« コソボ独立問題とは何ぞや? | トップページ | ドラマ「斉藤さん」が主張したいことは、「義を見てせざるは勇無きなり」ですね。/追加記事あり。 »

2008.02.20

「イージス艦事故:「あたご」に回避義務」←事故の全容が分からない時点で当事者一方の責任を強調するべきではない。

◆記事:イージス艦事故:「あたご」に回避義務 レーダー役立たず

千葉県南房総市沖で海上自衛隊のイージス艦「あたご」と漁船「清徳丸」が衝突した事故で、

清徳丸を右舷側に見て航行していたあたごに海上衝突予防法に基づく回避義務があったことが分かった。

乗組員による目視が不十分だったため清徳丸に気付くのが遅れ、回避動作が間に合わなかった可能性が高い。

海上保安庁と海上自衛隊は行方不明の清徳丸船主、吉清治夫さん(58)と長男哲大さん(23)の捜索を続けると共に、

横須賀海上保安部が業務上過失往来危険容疑で艦内を家宅捜索、舩渡健艦長らから事情を聴いている。

石破茂防衛相の自民党部会での説明によると、あたごは19日午前4時5分ごろ、南房総市沖を北に向かって航行中、漁

船1隻が右前方から進路を横切った。そのころ、見張りの乗組員が右方向に緑の灯火を視認した。

実際は清徳丸の灯火だったが、この時点では漁船の灯火かどうか分からなかったという。

同6分ごろ、緑の灯火がスピードを上げて動いたため漁船と確認。全力の後進をかけて回避動作をした。

清徳丸は前方約100メートルで大きく面舵(おもかじ)(右舵)を切った。同7分に衝突。

レーダーに清徳丸が映っていたか、それを乗組員が認識していたかどうかは不明という。



海上衝突予防法では、清徳丸の場合、左舷に赤、右舷に緑、後部に白の灯火が義務づけられている。

あたごから見て清徳丸は右から左に航行していたとみられ、この場合は赤の灯火が見えることになり、

乗組員の証言とは矛盾する。漁労中はこれとは別に緑の灯火をつけることになっており、横須賀海保などは灯火状況についても詳しく調べている。

同法によると、2隻の船が進路を横切る場合、右舷側に他の船を見る船に避ける義務がある。

やむを得ない場合を除き、相手の船首方向を横切ってはならない。

衝突を回避するには、停止、後進、面舵などの方法があり、あたごは全力後進をかけたが間に合わなかった。

横須賀海保などは、回避動作が後進だけで十分だったかについても調べる。

事故当時、あたごは当直態勢で夜間航行をしており、艦橋に10人程度の乗組員が目視などで洋上を監視。

さらに、前方の船舶を映す水上レーダーでチェックしていた。海自幹部によると、レーダーは近くなると役に立たず、

300~400メートルからは乗組員による目視が頼りになるという。衝突が回避できなかったのは、目視が不十分だった可能性がある。

一方、海保と海自は24時間態勢で、護衛艦、ヘリコプターなどを出動させ、吉清さんらの捜索を続けている。

現場近くで吉清さんのジャンパーが見つかっている。分断された清徳丸の船体は、千葉県館山市沖にえい航されている。

(毎日新聞 2008年2月19日 21時57分)


◆コメント:とにかく、一刻も早く誰かを「悪者」にしたがるマスコミの悪弊。

今日の事故は、誠に悲惨であるが、どのメディアの報道を見ても、とにかく、

自衛隊の不注意によるものだ。

という結論にしたがっているのが、ありありと分かる。

しかしながら、事故当時の詳細な状況の全容は明らかになっていないのである。

従って、今の時点で、自衛隊が悪い、という先入観を読者、視聴者に与えるような報道は間違っている。



今日のマスコミ各社の報道に接し、2005年4月25日の福知山線脱線事故を思い出した。

あのときも、事故が起きたばかりで、一体何が原因で電車が脱線転覆したのか分からないのに、

マスコミ各社は、ものすごい高圧的な態度で、JR西日本の幹部を記者会見の席上で「吊し上げ」た。

事故の原因が分からなければ、責任の所在は分からない。福知山線脱線事故の事故調査報告書が完成したのは2年以上を経た、

2007年(昨年)6月だったのである。

今回の事故原因の解明にどれぐらいの時間がかかるか何とも言えないが、ただ一つ確かなことは、

今日、海上自衛隊のイージス艦「あたご」と、漁船「清徳丸」が海上で衝突し、清徳丸が真っ二つに割れ、

乗っていたお二方が、行方不明だ、ということだ。


◆毎日新聞が「あたご」に回避義務があったと、報ずる根拠。海上衝突予防法。

調べたところ、確かに、海上衝突予防法第十五条の文言は次の通りである。

(横切り船)

第十五条  二隻の動力船が互いに進路を横切る場合において衝突するおそれがあるときは、他の動力船を右げん側に見る動力船は、当該他の動力船の進路を避けなければならない。この場合において、他の動力船の進路を避けなければならない動力船は、やむを得ない場合を除き、当該他の動力船の船首方向を横切つてはならない。

2 前条第一項ただし書の規定は、前項に規定する二隻の動力船が互いに進路を横切る場合について準用する。

そして、衝突した二隻の船の航路は、このようになっている→ダウンロード 20080219crash.jpg (18.1K)

