« 新政権の事などは、これからいくらでも書きます。今日は、クラシック以外の音楽を載せたいのです。 | トップページ | 「麻生首相 『集団的自衛権の憲法解釈見直しを』国連演説後」←「集団的自衛権」の行使を可能にしては、いけない。 »

2008.09.26

「小泉元首相が引退表明=衆院選に出馬せず、後継は次男」←この野郎!日本をガタガタにぶっ壊しておいて、テメエは悠々自適かよ。

◆記事:小泉元首相が引退表明=衆院選に出馬せず、後継は次男(9月25日19時7分配信 時事通信)

自民党の小泉純一郎元首相(66)は25日、地元・神奈川県横須賀市で開いた支援者の会合で、

次期衆院選には出馬せず、今期限りで引退すると表明した。後継者は次男の進次郎氏(27)とする意向も伝えた。

また、国会議員は退くものの、政治活動は続ける考えを示した。

小泉氏はこの後、「引退するのか」との記者団の質問に無言でうなずき、タクシーに乗り込んだ。

引退の理由は明らかになっていないが、関係者は「首相もやって、このあともうやることはないと考えたのではないか」と語った。

同氏は、神奈川県横須賀市生まれ。慶大経卒。1972年に衆院旧神奈川2区から初当選。

大蔵政務次官、郵政相、厚相などを歴任し、2001年4月から06年9月まで首相を務めた。

在職日数は1980日で、戦後歴代3位の長期政権だった。


◆コメント:この野郎!日本をガタガタにぶっ壊しておいて、テメエは悠々自適かよ。

小泉の外面にだまされて、いまだに分かっていない日本人が多いが、こいつは、首相になるときに

「自民党をぶっ壊す」などといっていた。しかし、この男がメチャクチャに破壊したのは、

まず、「清和会」の宿敵、旧田中派だった。単なる私怨が動機だったのである。

田中派の流れを汲む経世会は、田中角栄の時代から、郵便局(特定郵便局長)が巨大な票田だった。

だから、(アメリカの内政干渉もあったが)、郵政を民営化して、国営郵便事業を解体した。

政敵を徹底的に追い払った。故・橋本龍太郎元首相も秘書給与疑惑で、政界引退を余儀なくされ、

失意のうちに、他界した。清和会とは30年も前の福田赳夫の派閥である。福田赳夫と田中角栄は宿敵だったが、

30年もその怨みを引きずり、怨みを果たすために国政を利用したのが小泉である。謂わば政治の私物化である。

つまり、内閣総理大臣の権力の濫用であり、小泉を首相の座から引きずり下ろすべきだった。


更に、小泉が「ぶっ壊した」のは、日本そのものだった。

2005年9月のいわゆる郵政民営化選挙の際に、小泉は百万遍も、

「この選挙は郵政民営化の是非だけを問う選挙だ」

と例のワン・フレーズ・アピールを繰り返し、国民を錯覚に陥れた。

実際には、2005年の選挙期間中から今に至るまで、自民党 政権公約2005が、自民党のサイトには、

公然と掲げられている。この中には、2007年の増税のことも、高齢者に対する別の医療制度の創設(後期高齢者医療制度)の原案も、

盛り込んであるのだ。だが、小泉は都合の悪いことには一切触れず、ただひたすら、
「郵政民営化」「改革を止めていいのですか」

で有権者を幻惑したのである。

小泉率いる自民党が2005年の選挙で絶対安定多数を獲得して、自公連立与党はすっかり図に乗った。

小泉はほどなくして、安倍晋三にバトンタッチしたが、安倍はこの圧倒的に有利な議席数を利用し、

何と、憲法を改正する「国民投票法」と憲法の付属法と言われる「教育基本法の改正」(改悪)を、

野党がまだ質問がある、というのに、強行採決をした。議会制民主主義だから、最終的には多数決で採決されるが、

これほどの重要法案を審議を尽くさないまま、強行採決をする。これは、民主主義とは言えない。ファシズムである。

安倍は、根性無しの癖に、そういうときの傲慢さは、小泉の真似をしたのである。

続く福田は無能であったが、これは好運だった。小泉があれほど声高に叫んでいた「小泉改革路線」は、参院の与野党逆転も

幸いして、一向に進展しなくなった。その替わり、景気対策を誰も主導できないので、日本経済は後退を続けている、と、

日銀も認めざるを得なくなった。


私は2005年9月の衆院選前に、

2005年09月07日(水) 【衆院選】自民党が勝利すると、こういうことが起きる。

という記事を書いた。その中で2007年には増税がある、と書いた。選挙後、嫌がらせメールが沢山来た。

