« 4月18日は、レスピーギ(1879-1936)の命日であり、スッペ(1819-1895)の誕生日です。 | トップページ | 「小泉氏トップ、2位麻生氏=首相にふさわしい人-時事世論調査」←大衆の愚かしさ。 »

2008.04.19

「違憲判決に官房長官ら、イラク支援継続「問題ない」で一致」←この国は三権分立じゃないのですね。

◆記事:違憲判決に官房長官ら、イラク支援継続「問題ない」で一致(2008年4月18日11時30分 読売新聞)

航空自衛隊のイラクでの輸送支援活動の一部を違憲とした17日の名古屋高裁判決について、

町村官房長官は18日午前、高村外相、石破防衛相と国会内で協議し、「空自の活動継続に何ら問題はない」との認識で一致した。

町村氏はその後の記者会見で、「武力行使の解釈について裁判官がどこまで実態が分かっているのか、

(戦闘地域と判断する根拠となる)『国に準ずる組織』をどう理解しているのか、

その辺に誤りがあるのではないかという印象をお互いに語った」と述べた。

高村外相は、判決が傍論で違憲判断を示していることについて「一人の人(裁判官)の意見。外相を辞めて暇でもできたら読んでみる。

崇高なものであるかのごとく錯覚を与えて政治利用しようとするのはよくない」と述べた。

石破防衛相も「極めて遺憾だ。判決を導き出す立論過程で、(違憲判断が)論理構成上必要であったわけではない。

傍論部分にすぎず、なぜあえて言及したのかやや理解しかねる」と批判した。


◆コメント:どいつもこいつも、バカだ。

憲法は日本国の最高法規である。(日本国憲法第九十七条

天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。(同九十九条)。

政府の行為が違憲であるかどうかを判断するのは終局的には最高裁判所である(同八十一条)。

違憲審査の「終審裁判所」は最高裁であるが、下級審が、違憲審査権を持つことを否定するものではない。

これは、最高裁大法廷判例(最大判昭和25年2月1日)で明らかにされている。

従って、4月17日の名古屋高裁の判決における、「イラク自衛隊派遣の違憲性」の判断を、行政府は、司法権の独立、三権分立の原則に鑑み、

尊重しなければならないのは明らかである。

つまり、イラクへの自衛隊派遣は中止するべきであり、司法の判断を無視するのならば、この国は近代国家とは言えない。


◆合憲か違憲かの判断は判決文傍論で書くしかない、付随的違憲審査制をわが国は採用している。

冒頭の記事では、官房長官も外相も防衛相も、名古屋高裁の「違憲」判断は、判決「傍論」で書かれているから、関係ない、という。

バカである。わが国では、ある法律や行為や制度などが、合憲か否かを真っ正面から判決文とする「憲法裁判」という制度がなく、

当然、それを行う「憲法裁判所」も存在しない。

したがって、今回の名古屋の事例のごとく、原告が自衛隊のイラク派遣の合憲性を問う場合は、民事裁判(例えば損害賠償請求訴訟)として、

訴訟を提起し、裁判官は判決主文の後判決理由の中の傍論において、この判断を示すしか方法が無い。

そんなことは、国会議員なら知っている筈なのにとぼけている。

なお、付随的違憲審査制にかんしては、かつて、もっと丁寧に説明した記事がある。

2005年9月、大阪高裁が、内閣総理大臣の靖国参拝は違憲である、という判決を下したときの説明である。

2005年10月02日(日)  靖国参拝違憲判決を批判するのは簡単だが、裁判官は命がけなのです。ココログ

2005年10月09日(日)  大阪高裁の判決に関して、「傍論で違憲」というのがわかりにくいみたいですね。ココログ

冗漫な説明だが、当時の私としては必死に書いた。ご参考までにお読みいただければ、有難い。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 4月18日は、レスピーギ(1879-1936)の命日であり、スッペ(1819-1895)の誕生日です。 | トップページ | 「小泉氏トップ、2位麻生氏=首相にふさわしい人-時事世論調査」←大衆の愚かしさ。 »

ニュース」カテゴリの記事

福田政権批判」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ころぺこさん、コメントをありがとうございます。

