン登録制、やめて。服用患者が仮処分申し立て」←「反リタリンキャンペーン」の毎日は無視。/【追加】朝日は書いた。:

« 「ジャーマン・ブラスのクリスマス」これは、楽しいよ。 | トップページ | <国際学力調査>「理科に関心」最下位←大人も同様では?「マウスの肌若返りに成功…米チーム」でブログ書いている人、少ないもんね »