« 久々に音楽の話だけ、させて下さい。バッハ無伴奏ヴァイオリンのパルティータ3番より「ガヴォット」を色々な楽器で。 | トップページ | 党首討論を聞いて。何故「国際貢献」というと「自衛隊派遣」しか出てこないのだ? »

2008.01.08

「業過致死傷で懲役7年6月=元市職員の危険運転認めず-福岡地裁」←川口裁判長の馬鹿野郎/ヘフス「ホラ・スタッカート」

◆記事:業過致死傷で懲役7年6月=元市職員の危険運転認めず-3児死亡事故・福岡地裁(1月8日11時0分配信 時事通信)

 福岡市で2006年8月、飲酒運転で車に追突して海に転落させ、幼児3人を死亡、両親にけがをさせたとして、

危険運転致死傷と道交法違反(ひき逃げ)の罪に問われた元市職員今林大被告(23)の判決公判が8日、福岡地裁で開かれた。

川口宰護裁判長は、業務上過失致死傷と道交法違反(酒気帯び運転、ひき逃げ)の罪を認定し、懲役7年6月(求刑懲役25年)を言い渡した。

危険運転致死傷罪は成立しないとした。

川口裁判長は「被告は事故を起こすべくして起こした。ひき逃げの悪質性もかんがみると、厳しい非難は免れない」と述べた。

併合罪の量刑の上限は懲役25年から同7年6月へ大幅に下がったが、判決はその上限を選択した。

公判では、危険運転致死傷罪が成立する事実として、被告は泥酔して正常な運転が困難な状態だったかが争われた。

川口裁判長は当時の状況について、被告が酒に酔った状態だったとしながら、

警察官による事故時のアルコール測定で酒気帯びとした事実を踏まえ、高度な酩酊(めいてい)状態だったか疑問と指摘。

追突事故まで居眠りや蛇行運転した形跡がなく、湾曲した道や狭い道でも接触事故を起こさなかったと認定した。

その上で、追突直前に衝突回避措置を取った点を挙げ、現実の道路や交通の状況に応じた運転操作をしていたとして、

「正常な運転が困難な状態にはなかったことを強く推認させる事情」と断じ、危険運転致死傷罪の成立を否定した。


◆コメント:川口(裁判長)の馬鹿野郎。まず、事故の概要

この事故で「危険運転致死傷罪」が適用されないなら、何のために、この罪があるのか。

事故は2006年8月25日22時50分、福岡市東区の海の中道大橋で、福岡市内在住の会社員の乗用車が、

飲酒運転をしていた福岡市職員の青年が運転していた乗用車に追突され、乗用車は海中に転落して、

車中の4歳(当時。以下同様)、3歳、1歳の子供が溺死したという、悲惨な事件である。


◆運転していた当時22歳の男はビールと焼酎とブランデーを飲んでいた。

裁判官は事故後の警察官が被告人に行った測定では、血中アルコール濃度が「酒気帯び」相当だったことに触れているが、

同じ血中濃度であろうが、神経系に与える影響には個体差がある。

本公判の今林被告人は、当日、自宅や飲食店2店で

▽ビール350ミリリットル

▽焼酎540ミリリットル

▽ブランデー水割り数杯を飲酒。

これだけ飲んでいたからこそ、被害者の車に時速80キロという非常識なスピードで突っ込んだのだろう。

裁判官。常識で考えろ。

「高度な酩酊(めいてい)状態だったか疑問」って、アホか?


◆説明の順番が逆になったが、「危険運転致死傷罪」の構成要件

これが刑法208条の2、危険運転致死傷罪の条文である。

第二百八条の二  アルコール又は薬物の影響により正常な運転が困難な状態で自動車を走行させ、よって、人を負傷させた者は十五年以下の懲役に処し、人を死亡させた者は一年以上の有期懲役に処する。その進行を制御することが困難な高速度で、又はその進行を制御する技能を有しないで自動車を走行させ、よって人を死傷させた者も、同様とする。

要するに「アルコール又は薬物の影響により正常な運転が困難な状態で自動車を走行させ」ることが構成要件の一部を為す。

本日、川口裁判長が、危険運転致死傷罪を適用しなかったのは「酒気帯び」程度の酩酊状態では、「正常な運転が困難」にならない、と判断したからだそうだ。

へえ。そうですか。酒気帯び程度なら正常な運転が出来るのですね?

