« 米国金融不安の波及。今日だけでもこれだけニュースがあります。 | トップページ | <ノーベル化学賞>下村脩・米ボストン大名誉教授ら3博士に/欧米の6中央銀行が協調利下げ »

2008.10.07

「<ノーベル賞>物理学賞に南部陽一郎氏ら3人に」←万歳!万歳!万歳!

◆記事:<ノーベル賞>物理学賞に南部陽一郎氏ら3人に(10月7日19時18分配信 毎日新聞)

スウェーデン王立科学アカデミーは7日、08年のノーベル物理学賞を、

南部陽一郎・米シカゴ大名誉教授(87)と、

京都産業大理学部の益川敏英教授(68)、

高エネルギー加速器研究機構(高エネ研)の小林誠名誉教授(64)

に授与すると発表した。

南部氏は極めて小さい素粒子の世界で、対称性が自然に失われることがあるとする「対称性の自発的破れ」の理論を提唱した。

小林、益川両氏は物質を構成する基本粒子「クオーク」が6種類あれば、「対称性の自発的破れ」が説明できることを示した。

95年に6番目のクオーク「トップクオーク」が発見され、この小林、益川氏の理論が実証された。

現在の素粒子物理学の基本となる「標準理論」に大きく貢献したことが認められた。

日本人のノーベル賞受賞は、02年の小柴昌俊・東京大特別栄誉教授(物理学賞)、田中耕一・島津製作所フェロー(化学賞)以来6年ぶり。

授賞式は12月10日、ストックホルムで開かれ、賞金1000万クローナ(約1億4000万円)が贈られる。


◆コメント:今日は「金融危機」もへったくれもあるか。万歳!

自分のことでも、自分の親戚でも、知り合いでもないお三方のノーベル物理学賞受賞が嬉しくてたまらない。

とはいうものの、殆どの方も同様だと思うが、受賞が決まった方々の研究内容について、記事の説明を読んでも、全く分からない。

分からないのに、受賞したから万歳はどうか?という方もあろう。


しかし、私は、それでも「万歳!」で良い、と思っている。

何しろノーベル賞と言えば、科学者にとって最高の栄誉。

天下の大秀才が何十年もかけて研究してきたことを、素人が簡単に分かるわけがない。

分かるかも知れない、と考える方が僭越、というぐらいのものである。だから、私は単純に喜ぶ。


忘れもしない。前回、日本人がノーベル賞(科学の分野)でノーベル賞を受賞したのは、記事にも書いてあるが、

記事を読まなくても覚えている。6年前のことである。


2002年10月8日に小柴先生の受賞が発表された。

翌10月9日、なんと今度はノーベル化学賞を、島津製作所の一研究員だった田中耕一氏が受賞したと発表された。

私は、今は日記とブログと両方に同じ文章を載せているが、6年前にはブログなどというものはなく、ましてやSNSなど存在せず、

ウェブ日記エンピツにJIROの独断的日記を書いていた。

はっきりいって、それまでは、あまり本気ではなかった。小柴・田中両氏のノーベル賞受賞の喜びがきっかけで、

俄然、天下国家を論ずることに対して本気になったのだった。何故、と言われても困る。

当時の私の日記は、現在のように情報ソース(記事)を転載することもなく、

htmlタグも全然知らず、ただのべた書きで、お恥ずかしい次第であるが、次の通りである。

2002年10月08日(火) 小柴名誉教授、万歳!

2002年10月09日(水) なんと、今日も、日本人がノーベル賞を受賞!

