« 【為参考】Windows版のiTunes最新バージョン(7.6)で勝手にジャンル名が変換されてしまう現象について。 | トップページ | 昨年3月、西本智実という指揮者はなかなか、いい、と書きましたが、やはり当たってるようです。お薦めDVD »

2008.01.17

気の弱い受験生諸君に告ぐ。大丈夫だよ。

◆人間、楽天的でなくても何とかなる。

今日、ニュースをあれこれ読んでいたら、明後日がセンター試験だという記事があった。

なつかしいですなあ。

私はね。今や伝説となっている、「共通1次試験」第一回目の年に受験生だったんだよ。現役の時は見事に全滅だった。

現役で受かっていたら共通一次は受ける事にならなかった。

まあ、そんなことは、どうでも良いのであって、私が言いたいのは、いつの世にもどこの国にも、悲観的に物事を考えてしまう人がいるけど、

それは、必ずしも、その通りになる訳じゃないから心配するな、ということです。

実際、私は今は相当ずうずうしくなったけど、子供の頃(受験生なんてのはまだ子供だ)は、今思い出しても呆れるほどクヨクヨ、ウジウジする若造でした。

悪いことばっかり考える。それでも、君たちの倍も何とか生きている。何とかなるって。

脅かす訳じゃないけど、社会へ出たら受験どころじゃないからね。大変さは。それでも何とかなるのさ。


◆私の体験談(天地神明に誓って言うが、本当の事です)。

さて、これは、昨年も書いたのですがね。今年はまた新しい受験生がいるわけだから、又書くね。

私は現役で受からず、代ゼミで一浪したんですよ。2回目の受験。現役の時と同様、いくつか滑り止めで受けますがな。

某大学某学部から送られてきた受験票を見たときは驚いたね。

26464(二浪しろよ)

何たる、芸術的な縁起の悪さ!このときは、あまりの縁起の悪さにクヨクヨを忘れて感動したほどですよ。

でも、ここ、受かったよ。ザマあみやがれ、と思っですよ。しかし、癪だから(というより第一志望じゃなかったから)行かなかったけどね。

それから、去年書いて、「お前、ネタだろう」というメールを頂戴したのですが、歴史的事実なのでムキになってもう一度書きますね。

共通一次の日ってのは当時必ず雪が降るのですよ(私は一度しか受けていないがその後毎年そうだった、ということ)。

それで、私はよりによって、試験当日、試験会場のすぐ手前の歩道を歩いていて、雪で滑って転びました。

それでも、合格したです。だから、「縁起」は気にしなくて良い。


◆負けることばかり考えるのにオリンピックで3回連続金メダルを取った選手

良く、怪しげな折り込み広告に「思考は現実化する」とか書いてあるでしょ?

自分が成功することばかりイメージすれば、万事上手く行くし、悲観的なことを考えていると、不幸がやってくる、みたいな。

あれ、ウソ。

私の体験談からもウソと断言できるのだけど、昨年書いて好評だった話を再び書きます。

詳しいことを(今更だけど)知りたい人は、五輪の身体という本を読んで下さい。

これは、前回の夏の五輪、アテネ大会の前に「声に出して読みたい日本語」のあの斉藤氏が、多くは偶然だけど結果的にメダルを取ったり、好成績を残した選手、

アーチェリーの山本選手、ハンマー投げの室伏選手、体操の塚原選手、などと対談しているのですが、興味深いのは、

男子柔道60kg以下級の野村忠宏(のむら ただひろ)選手。アトランタ、シドニー、アテネで金メダル三連覇を達成している。オリンピックの柔道では初めてだそうです。

これほどの選手が、あんまり書くとネタバレになってしまうけど、超マイナス思考なのです。

試合の前の晩は(オリンピックに限らず)怖くて眠れない。7:3で負けることを考える。

ナポレオン・ヒルの法則とやらが如何に間違っているか良く分かるでしょう。


何故、この話を何度もするかというと、私がクヨクヨするマイナス思考、悲観主義者だから、同じような受験生が、今どんな気持か分かるからです。

私の体験談だけじゃ、説得力に欠けるけど、野村選手の話を知ると安心するでしょ?

プラス思考っていったって、何にも考えていないだけの奴も大勢いる。貴方や貴女がどんなに気が弱くても、

受かります。少しは安心して貰えただろうか?

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります

|

« 【為参考】Windows版のiTunes最新バージョン(7.6)で勝手にジャンル名が変換されてしまう現象について。 | トップページ | 昨年3月、西本智実という指揮者はなかなか、いい、と書きましたが、やはり当たってるようです。お薦めDVD »

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あれ!TACさんと私はまるっきり「同期生」ですね。

しかし、「36」もなかなかすごいですなあ。(笑)

最近は合格発表をインターネットで見ることが出来るようですが、私たちの時は、あの合格者発表の表示を見に行きましたよね。あの時はいやだったなあ・・・。合格した人は無邪気にはしゃぎ、落ちて泣いている女の子もいました。残酷といっては大袈裟ですが、辛い風景でした。

受験生に幸あらんことを。

投稿: JIRO | 2008.01.19 01:15

私も、一浪/共通一次組でしたね。苦難の一年は京都で過ごしました。市電最後の年でした。第一志望の受験番号が「三浪」だったので「弥勒」と一生懸命口にしていたのを思い出します。菩薩様の加護か(笑)36の受験番号は合格発表の掲示にのっていました。それぞれの受験生が自分の力を発揮できると良いですね。

投稿: TAC | 2008.01.19 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/17732237

この記事へのトラックバック一覧です: 気の弱い受験生諸君に告ぐ。大丈夫だよ。:

« 【為参考】Windows版のiTunes最新バージョン(7.6)で勝手にジャンル名が変換されてしまう現象について。 | トップページ | 昨年3月、西本智実という指揮者はなかなか、いい、と書きましたが、やはり当たってるようです。お薦めDVD »