« 東京マラソンも結構ですけどね---音楽にまつわる国辱。 | トップページ | 「イージス艦事故:「あたご」に回避義務」←事故の全容が分からない時点で当事者一方の責任を強調するべきではない。 »

2008.02.18

コソボ独立問題とは何ぞや?

◆記事:コソボ自治州議会、セルビアからの独立宣言採択(2月17日21時42分配信 読売新聞)

【プリシュティナ=石黒穣】セルビア南部のコソボ自治州議会は17日、臨時議会を開き、セルビアからの独立宣言を圧倒的多数で採択した。

国旗のデザインなども定めた。セルビアの激しい反対を押し切っての一方的な宣言だが、米国や欧州諸国の大半はコソボを主権国家として承認する方針。

(以下、省略。全文は、こちらをご参照)。


◆「コソボ」とは地名です。

既に消滅した、旧ユーゴスラビアにある土地です。

周囲の国々も含めると、位置は、ここ→。ダウンロード Kosovo01.jpg (61.8K)

その中で旧ユーゴスラビアだけを拡大すると、これ→ダウンロード Kosovo02.jpg (57.4K)

旧ユーゴスラビアは消滅し、代わりにいくつもの独立国が出来たのですね。

その一つが、「セルビア」という「国」なのですが、その中でコソボという土地が、コソボ自治州という行政区画になっていたのです。

セルビアはセルビア人が多数を占める国ですが、コソボはセルビア人とは別の民族、アルバニア人が人口の90%を占めているのです。

で、自分達は、セルビア人ではないから、独立したい、と前から言っていたのですが、遂に日本時間17日、本当に宣言してしまったのです。

ところが、セルビア中央政府は認めたくない、と、反対しているのですね。


こういう民族紛争というのは、ほぼ単一民族国家である日本に生まれた私たちには、感覚的に分かりづらいですね。

どんな感じなのかな。日本で、例えば突然、四国だけ、独立国になると宣言したような感じかな。だとしたら反対しますよね。

(やはり少し違う気がする)。

わが国の官房長官は早くも新独立国を国際法的に「承認」しても良いようなことをいっていますが、簡単には決まらないでしょう。

国連安全保障理事会の緊急理事会が確か、開かれている、或いは開かれる筈、です。

もう少し様子を見ないと、どうなるか分かりません。


◆「コソボ紛争」とは、セルビア内での内戦です。

今回、世界を騒がせているのは、「コソボの独立」の問題ですが、これまでに散々アルバニア人とセルビア政府が揉めたのです。

「コソボ紛争」とは、人口200万人のコソボ自治州のうち、9割を占めるアルバニア人が、独立を求め、

独立を拒否する旧ユーゴスラビアのセルビア人との間に起きた紛争。内戦です。

1990年代に、約1万人のアルバニア人が殺害されたと云われています。

あまり虐殺がひどいので、99年にNATOがセルビア側を爆撃して、一応おとなしくなりました。

その後、コソボではまた、争いが起きるといけないから、というので、国連の監視下に置かれています。

これを、国連コソボ展開軍といいます。

以上です。何となく、お分かり頂けたでしょうか?

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります

|

« 東京マラソンも結構ですけどね---音楽にまつわる国辱。 | トップページ | 「イージス艦事故:「あたご」に回避義務」←事故の全容が分からない時点で当事者一方の責任を強調するべきではない。 »

ニュース」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

kenさん、TACさん、こんばんは。
そう、アイヌや琉球のことを考えたので、「ほぼ単一民族国家の日本」と書いたのですが、補足してくださって、ありがとうございます。

投稿: JIRO | 2008.02.20 00:11

四国ではなく、沖縄が独立した…というように考えれば分かり易いのではないかと思います。江戸時代までは別の王朝でしたし。それに、日本政府の仕打ちやヤマトンチューの無理解、文化的な伝統を考えれば、「独立」という考えがあったり、独立運動が出てきたりしても不思議ではありませんし、歴史的な経緯を知れば、個人的には消極的な支持はするかも知れませんね。いずれにしても、一般の市民に犠牲者が出ないように祈るばかりです。

投稿: TAC | 2008.02.19 20:28

妙な話ですが、日本人にとっては、井上ひさし「吉里吉里人」なんかを読むと、少しだけピンと来るかも知れません。
人種の違いもあるでしょうし、気風の違いもありますが、こんな島国でも、江戸期にはアイヌの反乱がありましたし、あまりに古い時代過ぎてよく分からないのですが、蝦夷「征伐」というのもありました。沖縄だって、彼らが「島津藩」との関係の方を優先したから「日本」になったのだし。
・・・いずれにせよ、コソボのようにならずに済んだ幸せは、思わなくてはいけませんね。
セルビアはある意味で「民族の十字路」ですものね。

投稿: ken | 2008.02.19 02:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/40174347

この記事へのトラックバック一覧です: コソボ独立問題とは何ぞや?:

« 東京マラソンも結構ですけどね---音楽にまつわる国辱。 | トップページ | 「イージス艦事故:「あたご」に回避義務」←事故の全容が分からない時点で当事者一方の責任を強調するべきではない。 »