2002年10月10日(木) ノーベル賞ダブル受賞が嬉しくてたまらない。

お二人は日本の宝だ。と最後に書いている。

今日も同じ気持ちだ。


◆スウェーデン王立科学アカデミーのフェアな姿勢に感動する。

2002年の日本人ダブル受賞で、日本中が驚いたのは、勿論小柴先生の偉業をどうのこうの言うつもりは全くないが、

一民間企業のサラリーマン研究者で、博士号も持っていない田中耕一氏が受賞したことであった。

私は、社会的地位や肩書きなど無関係に、純粋に田中氏の「業績のみ」を評価し、

ノーベル賞授与を決定した、スウェーデン王立科学アカデミーの公平さ、公正さ、客観性、に深く感動した。

私はよく覚えている。いよいよ授賞式に出向いた小柴・田中両氏の記者会見が、ストックホルムで12月10日の授賞式の前に、

世界中のマスコミを前に行われた。司会者が、田中耕一氏のことを、"Dr.Tanaka"と紹介したら、田中氏はすかさず、

"No. I'm not a doctor."(私はドクター(博士)ではない。)

と訂正されたのだった。それでも、世界の尊敬は揺るぎもしなかった。

今回受賞される、三人の先生方は皆、れっきとした「学者」だが、日本人3人にノーベル物理学賞を与える、

というのも、スウェーデン王立科学アカデミーが、純粋に業績のみを評価し、ひとつの国の学者3人であろうがなかろうが、

関係ない、という公平さを貫いた、その姿勢に感動する。

12月10日の授賞式が楽しみである。

6年前の授賞式を思い出す。

小柴、田中両氏が受賞する瞬間、高らかにトランペット・ファンファーレ鳴り響いた。

自分が受賞するわけでもないのに、日本人であることを誇りに思う。

南部、益川、小林各氏の栄誉を心から讃えたい。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。

|

« 米国金融不安の波及。今日だけでもこれだけニュースがあります。 | トップページ | <ノーベル化学賞>下村脩・米ボストン大名誉教授ら3博士に/欧米の6中央銀行が協調利下げ »

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あつし様、ご無沙汰しました。レスが遅くなりまして、申し訳ありません。

受賞から1週間が経ちますが、喜びは薄れません。「国際貢献」という名の下に自衛隊を海外に送り出すことばかり考えている人々は、

このように学問・芸術、その他広い意味での文化的な日本人の「国際貢献」をどうしてもっと評価しないのかと歯がゆく思います。

______________________________________________________
TACさま、続けてコメントをありがとうございます。

おっしゃるとおり、このような基礎研究に充てる費用は年々削られており、大学の研究室では実験用具を買う予算もなくて、

なんと牛乳瓶などを使っている(国立大学の理学部です)のをみて、政治家と役人の教育・学問に対する理解の無さを、

心底、情けなく思ったことを覚えております。

投稿: JIRO | 2008.10.14 21:27

ノーベル化学賞の受賞も発表されましたが、南部教授の名前には何となく覚えがあったので、本棚を見てみたら1981年に書かれた『クォーク』(講談社ブルーバックス)という本を持っていました。読んでみたけれど、かなり難解であった記憶だけは残っています。こういった「お金にならない研究」もとても大切だと思うのですが、日本政府/自公政権は一貫して教育に費やすお金を削り続けています。20年後、この後に続く研究者の芽が摘み取られていないことを祈るばかりです。

投稿: TAC | 2008.10.08 22:12

おはようございます。経済の問題とか放火とか、最近本当に良いニュースがないな~などと思っていたら、南部陽一郎氏ら3人にノーベル物理学賞を授与するとのニュースを聞いて、久しぶりの良いニュースだなと思いました。そして、本当に嬉しく思いました。科学、産業、音楽などの芸術の各分野で、日本人が世界に認められる活躍をされているニュースを聞くと本当に嬉しいし、同じ日本人として誇りに思います。

投稿: あつし | 2008.10.08 09:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62198/42717368

この記事へのトラックバック一覧です: 「<ノーベル賞>物理学賞に南部陽一郎氏ら3人に」←万歳!万歳!万歳!:

« 米国金融不安の波及。今日だけでもこれだけニュースがあります。 | トップページ | <ノーベル化学賞>下村脩・米ボストン大名誉教授ら3博士に/欧米の6中央銀行が協調利下げ »