« 【ドラマ】「ちりとてちん」最終回への不満。 | トップページ | 「暫定税率が失効、ガソリン25円下げ=再可決で戻す、首相決意-民主は問責の構え」←何故、All or Nothingなのか。 »

2008.03.31

「世界35カ国で消灯温暖化防止訴え」←午後8時から1時間より、夜中の活動を出来る限りやめるべきだ。

◆記事:世界35カ国で消灯温暖化防止訴え(3月29日20時43分配信 産経新聞)

地球温暖化対策の啓蒙(けいもう)活動として環境団体が計画した消灯イベント、「EARTH HOUR」が29日、アジア、太平洋諸国で始まった。

各国現地時間の午後8時から1時間、電気を可能な限り使用しないという試みで、最終的に欧米を含む世界35カ国370以上の街が参加する見通しだ。

オーストラリアのシドニーでは観光名所のハーバーブリッジやオペラハウスの照明が消え、レストランではろうそくが灯された。

企業や一般家庭も参加し、消灯のほかテレビやコンピューターの電源が切られた。

同イベントはタイ・バンコクなどアジアでも実施、デンマーク・コペンハーゲン、カナダ・トロント、米シカゴ、サンフランシスコなど欧米でも行われる。

同イベントは昨年3月にシドニーで初めて実施され、温室効果ガスを10%削減する効果があったという。


◆コメント:起きている時間に電気を消すより、早く寝て、深夜放送・営業を止めれば良いでしょう。

記事の最後に、

同イベントは昨年3月にシドニーで初めて実施され、温室効果ガスを10%削減する効果があったという。

と書いてある。それはいいのですが、夜8時から1時間って、日本だと困るのですよね。

まだ会社で働いている人が大勢いるし、家庭によっては、この時間帯が夕食だ、ということも多いだろう。

宿題をやっている子供もいるだろう。

この中途半端な時間に1時間活動を停止すると、それだけ寝るのが遅くなる。

1時間の消灯で、温室効果ガスを10%削減する効果がある、というのなら、わが国の場合、夜中の消費電力を減らすべきだ。

テレビ番組表をみると、毎日、殆どの局が24時間、何らかの放送をしている。

全ての局が1年365日、24時間放送する必要は無い、と思う。習慣の問題だ。

昔に比べて職業、勤務形態が多様化しているとはいえ、夜中の2時、3時に、本当にどうしてもテレビを「見なければならない」人が

どれだけいるのだろう。

今の人には信じがたいだろうが、昔はNHK総合は午前0時で放送を終え、朝の放送は午前6時のニュースで開始されたのである。

せめて、午前2時~4時は全ての局の放送を止めてみるという実験をしてみると良い。大して不便を感じないだろう。

また、コンビニやファスト・フード、飲食店の24時間営業。夜中に働いて、明け方に食事をしたり買い物をする人は確かにいるだろう。

だが、これも、全てのコンビニ、ファスト・フード、飲食店の全ての店に客が溢れている、という訳ではあるまい。

私は、ロンドンにいたとき、一件だけ、24時間営業のマクドナルドがあったが、タクシーに乗ってそのそばを通ったときに、

運転手が吐き捨てるように言った。

「24時間オープンのマクドナルド?バカバカしい。夜中にハンバーガーを食う奴がいるか!」

英国人は、日本人ほど働かない。夜中の12時過ぎまで残業するなど正気の沙汰とは思われない、という社会だから、

日本と単純比較は出来ないが、よーく見直してみると、実は24時間営業しなければならない店は意外に少ないのではないか。

夜中は出来るだけ、皆、早く寝る。不必要に夜更かししない、という生活に戻す方が、エネルギー消費の削減に貢献するのではないかと思われる。

いうまでもないが、警察、消防、インフラ関係、医療機関などは例外である。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 【ドラマ】「ちりとてちん」最終回への不満。 | トップページ | 「暫定税率が失効、ガソリン25円下げ=再可決で戻す、首相決意-民主は問責の構え」←何故、All or Nothingなのか。 »

ニュース」カテゴリの記事

地球温暖化」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あつし様、こんばんは。

オイルショックの時、そうですね。深夜のみならず、午後の主婦向けワイドショーの時間帯も放送中止していましたよね(NHKだけだったかどうか記憶が定かで無いのですが・・・)。

あの時に「省エネ」の概念と知恵が日本に生まれ、世界第2位の経済大国であるにも関わらず、日本のCO2排出量は世界全体の5%なんですよね(アメリカは20%)。

深夜電力を切り詰めればもっと減らせると思うのですが、日本のみならず、世界中に「このままだと、本当に人類は滅びますよ」とはっきり云わないと、危機感は生まれないのではないかと思うのです。チームマイナス6%なんて、チャラチャラいっているから、ダメなんですよね。

投稿: JIRO | 2008.03.31 21:20

オイルショックの時にテレビ放送が、深夜の時間帯に放送を休止していたのを覚えています。またネオンも早い時間帯に消灯され、ガソリンスタンドの日曜営業の休止もこの時が初めてだったかな。日本は危機感を持って国を挙げて省エネに取り組んでいましたし、そして多くを学んだと思います。ですが今の日本は、この時の教訓を忘れてしまったかのようですね。24時間営業のコンビニは町中に溢れているし、凄い数の自動販売機なども、たとえ夜中は無人のビルでも稼働しています。またどこかの牛丼屋は24時間営業を復活するのだとか。JIRO様のエピソードじゃないけど、夜中に牛丼なんか食うような食生活をしていたら高血圧、高脂血症、糖尿病にまっしぐらですからね。厚労省も国民の健康を思うのなら、止めさせるべきではないでしょうか。(笑)
今の日本、チームマイナス6%などといっておりますが、民間任せでどう見ても国を挙げて取り組んでいるとは思えないのです。今こそあのオイルショックを思い出し、その時の教訓を生かし、国を挙げて環境対策に取り組まないと本当に手遅れになりますよね。

投稿: あつし | 2008.03.31 18:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/40697264

この記事へのトラックバック一覧です: 「世界35カ国で消灯温暖化防止訴え」←午後8時から1時間より、夜中の活動を出来る限りやめるべきだ。:

« 【ドラマ】「ちりとてちん」最終回への不満。 | トップページ | 「暫定税率が失効、ガソリン25円下げ=再可決で戻す、首相決意-民主は問責の構え」←何故、All or Nothingなのか。 »