« ベートーベン 交響曲第5番 ハ短調 作品67 「運命」 | トップページ | 「官房長官『公約違反ではない』」なるほどねえ。さすが政治家。汚さにかけては天下一品。 »

2007.12.12

「年金記録、1975万件は持ち主特定困難」←「困難」なだけだろ?死ぬ気でやれよ。

◆記事1:年金記録、1975万件は持ち主特定困難(12月11日13時16分配信 読売新聞)

該当者不明の約5000万件の年金記録の約38・8%にあたる1975万件が、

社会保険庁のコンピューター上で記録の持ち主を照合する「名寄せ」作業では持ち主の特定が困難であることが、社保庁の推計で明らかになった。

中でも、社保庁による入力ミスなどが原因の945万件は、原本の紙台帳との突き合わせ作業などを行っても、持ち主が特定できない可能性があるとした。

すべての記録の持ち主を特定するという政府の公約達成は、極めて困難となった。

推計は社保庁が11日午前、自民党に示した。

それによると、社保庁が現在実施している名寄せ作業で、持ち主と結びつく可能性がある記録は、

現時点で全体の約21・6%の1100万件(約850万人分)にとどまっている。

◆記事2:年金記録「全員特定できない」と舛添厚労相、謝罪は拒否(12月11日22時0分配信 読売新聞)

舛添厚生労働相は11日、記者会見し、該当者不明の約5000万件の年金記録について、

1975万件(38・8%)が社会保険庁のコンピューター上で持ち主を探す「名寄せ」作業では、

持ち主の特定が困難であるとし、すべての記録の持ち主を特定するという政府の公約が実現不可能になったことを正式に認めた。

その中でも、同庁の入力ミスなどが原因の945万件(18.5%)は、最終的にも持ち主の確定が出来ない可能性が高く、

年金加入者・受給者が支払った保険料が年金に反映されないという事態が避けられない見通しとなった。

舛添氏は、政府が公約してきた約5000万件の年金記録の持ち主の特定について、

「作業はエンドレス(終わりがない)だ。(特定が)できないこともある」と述べた。

公約違反との指摘については、「(参院選の)選挙戦をやってきたときで、意気込みでなんとしても

(特定を)やるぞと私も安倍前首相も言った。やり方が悪かったわけではない」などと述べ、謝罪は拒否した。

◆コメント:安倍前首相が「1年で5000万件照合する」と約束したのは、5月30日

「宙に浮いた」年金記録5000万件(これが、名義不明の全てではないのだが)を「1年で照合する」と豪語したのは、

今年の5月30日、民主党・小沢代表との党首討論において、である。5月30日から本日(12月11日)まで195日しか経過していない。

安倍前首相の発言から1年後、2008年5月30日まで、まだ、171日も残っている。

要するに、まだ約束した期間の半分を少々過ぎたばかりだ。

その時点で、全件照合困難とは何事か。社会保険庁、ひいては厚労省は、もう嫌になって投げ出すのか、

この役立たずの木っ端役人ども!

記事1を読んでも、記事2の本文を読んでも、社保庁と舛添厚労相は全件照合が「困難だ」といっているだけである。

不可能だとは言っていない。つまり、出来るがやるのが面倒くさい、というだけのことだ。

それなら、やれよ。死ぬ気になってやれよ。全部お前らがいい加減な管理をしていた所為なのだから。

「困難」だから作業を止めるつもりじゃねえだろうな。ま、最初から、いつかこういうことを言うだろうと

見当は付いていたけどね。甘い。民間企業でこんなことを言ったら張り倒される。

「まだ、半年もあるのに、出来ない言い訳をする奴があるか。死んでもやれ!」

と、絶対に許されないだろう。(死んでも=死ぬ気になっての意味です。)

全く厚労省ってのは、国民の不利益になることばかり考えつく役立たずだ。

「宙に浮いた年金」は社保庁の責任だから社保庁がやるのが当たり前なのだが、私の勘では、これを例えば、

メガバンクや、野村証券とか、一番仕事がきついところで鍛えられた民間企業の人々に任せたら、

3ヶ月ぐらいで「全件照合終わりました。」ということになると思う。社保庁はまだわざと匿している資料などを

明らかにしないで、無いものは無い、で誤魔化そうとするから、こういうふざけたことを言うのだ。馬鹿野郎。

◆ベートーベン交響曲第5番「運命」より第二楽章

はい。「運命」二日目ですね。今日は第二楽章です。アンダンテ(ゆっくり)の三拍子で、最初に音を出しているのは、

ビオラとチェロ、そしてバスで伴奏しているコントラバスです。ここには、「ダダダ・ダーン」は出てきません。出てくるのは、

再生開始約1分後、23小節目、クラリネットとファゴットです。

これが盛り上がりまして、31小節目から33小節目

トランペットが一番目立ちますが「ミーソ/ドードーレー/ミーー」と吹いています。同じリズムをオーボエ、ホルン、コントラバスが奏します。

この「ドードーレー/ミーー」が「ダダダ・ダーン」を引き延ばしたものです。同じ形です。

最初のダダダ・ダーンは「ミミミ・ドー」と下がるのですが、これはファンファーレで上昇音型なんですね。

でも、最初の「ダダダ・ダーン」を使っていることは間違いありません。上手いことを考えますね。

それではどうぞ。



【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。得票が多いとやる気が出ます。画面右下にボタンがあります

