« 「<洞爺湖サミット>「長期目標共有」で合意 G8と新興国」←50年までにCO2半減、と言えなかった理由。 | トップページ | 「<教員採用汚職>十数年前から 大分県教委元幹部が証言」←白々しい。こんなこと全国で昔から行われている。 »

2008.07.11

「<年金記録漏れ>コンピューターと手書き台帳の全件照合へ」←5千万件で手こずっているのに8億件照合するの?

記事1:<年金記録漏れ>コンピューターと手書き台帳の全件照合へ(毎日新聞 - 07月09日 20:41)

舛添要一厚生労働相は9日、年金記録漏れ問題への対応で、社会保険庁のコンピューター内の年金記録と

8億5000万件の手書き台帳との全件照合をする方針を示した。自民党の塩崎恭久元官房長官らの申し入れに応じた。

政府は先月の関係閣僚会議で、手書き台帳の全件照合には慎重ともとれる方針を確認した。

しかし、舛添氏は「ステップを置いて完ぺきにやると申し上げたつもりだ。

誤解を招くことがあれば、照合計画作成の段階できちんとしたい」と述べ、理解を求めた。

また、休職せずに組合活動に専念する「ヤミ専従」をしていた社保庁職員の調査に関し、

弁護士や元検察官らをメンバーとする第三者委員会を今週中に設置する考えを示した。


◆記事2:年金記録入力ミス「560万件」、受給額減る恐れ 社保庁調査(NIKKEI NET)(6月27日 10:51)

社会保険庁は27日、厚生年金のコンピューター上の記録と、基になった紙台帳記録を照合するサンプル調査をしたところ、

1.4%が不一致となったと発表した。厚生年金の紙台帳は全部で約4億件あるため、単純計算で560万件の記録にミスがある可能性がある。

紙の記録をコンピューターに入力する際のミスとみられ、本来の年金額が受け取れない可能性がある。

政府が27日午前に開いた「年金記録問題に関する関係閣僚会議」で明らかにした。

これを受け、国民年金と厚生年金の紙台帳にある8億2000万件の記録を電子化した「電子画像データ検索システム」を2009年度までに整備する。

手書きの台帳やその台帳を撮影して印画したマイクロフィルムを電子データとして再入力し、データベースをつくる。


◆コメント:インプット・ミスした奴ら(社保庁職員)が照合しても、見落とすだけだろう。

記事1の背景が記事2なのです。

これは、既にコンピューターに入力されているけれど誰の年金記録か分からない「宙に浮いた5000万件」とは別の話です。

6月27日に厚労相が発表したのは、昔、紙だった年金台帳をコンピューターに入力する際、入力ミスがどれほどあるか、

厚生年金だけでサンプル調査したら、1.4%だった。厚生年金の紙台帳は総件数が約4億件。

だから、その1.4%、すなわち、560万人分が間違えてインプットされている可能性がある、と言ったわけです。

そしたら、自民党が、このままじゃ選挙に負ける(次は負けるのは分かってるがますます負ける)から全部、最初から

紙とコンピュータ入力内容を照合しろ、と舛添さんに要求して、舛添さんも断れない。

そして、先ほどのサンプル調査は厚生年金の約4億件からサンプル抽出して調べたのですが、

国民年金においても、当然、同様のインプットミスをしているだろうから、

国民年金も紙台帳とコンピューターの入力内容を調べる。こう、宣言した、というのが、記事1ですね。

そうすると、件数が8億5千万件になるのだそうです。これを全件照合する、と。

照合するのは良いのですが、誰が照合するのか。

今のままだと、社保庁の職員、あの無能な、いい加減な社保庁職員が照合するのでしょ?

45分パソコンで作業したら15分休憩する人たち。自分の年金は共済年金でしっかり確保している人たち。


彼らが、責任感・使命感を持ってこの膨大な作業に取り組むとは思えない。

今までだって、宙に浮いた5000万件について、去年の暮れ辺りから、「全件照合するのは無理のようだ」とか

「出来ない言い訳」ばかりをしている。


こんなことなら、いっそ民間に委託したら?

