« 非常に卓越したトランペット奏者の演奏です。お薦めCDあり。 | トップページ | 8月3日、日中、気になるニュースを読んで書いたコメント。たまに、こういう形式にしてみます。終身刑・熱中症、その他 »

2008.08.03

「Always 三丁目の夕日」の時代(昭和30年)の方が今よりもずっと殺人事件認知件数は多かったのですな。

◆犯罪白書と警察白書を見てわかりました。

先日、ある記事を読んでいたら、犯罪の質・手口はともかく、

殺人事件の件数は昭和30年代の方が遙かに多かった、とありました。

そこで、警察が知るに至った殺人事件の件数(殺人事件認知件数)の推移を、犯罪白書、警察白書で調べて見ました。

それをグラフにしたのが、これです。↓
ダウンロード 20080802MurdurStatistics.jpg (37.8K)



一番左が昭和34年です。私は映画、ALWAYS 三丁目の夕日とその続編、

ALWAYS 続・三丁目の夕日が大変すきなのですが、あれは、ちょうど昭和33年から34年、という時代設定です。

あの映画はあれで勿論良いのですが、あれを見ると、当時は今のように物騒な世の中ではなかったのだろう、

と誰しも思います。それは自然なことだと思いますが、実際はグラフをもう一度見て下さい。

ダウンロード 20080802MurdurStatistics.jpg (37.8K)

殺人事件が2,600件も起きています。グラフの右端は平成16年ですが、殺人事件は約1,300件。

要するに、人々が知っていたかいなかったか、だけなのです。そしてそれはもちろん、マスコミの影響です。

今は、「派手な」事件を報道すれば、テレビ局は視聴率が取れるし、新聞や週刊誌は部数が伸びる。

だから、いちいち、親殺し、子殺し、未成年の犯罪をことさら誇大に強調します。

それによって、我々は、「訳の分からない世の中になってきた」「物騒なものだ」と慨嘆します。

これは、ミスリーディング(誤解を招くような)な、報道姿勢だと思います。

今の殺人事件を報道してはいけない、とは言いませんが、

報道しても仕方がないことまで報道することはない。


また、私は世の多くの人と同じく少年犯罪を厳罰化すべし、と考えていますが、

少年犯罪に関しても、平成になってから急におかしくなったわけではない。

少年犯罪データベースというサイトの戦前の少年犯罪というページを見ると、

いきなり、昭和2年(1927年)、17歳の僧侶が、9歳の幼女のクビを絞めてレイプして殺している。

同年、茨城県ではいじめを苦に自殺した小学生がいる。

17歳男子が、酒に酔った父親を殴り殺している。

といって、事件の具体例が詳細に列挙されています。


私はこんなこと、今日初めて知りました。

マス・メディアの報道を聞いたり、読んだりしていると、

こういうことは、全く顧みず、ここ数年、何か世の中に大異変が起きたかのような印象を受けます。

秋葉原事件のような事件は確かに極めて異常ですが、同じぐらい異常なことは80年も前から起きていた。

それは、客観的事実なのですから、今の事件だけを、センセーショナルに報じて、

徒に世間を騒擾するべきではない。私が、今日書いたようなことは、本来マスコミが調べて、

殺人事件認知件数の推移として、説明するべきだと思います。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 非常に卓越したトランペット奏者の演奏です。お薦めCDあり。 | トップページ | 8月3日、日中、気になるニュースを読んで書いたコメント。たまに、こういう形式にしてみます。終身刑・熱中症、その他 »

ニュース」カテゴリの記事

マスコミ批評」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あつしさま、こんばんは。

大変貴重なデータをありがとうございます。少年凶悪犯罪が昭和35年が8,000件ですか・・・。

これには驚きました。おっしゃるように、マスコミにミスリードされないように気をつけないといけないですね。本当にいい加減ですね。連中は。

投稿: JIRO | 2008.08.04 19:11

こんにちは。この日記を読んで私もちょっと調べてみました。強盗・殺人・強姦・放火等の戦後の少年凶悪犯罪で、発生件数が一番多いのは昭和35年の約8000件、反対に一番少ないのは平成2年で約1200件です。少年(15歳~19歳)の人口ですが、昭和35年の方が平成2年より63万人ほど少ないのです。人口の少ない昭和35年の方が約6.6倍、人口の多い平成2年より凶悪犯罪が多いことになります。私は今まで少年の凶悪犯罪は、平成になって大きく増えたように思っていました。しかし、違うのですね。これはマスコミが少年事件が起きるたびに騒ぎ立て、平成以降の発生件数だけを採り上げて、少年犯罪急増などと喧伝しているからだと思うのです。確かに平成9年は約2400件発生していますが、それでも昭和35年の8000件よりははるかに少ないのです。そしてファーストフードが悪いとか、やれテレビゲームが犯罪を助長しているとか言われていますが、これも信用できませんよね。昭和35年当時の少年の方がはるかにキレやすかったわけですから。やはりマスコミの流す情報を鵜呑みにしてはいけませんし、そしてマスコミは売れるニュースを、自分たちに都合の良いやり方で流していることを忘れてはいけませんね。

投稿: あつし | 2008.08.04 16:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/42044292

この記事へのトラックバック一覧です: 「Always 三丁目の夕日」の時代(昭和30年)の方が今よりもずっと殺人事件認知件数は多かったのですな。:

» ずばり東京/開高 健 [コンテナ・ガーデニング ]
最近、テレビや映画、雑誌などで昭和、それも30年代が取り上げられることが多いよう [続きを読む]

受信: 2008.08.03 05:13

« 非常に卓越したトランペット奏者の演奏です。お薦めCDあり。 | トップページ | 8月3日、日中、気になるニュースを読んで書いたコメント。たまに、こういう形式にしてみます。終身刑・熱中症、その他 »