« 9月8日はドヴォルザーク(1841~1904)の誕生日。交響曲第8番をお聴き下さい。 | トップページ | 昨日からPCの調子が悪くて。更新出来ませんでした。 »

2008.09.10

「名ばかり管理職」排除 店長らの基準、厚労省が通達←「名ばかり公務員」も排除しろよ、「ネットカフェ厚労省」。

◆記事1:「名ばかり管理職」排除 店長らの基準、厚労省が通達 (NIKKEI NET)(9月9日 12:04)

管理職としての権限や待遇が与えられていないのに残業代をもらえない「名ばかり管理職」問題を解決するため、

厚生労働省は9日、労働基準法に基づく管理監督者の明確な判断基準を都道府県労働局長あてに通達した。

店長に対する残業代支払いを日本マクドナルドなどに命じる判決が増えるなか、裁判例を参考に法律の運用を見直す。

多店舗展開する小売業や飲食業などが対象。管理監督者性を否定する重要な要素として

(1)アルバイト・パートなどの採用に責任がない

(2)部下の人事考課が職務内容に含まれない

(3)遅刻、早退で減給といった不利益な取り扱いをされる――などを列挙した。

労働局長はこれらの要素を材料に管理監督者であるかどうかを判断する。


記事2:厚労省はネットカフェ? 職員が業務中に「2ちゃん」「ゲーム」三昧(産経新聞)(2008.7.13 01:22)

厚生労働省で、官用パソコンを用いてゲームやお笑いなど業務と関係のないホームページ(HP)閲覧が

1日に約12万件もあったことが12日、分かった。年金や後期高齢者医療、医師不足など厚労行政が批判を浴びるなか、

多数の同省職員が職場を“ネットカフェ”状態にし、HPで遊んでいる実態が明らかになった。

厚労省統計情報部では今年5月7日、職員約5万5000人のうち、東京・霞が関の本省と8つの地方厚生局

計約5500台のパソコンを対象にインターネットの閲覧状況を調査。総閲覧数1000万件のうち、

少なくとも12万2000件が業務外と判明した。

うち、7万5000件が掲示板やチャットなど情報交換系のHP。

ゲームソフトやネット上で遊べるゲーム関連のHPが4万1000件、

芸人や演芸場、アニメなどお笑い系HPも6000件に及んだ。

厚労省は平成17年7月から省内のパソコンから閲覧制限できるシステムを導入。

アダルト系、株取引といった分野は当初から閲覧不可にしたが、調査対象となった分野は接続が可能な状態になっていた。

昨年8月、ネット上の百科事典「ウィキペディア」に外務省、農水省、宮内庁などの官用パソコンからの書き込みが相次いで発覚

厚労省からも美少女アダルトゲームやアイドルなどの項目の編集が判明し、

同年10月に20回以上も編集を行った職員2人を訓告にしたほか、計12人を処分。

全職員に業務外のパソコン使用を禁じる通知を出した。

今回の調査は、通知を守っているかを確認することが目的だったが、12万件もの不必要な閲覧が発覚したため、

お笑いなど問題の分野も先月18日から閲覧を禁止している。


◆コメント:マクドナルドのサービス労働をなくすのは良いことだが、仕事をしない「名ばかり公務員」はクビにしろ。

与党の旗色が極めてわるく、このままでは次の選挙での大敗が必死なので、急に御機嫌取りを始めましたねえ。

勿論、マクドナルドの従業員の扱いは「搾取的」であり、これを正すのは、結構なことです。

というか、当たり前のことです。今時、労働者の権利がきちんと守れないようでは、近代国家とは言えない。

だから、厚労省が都道府県労働局長あてに通達を発し、「管理監督者」の判断基準を明確にしたのは正しいことですよ。

だけど、褒めるほどじゃないね。監督官庁として当然の仕事です(別に、日経も褒めてはいませんが)。


それはそれとして。

偉そうに通達をお出しになる厚労省の職員は言うまでもなく、国家公務員。英語で言えばパブリック・サーバント(public servant)。

「公」のために「務め」を果たす人たちですね?

その給料は我々国民が真面目に働いて納めた税金から出ているのですよね?


それなのに、記事2を読んで下さいよ。

全然、仕事していないじゃないですか。

勤務時間中に、2ちゃんねる、ゲーム、お笑い系HPへのアクセスが12万件あったといいます。

このニュースが最初に報ぜられたとき、「たまには気分転換も必要だろ」などの意見をmixiでいくつも目にしました。

正気ですか?私の職場だったら、張り倒されますよ。こんなことしていたら。

これで、「パブリック・サーバント」(国家のために働く人)ですか?

この人たちを私は、「名ばかり公務員」と呼びたいですね。

こういう状況が常態化していたのは、職員数が多すぎるからです。要らない職員がいるわけです。

ヒマだからこういうことをするのです。

「名ばかり公務員」はクビにして下さい。

私は、自分が苦しいのを我慢して、文字通り額に汗して働き、国家に納めた税金が、

自らの使命を自覚していない人々の給料になっている、と考えると、

激しい憤りを覚えます。

みなさんだって、同じでしょう?

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 9月8日はドヴォルザーク(1841~1904)の誕生日。交響曲第8番をお聴き下さい。 | トップページ | 昨日からPCの調子が悪くて。更新出来ませんでした。 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

全く仰るとおりで、要らない役人が多すぎます。

国家公務員も地方公務員も。

税金の無駄遣いをする奴が一番悪いですが、
そういうニュースを聞いても、

「どうせ、そうだろうよ」と納得してしまう国民にも、責任があると思います。

ニュースで実態が暴かれても、デモひとつ起きないのですから。

おっしゃるとおり、この国は中央官庁の役人がやりたい放題やるために、我々は税金を納めている国になっていますね。

投稿: JIRO | 2008.09.13 23:14

こんにちは。財政再建にはまず無駄を無くせとよく言われますが、最大の無駄は官僚や公務員だと思います。誰にでも出来ることが出来ない社保庁の無能な職員、無駄です。年金特別便が発送されていますが、きちんと仕事をしていれば本来いらない経費です。また仰るように、勤務時間中にネットで遊んでいる三流官庁の連中、職員が多すぎてヒマなのです。で、挙げ句、タクシーチケット問題です。タクシーチケットの利用をやめて事前申請と立替払いにしたところ、タクシーの利用額が昨年同月1億円から600万円に激減したとか。如何に無駄なことをしているか分かります。そしてもっとたちの悪い無駄は、自分たちの権益のために国民に必要のない法律を作り、その法律のために予算要求をする官僚だと思うのです。例えば地上デジタル放送、その完全移行のための費用として総務省は向こう4年で500億円程度を財務省に予算要求するとか。地上デジタル放送なんて国民に本当に必要だとは思えないのです。で、勝手に2011年に完全移行すると決め、そのための予算を要求する。そんなことを平然とやってのける官僚こそ排除すべきです。そんな連中の給料を我々が稼いでいるかと思うと本当に腹が立ちますし、自分の納めた税金の使い道は自分で決めたいと思ってしまいます。

投稿: あつし | 2008.09.10 14:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/42430930

この記事へのトラックバック一覧です: 「名ばかり管理職」排除 店長らの基準、厚労省が通達←「名ばかり公務員」も排除しろよ、「ネットカフェ厚労省」。:

« 9月8日はドヴォルザーク(1841~1904)の誕生日。交響曲第8番をお聴き下さい。 | トップページ | 昨日からPCの調子が悪くて。更新出来ませんでした。 »