« 「話を聞かない男、地図を読めない女 」という本がありました。「男女差」を目の当たりにして笑いをこらえるのに苦しんだ体験。 | トップページ | ヴィオラによる音楽特集 »

2008.05.10

胡錦濤さんってまだ、日本にいるのですな。

◆胡中国主席 天皇、皇后両陛下が別れのあいさつ(5月9日16時50分配信 毎日新聞)

天皇、皇后両陛下は9日、中国の胡錦濤国家主席夫妻が宿泊している東京都内のホテルを訪れて、会談した。

主席夫妻がこの日で東京を離れるための別れのあいさつで、国賓来日時の恒例行事だ。

両陛下は午前10時ごろに到着。夫妻はホテル内の会見場の前で迎えた。宮内庁によると会談は約30分間で、

話題は、天皇陛下が中国の研究者と交流があることやトキのことなど多岐にわたった。

最後に陛下が「日中関係がさらに発展することを願っています」と述べると、胡主席は「同感です」と答えたという。


◆コメント:陛下はともかく、共同声明、無難過ぎない?

日中首脳会談の後、発表された、日中共同声明の骨子は次のとおりなのです。

一、日中関係は最も重要な二国間関係の一つ。平和共存、世代友好、互恵協力、共同発展の実現を決意。

一、双方は歴史を直視し、未来に向かう。

一、中国側は日本が戦後、平和国家としての歩みを堅持し、世界の平和と安定に貢献していることを積極的に評価。

一、中国側は日本の国連における地位と役割を重視。

一、6カ国協議を共に推進。中国側は、日朝が諸懸案を解決し国交正常化を実現することを歓迎、支持。

一、温室効果ガスを2050年までに世界全体で半減させるとの長期目標に中国側は留意、方法と措置を検討する。

いいことづくめ。各新聞社説を読むと、大体、好評です 。そりゃそうでしょうね。日本に都合が悪いこと書いてない。

特にですね。

今まで(と言っても、前回、中国の国家主席が来日したのは10年前ですが)は、毎回、日本側の声明に、

戦争のときのことを謝罪する、という意味のことが入っていたわけ。そうしないと向こうが納得しない。

メディアによって若干カウントが違うのだけど、日中戦争で侵略してごめんなさい、ということを日本は、

天皇陛下(昭和天皇のときからです。勿論)と歴代首相が、少なくとも14回。謝ったんですよ。

それでも、まだ、ことある事に謝れ、というのが中国だったのです。


今回来日した胡錦涛主席はそういうことを一切云わないので、メディアが好意的なのです。


◆オリンピック前だし、チベット騒ぎがあるから、当たり前なんですよね。

しかしですね。胡錦涛主席の、あの人当たりの良い笑顔の裏には、勿論緻密な計算があるわけですね。

チベット族の弾圧で国際世論の批判に晒されている中国としては、アジア最大の経済大国、平和国家日本と仲良くしてますよ、

というポーズをとって、少しでもイメージアップを図りたい。福田さんにもオリンピックの開会式に来てくれと言って、

福田さんも、中国からこれだけ愛想を良くされて、日本の過去は問わない、といわれちゃうと、

開会式に出るでしょう。多分。それをやったら、しかし、福田内閣支持率もっと下がるのではないかと思いますがね。

上手く利用されましたね。

見ていてご覧なさい。オリンピックが終わったら、きっと中国は、また態度がでかくなるから。そういう国なんですよ。

因みに胡錦涛主席っていうのは、内政に関してはチベットを見れば分かるとおり、非常に強硬的なんです。

すぐ弾圧してしまう。そのやり方が、中国中枢部の長老たちにウケが良いらしいのです。


◆まだ、話題になっていませんが、新疆ウイグル自治区も火種です。

まだ、国際的に問題がクローズアップされていないけど、弾圧しているのは、チベットだけじゃないのですね。

北西部の新疆ウイグル自治区は中国の国土の8分の1を占める広大な地域です。ここはウィグル族のものだったのですが、

約60年前に中華人民共和国に組み入れられて以来、ウィグル人に云わせると「ずっと弾圧を受けている」とのこと。

比較的最近も中国はひどいことをしているのですよ。

事の詳細まで分からないのですが、1997年、ラマダン前夜祭で知人宅に集まった女性数十人を不穏分子として連行し、

これが大騒ぎに発展して、何百人ものウイグル人死者を出した虐殺事件が、グルジャ市という所でありましたが、世界には

当然のごとく、このような情報は伝わりませんでした。

事件から11年経っていますが、当時逮捕されて、いまだに行方不明の若者が多数いるとのこと。

現在でも、政治的弾圧は続いていて、政治犯として逮捕された者は、数日後、或いは数ヶ月後に、「病死」して帰宅するそうです。

意味、分かりますよね?

