« 「飲食店、娯楽施設を全面禁煙に=全国初の条例案検討-神奈川県」←また、All or Nothingか。 | トップページ | 4月18日は、レスピーギ(1879-1936)の命日であり、スッペ(1819-1895)の誕生日です。 »

2008.04.17

「自衛隊イラク派遣に違憲=兵士空輸「武力行使と一体」-名古屋高裁」←私は4年以上前から繰り返し違憲だと書いてきた。

◆記事:自衛隊イラク派遣に違憲=兵士空輸「武力行使と一体」-名古屋高裁 (4月17日19時41分配信 時事通信)

自衛隊のイラク派遣は違憲として、愛知県などの弁護士と各地の住民らが国を相手に、派遣差し止めと慰謝料などを求めた訴訟の控訴審判決が17日、

名古屋高裁であり、青山邦夫裁判長(高田健一裁判長代読)は

「米兵らを空輸した航空自衛隊の活動は戦争放棄を規定した憲法9条1項に違反する」との判断を示した。

派遣差し止めと慰謝料請求の訴えは棄却した。

自衛隊イラク派遣をめぐる同様訴訟は全国で起こされているが、違憲判断は初。国側は勝訴のため上告できず、確定する見通し。

1審名古屋地裁は憲法判断をせずに訴えを退けていた。

原告側弁護士によると、9条違反を認めたのは1973年の札幌地裁・長沼ナイキ基地訴訟判決以来35年ぶり。高裁では初めて。

青山裁判長は、イラクの現況について「国際的な武力紛争が行われ、特にバグダッドは戦闘地域に該当する」と認定。

その上で空自が2006年7月以降、米国の要請を受け、クウェートからバグダッド空港に多国籍軍の兵士を輸送している点について

「多国籍軍の戦闘行為に必要不可欠な軍事上の後方支援」と指摘し、

「他国による武力行使と一体化した行動で、自らも武力行使を行ったとの評価を受けざるを得ず、イラク特措法や憲法に違反する」と述べた。


◆コメント:当然です。

マスコミは、「司法によるイラクへの自衛隊派遣の違憲判断は初めて」であることを盛んに強調しているが、

違憲であることは、常識で考えれば明らかであり、本来、マスコミがイラク復興支援特別措置法成立直後から政府を批判するべきだったのである。

私は、空自による米軍・多国籍軍の兵士、物資輸送は違憲である、と四年以上も前から繰り返し書いている。

それは、私の日記「空自」で検索した結果ご覧になると、

お分かり頂けると思う(注:「航空自衛隊中央音楽隊」も混じってしまうので、中にはいくつか関係の無い記事もある)。

ピックアップするとキリがないが、

2004年06月23日(水) 「航空自衛隊は武器・弾薬の輸送は行わない」(12月9日 小泉首相) その後、どうなったか?

2004年12月08日(水) 「武装米兵ら1200人空輸 空自機の輸送、全容判明」 ⇔「武器弾薬の輸送は行いません。(小泉首相)」2003年12月9日

の二本の記事で、既に明らかである。

これ以外にも、「空自」で検索した結果の多くは、空自のクウェートにおける活動は違憲であることを書いている。

素人物書きの私にもこれほど自明のことなのに、新聞・テレビは、この問題を国民に説明せず、違憲性の強調も行わなかった。

怠慢のそしりを免れない。

結論として、今一度書くが、今日の名古屋高裁の判断は憲法とイラクの現状と空自の活動を考えれば当然の論理的帰結であり、正しい。

驚くべき事でも何でもない。

なお、日本国憲法をそのまま読むと、違憲審査が出来るのは最高裁だけであるかのような印象を受ける。

日本国憲法 第81条 最高裁判所は、一切の法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所である。

しかし、最大判昭和25年2月1日では、下級裁判所に違憲審査権があることを肯定している。

したがって、下級裁判所(地裁、高裁)が違憲審査の判断をすることは、権限を逸脱した行為とは言えない。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 「飲食店、娯楽施設を全面禁煙に=全国初の条例案検討-神奈川県」←また、All or Nothingか。 | トップページ | 4月18日は、レスピーギ(1879-1936)の命日であり、スッペ(1819-1895)の誕生日です。 »

ニュース」カテゴリの記事

マスコミ批評」カテゴリの記事

戦争」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

TACさん、こんにちは。行政府による司法の軽視を私が初めて最も強く感じたのは、2005年、大阪高裁が内閣総理大臣の靖国神社参拝を違憲と判断したときでした。この後内閣は「靖国参拝は合憲である」という閣議決定をしたのです(与党からの質問趣意書への回答という形でしたが)。

唯一、違憲審査権を有している司法が「違憲だ」と言っているのに、行政府が「合憲だ」と決め、司法の判断を無視しているのですから、実質的にこの国では三権分立ではないのです。司法も独立していません。