しかしどうだ。昨年1月から所得税減税があったものの、6月から住民税が増税され、小渕内閣から続いていた、

サラリーマン向けの「定率減税」が廃止され、結果、増税となった。書いたとおりでしょう。


2005年9月以降、いや、小泉が内閣総理大臣の座にいる間に、日本はガタガタになった。

これから、選挙まで、細かく検証するつもりだが、「格差社会」の傾向が著しくなったことを否定する人はいないだろう。

障害者や、生活保護世帯から、カネをむしり取る弱い者いじめの政治は、典型的な小泉政治の遺産である。

自殺者は10年連続3万人を超えている。先進国でこんな国は無い。


今度の選挙で自民党を勝たせてはならない。勝たせたら日本は終わりだ。これまでの小泉の日本破壊を肯定することになる。

小泉は、多分、今度の選挙で自民党が負けると思っている。その場合、
「そもそも、自民党に対する国民の信頼が失墜した元凶は・・・・」

と犯人捜しが始まる。どう考えても小泉が槍玉に挙がる。

小泉純一郎が政界引退を表明したのは、そうなって、吊し上げを食う前に逃げ出したのであろう。

政治家ではなくなれば、何を言われようが「もう政治家じゃないから、責任の取りようがない」と逃げることが出来る訳である。

何処までも、姑息な奴だ。


日本を破壊しておいて、自分だけ悠々自適する人間がいて、良いのだろうか。

私は、小泉純一郎衆議院議員の退職金も議員年金受給権も剥奪するべきではないか、と思う。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 新政権の事などは、これからいくらでも書きます。今日は、クラシック以外の音楽を載せたいのです。 | トップページ | 「麻生首相 『集団的自衛権の憲法解釈見直しを』国連演説後」←「集団的自衛権」の行使を可能にしては、いけない。 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

郵政民営化」カテゴリの記事

コメント

TACさん、

「敵前逃亡」。正にそれです。

よくも、あれだけいけしゃあしゃあとニタニタしていられるものです。開いた口がふさがりません。

投稿: JIRO | 2008.10.01 22:45

松桜桐梅さん、はじめまして。

仰るとおり。

小泉は希代の悪党だと思います。

>この売国奴は十回ぐらい暗殺されてしかるべきだと思う。

そうですね。「万死に値する」という奴です。

投稿: JIRO | 2008.10.01 22:43

ニュース等では「サプライズ」などと騒いでいますが、何のことはない、「敵前逃亡」以外の何者でもない…と感じました。小泉の「無責任」は、小泉劇場に踊らされたマスコミの質の低下/無能によって安倍&福田ほどは露わに放っていませんが、突っ込めないTVや新聞の質の低さにも呆れました。

麻生内閣の支持率が50%近くになってますが、次の衆院選に自民を勝たせたら、「将功ならずして万骨枯れ」そうです。郵便をはじめ、医療、年金、教育など小泉・安倍・福田がぶち壊した国民生活の再生は、自民を延命させると一層遠のくでしょうね。

投稿: TAC | 2008.09.26 22:07

そーなんだよ。
この小泉というヤツは本当に腹黒くずるいヤツなんだよ。
日本をここまでぶっ壊しておいて、「改革」のメッキが
はがれて次の選挙で自民党が負けるのが見えて元凶探しの
やり玉に挙がるのが自分だとわかったからトンズラしやがって。
しかも後継者は次男だよ。バカ代議士の世襲とどこが違うんだね。
親父の代からのアメリカ→米軍→横須賀というラインからもどす黒いものが出てきそうだ。
この売国奴は十回ぐらい暗殺されてしかるべきだと思う。

投稿: 松桜桐梅 | 2008.09.26 17:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/42595115

この記事へのトラックバック一覧です: 「小泉元首相が引退表明=衆院選に出馬せず、後継は次男」←この野郎!日本をガタガタにぶっ壊しておいて、テメエは悠々自適かよ。:

« 新政権の事などは、これからいくらでも書きます。今日は、クラシック以外の音楽を載せたいのです。 | トップページ | 「麻生首相 『集団的自衛権の憲法解釈見直しを』国連演説後」←「集団的自衛権」の行使を可能にしては、いけない。 »