それから、新疆ウイグル自治区に限らないらしいのですが、少数民族は2人まで子供を持てるけれども、5年以内に第二子を妊娠すると、

強制的に中絶手術を受けさせられる(無麻酔で)というすさまじい話もあります。


◆結論:日中共同声明で「良かった良かった」というほど、ことは単純ではありません。

繰り返すように、来日中の胡錦涛主席はやたらと愛想が良く、物わかりが良く、

「いい人」に見えますが(そういう面も人間だからあるのでしょうが)、

中華人民共和国という国家は今だに全然民主化されていない、共産党独裁国家、発展途上国。

そのくせに、世界一の外貨準備高を誇っていて、海外の様々な企業を買収しようとまで考えているのです。

油断してはいけません。福田さんも開会式ボイコットした方がいいのですけどね。

まあ、どうするかもう少し様子を見ましょう。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 「話を聞かない男、地図を読めない女 」という本がありました。「男女差」を目の当たりにして笑いをこらえるのに苦しんだ体験。 | トップページ | ヴィオラによる音楽特集 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あつしさま、こんばんは。
胡錦涛の一連の親日的行動の目的はただ一つ。「オリンピックを成功させることだ」と、私が最も信用する情報専門家(日本のCIAなどと云われる)青山繁晴氏がテレビで解説しておりまして、その全てをYouTubeでご覧になることが出来ます。ご参考までに。
http://www.youtube.com/watch?v=LydcZmDE4cs

投稿: JIRO | 2008.05.11 19:45

こんにちは。胡錦濤総書記と福田総理のこの友好ムード、仰るようオリンピックを控えての「演出」されたものだと思います。またこの訪日の模様を中国でも放送していたそうですから、反日感情を抑える中国国内向けの「演出」でもあったのかも知れませんね。
アメリカはオリンピック開会式主席を拒否しないだろうし、そして福田総理、オリンピックまで持つかどうかも分かりませんが、もしアメリカがチベット問題を理由に開会式出席を拒否し、日本にも圧力を掛けてきたら、福田総理はどう対応するのか見てみたい気もします。

投稿: あつし | 2008.05.10 14:15

selaさん。

今回の来日は思いっきり「演出」されてますね。最初から最後まで、かつてレーガン米大統領が来日したときに、当時の中曽根首相がレーガンを東京都五日市にある庵に連れて行って、「茶」を振る舞って、和食(ガイジンでもたべられるようなやつ)でもてなしまして、この時は、かのシジミ・・・いや浅利慶太氏に本当に「演出」してもらったそうですが、それを思い出しました。ピンポンとかね。
調子に乗って開会式出席しちゃうんだろうな。福田さん。支持率一桁になりそう・・・。

投稿: JIRO | 2008.05.10 13:01

我らが(哀しいかな...)首相がオリンピック開会式に行くようなら何考えてるんだかこの…といいたくなります。

ピンポンしてる場合じゃないし、観戦してる場合じゃないだろうって感じですよね。どっかの大学もなーくだらない。

投稿: sela | 2008.05.10 12:15

いやー公職に就く=言われたい放題
のはずですよね。まぁ人格攻撃は多少アレなところもありますが、......だって国をしょってるんだもんねぇ、こっちだって言わせてもらいたいですよね。


権威(=権力!?)に伴う責任を果たせと言いたい今日此の頃です。

投稿: sela | 2008.05.10 12:14

相手というのは中国ですか?胡錦涛ですか?両方ですか?欠点をあげつらうというよりも、客観的な情報を提供しているつもりなのですが。また、今回の日中共同声明に関してはどの大新聞も無条件礼賛みたいなのばかりですから、反対の見解も必要だと思います。

それから、一般的な話ですが、「相手の短所だけをあげつらう」ということに関して云えば、

私の日記、ブログの8割方はそういう文章です。ココログよりもエンピツの方が検索しやすいので、

http://www.enpitu.ne.jp/usr8/89954/

の検索欄から「小泉」「安倍」「ブッシュ」などで検索してみて下さい。短所指摘の塊です。私の価値はその意味では既に下がるどころか、「ゼロ」だと思います。

ご期待に添えなくてすみません。

投稿: JIRO | 2008.05.10 10:48

初めて(?)反論しますね。

相手の短所だけをあげつらうと、ご自身の価値もさがりますよ(涙)

こきんとうも 人間ですから 完璧ではありません。

・・・・・御無礼 申し上げました。

投稿: カー輔 | 2008.05.10 08:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/41153227

この記事へのトラックバック一覧です: 胡錦濤さんってまだ、日本にいるのですな。:

« 「話を聞かない男、地図を読めない女 」という本がありました。「男女差」を目の当たりにして笑いをこらえるのに苦しんだ体験。 | トップページ | ヴィオラによる音楽特集 »