こんな簡単な、しかも大問題を新聞の論説などが批判しないところが恐ろしいと思います。だから私はこういう記事を書いている次第です。

投稿: JIRO | 2008.04.19 09:20

法的に正当な違憲判決を、裁判官が職を賭して書かなければならないこと自体が、三権分立/司法権の独立の危機的状況を示しているともいえます。司法権の独立が確立していれば、そんな必要などないのですから。それに加えて、町村・福田発言。これも明らかに違憲ですよね。それをマスコミが糾弾する力を持っていないのですから、困ったものです。その言動によって、民主主義を形骸化し憲法をないがしろにしたい政府・与党の意思は明白です。そして、それを追求どころか指摘すらできないマスコミ……。「いつかきた道」の【空気】をひろげたいのでしょうね。そんな【空気】は読まないで、まともな【空気】を広げなければいけませんね。

投稿: TAC | 2008.04.18 21:40

あつし様、コメントをありがとうございます。

大変鋭いご指摘で、全くそのとおりなのです。最高裁長官を内閣が任命する(憲法79条)。内閣の過半数は国会議員で無ければならない(憲法68条)。国会議員は当然、主権者たる国民が選んでいる訳ですが、実質的に、司法の人事権を行政府が握っていては、三権分立とは言えないと思うのです。日本は実質、「二権分立」です。

内閣が任命しないとなると、国民が直接投票で最高裁長官を選べるか。難しいのですね。

衆議院選挙のときに形式的に最高裁の裁判官について弾劾投票というのがありますが、あれですら、実際は、最高裁の裁判官を全員知っている一般国民などおりません。

どうすればよいか、私もちょっと考えますが、今の制度は確かに問題あり、ですね。

投稿: JIRO | 2008.04.18 17:51

おはようございます。今回の違憲判決、至極当然です。なぜ違憲なのかは、以前からこの日記で勉強させていただきました。
で、ちょっと思ったのですが、国の政策に対して違憲判決を下すわけですから、ある意味国に対して楯を突くことになりますよね。将来最高裁を目指しているような裁判官が、このような判決を下せたのかなと言うことです。この違憲判決を下した青山邦夫裁判長も今年6月の定年を前に、今回の判決文を書いたのを最後に3月31日に依願退官したとの新聞記事が載っていましたからね。
最高裁判所の裁判官は内閣が任命し、その他下級裁判所の裁判官は「最高裁判官の指名した名簿」によって内閣が任命するということですから、最高裁判所を頂点として、人事権を持つ内閣の影響を受けるわけです。出世を望む裁判管がいたとすれば、内閣の政策に対して楯突くような判決は出しにくいのではないでしょうか。
青山邦夫裁判長の新聞記事を見て、ふと裁判官の人事制度について疑問を思った次第です。内閣が裁判官の人事権を持っているのですから、この点からも、総理大臣や官房長官がすっとぼけたコメントをする理由が見えてくるような気がします。

投稿: あつし | 2008.04.18 09:19

ころぺこさん、こんばんは。おひさしぶりです。

これは、以前、内閣総理大臣の靖国参拝が違憲である、と2005年に大阪高裁が判断した時と同じ騒ぎになりそうですね。

わが国には憲法違反かどうかそのものを判決に持ってくる憲法裁判(所)という制度、組織がないので、憲法に違反しているか否かは、判決文の傍論に書かざるを得ない。これを付随的違憲審査制というのですけど(よろしければ以前の説明をご覧下さい↓)
http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/day?id=89954&pg=20051009

官房長官も総理もこの「傍論だから」関係ないと言いたいらしいのですが、アホとしか言いようがありません。何故なら繰り返しますがわが国の裁判制度上、違憲かどうかは傍論で述べるしかないからです。

憲法99条には
天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

と書いてあります。
そして、三権分立で司法は独立して違憲審査権を持つ訳です。その司法が違憲だと(傍論であることは関係ないです)判断したのですから、行政府である内閣はイラクへの自衛隊派遣を中止しなければいけないのです。

官房長官の発言はこの国の行政府の長は三権分立や、国務大臣、公務員の憲法遵守義務という近代国家の基本すら理解出来ていない、ということですねえ。

投稿: JIRO | 2008.04.17 23:43

執筆ご苦労様です。
久々にコメントさせて頂きます。

このニュースを見たとき「おっ、ようやくまともな判決が出たな」と喜んだのですが、続いて流れた町村官房長官と福田総理のコメントで思わず固まりました。

町村「自衛隊の活動への影響は全くない」
福田「(今後の空自の活動について)裁判のためにどうこうする考えはない」

ええと・・・
違憲、なんですよね?

派遣差止めの部分が棄却になったのでこの裁判は国の勝ち、ゆえに影響は全くない、という理屈なのでしょうが・・・

この理屈って、通ることなんでしょうか??

司法が憲法違反だと判断したことを、一国の首長が「問題ない」と言い切ってしまう。
私にはこれを理解する術がないのです。

JIRO様はどのように思われますか・・・??

投稿: ころぺこ | 2008.04.17 22:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/40908373

この記事へのトラックバック一覧です: 「自衛隊イラク派遣に違憲=兵士空輸「武力行使と一体」-名古屋高裁」←私は4年以上前から繰り返し違憲だと書いてきた。:

« 「飲食店、娯楽施設を全面禁煙に=全国初の条例案検討-神奈川県」←また、All or Nothingか。 | トップページ | 4月18日は、レスピーギ(1879-1936)の命日であり、スッペ(1819-1895)の誕生日です。 »