« 2月11日(月)21時02分付 毎日新聞精神医療取材班へのメール--リタリン報道に関して(注:3回目) | トップページ | 祝!合格 お祝いの音楽集 »

2008.02.12

「地域医療の混乱は必至 宇和島徳洲会の指定取り消し」また、厚労省のバカか。

◆記事:地域医療の混乱は必至 宇和島徳洲会の指定取り消し(2月12日13時28分配信 産経新聞)

宇和島徳洲会病院の保健医療機関指定の取り消しが決定的になった診療報酬の不正請求問題。取り消しになれば、

3割負担の医療費が、原則全額、患者側の自己負担になる。入院患者らの大半は転院せざるを得ない状況に陥り、地域医療の混乱は必至。

さらに腎移植の専門家の万波誠医師の保険医登録の取り消しも、万波医師に頼り切っている患者らが多いだけに衝撃が大きい。

同病院は泌尿器科や内科、外科など9の診療科があり、病床数は300。現在、入院患者は約200人、外来患者は1日平均約140人。

この地域で200人もの入院患者の受け入れを模索するのは極めて難しく、通常の外来診療で、かかりつけの医師の変更を余儀なくされる患者も多く出てきそうだ。

患者が医療費の全額負担に耐えられない場合、健保組合などに自己負担(3割)以外の医療費を請求できる制度が存在するが、

この制度が適用されるのは「やむ得ない場合に限り」との条件が付いており、患者全員に適用される可能性は極めて低いという。

同病院の患者の約3割は泌尿器科を受診しており、こうした患者は不安を隠さない。

腎不全の妻(51)を救うため平成12年、万波医師の執刀でみずからの腎臓を提供した松山市の会社員、井手広幸さん(50)は

「今の平穏な暮らしがあるのは先生のおかげ。これからだれを頼れというのか」。

日本移植学会などが病腎移植を批判するなか、この移植への理解を求め井手さんが始めたブログには、

これまでに13万件を超すアクセスがあるという。井手さんは「不正なことはたださなくてはいけないが、

国は『移植の機会を増やしてほしい』という患者の願いに耳を傾けてくれないのか」と憤りを隠さない。

万波医師を支援するため、18年11月に結成された「移植への理解を求める会」の向田陽二代表(50)も

「病院や万波先生たちへの処分には患者の生死がかかっている。患者の視点で地域医療や移植医療の全体を考えるのが行政の役割ではないか」と訴えた。


◆コメント:一人の医師にペナルティを与えるために、病院全体に保健が使えなくなる、ということです。

病気の腎臓でも使えるものは使うべきだ、と日本では異例の移植手術を多数手がけ、

患者からは感謝され、全米移植外科学会から講演の招待を受けたココログはこちら)万波医師のことは、リンク先に書いた。

しかし、日本の移植学会や、厚労省はどういう訳か気に入らないらしい。


そこで、万波医師にペナルティを加えようというのだが、何と万波医師を保険医取消にするばかりでなく、

同医師の勤務する、宇和島徳洲会病院に対する保健指定医療機関指定を取り消すという。

要するに、宇和島徳洲会病院に通院、入院している患者は突如全額自己負担になるのだ。

厚労省という役所は、昨日書いたけれども、リタリンの効能からある日突然「うつ病」を取り消したり、

研修医のアルバイトを禁止したりココログ)、今回のこの措置のように、
そんな通達を出したら困る人間が大勢いる事を分かっているのに、故意に断行する。

国民を困らせるためにあるような役所だ。この措置は殆ど「残酷」である。

なお、万波医師の病気腎臓移植に関する見解は医師の間でも分かれるようで、

前回、同医師の記事を書いたとき、ドクターと思しき方から、

「移植でまず考えなければならないのは、ドナーの安全だ。」

というご意見を頂戴した。移植はドナーがいて初めて成り立つのはいうまでもないが、そのドナーがたりないのでしょう?

死体腎移植は増えないのでしょう。普通の生体腎移植も、誰でもという訳にはいかないのでしょう?

だから、万波医師は病腎移植を始めたのでしょう?

病腎移植に反対するセンセー方。それでは、どうすれば、ドナーを増やせるかという建設的な意見はないんですか?

専門の医師は、人工透析の患者さんが如何に不便な日常を送っているか、我々より、ずっと良く知っているはずでしょう?

