« 素人が刑事裁判に加わるということに関する話の続き | トップページ | 一週間終わりましたね。疲れたので、美しい音楽を並べました。 »

2008.04.25

「食糧危機の回避、WTOは農業生産国に圧力を=EU委員」←世界的には深刻な食糧危機なのですよ。

◆記事1:食糧危機の回避、WTOは農業生産国に圧力を=EU委員(4月24日14時30分配信 ロイター)

[東京 23日 ロイター] 来日中の欧州連合(EU)のマンデルソン委員(通商担当)は23日、

世界的な食糧危機の深刻化を回避するため、世界貿易機関(WTO)は農業生産国に輸出を維持するよう圧力をかけるべきとの考えを示した。

バングラデシュやハイチでは食品価格の高騰を背景にした暴動が起きたほか、一部の国では、国内での食糧を確保するためにコメなどの輸出を禁止している。

アジアの多くの地域で主食となっているコメは、年初来で価格が68%上昇。シカゴ・ボード・オブ・トレード(CBOT)のコメ先物は23日に過去最高値を更新した。

マンデルソン委員は「われわれが貿易を規制すれば、すでにほかの国で大きな問題となっている食糧不足を加速させるだけだ」と指摘。

「WTOは関税引き下げへの圧力や影響力を発揮し、それにより貿易を促進する必要がある」と述べた。

さらに「WTOは、食料品や農作物の自由な貿易の流れを阻害する輸出規制や輸出税には抵抗しなければならない」と語った。


◆記事2:食糧危機により、何百万人もの人々が飢餓に陥る可能性。(Voice of America Special English)一部翻訳

原文:World Food Crisis Could Push Millions of People Into Poverty

(http://www.voanews.com/specialenglish/2008-04-22-voa4.cfm)

食料の価格は、世界の多くの国で上がり続けています。

経済施策の専門家たちは、この傾向が続くと世界中で何百万人もの人々が貧困・飢餓状態に陥るだろうと警告しています。

国際的な支援機関は、最も貧しい人々までは救えないだろう、と述べています。

食料の値段が高騰したことにより、ここ数週間の間にいくつかの国では暴動が起きています。

今月、国際機関の担当者があつまり、この問題への対処について話し合いました。

先週の金曜日、国連世界食糧計画(UN World Food Program)は、2億5千6百万ドル(≠263億円)の緊急支援の必要性をアピールしました。

国連世界食糧計画によれば、先月試算して必要と見込まれた5億ドルに追加して、必要な金額だということです。

国連食糧計画の責任者ジョセット・シーランさんによると、食料とそれを配分するプログラムに要するコストが、

一年足らずで50パーセントも上昇したとのことです。シーランさんはこれにより、より多くのコストを調達するか、

支援する対象となる人を減らすしかない、と言います。彼女は高騰する食料価格は世界中の国の安全保障にすら関わる問題である、と指摘しました。



世界中のこの問題に関係する担当者、責任者が先週イタリアに集まりました。

国連農業食料機関、アメリカ援助物資発送協会、オックスフォード飢餓救済委員会などの人々です。

これら専門家の話では、世界中で既に8億5千万人もの人々が飢餓に苦しんでいて、しかもそれは最近の食料価格高騰が始まる前のことです。

現在、毎年少なくとも1千万人が貧困と飢餓により死亡しており、その数は増えつつある、とのことです。


◆コメント:日本の家庭から出る食べ残しは年間340万トンだそうです。鳥取県人口十年分に相当するとのこと。

日本にいると、全然実感が湧きませんが、上の記事にあるとおり、世界的に見た場合、今、食糧危機にあるのです。

食糧自給率の低いわが国は、無関心でいてはなりません。

日本では、余りにも食料が平気で捨てられています。家庭、コンビニ、ファスト・フードなどの賞味期限切れ弁当類。

岩國哲人衆議院議員によると、日本の家庭から1年間に出る食べ残しは年間340万トンで、鳥取県民が10年間食べられる量だそうです。

一体、日本でどれぐらいの割合の食べ物が無駄になっているか。これは、農水省が「食品ロス」として統計を取っています。

まず、この食品関連のページを開く。ページ2番目の項目、

「食育・地産地消等」という所を見て下さい。

「食品ロス」という言葉が並んでいるでしょう。試しに、平成18年食品ロス統計調査(外食産業調査)結果の概要を見て下さい。

特に結婚披露宴での食べ物の無駄にされ方がひどいですね。

結構、驚きませんか?驚かなくても、「何と勿体ない」と思いませんか?