青が漁船。赤がイージス艦である。この図のとおりに、清徳丸とイージス艦「あたご」が航行していたとすると、

タイミングによっては、確かに、イージス艦から見て右舷前方に漁船が見えた、ということになるので、イージス艦が回避行動を取る義務がある。

この場合、相手の船(清徳丸)の船首方向を横切ってはならないから、記事に書いてあることが事実ならば、

イージス艦は、後進全速をかけて、面舵(右に曲がること)を切ったのであろう。

その操作に不十分な点があったのか、発見が遅かったのは、不注意によるのか、どうしようもない不可抗力だったのか。

そういうことを明らかにするのが先決である。

今一度繰り返すが、現段階で、「誰が悪かったのか」ということに関して、世間に先入観を与えるような報道は、間違っている。


◆【追加】随分口汚い人がいるものですなあ。

こちらの意見に反論するのは、いいけどね。こういう口汚い書き方しますかねえ。

いかにもしたリ顔で原因が分からない段階で自衛隊を責めるのは問題だと自分は良識の固まりかのようにボケこいているブログがあったりする


相手にトラックバックを送り、以下の反論コメントをかきこんでおきました。

【引用開始】
こんにちは。

>いかにもしたリ顔で原因が分からない段階で自衛隊を
>責めるのは問題だと自分は良識の固まりかのように
>ボケこいているブログ

を書いているJIROですが。

>馬鹿な奴らに自衛を付託すること自体に不安感100%であることが大問題なのだ

ならば、どうすればよいとお考えなのですか?

【引用終わり】
先方が載せるかどうか(TBとコメントを表示させるか否かは、管理者がコントロールできるのです)?

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります

|

« コソボ独立問題とは何ぞや? | トップページ | ドラマ「斉藤さん」が主張したいことは、「義を見てせざるは勇無きなり」ですね。/追加記事あり。 »

ニュース」カテゴリの記事

マスコミ批評」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

pappertさん、こんにちは。

2年ほど前、皇室継承問題、男系・女系のことでコメントを下さったpappertさんではありませんか(別の方でしたらご無礼いたしました)?

イージス艦問題に関して、ご指摘のような事実(飲酒、艦長の仮眠、見張りの問題)などをマスコミが報じているのは知っていますが、だから私がこの問題を書かなくなったのではありません。

2月20日、23日の記事は、私の頭では、「客観的、合理的」な思考なので、どうして、pappertさんが「つきあえない」とお感じになったのかも、正直に申し上げると理解に苦しみます。

さて、問題は、イージス艦と漁船がそれぞれどのような航路を辿ったのか、時系列的に詳細な調査が為されたはずなのに、それが全く発表されないことです。私の主張は別に無茶なことではなく、ニュートンの運動の第一法則、「物体は外力が加わらない限り、等速度運動(この場合「速度」はベクトル)を続けようとする性質がある。これを慣性という」

「慣性の大きさは質量に比例する」

という事実に基づいているだけです。質量において圧倒的に大きい愛宕が、排水量にして1000分の1にも満たない漁船を回避するよりも、その逆の方が遙かに現実的ですし、大きな船が小さい船を見つけるよりも、その逆の方が容易な筈です。

にも関わらず、漁船が「イージス艦に気付かずに」、イージス艦の針路のど真ん中に突っ込んで行ったのはどう考えても、不注意か過失があったとしか思えないのです(法的に右舷に船を見た側に回避義務があるということは承知の上でいっています)。

繰り返しますが、二隻の船舶が、衝突直前どのような航路を辿ったのか、その軌跡を図解説明でもして貰わない限り、私がこれ以上意見を言いたくても、言いようがないのです。

蛇足になりますが、23日の記事には、私と同意見の方のコメントが寄せられております(いずれも、冷静、かつ合理的なご意見だと私は思います)ので、お読みいただけるとご参考になるかと思います(既にお読みでしたら、ご容赦下さい)。

投稿: JIRO | 2008.04.19 09:32

こんばんは。
初めまして。
このブログはいつもの巡回のコースで、JIROさんの意見と一致する部分が多く、ずっと読ませてもらっていました。
過激と思われるコメントも、JIROさんならではで、そういう意見もありかなという感じで読んでいました。

しかし、2月20日・23日のイージス艦の記事には付き合えず、拒絶感を感じました。
その後、現在までこちらには立ち寄っていません。
今日久しぶりに立ち寄ってみましたが、いつものJIROさんらしい切り口が懐かしい感じでした。

イージス艦について遡って読んでみましたが、2月29日の記事を最後に、この件については書かれていないようですね。
その後、自衛艦での飲酒、艦長の仮眠、見張りがいなかったことなどが明らかにされています。
(その他にもかなり隠蔽されているようですが)
先日の福田氏の謝罪で幕引きがされたようで、マスコミも過ぎたものとして扱いません。
幕僚長のみが更迭され、他は軽微な罰で済ませたようです。

その前後に沖縄の米兵暴行(強姦)事件、日銀総裁問題もあり、与党がぐらついていたのにもかかわらず、マスコミ操作でこの状況は乗り切られてしまいました。

現時点の情報の基で、イージス艦問題について、JIROさんはどうお考えでしょうか?
JIROさんがイージス艦の記事を書いた際、不確実な情報の基で、あまりにもマスコミが被害者サイド一辺倒で善人面して自衛隊批判の記事を書いていたことにJIROさんが違和感を感じ、敢えて正論を書かれたものと推察してますが。
余計かもしれませんが、今後とも連帯感を持ってこのサイトを訪問したいと思うので、よろしければお考えをお聞かせ下さい。

投稿: pappert | 2008.04.19 05:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/40188767

この記事へのトラックバック一覧です: 「イージス艦事故:「あたご」に回避義務」←事故の全容が分からない時点で当事者一方の責任を強調するべきではない。:

« コソボ独立問題とは何ぞや? | トップページ | ドラマ「斉藤さん」が主張したいことは、「義を見てせざるは勇無きなり」ですね。/追加記事あり。 »