透析に変わる手段は、移植しかないのですよね。それを増やそうとしないのは、職業人として怠慢ではないでしょうか。

万波先生を批判するのは簡単でしょうけどね。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります

|

« 2月11日(月)21時02分付 毎日新聞精神医療取材班へのメール--リタリン報道に関して(注:3回目) | トップページ | 祝!合格 お祝いの音楽集 »

ニュース」カテゴリの記事

医療」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

さざ波さま、御憤慨ごもっともですが、人間は勝手なもので、自分の腎臓が今現在、とりあえず正常に機能しているなら、透析患者のことや移植の必要のことなどかんがえないのですね。

私ですら、最初は、「どうしてわざわざ、病気の腎臓を移植するのだ?」と思いました。素人の感覚はどうしてもそうなります。

こういうことは、具体的に数字で示さないと分からないと思います。

全国に透析を受けている人で移植を希望している人がどれぐらいいるのか。それに対して、死体腎移植に同意しているドナーはどれぐらいいるのか。

年間、生体・死体腎移植は何例行われていて、それは移植を希望する人の何パーセントになるのか。

病腎移植の「病腎」とは具体的にどういう腎臓の病気になった人なのか。

それが例えば癌ならば、移植された人が、例えば癌を切除した腎臓でも、移植されてから再びガンになることはないのか。

というような、啓蒙活動をしないと。マスコミは国家の言うなりですからどうしても万波医師は不利になります。

病腎移植の必要性と安全性を簡潔にまとめたパンフレット(リーフレット)はないのでしょうか?

投稿: JIRO | 2008.02.13 23:44

JIROさま
長過ぎて恐縮ですが、日記に書いた憤慨ついでに貼らせて下さい。

   ----------------------------

病腎移植が違法だということで、病院の保険医指定取り消しだそうですが、
今までの生体移植では、全てが健全な腎臓だったのでしょうか。
修復症例は一件もないと、報告されているのでしょうか。日本移植学会の
どなたか、修復して移植したことが有ると仰ってた記憶が有りますけど・・、
そう云うのも、この際、全部、洗い直してみてはどうでしょう。

病腎移植も、普通の腎移植も、移植には変わりないし
病巣を切除して移植したらダメだと、明記されていたのですか。
腎臓を食道に繋いだとか云うのと違い、正規に腎移植して悪いんですか。
使えるよう、生着するよう、修復しない方が、倫理に悖りませんか。
そんなのが正しいと云って、保険医指定を取り消すなんて、少し変です。

それに、五年停止を一ヶ月に短縮するなんて、《お情け》のようだけど、
悪意でしたのでないから、当然なんじゃ有りませんか。4年11ヶ月も
短縮出来るなんて、逆に考えると、随分いい加減な罰則ですよね。
誰の権限で許されるのか。誰がこんな《病院や医師潰し罰則》を考えたのか。
地域医療を担う病院や医師を潰していいのか。判らないコトだらけです。

医学部に入るだけでも大変、出るまでも大変な勉学と苦労、外科医で
通用するまでには、もっと大変な苦労でしょう。名医の技術は、社会資産の
ようなもの。保険医取り消しで困るのは、医師でなく国民なのです。
せめて、罰則を、アタマ丸めるとか、毎日、一時間は廊下に立たせるとか、
禁酒させるとか罰金とか、医師の腕を生かせる罰則は、ないのでしょうか。

本来考えれば、病腎移植は、先駆的な方法の開発に、違い有りません。
外国では、子供の死体腎を二つ大人に移植することまで行なわれているとか。
American Transplant Congressでトップテンで受賞し発表された万波病腎移植、
厚労省と日本移植学会が、病腎移植がそれほど厭なら、それ以外の腎移植を
させるとか、腕を生かせる罰則は無いのか、無ければ作ったらどうですか?

恩恵を受けられる患者達が、5年間にどれだけ助からずに逝くでしょう。
その人たちも、社会を支える企業戦士です。寄り良い社会を作る為に、
どれだけ有意義な仕事ができるか、計り知れないものが有ると思います。
仕事をしなくても、人は、存在そのものに意義が有ります。今の自分が、
家族が生き生きと暮らしたい。その願いを断ち切る罰則って一体ナンですか?

投稿: さざ波 | 2008.02.13 14:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/40104545

この記事へのトラックバック一覧です: 「地域医療の混乱は必至 宇和島徳洲会の指定取り消し」また、厚労省のバカか。:

« 2月11日(月)21時02分付 毎日新聞精神医療取材班へのメール--リタリン報道に関して(注:3回目) | トップページ | 祝!合格 お祝いの音楽集 »