航空幕僚長の発言は許せませんね。自衛隊に憲法遵守義務があるのは自衛隊法にも明記してありますが、

それ以前に、考えるべきまでもなく、常識で、ましてやイラク派兵の合憲性に対する司法の判断に、軍人が口を差し挟むなど、

言語道断。

私もこの国が滅びるのではないかという気がしてきました。

投稿: JIRO | 2008.04.21 19:12

TACさん、コメントをありがとうございます。

>冷徹な外交戦略という視点から見ても、これは撤兵のチャンスなのです。
>以前の政府は、もう少し「平和憲法」を利用して、アメリカと【外交】もしていました。

おっしゃるとおりですね。憲法9条を逆手にとって「駆け引き」が出来ましたよね。

よりによって、アメリカ史上最悪の大統領にここまで隷属した発端は小泉ですが、それを続ける日本の外交センスの無さには、

驚くべきものがあります。日独伊三国同盟を締結したほどの国ですが、60年経っても「センス」が進歩していない・・・。

>それに、憲法が「最高法規」としての歯止めにならない…ということにしてしまったら、どこの国からも信用されなくなります。

賛成です。司法が違憲だ、といっているのに、行政府が「司法なんかほうっておけ」というのですから、近代国家ではありません。

行政府の独裁が可能であり、その意味では共産党が独裁している中国や、首領様が独裁している近くの国を笑えないと思います。

できることなら、福田、町村、高村、石破、まとめてクビにしたいところです。

投稿: JIRO | 2008.04.21 19:07

先日はレスコメント有難うございました。

この問題については、さらに田母神航空幕僚長が「そんなの関係ねぇ」とコメントしてとどめを刺したようですね。

司法判断に対して、首相と官房長官はこれを愚弄し、航空軍政部門の長はお笑い芸人の真似事でコメントを出すとは・・・

しかもマスコミもさして関心を示すわけでもなく。

なんかもう、この国はダメなんじゃないでしょうか。
どうするんでしょうねぇ、この国は・・・

投稿: ころぺこ | 2008.04.20 01:28

愚かですね。冷徹な外交戦略という視点から見ても、これは撤兵のチャンスなのです。以前の政府は、もう少し「平和憲法」を利用して、アメリカと【外交】もしていました。ここまで、無思慮に対米従属はしなかった…というよりも、ブッシュ政権従属の極みです。すべての次期大統領候補から批判されているイラク戦争を支援し続ける、ということはブッシュ政権と心中でもするつもりなのでしょうかね。
それに、憲法が「最高法規」としての歯止めにならない…ということにしてしまったら、どこの国からも信用されなくなります。民主主義、法治国家は、近代国家の必要条件ですから、それを実体として放棄すれば、信頼が失われます。無能であると同時に売国奴としか言いようのない唾棄する連中ですね。

投稿: TAC | 2008.04.20 00:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/40928240

この記事へのトラックバック一覧です: 「違憲判決に官房長官ら、イラク支援継続「問題ない」で一致」←この国は三権分立じゃないのですね。:

» ◆イラク派遣・違憲/判決要旨や各種声明など/裁判長のこと [てらまち・ねっと]
 一昨日の自衛隊イラク派兵差し止め訴訟の控訴審判決、全国に衝撃が走った。  政府は、裁判所のいったこと、と知らないふり。  「典型的な蛇足判決。裁判所による重大な越権行為。裁判官が個人的心情を述べているだけ」(=井上薫弁護士)  当初から加わっているものの具体的には何もしてこなかったので、ここでは私の経験として裁判長に関することにふれる。  青山邦夫裁判長を前向きに評する意味で。  控訴審は、「青山邦夫裁判長」(一昨日は、異動のため高田健一裁判長代読)。  この青山邦夫裁判長は、岐阜地裁で私が本... [続きを読む]

受信: 2008.04.22 16:05

« 4月18日は、レスピーギ(1879-1936)の命日であり、スッペ(1819-1895)の誕生日です。 | トップページ | 「小泉氏トップ、2位麻生氏=首相にふさわしい人-時事世論調査」←大衆の愚かしさ。 »