|

« ベートーベン 交響曲第5番 ハ短調 作品67 「運命」 | トップページ | 「官房長官『公約違反ではない』」なるほどねえ。さすが政治家。汚さにかけては天下一品。 »

ニュース」カテゴリの記事

社会福祉」カテゴリの記事

福田政権批判」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あつし様、こんばんは。レスが遅れて失礼しました。

>手作業だと膨大な作業になるので、そんな面倒なことはやりたくないのが厚労省の本音でしょう。

まさに、おっしゃるとおりでした。14日付日経朝刊にこういう記事がありました。

________________________________________________________________

◆名寄せ難航の1975万件「紙台帳で訂正可能」・検証委座長

http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20071214AT3S1301G13122007.html

総務省の年金記録問題検証委員会の松尾邦弘座長(前検事総長)は13日、日本記者クラブで記者会見し、社会保険庁による名寄せ作業が難航している1975万件の年金記録について「市町村などが保管する紙台帳の記録まで追えば、相当数を記録訂正できる」との認識を示した。

 1975万件は基礎年金番号に統合されずに宙に浮いている5000万件の年金記録の約4割にあたる。入力時の漢字変換ミスなど記録に不備があり、持ち主特定に時間がかかっている。松尾座長はこの数値について「検証委がまとめた最終報告書のサンプル調査で特定困難とした38.5%に近い数値」と語った。

 その上で「手間暇を注入すれば、相当量の(記録)統合が可能。国として最後の1人まで統合すると言明しており、そういう努力を払うと理解する」と述べた。市町村に残る紙媒体のほか、磁気テープ、オンライン化された記録などを洗うことで「できるだけ多く統合されることを祈る」と統合作業の継続を促した。(13日 23:31)

_________________________________________________________________

年金記録問題検証委員会が「検証可能」だと言っています。全国紙はもっと大きくこの記事を取りあげるべきだと思います。
あつし様のおっしゃるとおり、「出来るけど、面倒くさいからやりたくない」だけです。小学生なみです。

投稿: JIRO | 2007.12.15 03:39

こんにちは。この年金問題、厚労省が担当してて本当に解決するのでしょうか。ますます疑問です。

> 全く厚労省ってのは、国民の不利益になることばかり考えつく役立たずだ。
全く同感ですね。厚労省のやることなすことが、国民を不幸にしているとしか思えません。だいたいこの「照合作業」、漢字変換の入力ミスなどもあるわけですから、コンピューターだけでやろうなんてどだい無理な話です。こんなことは多分プログラム開発者はもちろんですが、最後はどうしても手作業が必要なことは厚労省も承知していると思います。
プログラムが完成し、照合作業を始めて早速この「持ち主の特定が困難」発言です。手作業だと膨大な作業になるので、そんな面倒なことはやりたくないのが厚労省の本音でしょう。ですからJIRO様じゃないけど、多分、「困難」で作業を止めるのではないでしょうか。
こんな社保庁や厚労省の役立たずにボーナスが満額支給されるのですから、考えただけでも血圧が上がります。

投稿: あつし | 2007.12.12 13:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/17344587

この記事へのトラックバック一覧です: 「年金記録、1975万件は持ち主特定困難」←「困難」なだけだろ?死ぬ気でやれよ。:

» 年金公約 「最後の1人まで」  断念 [王様の耳はロバの耳]
未統合年金記録の解消困難=本人特定「できないことも」−舛添厚労相 (時事通信) - goo ニュース 昨日夜TVの報道ステーションを見るとこの「年金公約」すなわち最後の一人までチェックして支払いを約束します----と安倍前総理が選挙公約し舛添厚労相も就任の際大分意気込んで「最後の一人、最後の一円まで頑張る」との話が駄目になった事を大きく取り上げていた。 {/kaeru_shock1/} 例によって古館が深刻な顔と声で「総理の公約違反と舛添氏の取り組みを非難していた」 該当者不明の記録5000万件に... [続きを読む]

受信: 2007.12.12 12:50

« ベートーベン 交響曲第5番 ハ短調 作品67 「運命」 | トップページ | 「官房長官『公約違反ではない』」なるほどねえ。さすが政治家。汚さにかけては天下一品。 »