だったら、これは、警察の問題だが、検問で酒気帯びを取り締まるのは止めたらどうかね。

酒気帯び程度でも、正常な運転が困難になり十分危険だから、酔っぱらい運転の検問をやるのだろう。

司法の態度として矛盾している。すこしでも酒を飲み、結果、本件の様な重大事故を起こした小林被告人の様な奴は、

全員無期懲役にするべきだ。酒飲みというのはだらしがない。どうせ、また同じ事をやる。

これでは、死んだ3人の幼子が浮かばれない。


【追加】マティアス・ヘフス(ジャーマン・ブラスのトランペット奏者)による、ホラ・スタッカート。上手い。上手すぎる。

昨日の記事の冒頭で少し書きましたが、ジャーマン・ブラスでいつもトランペットの妙技を披露してくれているマティアス・ヘフスのソロ・アルバムがあります。

もともと、ハイフェッツの十八番(おはこ)、「ホラ・スタッカート」という曲を吹いていますが、あまりにも上手い。

皆様にもお聴き頂きたい。



これは、呆気にとられるほどの上手さです。いいねえ。たまらんね。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります

|

« 久々に音楽の話だけ、させて下さい。バッハ無伴奏ヴァイオリンのパルティータ3番より「ガヴォット」を色々な楽器で。 | トップページ | 党首討論を聞いて。何故「国際貢献」というと「自衛隊派遣」しか出てこないのだ? »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あつし様、こんばんは。全くおっしゃるとおりだと思います。
危険運転致死傷罪(刑法202条の2)に問題があるとすれば、「正常な運転が困難な状態」という文言ではないかと思います、これは非常に主観に左右されやすいからです。

司法の専門家たる裁判官は、「何故、この条文が追加されたのか?」ということをよく考えれば、自ずと厳しい適用を選択することになるはずですね。どの職業にも優秀なのとダメなのがいるということで、残念ながら裁判官も例外ではないようですね。

投稿: JIRO | 2008.01.09 21:15

おはようございます。またまたあきれた判決が出ましたね。
JIRO様が仰るように、酒を飲んで車を運転したら「正常な運転が出来ない」ことが明白だからこそ取り締まりがあり、罰則があるわけです。だとすれば酒を飲んで運転した事実があれば、「正常な運転が出来ない状態であった」と考えるのが当たり前だと思うのですが、どうもこの裁判長は、酒を飲んでも「正常な運転が出来る」と思っているらしい。あきれてものが言えません。
あとこの「危険運転致死傷罪」の法律にも欠点があるではないでしょうか。愛知県春日井市で4人死亡の飲酒事故の裁判では、地裁の一審では「危険運転致死傷罪」が適用されずに業務上過失致死傷が適用されたのですが、ほぼ同じ証拠で高裁では「危険運転致死傷罪」が適用されました。とすれば同じプロの裁判官でもこれほど判決に開きの出る、法律そのものに不備があると思うのですが。飲酒運転をして事故を起こしたら、例外なく「危険運転致死傷罪」を適用するように、法律を改めるべきだと思います。飲酒運転での事故は過失などではなく故意ですから。

投稿: あつし | 2008.01.09 09:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/17626460

この記事へのトラックバック一覧です: 「業過致死傷で懲役7年6月=元市職員の危険運転認めず-福岡地裁」←川口裁判長の馬鹿野郎/ヘフス「ホラ・スタッカート」:

« 久々に音楽の話だけ、させて下さい。バッハ無伴奏ヴァイオリンのパルティータ3番より「ガヴォット」を色々な楽器で。 | トップページ | 党首討論を聞いて。何故「国際貢献」というと「自衛隊派遣」しか出てこないのだ? »