世界では8億人以上の人がひもじい思いをしているのですね。それなのに、この国では食べられる食べ物を無駄にして捨てている。

これは、何らかの対策を立てるべきではないでしょうか。こういうことをしていると、やがてバチが当たるのではないかと思うのです。

日本の食糧自給率39%とか言いますけど、実際に必要とする以上の食料を買って、調理して、食べないで捨てている。

そのことは、国民一人一人が認識しておくべきではないでしょうか。

終わりにもう一度書きますが、世界は食糧危機にあるのです。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 素人が刑事裁判に加わるということに関する話の続き | トップページ | 一週間終わりましたね。疲れたので、美しい音楽を並べました。 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あつし様、いつもありがとうございます。

日本人は食べ過ぎなんですよね。
食べ物を捨てて、それでもまだ食い過ぎでメタボリック症候群が半ば「流行語」のように使われていますが、

あれは消費するよりも多いカロリーを取るからです。

私は、抗うつ薬の副作用で、数年前、不本意ながら(その当時はこの言葉はありませんでしたが)、メタボリック症候群になってしまいました。これは半端な事ではダメだと思い、「昼飯を食わない」生活を1年半続けたら、全ての数値が正常になり、20キロ痩せました。

自慢話ではなく、あのときの経験から如何に日本人が食い過ぎか良く分かりました。中年になったら、昼飯はおにぎり2個ぐらいで十分だと思います。

あつし様が仰るように、食料価格が高騰している要因の一つは食料生産国が、輸出より自国向けに多く割り当てるようになってきているからです。そのうち、「何でもカネを出せば変える」世の中ではなくなります。今から無駄な食料を減らす努力をするべきです。

投稿: JIRO | 2008.04.25 19:29

連続でのコメント、失礼します。
人間が食べる食べ物は、全て他の命を犠牲にしているわけです。他の生き物の尊い命を犠牲にし、食べることで生命の営みが出来るわけです。年間340万トンもの食べ物を捨てているということは、犠牲にならなくても良かった命まで犠牲にして、捨てていることに他なりません。
しかも今、世界は食糧危機に陥っています。必要以上の食べ物を買わない、調理しない、オーダーしない。また尊い命の犠牲に感謝し、出された物は全ていただく。そんなことから実行していきたいです。

投稿: あつし | 2008.04.25 18:28

こんにちは。今日のこの記事で、食べ物について改めて考えさせられました。
鳥取県の人口十年分に相当する、年間340万トンもの食べ物を捨ててしまうような国、日本。恥ずかしい限りですね。戦後の貧しさから脱却するためには、先ず腹一杯食べることが出来ること。このために猛然と働いてきた日本人です。そして経済的豊かさを手に入れ、食べ物を手に入れるのにお金で解決するようになり、「もったいない」を忘れてしまったんでしょうね。
食糧危機は現実のものとなってきており、日本のこの、食品を無駄に捨てている現状を世界は黙っていないでしょうし、自国の食料を守るために、日本に向けての食料輸出をストップする時が必ず来ると思います。そうなると食べ物はお金では手に入りません。その時が年間340万トンもの食べ物を捨てていたバチが当たる時です。
やはり食料は自給が原則だと思います。そして自給することの苦労を身近に感じれば「もったいない」の心で、少しでも食品を大切にするのではないでしょうか。ただ、食料を自給出来るようになるには、5年や10年で出来るものではありません。今すぐ対策を講じないと間に合わないと思います。

投稿: あつし | 2008.04.25 18:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/40985087

この記事へのトラックバック一覧です: 「食糧危機の回避、WTOは農業生産国に圧力を=EU委員」←世界的には深刻な食糧危機なのですよ。:

« 素人が刑事裁判に加わるということに関する話の続き | トップページ | 一週間終わりましたね。疲れたので、美しい音楽を並べました。 »