いくらシステムトラブルを起こすとはいっても、民間の銀行や信託銀行や証券会社だって、膨大な数の口座を持っているけど、

誰の口座かわからなくなっちゃった、などという金融機関は無い。そんな仕事をしていたら潰れる。

金融機関だけじゃなくてもいいよ。流通業でもメーカーでも、経理や財務はものすごい量の伝票を毎日きちんと処理している訳ですよ。

はっきり言って、社保庁の連中には想像もつかないほど、整然と管理されているんだよ。


年金は国民の個人情報を含んでいるから、と政府や渋い顔をするだろうが、どの企業だって、顧客の個人情報を漏れないように管理してるんだから。

機密情報保持誓約書でも書けばいいでしょ?そうすれば、政府は「責任から逃れる」ことができる。

民間も不景気で、それどころじゃないと言うかも知れないけど、何とか少しずつ来て貰って(かなりの人数が必要でしょうけど)、

照合作業をしてもらう。それぐらい思い切った例外的なことをしないと、8億5千万件も、ぜったい、

やっぱり、多すぎてわかりませんでした。

という結果になるのは、火を見るよりも明らかだ。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 「<洞爺湖サミット>「長期目標共有」で合意 G8と新興国」←50年までにCO2半減、と言えなかった理由。 | トップページ | 「<教員採用汚職>十数年前から 大分県教委元幹部が証言」←白々しい。こんなこと全国で昔から行われている。 »

社会福祉」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あつし様、こんばんは。レスが大変遅くなりご無礼申し上げました。

社保庁のことは、長妻議員が調べてくれて良かったのですが、事実が分かれば分かるほど、よくぞ、クーデターが起きないと思います。

>民間の力を借りて迅速にやろうとしないのは、平成22年1月に社会保険庁を廃止して「日本年金機構」という
>新しい非公務員型の公法人を設立ということですから、厚労省や政府としてはここで時間を稼ぎ、
>この非公務員の「日本年金機構」に問題を押しつけて、自分たちから切り離すつもりではないでしょうか。

このご指摘は、僭越ながら鋭いですね。既に民間に任せているよ、と言うわけですね。

でも、これしきで誤魔化されては駄目ですよね。もっと社保庁を圧倒するぐらいの民間のマンパワーを調達して、
それに強大な権限を与えないと解決不可能だと思います。

インプットミスもおっしゃるとおり、政府は知らされていたと思います。宙に浮いた年金とインプットミスを一度に発表すると、
流石に、安倍首相もどう弁明したら分からないので、インプットミスの公表は保留しておいた、と言うことかも知れません。

とにかく、社保庁の連中は共済年金をしっかり確保しているわけですから、問題解決できなかったら、その受給資格を
剥奪し、退職金もゼロ、というペナルティーが無いと、何も変わらないように思います。

投稿: JIRO | 2008.07.17 02:29

こんにちは。年金問題、本当にあきれ果てます。
8億5千万件の年金記録を照合する?。5000万件でも出来ずに言い訳ばかりしている組織では、無理なことは明かですよね。民間の力を借りて迅速にやろうとしないのは、平成22年1月に社会保険庁を廃止して「日本年金機構」という新しい非公務員型の公法人を設立ということですから、厚労省や政府としてはここで時間を稼ぎ、この非公務員の「日本年金機構」に問題を押しつけて、自分たちから切り離すつもりではないでしょうか。ひょっとすると厚労省・政府は、今回表に出たインプットミスはずっと前に分かっていて、社会保険庁改革関連法をあわてて可決させたのでは? と思ってしまいます。昨年6月、安倍内閣の時でした。

投稿: あつし | 2008.07.12 09:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/41799829

この記事へのトラックバック一覧です: 「<年金記録漏れ>コンピューターと手書き台帳の全件照合へ」←5千万件で手こずっているのに8億件照合するの?:

« 「<洞爺湖サミット>「長期目標共有」で合意 G8と新興国」←50年までにCO2半減、と言えなかった理由。 | トップページ | 「<教員採用汚職>十数年前から 大分県教委元幹部が証言」←白々しい。こんなこと全国で昔から行われている。 »